--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/14 (Fri) デッサン 梨  ? 油絵を描く日まで ?

20090814.jpg


今年一番の躁状態だった頃、ダンスやバンドと同じく、半ば衝動的にネットで高級油絵セット(天然木箱入り)を買った。サイズ違いのキャンバスまで3枚も同時購入した。あの時は、ものすごいやる気であった。

ダンスとバンドは始めたが、油絵を始めることは出来なかった。
ダンスレッスン代に加えて油絵教室代までは捻出不可能だ。

興味を持った趣味は、大抵独学でやってきた。
というか私は人から物を習うのがあまり好きではなく、習っていても自分の好きにやれなければやる気を失う大人気ない人間なので、油絵も独学でやってやろうと試みたことは何度もあるが、実際の私は油絵セットのセット内容も理解できず、金属のヘラ状のものは何なのか、小瓶に入った怪しげな液体は何なのか、キャンバスをどうしたら良いのか、何一つ分からず見事にお手上げで、せっかくの高級油絵セット(天然木箱入り)は、一度蓋を開き蓋を閉じ、それきり今日までデスクの下で眠り続けてきたのだった。

初手からこんなに敗北感を味わう趣味というのも、これまで出会ったことがない。
油絵は、なんだか今までのようにはいかない敷居の高さを感じた。
移り気なので、そのうち油絵はどうでも良くなり、以前のように見ることだけ楽しんできた。


そんな折、ある展覧会に出かけ、ある画家の先生と知り合い、その先生I氏に、「きみは来年、油絵と写真を出展する」と、強引に決められてしまった。
「写真は出しますが、油絵は描いたことがないので無理です」と言ったにも関わらず、I氏は頑として譲らなかった。「描ける描ける」と言うばかりであった。私の絵を見たこともなければ、写真だって一度も見たことがないし、そもそも私と彼はその日初対面だったのだ。
強引という他、いいようがない。

私は、その日から原因不明の憂鬱さに囚われ、7月の一時期を過ごしていた。
絵なんてクソ喰らえだ。
というまでに、一時期心が荒んだ。何故なのかは分からなかった。とにかく、多少やる気があったのに、画家のI先生と会ってから一切のやる気が失せてしまったのだ。


理由が分からない鬱状態は、非常に疲れる。
というわけで、I先生との事をカウンセラーのM先生に相談した。何日かして、憂鬱の理由を掴んだ。更には、そこから脱する方法をM先生に教えて頂き、それを知った瞬間に私はやる気を取り戻した。鬱状態がリセットされ、絵を描いてみようという気にまでなった。

偶然目にした講座に申し込み、1日限りのデッサン教室に行ってきた。過眠が酷くて、デッサンなど嫌でたまらなかったのだが、遅刻しながらも行って来た。行ってみたら、あまりの面白さにはまってしまった。

冒頭の画像は、私が生まれて初めてのデッサンで梨(多分幸水梨だった)を描いたものだ。
歪んでるやん等という指摘は、間違っている。
モチーフにと渡された梨が、実際歪んでいたのだ。
(影の方向がおかしいやんという指摘は正しい)

真直ぐな線や、まともな円すら描けないのに、いきなり歪な梨を渡され、見ながらデッサンするように言われた。まん丸であれば良いものを、歪な果物は相当に難易度は高かった。

しかし、ああいう先生というのは凄いもので、たった60分の間にデッサンの基礎の基礎が分かったような気分にさせてくれる。一度もデッサンというものをやったことがないのに、教室のその場の空気やら勢いやらで、どうにか梨っぽいものが描けた。
帰りに合流した友達に見せると、「想像してたよりデッサンぽいな」という、褒め言葉なのか何なのか分からないが、まあ悪くない評価だった。
デッサンへの苦手意識はなくなった。お陰でほんのちょっと、油絵への苦手意識も弱まった。今日や明日は無理でも、来年の展覧会の時期には一枚くらい描けていそうな気がしてくるのであった。それは多分、私が調子乗りだからなのであった。


家に帰って改めて見てみると、梨ではなくピーマンに見えた。
何故ピーマンに見えてしまうのか考え、手直ししていると、ピーマンですらない、ただの黒丸に見えてきた。デッサン教室の先生は「まるで本物がそこにあるかのように描くべし」と言っていた。梨に見えなければ、梨を描いたことにはならないではないか。

以来、スケッチブックを常に机の上に広げて、通りがかった時に思いつくまま、ちょこちょこと描き込み始めた。教室でのアドバイスを思い出しては考え込み、消しては描き、消しては描き。
努力の甲斐あって、一応本日、私のデッサン一作目「梨(多分幸水梨)」が完成した。

