--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/19 (Mon) 返信 2 ?Coccoの真相・境界性人格障害からの回復 ?

昨夜は、体調が最悪だった。何故だか吐き気が止まらず、しかし食欲はあって、精神状態は安定しているのだが体中が痛くて、痛み止めと眠剤をあわせて飲んだ。調子が悪い時は、眠ることも難しい。起きていても寝ていても苦しいのだ。
しかし、睡眠に勝る休養はない。とにかく思いつく限りの安眠の下準備をして、熟睡を目指した。

甲斐あってか、熟睡でき、今日はすこぶる調子が良かった。
相変わらず体中が痛く、顎もやはり痛く、呼吸不全気味で、吐き気もおさまってはいないのだが、眠れたという成果がやる気を起こさせた。

昨夜のうちから、今日やるべきことはメモしておいた。

・役所に行く
・スーパーに買出しに行く
・銀行に行く
・歯医者に行く
・精神科に行く
・整形外科に行く

体調が悪く、自宅で屍状態になっている間に、用事がたまりにたまってしまった。
この半分もこなせたら上出来だな、と朝に考えたのだが、今日は一気に全部こなせてしまった。更には、古本屋に行ってマンガを買ったりまでできた。毎日がこうだと良いのに。

歯医者では、ついにマウスピースなるものが出来上がり、カッパリとはめられてしまった。想像していたのはボクダーのあれだが、全然違って、透明で薄くて柔らかくて助かった。

今日一日動けたのは、合間の昼に1時間の睡眠を取れたからだと思う。昨日までは、体がしんどいのにしんど過ぎて眠ることもできなかったからエネルギー補給ポイントがなくて、余計に動けなかったようだ。

精神科では、先生から冷静なアドバイスを頂いた。カウンセリング治療が現在行き詰っている。病院とは何の繋がりもないカウンセリングルームなのだが、いつでも連携を考えてくださる医者で、私に新鮮な提案を与えてくださった。自分では考えもしなかった観点なので、しばらく一人で考えることになりそうだ。

そのほか、解離性障害の友人に色々と相談していく中で、自分の内側のマッピングに本気で取り掛かることにした。解離性障害、解離性同一性障害者の心性についても、ひたすらに考え続けている。


・・・・・・・・・

今日も、コメント返信として病気について所見を書いてみたいと思う。いまだ体調は完全ではなく、朝に調子が良くても数時間後の体調が自分で予測できない。
返信はできませんと書いたにも関わらず、コメントやメールくださった方々に深く感謝。、ややもすれば、また失語気味になりそうな私にとって、良い刺激と励みになっている。


以下、過去記事に頂いたコメントの中から抜粋して返信させて頂いています。文末のリンクは、頂いたコメントの記事へとびます。

・・・・・・・・・

えなさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
「病気とたたかう勇気」と書いてらっしゃるのを拝見して、えなさんも闘病されている方なのだ、と勇気付けられる思いがしました。
4年前というと、かなりの年数が経っているように感じられ、拙ブログが思い出すきっかけとなったことを光栄に感じます。どうしても私は自分の経験をありのままに書くこと以上に、人に届くものはない気がします。ただひたすらに、回復を目指してらっしゃる方、真剣に生きようと悪戦苦闘されてらっしゃる方に、何かの参考にして頂ければという思いで書いています。ですから、えなさんからコメント頂いて、こちらこそありがとうございますとお伝えしたくなりました。

>その時は私は正しい事を言っていると、
よく人間がとる行動を言っただけだと
思っていました。

私もよくあることなのですが、いつもトラウマを押し付けているわけでもないのが判断の難しいところです。人格障害にはよくあることですが、最初から相手を間違えている、という場合も往々にしてあります。私の場合、簡単に言うと「人を見る目がない」という表現がぴったりでした。どうしようもない相手に対して、しても仕方のない努力をしていることはよくありました。当時の私は謝りっぱなしだったけれど、逆に怒っていて正解だったと思うこともあります。
最終的には相手が自分にとってどういう存在であるかが、内省や関係修復に向かうか、断絶に向かうかの分かれ目になるのかもしれません。

4年前のご事情が詳しく分からないので何とも申し上げられませんが、4年間の時間はえなさんにとって必要な時間だったのかもしれないと思いました。共依存の友達と縁を切るのに私は10年近くかかりました。相当に消耗し、迷い続け、悩み続けましたが、大きく関係を動かす気持ちになったのは、逡巡や自身の成長を待たずしては成らないものでした。

