--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/21 (Tue) 襟を正す

20090721.jpg
数日前に記事に書いた、草むらの中の親子猫。遠いけど・・・。


引ったくりに遭う数日前に、私は人生のある決意をした。
しかしながら、何だがちゃんと決意できてるんだか、出来てないんだか、分からない様子だった。カウンセラーの先生に、もう一度よく考えるように言われ、その前後から頭痛が酷く、ぐるぐると脳が回転して、ブラックアウトした。
私は、決意できていないらしい。


その後、引ったくりに遭って、早3日は経過した。その間、考えることは目先のことではなく、やはりその決意についてだった。奪われた現金や、失った携帯や、付け替えなければならない鍵代など、想定外の高額な出費が以後続くわけだ。資格を一つ取る予定だったが、受講を見送ることとなった。被害の事後処理は、とにかく手早く終わらせることにした。今日やれることはやったし、明日も手続きが幾つかある。今月中には、殆どを終わらせる予定だ。そんなこんなも視野に入れて、もう一度、自分について考えている。


私にとって肝心なのは、この先の8月以降の人生だ。
被害に遭ったことは最大の番狂わせとしかいいようがないが、どこかで予測もしていた。何かあるぞ、と。いつも何かに真剣に臨もうとしたとき、図ったように何ごとかが起るから。

計画を立て直しつつ、部屋をぐるりと見回して部屋の惨憺たる有様に猛省し、自分の内面を見つめなおす。足の怪我にかまけたり、または無気力状態にかまけて放置していた諸々を一気に片付け始めた。
部屋は、自分の内面を映し出す最もわかりやすい鏡だと私は思う。考えが纏まらない時、人生が何やらゴタつく時、必ず部屋も散らかっている。

そういえば、引ったくりに遭う二週間ほど前から、毎日毎日頓服を飲んでいたことを今更思い出した。
自覚なしに無理をしていて、無理をしていることに薄々気づいていたから薬で誤魔化していたのだ。
手帳に毎日飲んだ薬を書き付けていくことも、再開した。薬の量で自分の調子を把握する。解離性障害にとっては、こうして自分の体調を客観的に把握しておいたほうがいい。


今朝早く、ブログを通して仲良くなった友達と話した。
彼女は、私とは全く違う障害を抱えている。その障害や、これまでの経験、艱難辛苦が彼女の人生の深みとなっているのだろう。いつも簡潔な言葉で、核心を鷲づかみにする。力強い。はっと気づかされることが多い。
彼女は、物事や人間に対する独特な視座を持っている。人間の中にある醜いものや、弱いものが、自分の中にもあることを知っている。その分量が多かったり少なかったりするだけだと彼女は言った。
私は、これからの自分に必要になるだろう様々な障壁を思い、心の中で襟を正した。

地に足をつけ、しっかりと自分を見つめ、実際より大きくもなく小さくもない自分で生きる大切さを心に刻み付けた。それは私が想像している以上に誇らしく、強くしなやかなものなのだと、彼女の言葉を聞きながら思った。彼女と話すと、障害とは果たして本当に障害と呼んでいいのか分からなくなる。少なくとも私にとって、足場が揺れるような事態に出くわした時、彼女の言葉は的確な分銅となって、心の天秤を見事に水平に保ってくれるのだ。
彼女というと、私はいつも大地を思い浮かべるが、彼女のバランス感覚は、潔い地平線に似ている。
電話を切る頃には、「美鳥ちゃんの声がいつもどおり元気に戻った」と言って喜んでくれた。嬉しいのも、感謝するのも、私の方だ。


被害に遭って、色んな方から再度連絡先を教えて頂いて、励ましを頂き、必要とあらば遠慮なく連絡してと言ってくださる方もいた。
その人らしい言葉と思いを感じては心の底が温かくなるのを感じた。
元気を頂き、勇気と励ましを頂いて、無感情な私が落ち込むことなく少しずつ浮上していっている。
私には何が出来るだろう。何をお返し出来るだろう。
そんなことを考える。
考えていると、また冒頭に書いた、私の決意の真価を問うことに自然と戻る。
逃げては駄目だ。
今、逃げては駄目なのだ。
私が出来ること、やりたいことは、逃げないことから全て始る。



