--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/08 (Fri) 遅ればせながら明けましておめでとうございます

明けまして、おめでとうございます。

年明けで早速なのですが、帯状疱疹という病気に罹患してしまいました。
過労から来る病気らしく、どこかで聞いたことがある病名だなと思ったら、かの雅子妃がかかられてご公務を休んでおられた、あの病気です。

想像していた頃は、何だか大変なのだろうけれど何がどう大変なのだろうか、と禄に調べもしなかった。しかし、これは体験してみると、えらい過酷な病気です。
帯状疱疹とは、名の通り「帯状」に発疹が出ます。神経が走っている上に出るのが特徴で、神経にもろに悪さするものですから痛いの何のって。
「風が吹いても痛いから痛風」と言われますが、いや、私の帯状疱疹は痛風じゃないですが、神経が直に痛む点で全く同じで、実際風が吹いても痛いです。それどころか、ドキッとしても痛いですし、歩いていても痛い。歩いてなくても痛い。いよいよ悪化してきた数日前は、痛みのあまり眠れませんでした。


その帯状疱疹。
私はどこに症状が出たかというと、顔面右側です。
しかも、目の上瞼、眉の付近から右こめかみ、そして頭皮の右側全体。きっちり神経が走っている右側だけに出ています。人によっては左側だけ、腹部だけ、というように帯状に出ます。

痒みはやがて痛みになり、痛みは激痛になり、そのうち腫れて膿が溜まるようになり、現在私の右半分はアレ何かこれ誰かに似てるなと思ったら、相撲取りとかボクサーの顔にそっくりでした。以前、顔面でアスファルトにダイブして怪我をしていたので、自分の時折の相貌や外見には気にしなくなったのですが、痛みが私をへこませます。

医者からは、過労が原因と言われました。
言われてみれば、去年11月あたりはインプットするべく美術館やらに走り回り、12月は今年の春の東京でのイベントを開催すべく主催仲間の友達との打ち合わせや資料集めに奔走し、締め切りを設けた幾つかに躍起になっていました。その途中で必要が生じて、新しい療法を受けることになり、4人目の新しい臨床心理士の元へ。そこらへんでへとへとになっていましたが、実家での年越しとお節の料理分担を買って出ていたので実家まで移動。年越しして年始からは大好きな日本酒を毎晩飲んだくれ、そりゃ疲労して当然といった生活でした。


帯状疱疹はどんどん悪化していって、単なる肌荒れか棘が刺さったか何かだろうと高を括っていた私は悪化する症状にびびって、急遽大阪に戻ってきました。
その頃には、帯状疱疹は頭皮にまで及んでいて、これまたきっちり右側の頭皮だけが痒いし痛いんです。しかも私の髪は一番長いところで腰まで届くロングでして、この重みで頭皮が引っ張られて痛い。髪の中なので軟膏を塗る術もなく、医者でもらった薬をのみ、顔にのみ軟膏を塗って、疲労回復すべく寝ることに専念しています。


こうして予想外の病気にかかることが多いのですが、体験してみなくては分からないことだらけだなと実感します。
最近の私は、色々と何年も考えてきた末に、何病だって良いじゃない、という観点に立っています。
生きていれば色んなことがあるし、色んなことの中には、とんでもなく痛いこと耐え難いこと、苦しいこと辛いこと、乗り越えられそうにないことが、幸運や楽しさと同じかそれ以上に無造作に転がっている。一々悲観していても仕方ないけれども、痛いときは痛いと言おう。やってらんねー時は、やってらんねーよと言おう。そうしてちゃんと実感して、自分を作っている「嬉しい」「楽しい」「苦しい」「痛い」を自分の経験としてしっかり取りこぼさずにいよう。
そんなふうに思っています。

