--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/15 (Sat) 両目を開いて生きる 1 - ある方からのコメント -

今回は、ある方との鍵つきコメントのやりとりを、ご紹介したいと思います。


きっかけは、ある日、
私の記事を読んでくださった方から、長文のお便りを頂いたことでした。
ご自身の過去を綴ってくださり、私に対してメッセージをくださいました。

真剣に書いて頂いたことが、文面でよく分かるお便りでした。
私のブログへのリンクを貼りたいとの言葉が添えられていました。
ご本人のブログへ訪問し、全ての記事を拝見し、
また何度もメッセージを読み返し、私は、不安になりました。
どうお返事を差し上げるべきか、数日悩みました。
コメントを頂いたとき、出来るだけすぐにお返事を書いてきた私ですが、
この時は、お返事を書けませんでした。


きちんとお答えしたくて、失礼を承知で、
気持ちが纏まるまでお返事は一切書きませんでした。
数日かけて考えた末、ご本人と何度か長文のやりとりを交わしました。
以下は、私が最初にご本人から頂いた鍵つきコメントを転載しています。
ご本人のプライバシーを考慮し、一部省略していますが、
文章は、そのままです。


都合、2部構成になりました。
この記事「両目を開いて生きる 1」では、
公表までの経緯と私が頂きましたコメントを紹介します。
次回記事「両目を開いて生きる 2 -人格障害者の生-」は、
下記のコメントに対して返信した、私のコメントを転載します。
本日中に記事をアップする予定です。


このような形で、ある方とのコメントを公表したいと思ったのには、
理由があります。

実は最近、色々な方から頂くコメントに対し、
私自身は十分お答えできていない気持ちでした。
「なぜそこまで赤裸々に書くのか」
「なぜこんなことを書くのか」と訊ねられる度、
私にとって重要な意味を持つ質問ですので、とても有難いと感じると同時に、
うまく言葉にできず、またコメントではスペースが限られ、
思うようにお答えすることができませんでした。


私の中で言葉にならず散らばっていた思いが、
この方からのコメントをきっかけに、
言葉へと集束し結晶となりました。


私のブログを訪れてくださる心温かい皆さんへの、
メッセージとして読んで頂ければ嬉しいです。

美鳥はこんなことを考えて書いているのか、
と少しなりともお伝えできればと思います。

よろしければ、お気軽にコメントください。



最後になりましたが、この貴い機会を与えてくださり、
また転載を快く承諾してくださるどころか、
自由に使ってくれても構わないとまで仰ってくださった貴方に、
深い深い感謝を捧げます。





・・・・・・・・・・・・・・・


美鳥さんのブログを読んでいて、思った事を書いても良いでしょうか・・・。不快に思う事がありましたら、あらかじめ謝っておきます。
美鳥さんは自分のことをとても素直に書こうとしています。自分のことを素直に書くことはとても難しいことです。そこに匿名性があったとしてもです。 (省略)
自分のことを素直に書くのは難しいです。自分の心を深く掘り下げるには「苦痛」が伴うからです。裸の自分を見つめて、自分の精神を深く掘り下げる事は、誰にでも出来る事ではありません。 一生懸命自分に向き合おうとしている美鳥さんを、純粋に私は尊敬します。(省略)
美鳥さん、自分と向き合うのはいいことですが辛い事でもあります。周囲に気を配らず、無神経で、全く悩みの無さそうな人を見ると、うらやましくすらなりますが、でも、私はそんな人にはなりたくありません。
周囲にも、自分にも心配りの出来る人間であった方が、たとえ精神的に負荷が大きくても、私はその方が自分を好きになれるように思います。だけど多少は、自分のことにも、周囲の事にも、「見てみないふり」が出来るようなずるさは、持っていた方が良いと思います。自分自身の心を、必要以上に傷つけないためにも、また自分の傷を出来るだけ早く癒すためにも。
とりとめのないことを、だらだらと書いてしまいました。不快な思いがありましたら申し訳なく思います。ただなんとなく、思った事を書いてみたくなったのです。
人は他人の事を、本当に理解するなんて事は出来ません。私には美鳥さんの心の闇を知る事は出来ませんが、今日私は自分の思った事を、出来るだけ素直に書いたつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・


私美鳥が返信しましたコメントを、
次回の記事「両目を開いて生きる - 人格障害者の生 -」で紹介致します。
よろしければ、ぜひ次回もお付き合いください。



↓ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

解離性同一性障害 | trackback(0) | comment(2) |


<<両目を開いて生きる 2 - 人格障害者の生 - | TOP | 乾いた殻>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

読ませていただきました。次回の記事を待って、私なりのコメントをまとめたらまた来ます。

2007/12/15 10:26 | monokuro [ 編集 ]


>>monokuroさん 

コメント、ありがとうございます。
ぜひ、ご感想お寄せください。
お待ちしています。

2007/12/15 23:33 | 美鳥 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/92-40bcc9b2

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。