心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(8) |


<<明け渡す。差し出す。信頼する。 | TOP | すべて失う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


言葉 

決意を固めて、そしたら本当にいろんな障害に出くわすなって、私も思う。
やはり、心が揺らぐし、不安に押しつぶされそうになる。自分との闘いって思って、私も今、ある目標に向かって頑張ってる。
お互い、いろんな経験を積んで、それを糧にしていこう。
お友達の言葉、すごく素敵な言葉だね。じーんときました。友達っていいね!

親子猫、癒される。
猫も好きだー。
我が家のメルも好きー。
廃墟のモデル、チラリズム?もうちょいいっとく?モデル、メタボで良ければー(・∀・)ノ

2009/07/21 23:31 | あおぞら [ 編集 ]


美鳥さんへ。 

どうも、こんばんわ。
wstです。

猫ちゃんの写真は、
ほのぼのしている。
じゃない、させてくれる。
周りの緑もいい感じです♪

決意。
その言葉を聴く、発する、書くだけで、
何故か少し気持ちが引き締まります。
美鳥さんの決意。
いつか、聞きたいです。
その決意がどんなものなのか、
想像するのも楽しいです。
絶対違うんだろうな~
とか思いながら(笑)

自分なりの決意と言っていいかわかりませんが、
いっつも心がけてる事ぐらいはあります。
「あきらめない」
うん。
これですね。
自分が弱気になっているときとかには
「おまえ、あきらめるの?」
と自分に問いかけます。
そして
「はぁっ!だれがあきらめるもんか~!」
みたいな感じです(笑)
自分、単純なので、
分かりやすいのが好きなのです。

>逃げては駄目だ。
>今、逃げては駄目なのだ。
>私が出来ること、やりたいことは、
>逃げないことから全て始る。

逃げないで、頑張ってください!
自分も、期末テスト頑張ります!(物凄いどうでもいい)
でも、一つだけお願いです。
お体だけは、大切になさってください。
推測ですが、
美鳥さんが、大変な状態になって、
心配される方々がたくさん居ると思います。
もちろん自分もその一人です。
美鳥さんは頑張ると無理をされるようなので。
頑張れといっておいて、ですが。
どうか、お体をお大事に。

2009/07/22 00:39 | wst [ 編集 ]


 

はじめてコメントします。。
サバイバーは どこかで充電しないと生きられないような気がしてます。
 危険を乗り越えたり、回避する、度胸というか、
こころの強さのようなバネがもともと宿っているのかも知れない。見合った力が、というにはあまりにもなのだけれども、、なんかがいきなりやってきて、(嘘だろぉ~ッ みたいなのがホント多い..)
経験と驚愕&消耗・?まるで津波~

今日もやってはいけないというブレーキを踏めなく
てやっちまって、、ずるく逃げようとしてた。

そしてここへと連れられるように到着したのでありました。相当逃げたがってる自分がジリジリ。

ひったくりは逃げる。。人の大事なものをどこかへ持ち去ってゆく・・・

私はもうずっと昔大事なものを一気に取られ、だから取り返してやりたいッ! そんな気持ちがそのせいだか時々襲ってくるような。それを。なんとか乗り越えなければ!