そして、ユーモアは忘れずにいたいなと常に思います。
悲惨な体験ほど「おいしいな・・・」と感じる感受性が関西人、大阪人には特に強くて、ものは話しようで笑いになる。
私は、根拠のない地に足の着かない「前向きでいればきっと幸せになれる」とか「ポジティブシンキングでれば物事は良くなる」「辛いときほど笑顔でいれば幸せになれる」などの「物は考えよう」は、逃れられない苦痛を伴う人生を生きる人間にとっては最悪な毒だと思っています。人間が最も忌むべきは「思考停止」だと思っています。「どんな苦しいことがあっても?であれば、きっと?になる」の「?」に代入される言葉は、いつだって地に足がついていない、少なくとも私には役に立たないものでした。そして必ず後で、あれだけ前向きに頑張ったのに私がやることなすこと空回りだった、ということに気付き、自分に失望することしきりでした。
ポジティブ信仰への懐疑と問題提起については、別の機会でしっかり書きます。只今、資料を集めているところです。私は最近、「回復」とは何を指すのかという以前に、診断名に振り回されざるを得ない患者の現状について憂慮しています。精神科やカウンセリング療法のクオリティを判断する基準がないために、回復に直結しない遠回りをしている患者の現状もあります。また、いわゆる「心の病」に対してアドバイス的に氾濫する「ポジティブ信仰」や「ゆっくり休んでさえいれば治る信仰」(敢えて私は「信仰」と呼びます)が回復を妨げているとも感じています。


誰にとっても当てはまる話では勿論ないと思います。
けれど、苦痛の中から「きっと?になる」と不安な期待を持つよりも、痛いもんは痛いし、笑えないときは笑わない、だけど誰かと共有できるなら、その時はありのままの話をそのままネタにしてついでに笑いも取る気構えで生きてやる、それが私らしい生き方だという結論になりました。
いついかなる時もユーモアは大切だし、ユーモアは誰かと分かち合わなくては決して笑えません。この「誰か」の存在こそが大切であり、やはり人は人の中で傷つき、人の中でしか癒されないとの認識を強くするばかりです。


私の初笑いは、友達と話した私の宗教体験の話でした。
私にとっては痛々しい過去なのですが、振り返れば奇妙な教義や教団の閉塞的な空気はまるでコントのようで、事実をありのまま認識すればするほど笑えました。当時の私は、誰とも共有できない経験だったので笑えることはありませんでした。時間は効用を持っています。


これまで幾つかの理由で避けてきた私のとある巨大宗教団体での体験も、今後記事として書いていくことにしました。嘘偽りは一切書きませんし、憶測は書かず、私が内部で体験したことのみを書きます。しかし、内容が内容なだけに、閲覧制限を設けるべきではないかとの意見もありますので、現在公表形態を考えているところです。


あまり私自身に新年という感覚がないので、いつものようなブログになってしまいました。
むしろ、散漫でいつもの記事より劣るなと今ここまで書いてうっすら気付いてはいますが、敢えてこのままアップすることにします。
何しろ顔がえらいことになってまして、右半分だけが太った相撲取りか試合後のボクサーみたくなってるんですね。
そして頭皮が痒くて痛くて顔から膿が出ている。ついでに言うと、女の子だから言うのはどうかなぁと思ったんですけど、年明けからずっと腸から出血してまして、何かやばいんじゃないのかなこれ、とも思っています。
解離性障害のせいか、自分の身体に対する認識が薄いので医者に言うのを忘れていました。幸い、眠ることだけは特技なので、明日もたっぷり寝て回復して、イベント開催の準備に早く戻りたいと思います。

皆さんも、どうかご自愛ください。
今回初めて知りましたが、帯状疱疹は疲労などで免疫力が下がると誰にでも発症する可能性があるそうです。
年末年始の疲れがまだ癒えぬままお仕事されてらっしゃる方、神経症や人格障害と闘病中で何とか年を越したという方もたくさんいらっしゃると思います。
生きて今年を迎えることができてよかった。
私自身を含め、皆さんが温かく今年を過ごされることをお祈りします。