>でも当時の私の理不尽は本当に酷く
自分ひとりでは引きずりすぎてしまうと思い
色んな人に協力していただき
連絡をとり、謝りました。


似たことを私もしたことがあります。過去に遡って、自分が悪かったと思う人に対して片っ端から連絡を取り、謝ってまわったことがあります。
かなりの精神力を使いました。自己嫌悪との戦いでした。勇気という言葉よりも、ここで自分を清算しなければ前に進めないといった切迫感に突き動かされていました。その当時のことを思い出しました。

えなさんの表現から、縁を切ること繋げることのどちらでもご苦労されて来られたのかもしれないと感じました。良かったのか悪かったのか、正しいのか間違っているのか、行動してみなくては人間関係は分からないことの方が多いように思います。えなさんの一歩にお相手が応えてくださったこと、まずは本当に良かったですね。その後、どうか良いご関係でありますようにと願っています。
コメント、ありがとうございました。また是非遊びにいらして下さい。お待ちしてます。

◇2009/09/10 (Thu) 処方箋 拒絶  ? 境界性人格障害完治を目指す・カウンセリング ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上原キョウさんへ

上原キョウさん、はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。何度かブログにお邪魔してました。
Coccoの雑誌は、今も手元にあります。あれを見て「自傷したい」と思われる方は多かったようです。実際に自傷した方もネット上で多数見かけて胸が痛む以上のものがありました。
私は、あの雑誌をつぶさに読んでCoccoという人がやっと理解できた気がしました。あの写真を「ありのままさらした」と評価する向きもあるようですが、私は全く真逆の行為だと解釈しました。彼女が雑誌内で「自分は治らない」と言っている理由がよく分かります。
あの雑誌記事が良いか悪いかではなく、あの雑誌を通してCoccoがやったことは一体何なのか。そこが重要だと私は思っています。私は、あれは彼女が「筒」としての彼女であるために、Coccoとしてファンから逃げ切るために、ファンに向けた刃だと解釈しています。
また別の機会にリストカットについても書いてみたいと思っていますが、私は、自傷痕というのは性器の露出とあらゆる意味で似ていると考えています。
私もリストカットや切腹や足への自傷など経てきていますが、これまでの治療の甲斐あってか、あの雑誌を見て浮かんだのは嫌悪感や憎悪でした。昔の私でしたら、自傷衝動を掻き立てられていたかもしれません。
Coccoがあの写真を通してこちらに投げかけている視線や、傷跡で覆い隠している本来の人格、雑誌記事に登場した本当の意図などを考えると、あれを見てリストカットしたくなる人の心理が理解できます。
Coccoの雑誌記事については、詳しく後に書く予定です。ご興味お持ちであれば、よろしければ読んでいただければ幸いです。

手首を無傷に保つのは、切る100倍も苦しいことを私は知っています。切っても苦しいし、切らなくても苦しい。傷跡に対する恋しさも、しかしそれ以上の後ろめたさも、悲しさも、言葉にならない感情の渦も知っています。
それでも手首は、できるだけ綺麗でいて欲しい。誰に対しても、そう思うのが素直なところです。
回復を心から願っています。私もまた、毎日戦いです。同志として、キョウさんの回復を心からお祈りしています。
また是非遊びにいらして下さい。コメント、ありがとうございました。


◇2009/09/16 (Wed) 他人の顔 私の意識  ? 解離性障害・境界性人格障害・カウンセリング ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきは次回。

関連記事
◇2009/10/18 (Sun) 返信 1 ? 神経症・AC・人格障害からの回復 ?

心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

治療日記 | comment(1) |


<<返信3 ? 精神科と投薬治療 ? | TOP | 返信 1 ? 神経症・AC・人格障害からの回復 ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


意識的に休養を 

体の痛み辛いですね。
一人ベッドでその恐怖に耐えてみえることを想像すると胸が痛みます。

調子のよい時に動き過ぎない。
敢えて休憩ポイントを作る。
これが私の心掛けていることです。
何もかもが過剰になりやすいという特性を抱えていますからね、お互いに^^

睡眠は私も主治医から始終言われていることです。
「気分が落ちそうになったら単純に疲れてるのかもしれないから横になりなさい」って。
確かにそうかもしれないなと思います。

マッピングや他人格との接触についてですが、速度がとても大事です。
くれぐれも焦ってやりすぎないようにしてください。
少しずつだと心は安心して自ずと語り出すようです。

主人格である美鳥さんは出来るだけ中立の立場を目指してください。
これは同時にボーダーにとっての訓練にもなると感じました。

またいつでも連絡して来てくださいね。
待っています♪

2009/10/20 03:34 | serein [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。