そんな自戒を感じさせてもらえました。
ありがとう。。。

2009/07/22 02:51 | idumi [ 編集 ]


あらゆる困難 

美鳥さん、おはようございます(^^)。
もぅ3日も経ったんだ!容赦なく時間は過ぎますね。。。
いわば、美鳥さんの「決意」の度合いを推し量るように事件が起きたんですね。何かをやろうと思うと試されているように変化や出来事がある・・・と私も感じます。人によっては悪い方に悪い方に受け取る方もみえるけど、起きた出来事が良かれ悪しかれ、私は「背中を押されている」と受け取ることにしています。そんな時は大きな変化だけではなく、些細なメッセージも感じます。偶然の重なり(数字や文字・言葉)や虫・動物。見過ごしそうな些細なことも私はメッセージと受け取り、決意を固めたりします。
美鳥さんは何か導かれているのだと思います。信念を持っていれば必ず思う場所に進めると思います。時には大回りする時もあるだろうけど、必ずたどり着ける。私はそぅ信じるし、願っています。。。
ニャンコのいる周りの緑が目に清々しいですね。ニャンコは寝ているのかな。のどかな一こまですね。

2009/07/22 07:54 | エコペン [ 編集 ]


>>あおぞらさんへ 

あおちん こんにちは。
友達って本当にいいな、というか、友達がいなければ今の私はいないと言っても過言ではないと思ってます。あおちんも、いつもありがとう。
対等に互いを尊重できる関係って、なんてお互いを強く支え合うんだろうかと最近特に実感しています。
信頼関係というものがどういうものなのか。
私は、言葉によって考えることをしてきたけれど、最近自然に思考から感覚へと移り変わってきました。同時に、自分自身の課題へ向き合うことも増えて、やりたいことも増えて、乗り越えたいことも増えてくるね。いろんなことを、いろんな人の生き様から学ばせてもらえることが幸せです。


あおちんの生き様、過去や現在を知って、これから先へ伸ばそうとしている夢を知ると、卑屈に歪むでもなく、自己憐憫に陥るでもなく、誰かの足を引っ張ろうとするのでもなく真直ぐに生きる美しい姿勢を学ばせてもらってます。

親子猫、多分親子だと思うんだけど、違うかもしれないw
メルちゃんの体調は良くなったかな。
ペットといえど家族。ものが言えないペットが病気になるくらいなら、自分がなった方がましや、とよく思う。お大事に、とメルちゃんにくれぐれもよろしくお伝えください。


> 廃墟のモデル、チラリズム?もうちょいいっとく?モデル、メタボで良ければー(・∀・)ノ

廃墟のモデルは、チラもオールも大歓迎☆
目指すは、アラーキー的女体。
この前の画家の先生との出会い流れで、とりあえず写真は展覧会に出ることになったから、そっちでよい廃墟いっぱいチェックしてあるから、その時はよろしく!
あ、メルちゃんのヌードでもOKだよv
セットでいこうセットで。夢が膨らむw

2009/08/02 16:48 | 美鳥 [ 編集 ]


>>wstさんへ 

wstさん こんにちは。
しばらく大阪を離れてまして、お返事遅れましたmm

猫は、とおーくて、本当にとお~くて、緑の中にうずもれてるけど、猫ですよね?分かりますよね?w
周りの緑が意外に綺麗な色でした。樹木の種類かな。それとも季節柄かな。
私の一眼レフはデジタルなので、木の緑を撮ると割とブロッコリーのように映っちゃう傾向にあるようで、フィルムも使ってみたい今日この頃です。
でもこの緑は自分でも気に入ってるので、褒めてくださって嬉しい!


うまく決意について書けなくて、核心に触れることを書く段階ではないので、自分でブログを書いていても、もどかしいです。
でも、少しずつ今から既に準備しています。今年中には実現させる予定なので、こちらでもちゃんとした形でご報告できればと思っています。


やれるのか、やれないのか。
ということが、私には最初になくて、「やりたいのか、やりたくないのか」だけで判断することにしています。
そんなふうに考えてみると、wstさんの「諦めるの?」とご自身に問いかけて、「あきらめるもんか」と答える内側の自分の存在と似てるかもしれないと思いました。