以下、今日コメント返信させて頂いた記事です。
記事新旧前後から挟む形で返信させて頂いています。
どちらの記事も私にとって今年の生き方を決める大切な記事となりました。
ご興味お持ちの方、是非コメント欄まで拝読賜りましたら幸いです。


◇09/11/01 端切れの童話
◇09/12/27 地続きの世界で


次回の記事からは、実家のインコいろはが受けた虐待と現在の状況を画像混じりにお届けしたいと思います。
真剣に写真を撮り始めたので、そちらの作品も是非見てください。

ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(14) |


<<お菓子の家 ? 機能不全家族 ? | TOP | 大掃除は放棄しました宣言>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

明けましておめでとうございます。
今年もちょこちょこ遊びにきます♪


「(私と)SEXしたから帯状疱疹になった」

と言われたことを思い出しました…。(笑)
私とのSEXそんなに疲れたんかい…。
ま、ソレとはそれだけのことでしたがね。(笑)

マンガで「人生、一番多く笑った方が勝ち組だ」みたいなセリフがありまして、コンビニで立ち読みしながら泣いたことがあります。
「…んなこともあったんだよぉ~」と笑える人生を送りたいし、そう笑える相手も欲しいな、と思いました。

2010/01/08 07:15 | 桂子 [ 編集 ]


本年も宜しくお願いしま~す 

美鳥さん、新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いしますね。
ずっとツイッターを拝見してて気になってました、帯状疱疹!!私の近辺では祖母、友人がかかりました。祖母はほとんど寝てたし、友人はせっせと点滴に通ったと言ってました。かつて雅子様もかかりましたね。顔に出るなんてのは初耳でびっくりです。それでなくても痛いのに。。。
>悲惨な体験ほど「おいしいな・・・」と感じる感受性・・・
私も関西圏と言われればそうなので、よ~くわかります。大変だと思いますが、笑いで吹っ飛ばして下さいませ~!

2010/01/08 12:59 | エコペン [ 編集 ]


あけましておめでとうございます! 

帯状疱疹が顔にでてしまうこともあるのですね、首などは聞いたりするのですがウィルス感染なので本当にだれにでも発祥することがありますし、月並みですがご養生くださいね。

悲惨なことをおいしいと思う気持ちは私は関西ではないですがわかりますよ~、笑えれば勝ちだと思います。
ポジティブな考えは私もあんまし好きじゃないですね、辛いときほど笑っていても笑えるならまだ大丈夫なんだろうと思われたりするし、美鳥さんがおっしゃるとおりやっぱりしんどいときはしんどいと言わなきゃいけないんだと思います。

記事を読んでいていろいろと考えさせられました、ありがとうございます。

2010/01/08 22:55 | くー茶房 [ 編集 ]


明けましておめでとうございます。 

大変でしたね。
私も子ども二人目を産んだあと、なりました。
帯状疱疹。

あの頃は保険がきかずに、乳飲み子含め子どもを抱えておりましたので、数万円投入して、点滴を受けましたっけ。
その年は神経痛が残りますが、ビタミン剤を出していただくと和らぎます。
でも、顔は重傷なのですよね。どうぞお大事になさってください。

2010/01/09 22:29 | 冬日向 [ 編集 ]


あけましておめでとうございます。 

返レス読ませていただきました。
記事で笑ったなど不謹慎かと、後からコメントの内容を後悔していましたが、美鳥さんにおおらかに受けとめていただいて良かったです。
ありがとうございます。

帯状疱疹は私も学生の頃、ストレスも過労もないのになりました。
幸い早くに気づいて処置したため、あまり悪化しませんでした。
でも、美鳥さんは重症みたいでおつらいだろうと思います。結構長引いていますもんね。
ご無理をなさらず、ご自分を労ってくださいね。

ポジティブ信仰など美鳥さんがどのようにお考えになられているか興味深いです。私もうつ病になってからは特にですが、かなりうんざりしていますので(笑)

どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

2010/01/09 22:57 | アネモネ [ 編集 ]


 

