--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/04 (Thu) 5月の講演会準備のため東京に来ています

ブログを更新したいしたいと思いながら、色々あって更新できないこと既に10日。
その間に、東京にやって来た。
理由は、1年半ほど前に東京で主催した自助グループを作ったときと動機は同じ。
東京で講演会を開くための準備に来ている。

神経症・人格障害・うつ・引きこもり・対人恐怖症などの当事者と、周囲のサポーター(家族・恋人等)を対象にした講演会だ。東京に来て5日目、打ち合わせや会場への申請書作成その他に取り組み、かなり形になってきた。


目的は、私が最も大切にしている「対面でのコミュニケーション」の場を作りたいからだ。

ネットはネットでしかない。このブログには、私の体験の2割も書けていない。また、文字数や私の文章力の至らなさ、読み手の集中力の問題もあって、少しずつしか書けない。書いても書いても足りない。過去について書いている間にも、毎日症状は継続し、治療も進んだり膠着したりし、人間関係に救われ、人間関係に足を掬われる。全然追いつかない。

しかし、対面で会うと不思議なくらいに言葉を必要としないことが多い。
このブログを書いている「美鳥」という人間はどういう人間なのか、会って少し話すだけで伝えることができる。
実体と顔と名前と声を持って相手と対峙するのは、勇気も要るし、自分が何者であるかを開示する覚悟が要る。
会って後悔することもある。相手にとって私がイメージどおりではなく残念だったということもあるだろう。それでも、私の体験から、会わなくては関係性は決して進むことはない。


昨夜は、ブログと電話で親交があった方と初めて対面でお会いした。
私は文面やブログの性質上、暗いイメージがあるらしいが、あまりに私が見た目は健康そうで底抜けに明るいので驚いてらっしゃった。
同じく私も、メールや電話では分からなかったこと、または解釈が難しかったことがするすると解けていく気がした。
言葉や文字に頼ってコミュニケーションする機会が多いが、私たちは身体そのものでも会話をしている。


私がブログに書きたくて書けていないものはたくさんある。
本当に数え切れないほどあって、よく途方に暮れる。

私がこのブログに書けたことは、実際の体験の2割にも過ぎない。
この1年半に限って言えば、現実で起きた自殺未遂も書いていなければ、バラバラになった人格についても書いていない、引ったくり被害に遭った前後の重大な事実についても書いていない、去年のクリスマスイブにペットが虐待を受けて死に掛けたことも、それで私の解離が悪化し言語障害に陥ったことも書いていない。1年間のカウンセラーとの泥沼の悪戦苦闘も書いていない。そこからいまだ私は完全に抜け出ることができず、苦しみ悩み続けていることも。何も書いていない。

病気の回復のためには、自分について敢えて考えない時間も必要とされる。過去のトラウマを考え直したり、他人格に委託している記憶を無理やり統合しようとしたりするのは愚の骨頂だ。死んでしまったら元も子もない。生命維持が優先される。そうなるとブログはますます書けない。

状態が悪化するほど書かなければならないことが増えるが、実際はブログを書くどころではなくなる。

特に一昨年からの私の状態は、昼に生きていても夜には死ぬかもしれなかった。そんな状況が1年ほど続いた。ようやくブログが書けるようになったら、去年の10月にまたも生命維持が難しくなった。
ありのままを書いていきたい私はブログに記そうとしたが無理だった。治療者からも止められた。
結果、割合に調子が良いときにできたことだけをブログに書き、ブログ上では私の症状は表立つことはなかった。

ブログというツール、ネットという世界が、顔も名前も体も持たない虚構だから、書いたことだけがリアルになってしまう。書かなければブログ上では、なかったことになってしまう。所詮「なかったこと」も、ネットという媒体の枠から私という人格が出ない限り、ヴァーチャルな物語に過ぎない。



ブログで伝えられないことは、対面で伝えたい。
精神疾患者、境界性人格障害者としてモザイクなしでドキュメンタリーの取材を受けたのも、匿名やモザイクで説得力が希薄になってしまうのを避けたかった。
私は、とても伝えたいのだと思う。
そして、出会いたい。生身の私で。
私のブログを読んでくださって共感くださる方、決して諦めず思考を停止せず、時に死にたくなったりリストカットを繰り返しながらも生きることを選択し、私と同じ瞬間に存在している方と直接お会いしたい。