ど素人なので恥もクソもない。
これがどの程度の完成度なのか私には判別しようがないのを良いことに、完成したことだし公開してみることにした。
そこそこやってきた写真だとか文章だとかダンスだとかなら、恥ずかしくて絶対にやれない暴挙だと確信する。知らないとは幸福なことだ。絵は、自己満足に楽しんで行こうと思う。何も分からず一から挑戦するというのも一興だ。

講師の先生が仰っていたが「デッサン力は筋力と同じ。鍛えたら鍛えた分だけ力がつく」そうだ。しばらく、色んなものをデッサンして、我流で好きなように練習してみようと思う。どんだけ変な絵でも、迷わず載せることにする。どうせドラえもんも満足に描けないマイナスからの出発なのだし、失うものは何もない。
恥はかき捨て。上達の過程(或いは進歩のなさ)を、読んで下さる方と楽しめたらそれでいいなと思う。

果たして来年の展覧会までに私は油絵を一枚でも描くことが出来るのか。
来年もブログを書き続けていることに違いはないので、読み続けて下さる方がいらっしゃれば、どうか生温い目で見守って頂ければ有難い。



心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

| comment(8) |


<<真っ黒な血液 ? 解離性障害・境界性人格障害・夢 ? | TOP | ホイップ ?過眠・夢分析・カウンセリング ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

中々お上手ですね、吃驚しました。
私が初めてデッサン絵を描いた時は美鳥さんの描かれた梨とは比べ物にならない程酷かったですよ。
でも描けば描くほどというのは本当です、絵というのは描いてナンボのもんです!
ちなみに、デッサンをする際は均等なものではなく、多少歪な形をしたものの方が描きやすいですよ
まん丸の球体を描いた時なんか大変でした。自分から見たら「まん丸じゃない!?」って言うのが、実はまん丸じゃなかったり・・・と^^;
レンガや家を描いても、直線だらけなので線が綺麗に描けない限り完成なんて夢の又夢でした。
ちょっとしたアドバイス?みたいなものなんですけど、完璧な球体や立方体、長方体を描く際にはある程度描いて「きちんとした形になっているかな?」と思った際は
絵をさかさまにして見てみると、バランスがどうなっているのかが解りますよ。

随分と生意気なことを言ってしまいましたが、スルーしていただいて結構ですので!失礼しました。

2009/08/15 00:23 | 朱憐 [ 編集 ]


デッサン 

美鳥さん、おはようございます(^^)。
いぃじゃぁないですか~(^^)/少し色をつけてみたい感じですね~~上手い下手と言うより「いい感じ~」が大事だと思いますよ。絵にはこれが正解って答えはないのですから、美鳥さんが良しと思えばそれで十分です。これは鉛筆デッサンですね、木炭デッサンも面白いよ。絵は感性だから、写真を撮る美鳥さんなら描けるよ。油は何度でも塗り直しがきくからはまるかも。って、偉そうにごめんなさぃね(^_^;)。
思いのままの線を描こうと思うなら、沢山デッサンすること。私もかつてやってたけど、今は全然ダメ。自分でも「どぅしたん??」と思うほど描けなくなっちゃった。陰と光は描き続けているうちに見えてきますよ(^^)。

2009/08/15 06:38 | エコペン [ 編集 ]


絵を 

はじめたんだね。
素敵だわー。
美鳥ちゃんの描く絵、素敵そうな気がする。
またねー。

2009/08/15 18:10 | hima [ 編集 ]


絵のこと・・・ 

私は油絵はやりません。
テレピン油の匂いがダメなのと、長期戦に不向きなので。
でも、油絵のモデルは若い頃散々やったので、大体の要領や技量も分かります。
(欝のとき疲れるのもわかりますよ^^;)

「丸」は誰にでも難しいです。
また、女性は「幾何学的なかたち」に弱いようです。
でも、ほんのちょっとしたコツがあります。
私でよければ、サポートいたします。
勿論、無料で♪
過去もっていたHPに、「私流・絵の描き方ノウハウ」も載せていました。
いまは、めんどくさくて(>_<)そっちにまでエネルギーが向きませんが・・・。

師との出会いも、よほどの縁がなければ「良き先生」には出会えません。その方がどうかは、なんとも言えませんが、私はご縁を感じます。

絵は「感じる能力」と「度胸」です。
私の先生からは、「感じ」「ある~~!」という存在感について、どれだけ言われ続けたか、また、「女は度胸!」とも(笑)。
トランペットのデッサンのときは、サッチモをかけながら、感じられるように、とセッティングされたものです。(日野○正では×とのこと。笑)
デッサンはやれば、目が変わります。
その先生の言われるとおりです。

ただ、油絵はお金と時間がかかるのが難点です・・・。
絵の具ひとつも高価なので・・・。
それに、湿度の高い日本では、なかなか乾かないのです。
ヨーロッパで生まれただけのことはあります。
ただ、彫刻ではないけど、どんどん立体化?できるので
ある意味「ごまかし」もききやすいです。
水彩・水墨はそうはいかないので(一発勝負の世界)、油絵に慣れるとすごく難しく感じられるかもしれません。

とにかく、描いてみてください。
なにかあれば、ほんと、遠慮なくメールください。

2009/08/17 14:10 | ばーばら [ 編集 ]


>>朱憐さんへ 

朱憐さん こんばんは。
コメントありがとうございます。
しばらくご無沙汰しておりました。少し暗闇を抜けられたようで、ほっとしています。今日は、お元気ですか?