こんばんは、コメント返信
ありがとうございました。
お体辛そうですね。
厄介な症状のご様子、
お大事になさってください。

自分で笑える所は笑う
笑えないものは笑えない
体感できる部分も同様
大切ですね。。 

以前からブログに
来てくださっていたようで、

お知らせコメント頂いた時
私もリアルタイムでした。
繋がっている距離の近さに 
嬉しいやら、戸惑うやらです。。
こちらこそ、よろしくお願いします。

ポジティブ信仰、自身も思い当たる点が
。。
問題を隠すのに有用な手段なのでしょうか。
そしてどうして安易に使って
しまうのでしょうかね。
そこで隠さず笑えたら儲けものなのにって(笑)

読んでいて 感じられることが
出来るブログが 素敵です。
また、ちょくちょくお邪魔させてください。
物作りの話も したいです。
ミトリさんの消しゴムハンコ 
影響されて
文房具屋で大きい消しゴム探してました。

 


2010/01/09 23:10 | putitami [ 編集 ]


お大事に~ 

明けましておめでとうございます。
新年早々臥せってましてご挨拶が遅れました。
どうやら私も過労というやつらしく、ちょっと精神状態がいいと今度は身体のバランスが取れないのかい!と腹立たしくなります。

美鳥さんは大変な病気に掛かられましたね。
経験した方から聞くと相当痛いとのこと。
どうか逸る心を静めて出来るだけゆっくりと養生なさってくださいませ。

2010/01/11 11:25 | serein [ 編集 ]


>>桂子さんへ 

桂子さん こんばんは。
明けましておめでとうございますとか遅すぎなので、とにかくコメントありがとうございましたmm

セックスは、大人の男女のコミュニケーションの一助、そして大人のアトラクション、そして大人の芸術的身体創作活動です。

> 「(私と)SEXしたから帯状疱疹になった」

と仰る男性は、上記のような大人ではないのでしょう。
つまり、セックスする資格はないものと思われます。

自然界を見てみましょう。
オスがメスに気に入られるために、いかに涙ぐましい努力をしていることか。
しかし、彼らオスがメスに求愛活動の苦労をメスに語ることなんてありません。そんなものは居酒屋で男同士ですれば良いのです。そうして一時期羽を休め、男はまた愛欲の合戦へと挑んでいくのです。一度の射精に賭ける男の情熱は、女から見ればバカらしいこともありますが、あれほど胸を打つ苦労があるでしょうか。黙って帯状疱疹に耐えていれば可愛さも100倍になるものを。

とまあ長々と書いてしまいましたが、その男性には以後重々自己管理してセックスに臨んでほしいものですねw

2010/02/05 02:26 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさんへ 

エコペンさん こんばんは。
こちらこそ、今後ともよろしくです。
そして遅すぎる返信すみませぬ。

帯状疱疹、結構キャリアがいらっしゃるのですね。そうなんですよね。雅子さまもかかってましたね。当時よく大変さがわかりませんでしたが、こりゃーひでぇや分かるわーといまさらながらに雅子さまに同情しています。

顔には、いまだに傷が残っていまして、暴力沙汰に巻き込まれたかのような様相を呈しております。ただ前髪で隠れる範囲ですし、女には顔を造形するメイクというものがありますので、何とか生活できています。そしてネタとして、会う人会う人に傷を見せております。関西人にはまことに美味しい体験なのです・・。

今は、右耳がなぜか腫れていて左耳とサイズが違います。しかし誰も気づかないらしく、違いも派手ではないのでネタにもならず、地味にいやです。不幸や不運は、ネタになるかならないかで取り組む姿勢が変わっちゃいますね関西人は(笑)

2010/02/05 02:31 | 美鳥 [ 編集 ]


>>くー茶房さんへ 

くー茶房さん、ご無沙汰してます。
ブログはほぼ毎日こっそり遊びに行ってるのですがロムってばかりです。
新しい門出、おめでとうございます。予想外な展開に驚いて、うわーすごい!と感動しました。応援してます!