私が交流のあるブロガーさんは、殆どがうつか神経症か人格障害、対人恐怖、人間不信、引きこもりの方々だ。私も含め、ちょっと調子が良かったかと思うと次には今にも死んでしまいそうに悪化する。

以前はコメント欄に、自分がコメントすることで何か力になれないかと苦心していたが、最近それだけでは足りないのだと強く思うようになった。心からの共感や励ましの気持ちから必死で言葉を紡いでも、虚しい気持ちや無力感を感じることの方が多くなった。

パソコンの電源をOFFにしてしまえば消えてしまい、ONにすれば誰かの言葉に触れる。そんな関係は、たとえば孤独で死にたくてたまらない人間をどこまで支えることができるのだろうか。

文字よりも声、声よりも体。遠くにいるよりも、近く。相手の実体を知って、自分の存在も確かに保証し、相手と向き合ってかける言葉の力強さ。わたしは、人間の実体そのものに何度も助けられてきた。


言葉よりも非言語コミュニケーションを介して得る情報の方が人同士の相互理解に役立っていることは、よく知られている。

あなたが生きていて目の前にいて、私も生きていて目の前にいる。その事実が多くを語り、それ以上に伝え合い共に考え支えあうために、私たちは言葉やまなざしや体温を用いる。


まだ出会ったことのない方と出会うために、今は講演会の会場を押さえるために書類申請して、返事を待っているところだ。
来週には返答が来る。
来なくても別の会場を手配する。つまり絶対に私は(詳しくは私の半身のように一緒に動いてくれるパートナーがいる)講演会をやり遂げる。
場所は、東京表参道あたり(現在の予定)、時は5月初旬。来週決定すれば、すぐにこのブログでも告知を打つし、参加申し込み方法も、あわせてお知らせする予定。
対象は、うつ・神経症・人格障害・引きこもり・対人恐怖や共依存など対人関係に障害を抱えている方・いじめ虐待のサバイバー・不登校者・サポートしている近親者の方など。


開催までの経過で、色んなことが起こる。既に私は何十回の挫折感や劣等感を味わい、同じ数ほど友達に助けられ、すごくしょうもない事件で出鼻をくじかれたり、色んなことがあった。

そんなことも、この東京滞在中は書いていこうと思う。

対人恐怖症で失語になった私が、まだ会ったことのない誰かと繋がるための場所を一から作って大切に育てようとしている。慣れないことばかりで、うまくいかないことの方が多いだろう。でも、そんなことほど書いていきたいと思う。

ありのままでいることが私の強みだ。それ以外に今の私は何も持っていない。挫折や劣等感ばかりでも、それが今の私なら私はそのまま書こうと思う。



ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

講演会「両目を開いて生きる」 | comment(4) |


<<記憶の孵化 | TOP | クマノコとサギの消しゴムはんこ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんにちは 

美鳥さん、こんにちは。
実際に会って(顔を見て)話をする(聞く)。うん、絶対、文字では伝わらないものも伝わります。距離的な理由で参加は無理だけど、やり遂げて次に進んで欲しいと思います。応援してます!

2010/02/04 09:18 | エコペン [ 編集 ]


こんにちは 

テレビでは拝見いたしました
私も解離性同一性障害その他もろもろ患っています。
ぜひ美鳥さんにお会いしてみたいな。

2010/02/04 11:47 | [ 編集 ]


 

あなたは、過去はどうあれ、
今は社会から愛されていますよ。

病気と言う甘えを持ちながら、受け入れて貰っている。

あなたがしている努力なんて自分の力じゃない。

たくさんの関係ない人が愛してくれて、初めてできている事ではないですか。

僕はそんな自分にふんぞり返っているあなたを許せないし、嫉妬します。

体裁を守らない、
自分に開き直るような態度が許せないのです。


2010/02/10 13:43 | 愚者 [ 編集 ]


お~ 

今晩は。東京にいらしてたんですね。知らなかった~

2010/02/14 20:24 | ひとみ [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。