--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/10 (Wed) 逃げない温度

東京に来てがあっという間に日々が過ぎた。今日でかれこれ10日滞在している。
講演会の準備は、今のところ順調だ。
毎日誰かと会ったり、会うために休息したり、打ち合わせしたり、会場の下見に行ったり、また打ち合わせしたり勉強したり、遊びに行ったり、のみに行ったり忙しい。

私の旅行鞄には、滞在分の薬が入っている。
来るときには薬ではちきれて体をなしていなかったポーチも、昨日から口を閉められるようになった。薬の減り具合で、東京での経過日数を知る。薬が切れると、断薬症状で動けなくなる。薬のストックがある限りは、東京にいたいと思っている。


友達は、頻繁に私の体調に注意を促してくれる。
昨日の感覚も忘れてしまう私に、私がこれまで何日活動していて何日休んだか、いつパニックやフラッシュバックを起こしたか、私が忘れてしまう私についての情報を教えてくれる。

私は大抵、他人のことのように聞こえる。
私は、自分のことがよく分からない。体と意識の連結が悪い。
リストカットの衝動にかられて自分をズタズタにしたくても、数時間後には感情と体が乖離して忘れてしまい、悲しいことや辛いことは何もなかった気がしている。そんなことがよくあるようだ。

自分の感覚はあてにならないことを知っている。だから、友達のアドバイスを聞いて自分で考え、行動を減速したり、減速しながら調子を見る。もう少しがんばれそうだったら、出せるだけは力を出して東京での日々を充実させる。


精神疾患を持っていたとしても時間をかければできないことはない。だから焦らないこと、諦めないことが肝心なのだと最近やっとわかってきた。
言い聞かせなければ自分を制限することができなかった時期もあったけれど、余計に遠回りしてしまうことを学んだ。何百回何千回の失敗の後に。



低空飛行の毎日。
ときどき一瞬で墜落。木っ端微塵に砕け散る。でも死なない。不思議なくらい、誰かがそばにいてくれる。

派手なフラッシュバックの発作を、東京へやって来て既に数回やらかしてしまった。
一度は、遠い北海道の地の友達が、電話で私の何が何だか分からない号泣や話を聞いていてくれたことがあった。
電話で繋がっていなければ、私はどうなっていたか分からない。


東京という土地に馴染みはないし、電車の乗り換えも今だ全く分からない。昨日も余分に電車賃を払ってしまった。気づいたのは、改札機が切符を吸い込んでしまった後だった。
エスカレーターで立つ位置も大阪とは真逆。慣れるまで数日を要した。
同じ日本なのにアウェー感に襲われる。

けれど、ここにはブログを通じて知り合った友達が何人もいる。ブログという匿名の世界で知り合いはしたが、互いの真偽を確かめ合いながら距離を縮め、顔を合わせ、現実に名乗りあい、自分を明かしあい、友人となれた。自分が何者であるかを明かすのは覚悟が要る。逃げ場を作らない覚悟を持つ人の存在は、私を強くする。


ここへ来て、はや10日が経つ。
東京という土地に、まるで馴染めない。
でも、大阪で一人暮らしをしている時より数倍笑う。数倍喋る。新たに出会う。
その分、傷つく。傷つける。学ぶ。近づく。恐れる。感動する。不安になる。温かくなる。
心がしなやかに伸びる。
人は不思議だ。


ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

講演会「両目を開いて生きる」 |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。