ところで「あけましておめでとう」などという記事へのコメ返が今になって、すみませんmm
道理で届く年賀状の枚数が毎年右肩下がりなわけです・・・orz


帯状疱疹!懐かしい言葉。
今もまだ傷が残ってます。まだまだ知らない病気、いっぱいあるんだなと思いました。
首は・・・・首もいたそうだ><


何事も笑えると勝ちですよね。
無理して笑うんじゃなく、反射的に笑ってしまうような自然な笑い、大好きです。
うつ病とか、悩みにのしかかられて、ううう・・・と笑えない時期を過ごした人にとって、笑えることのありがたみって増す気がします。そのせいか、ユーモアも鋭い人が多い気がします。


ポジティブ嫌いの理由、分かってくださって嬉しい!
社会の中で、そうそう苦しいことがあっても人って最大限笑おうと表情筋をフル活用してでも頑張りますよね。頑張っちゃうものですよね。
帰ってひとりになると表情筋どころか全身がズタボロに疲れて立つこともままならぬ。ということが昔よくありました。

笑えるときは笑い、泣けるときは泣いて、怒るときはメラメラと静かに怒る。私の理想です。

こちらこそ、くー茶房さんのブログで多くのことを学ばせていただいています。
国会図書館使える!とかw
大変遅ればせながら、くー茶房さんにとって良いお年となりますことお祈りしています。
コメントありがとうございました!

2010/02/22 11:20 | 美鳥 [ 編集 ]


>>冬日向さんへ 

冬日向さん、こんにちは。

こちらでご挨拶頂いていながら、返信できぬまま実際お会いしてしまったという。
楽しかったですね!

帯状疱疹ってまたなるのよ、ふふふ。。。と、私を軽く脅した冬日向さんの若干楽しそうな声が忘れられません。ガクブルw

少し前までは、入院して点滴だったんですよね。それで早く治るものなら、もう何でもいいからやってくれ!てくらい、案外苦痛でたまりませんでした帯状疱疹。
ああやって「見てくれ!」と色んな人に帯状疱疹の傷跡を見せていますw 何だか自分ひとりで経験したには惜しい気がして。

お子さん抱えて帯状疱疹ってどんな地獄だよ、て思いますね。
次お会いするときには傷も完全に消えてる気がします。再発しない限りは!


またあの美味いカクテルのステキバーに行きましょう!
女同士の話に花咲かせましょう♪

2010/02/22 11:25 | 美鳥 [ 編集 ]


>>アネモネさんへ 

アネモネさん、こんにちは。
お久しぶりです。すっかりコメント返信が止まってしまいました。お元気ですか?風邪引かれたりしてませんか?帯状疱疹にはくれぐれもご注意を。

おおらかっつーか基本的に笑えることなら多少不謹慎でもネタにするのが大好きです。ご心配全然無用ですよ。むしろ私が結構不謹慎なので気になるところです・・・w

帯状疱疹は、初めての体験だったのでどこが山場なのか分からず精神的にきつかったです。
勝手に希望的観測から、「これがピークなのね。だから今こんなに痛いのね。酷いのね」と自分に言い聞かせても、翌日もっとえらいことになってるんですよ。「えっまだ先があるの!?どうなっちゃうの私!?」ていう不安を不安が突き抜けるみたいな無限恐怖状態でした。治ってよかったです。まだちょっと傷がありますが、もうあの頃に比べたら今は天国みたいなもんです。


ポジティブ信仰については、私はずーっとずーーーっと付き合う、向き合わざるを得ない環境で育ってきてまして、ポジティブ信仰で何とか乗り切ろうとした時期も数知れずあります。結果的に、自分なりのポジティブ信仰解体新書みたいなものができまして、今度の講演会ではお話する予定です。
経験として役立った役立たなかったは勿論ですが、そもそも何故ポジティブ信仰がずっと奨励されているのか、ポジティブ信仰を仮に無益だと放棄した場合、それにとってかわる私たちうつ等の神経症や人格障害者たちに有効な思考法って何なのか。
生きながら考え続けてきたことでした。