褒めてくださって、ありがとうございます。
いやーけなしてもらっても全然大丈夫です! 本当に、ちゃんとやれてんだかやれてないんだか分からないというのは、無謀な勇気をくれますねw

> 私が初めてデッサン絵を描いた時は美鳥さんの描かれた梨とは比べ物にならない程酷かったですよ。

いやこれは、それなりに完成させてからアップしましたけど、「完成したー!」と言った最初の時は全然梨じゃなかったと思いますw 家に帰って来てから、「なんじゃこりゃ・・・?」と思って書き足したのです。書き足してよかったみたいですね。

> でも描けば描くほどというのは本当です、絵というのは描いてナンボのもんです!

ううう・・・耳に痛い・・・。
実は、熱しやすく冷めやすい私は、さっそく別なことに熱中しだしてしまいました。ずっと気になってはいるんですが、モチーフが決まらなくて。
見た目単純なものでも、デッサンしようと思ったら、途方も無く複雑じゃないっすか!
そんなこんなで、初心者向きのモチーフが見つからなくて、サガ2という名作ゲームに逃避し、毎日冒険に勤しんでいますw
しかし、描いてナンボですか! 生涯の趣味だ、くらいに考えて、次にデッサン熱がまわってきたら頑張ります。またーりと。


> ちなみに、デッサンをする際は均等なものではなく、多少歪な形をしたものの方が描きやすいですよ
> まん丸の球体を描いた時なんか大変でした。自分から見たら「まん丸じゃない!?」って言うのが、実はまん丸じゃなかったり・・・と^^;

そうなんですね~!
先生に、「形の良いものを選んで。ほら、これなんか良いですよ」と渡されたのが、ボッコボコのこの梨だったんですね。
内心で、
(これのどこが形良いねん。歪んでる分難しいやん)
と思ったのですが、先生のチョイスは親切心だったことが朱憐さんの言葉で判明☆ 先生への濡れ衣が密かに晴れましたw ありがとう!


> レンガや家を描いても、直線だらけなので線が綺麗に描けない限り完成なんて夢の又夢でした。

本当ですね・・・・レンガって・・・? どう描いたらレンガに見えるの・・・? 
レンガとタイルを書き分けるとか、レンガとプロセスチーズ(角)を書き分けるとか、思えば全くどうすればよいのか分からない。


> ちょっとしたアドバイス?みたいなものなんですけど、完璧な球体や立方体、長方体を描く際にはある程度描いて「きちんとした形になっているかな?」と思った際は
> 絵をさかさまにして見てみると、バランスがどうなっているのかが解りますよ。

ほほぅ。
さかさまですね。何か色々とあるんですね専門的な技術が。


> 随分と生意気なことを言ってしまいましたが、スルーしていただいて結構ですので!失礼しました。

いえいえ。ありがとうございます。
何やら普段絵を描いてらっしゃる方と、こうして絵のお話をしていると、梨しか描いたことないくせに、自分もいっぱしに絵を描けるみたいな気分が味わえますなw

またーりと絵は描いていきますので、絶句するような作品があがってきても、あははーと流してくださいませ。



2009/09/03 18:40 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさんへ 

エコペンさん こんばんは。
お返事が物凄く遅れまして、申し訳ありません。

梨のデッサン、梨っぽく見えたら良いなぁとそれだけ目指して描いてみました。
色はつけると色が失敗して、また球体に逆戻りしそうなので、一応これで完成ってことで(笑)

鉛筆デッサンです。鉛筆が私、嫌いなんですね。でも、趣味は何でも形から入るものですから、画材屋でスケッチ用の鉛筆をわざわざ購入しました。道具だけは、いっちょまえ。
木炭デッサンですか~油絵となると木炭で描きたいなぁと思ってるんですが、今は鉛筆で真直ぐな線も引けない状態なので、木炭が宝の持ち腐れになるだろうと思われます。

