--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/13 (Thu) 小鳥の熱の測り方

2007.12.06_diary.jpg

<大好きなはらぺこあおむしのカレンダー(と、むく)>


<カウンセリング 2007.12.6>


今日のカウンセリングは、主に私の家族の話をした。

母が、なぜ私に弟の病気を説明させたがるのか、
よく分からなかったので、事情を話して先生に訊ねた。
先生は、なぜそこまで怒るのか、理解不能だと言った。
母に訊ねたいくらいだ、と。
確かに、普通の人間の考えでは理解できない心の動きだ。

弟MKの話をしたが、K先生もやはり家族殺しは、
私の家族では、かなり高い確率でありうるだろうと言う。
弟は、やっぱりもう無理だ。
母が治療に連れていかない限り、無理だ。
そして、母は絶対連れて行かない。
もう無理だ。


私自身の認識として、
なぜ自身がボーダーだと感じるのか、と訊かれた。
今は随分と減ったが、見捨てられ不安は依然残っていると思う。
派手な自傷や相手を引き止めるための必死の努力、
感情の劇的な振れは随分減ったものの、
やはり家族から無神経な言葉や害意を受けると、
道路に飛び出してグチャグチャに轢かれて死にたいだとか、
誰かに殺されたいだとか、
リストカットすればいいんだろう、というような思考に襲われる。


それから、ブログで書いている内容や、
読んでくれる人に励まされて頑張れていること、
最初に全て出し尽くしたと思ったのに、
まだまだ書きたいことがたくさんあること、を話した。
先日、記憶がなくなって、
楽しみにしていたパンとポカリが食べられていたことも話した。

先生は、今ブログで書いているようなことを、
直接誰かに話すのは怖い?と訊いた。
私は、最近友達になったNさんに直接話したことを思い出して、
怖くない、と答えた。
以前は怖かった。
でも、もう怖がるのはやめた。
拒絶される覚悟を最初に固めることができるようになった。
受け入れてもらえるばかりではない、ときちんと認識していれば、
自分の立ち位置がよく分かって、
人に対して話すとき、前のような強烈な恐怖はなくなった。


Nさんの話もした。
私がやりたいと思っている活動を、彼女はしている。
活動を維持していく事務的な話から、
実際の交流までの話を彼女から聞きたい。
でも、やりたいことをする前に、
私は自分の基盤をちゃんと作らなければならない。


本当に今私は、6歳の子供だと思う。
幼稚なのだ。
私の夢を話したら、私の親友Nは、
「まず、自分がしっかりしてないと難しいよ」
と言った。もっともだ。
もっともなことなのに、いつも私は抜けている。
K先生も、そのとおりだと頷いた。
私にとってK先生が必要なことは確かだけれど、
親友Nは、いつもまともな忠告をして励ましてくれる。


むくの様子を訊かれたので、高熱が出て大変でした、と答えたら、
先生が、体温計を脇に挟むまねをしながら、
「え!どうやって測るの!?」と言ったので、笑った。
足とクチバシで体温が分かったのだが、
手羽元で測るのは、かわいいかもしれない。
でも、あそこには肉はついてないので不可能だ。
先生と、思い切り笑った。
楽しい時間だった。



↓ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ





関連記事

治療日記 | comment(6) |


<<スキゾイドではありません | TOP | サービス過剰症候群>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

美鳥さん、こんにちは。
こちらでは、はじめまして。
先日は私の日記にコメントを、どうもありがとうございました。
とても嬉しかったです。

私もカウンセリングを受けたいなぁ、と思いつつ、
両親にこれ以上の負担をかけてはいけない、という
想いの板ばさみになっています。
美鳥さんのカウンセラーさんはいい方のようでよかったです。

また、お邪魔しますね^^

2007/12/13 14:52 | だいず [ 編集 ]


>>だいずさん 

こんにちは。
ご訪問、ありがとうございます。
カウンセリングは、保険がきかず高額なところが障害ですね。
私も、精神的な部分だけでなく、金銭面で何度か諦めかけたことがあります。
だいずさんの通院されている病院の様子、とても良い先生や看護士さんがいらっしゃるような雰囲気が伝わってきます。
治療が、うまく進めばいいですね。

コメントありがとうございました。
また、お邪魔させていただきます。
ぜひ、また遊びに来てください。

2007/12/13 15:02 | 美鳥 [ 編集 ]


 

こんにちは美鳥さん!

ここ最近ブログを更新できなくてすみませんでした(涙)

最後の方で「楽しい時間だった」って書いてあったので何かホッとしたと言うか嬉しいです!
少しでも楽しい時間というものがあると、僕は生きるための活力になります。

2007/12/14 00:04 | のり [ 編集 ]


>>のりさん 

来ていただいて、ありがとうございます。
なかなか普段ドロけた記事が多いので、お誘いするのは気が引けますが、更新されてなかったので、ちょっと心配もあって遊びに行きました。
のりさんのブログに、人柄が溢れていて、楽しい時間にほっとする、という言葉、のりさんらしいと思います。
ブログ楽しみにしています。
受験もがんばれ(笑)

2007/12/14 01:03 | 美鳥 [ 編集 ]


かわいいね 

むくちゃん、かわいいね。

文鳥はどこでも乗っちゃうね。
カレンダーの上は、お気に入りの場所かな?

うちのチュン太郎と、顔はちょっと違うかなあ?
チュン太郎より、むくちゃんの方が年輪を重ねてるから、穏やかな顔かもしれないね。

今週、ちょっと疲れちゃって、あまりコメントできなかった気がしてます。

また、土日に。

2007/12/14 21:42 | チュン太郎 [ 編集 ]


>>チュン太郎さん 

むくを、お褒め頂いてありがとうございます。
本人になりかわりまして、お礼申し上げます♪

むくは、女の子なんですが、目の上の毛量が多くて目に影が差していて、やや悪そうな顔をしています。写真では、確かに穏やかな顔ですね。
この写真を撮ったときは、ママの私しかいなかったので甘えんぼうな顔してたのかもしれません。
むくは、うちの子たちの中ではギャル顔、と呼ばれています。目がパッチリ美人です。
同じく女の子で白文鳥のきりは、おっとりした顔をしています。チュン太郎さんのたろちゃんも、また違う顔ですよね。文鳥飼いにしか分からない差かもしれませんが(笑)

お疲れなところ、来て頂いてありがとうございます。寒い日が続きます。
お体気をつけて、ゆっくりお休みになってください。

2007/12/15 23:30 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。