具体的に形になっていますので、講演会までに、少しでもポジティブ信仰の最大の功罪についてブログでも触れることができればと思っていますが、スケジュール管理が下手すぎて今のところかけてませんね・・・orz


その後、調子はいかがですか。
時々いただくコメントが嬉しいです。お元気かな、どうしてるかな、時々思い出します。
新年に頂いたコメントにお返事が今になってしまいました。
アネモネさんの今年が素晴らしい年となりますように。
陰ながら応援しています。
いつもコメントありがとうございます。ふかぶか。

2010/02/22 11:41 | 美鳥 [ 編集 ]


>>putitamiさんへ 

putitamiさん こんばんは。
まだ東京滞在している、みとりです。お元気ですか?

putitamiさんのブログ更新がされてらっしゃらなくて少々寂しい思いをしておりました。

前回は、お互いにリアルタイムでオンラインだったんですね!(笑)
ネットって、どうしても人と人の間にPCや回線や時間や限定されたツールの事情に挟まれて、ダイレクトなコミュニケーションを取りにくいので、こんな偶然は嬉しいです♪
またお知らせコメントにうかがいます。

なぜって、ほんまにいつ返信来るねん、てほど遅くなってますので・・・mm
すいまっせん。

ポジティブ信仰については、色々考えてきました。
属していた宗教団体も基本的にポジティブ信仰でしたし、病気や引きこもりに大して人が言う言葉もポジティブ信仰の影響が根強いです。

これは、戦後の日本の教育がどうであったのか真価を問われていると言ってもいいかと思います。あまり実用的ではないけれど、リーズナブルで手が出しやすく「皆が分かりやすい」というのが、恐らくポジティブ信仰を支えている原理ではないかと思います。

が、「皆が分かりやすい」という「皆」というのは集団を指しています。この集団からあぶれる人たちのことをポジティブ信仰はカバーできないんですね。
カバーできない問題(いじめや不登校や引きこもり、経済活動等)が増えてきた昨今、ポジティブ信仰は殆ど中身のない空の薬莢であると思います。

この先は、具体的にポジティブ信仰の歴史と功罪について語りたいのですが、コメント欄だと長くなってしまうのでブログ記事に書いてみたいと思っています。講演会では、必ず触れるお話です。

率直なコメント、ありがとうございます。
ものづくりの話、いつでも大歓迎です!
あれから幾つか消しゴムはんこの作品作りました。putitamiさん見てくれるかな~と、画像を撮ってあります。東京に来てから、ごっさ忙しくなってアップできてませんが、そのうち登場させます。

消しゴム探してらっしゃったんですね!
私は、いまのところ「はんけしくん」という消しゴムはんこ用の消しゴムを買ってました。
最近は、彫った部分が分かりやすいように、片面に色がついている大判の消しゴムも売っています。
ひと段落ついたら、また彫ります。
putitamiさんの作品も、楽しみです♪

2010/02/25 03:56 | 美鳥 [ 編集 ]


>>sereinさんへ 

sereinさん こんばんは。
お元気ですか? ブログ、毎日通っております。

どんぐりこぼしって言うんですか。どんぐりの真ん中につまようじを指してやじろべいを作るやつ。精神と身体のバランスって、あんな感じでうまく整ってるときが殆どない気がします(笑)

お互いに、臥せって新年を迎えたんですね。
こんな年もあるさー人生だもの。

顔は、ごっつ痛かったです。風がそよと吹いても痛くてびっくりしました。
で、びっくりしてびくっとしても、それが響いてまた顔が痛くてびっくりしました。(ループ)

今は東京にいます。
もうすぐ大阪に帰ります。
大阪に帰ったら、しばらくは一人になって、色々描いたり治療したりして過ごします。
また電話でお話しましょう!
応援しています。

2010/02/25 04:00 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。