写真は撮るの確かに好きです。それ以上に絵を見るのが好きです。でも描くのは根気がいりますね。梨一個描くのにえらい時間がかかったので、多少びびってます。こんな調子だと、油絵を描くのはいつになるのやら、早々にキャンバスやら道具やら揃えた自分は時期尚早だったのかなぁと。
光と影は、写真撮るときに見る癖がついてるので、そう難なくできるんですが、色彩を抜いてみろといわれると、色彩大好きで色彩の世界で生きてる私としては、異次元に飛ばされるくらいな出来事です(笑)
今度はまた、バンドの方に目移りしてきましたが、絵も気が向いたらマターリと描いていきますので、冷やかし程度に見て頂けると嬉しいです。
絵を描いてらっしゃる方、意外に多いんですね~。

2009/09/11 01:21 | 美鳥 [ 編集 ]


>>himaちゃんへ 

himaちゃん 久しぶり!
マイペースで更新、楽しみにしてるよ~。

絵をはじめました。
で、すぐに休暇w
飽きっぽいというか、持続力がないのが欠点です。

躁状態で高々と出して買った油絵セットを無駄にしないように、来年の夏までに一枚描けたらいいなー程度のゆるいスタート。
素敵な絵が描けるかしら。うふ。

2009/09/11 01:24 | 美鳥 [ 編集 ]


>>ばーばらさんへ 

ばーばらさん こんばんは。
風邪ひきまして、超スローペースな返信、お許しあれ。

テレピン油っていうんですか。あの小瓶に入った液体は。怖くてあけられません(笑)
油絵のモデルって格好いいなぁ!あんなの私、ドラマでしか見たことないです。梨を描いて私の絵方面のエネルギーは一旦出し切ったようで(←早っ 次にエネルギーがたまってくるまで今は休止してます。開始早々休止って、どんだけスローペースやねん。

丸って難しいんですね。
四角も難しいんですが・・・・。
自己流絵描きのノウハウって、聞けば聞くほど楽しいんですよね。テキストとか嫌いなもんで、取説とかも読めないもんで、やってきた人が自分流のやり方を活き活きと語ってくださる表情が好きです。
サポート、ありがとうございます。
絵を描く人っていうのはある意味職人の世界に通じてますね~。皆さんそれぞれ得意の技をお持ちのようです。今は完全休止してますが、もし機会があればよろしくお願いします。かなり自分勝手にやりたい方なので、講師をされる先生は私には手を焼かれる講師泣かせなのですが・・・。


先生と呼ぶ人の人柄などは、本当に重要ですね。尊敬できなければ、もっと言えば好きでなければ難しい。今回記事に書いた画家の方とは、何というか相性が悪かったです。でも、その方のお陰で来年はひとまずは写真は展覧会に出品することが決まったので、やはり何事もご縁です。


> 絵は「感じる能力」と「度胸」です。

おおお!
名言だ!
感性が大事とはよく聞きますが、「度胸」と聞いたのは初めて!
オルァァ!と思い切って描くのも、時には大事なのでしょうね。へたくそでも、自信なくても、とにかく描いてみるのが良いんでしょう。

> トランペットのデッサンのときは、サッチモをかけながら、感じられるように、とセッティングされたものです。(日野○正では×とのこと。笑)

え?日野さんダメなの?(笑)
しかし、なるほどね~!楽器を描くときは、楽器を鳴らしますか! 目からウロコ。しばし深く感銘。


> ただ、油絵はお金と時間がかかるのが難点です・・・。
> 絵の具ひとつも高価なので・・・。
> それに、湿度の高い日本では、なかなか乾かないのです。
> ヨーロッパで生まれただけのことはあります。

らしいですね。知り合った初心者の方は、乾くのに時間がかかるから、何枚も同時進行で描くって仰ってました。「絵の具が買えなくて・・・」というのは、著名画家の苦労話の中に必ず出てきますよね。日本画だと、もっとお金がかかって、一筆分の絵の具で2千円って聞きました。絵って、絵の具だけでも単純に高いなぁ。


> ただ、彫刻ではないけど、どんどん立体化?できるので
> ある意味「ごまかし」もききやすいです。

いいですね!
ステキ情報!(笑)
ごまかしとか好きなんで。自由にやりたいので、油絵にはまれるといいなぁと思いました。ゴッホの絵の具の使い方とか、もう本当病的ですもんね。あれくらい立体化するねちっこい情熱を持ってみたいなぁ。


> 水彩・水墨はそうはいかないので(一発勝負の世界)、油絵に慣れるとすごく難しく感じられるかもしれません。
> とにかく、描いてみてください。
> なにかあれば、ほんと、遠慮なくメールください。

水彩は何度かやったことがあるんですが、あまり向いてませんでした。色が曖昧な感じになってしまって、ビビッドなものが好きな私には物足りないです。水墨は、書みたいに一発勝負ってイメージが強いですね。

遠慮なくメール券を頂いて、心強いです!(笑)
ばーばらさんの絵の更新も、楽しみにしてます。ほっこりしてて、どうやったらあんな絵が描けるのか、私には想像もつきません。

2009/09/12 22:33 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。