期末テスト、どうでしたか?
テストって、地獄ですよね。
自分が当時どう切り抜けていたのかは定かじゃありませんが、全ての教科を連日数科目ずつテストじゃないですか! なんつーハードスケジュール。捨て教科が出たとしても、当然のことだと思います。人間、そんなにやれないっすよ・・・。
今頃は、夏休みを謳歌されてらっしゃるといいなー。


ご心配くださって、ありがとうございます。
確かに私は、常に背水の陣みたいなところがあって、何かに頑張ると漏れなく体調不良がオマケについて来てるようです。
この夏を乗り切れば、色々な展望が現実的に見えてくるので、ここを頑張って乗り切って、9月はちょっと旅にでも出たいです。引ったくられなけりゃー、そういう予定もあったのですが、携帯代で消えてしまいそうですわー・・・・切ないですわー・・・。


色んな地で、顔を知らなくとも、それぞれの事に精一杯頑張ってらっしゃる方と、こうして交流させて頂けるのが幸せです。
wstさんも、お体に気をつけて。
雨量が増えて、事故も増えてますから、どうぞ気をつけて下さい。
いつもコメントありがとうございます。

2009/08/02 17:53 | 美鳥 [ 編集 ]


>>idumiさんへ 

idumiさん はじめまして。
はじめましてなのに、当方の事情でお返事がとても遅れてしまい、申し訳ありません。
ご訪問、コメントありがとうございます。


幼児期からハードな環境にいると、鍛えられる部分と鈍磨する部分、地に足が着いた部分と現実から遊離した部分、脆い部分と堅固な部分、そういったアンバランスが同居するように思います。
嘘だろ~ってことは、私も多いです。idumiさんも、そうなんですね。
昔は、自分でそんな状況を招くのだ、なんていう学説がありましたが、こうして年月を経て来ると、あまりそうも思わなくなりました。とにかく多いのだ。それだけですね。


幼児期の体験が自分を作った部分は大きいかもしれないけれど、何が原因であってもその自分を抱えて生きていかなければならないのが人生の厳しいところ。
逃げたくても自分からは逃げられないという当然のことに気づくまでに、私は相当年数かかりました。

idumiさんは、こちらに偶然来てくださったのでしょうか。
お返事が本当に随分遅れてしまいましたが、この返信を読んでくださっていると嬉しいです。


人間は、過去から現在、未来への継続した時間を生きていて、同時に感情や人格も継続されています。

> 私はもうずっと昔大事なものを一気に取られ、だから取り返してやりたいッ! そんな気持ちがそのせいだか時々襲ってくるような。それを。なんとか乗り越えなければ!

と、仰るお気持ち、分かる気がします。
取り返して当然のところからは取り返すべきで、その方法は幾つかあると思います。
しかし、全て肝心なことは冷静な心をもって行うべきなのだと自戒しています。
idumiさんが乗り越えなければとご自身に仰ってらっしゃるのは、そんな部分なのかなと勝手ながら推察しました。

こちらこそ、おいでくださって、ありがとうございます。
またお話できること、楽しみにお待ちしています。
コメント、ありがとうございました。

2009/08/02 18:12 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさんへ 

エコペンさん こんにちは。
お久しぶり!と書きそうになりました。
またも、あっという間に日にちが過ぎて、もう8月ですね。如何お過ごしでしょうか。
こちらは、変に涼しい毎日です。各地は大雨に見舞われて大変そうなので、心配しています。


> いわば、美鳥さんの「決意」の度合いを推し量るように事件が起きたんですね。

はい。そうです。
私は、いっそ解離性障害は治さなくて良い、と半ば思っていました。私自身のボーダー症状はカウンセラーの先生の治療のお陰でほぼ完治し、酷い希死念慮も私はなくなり、多少時間や記憶が飛んでも、自分がやりたいことをしっかり持ち、自分の時間内でうまくやっていければ、解離性障害はそれはそれで放置しておいても良いんじゃないか、などと考えていました。
そう考えたかったのだと思います。

その矢先に引ったくりに遭いました。状況は、解離して戻ってきた時、その直後に引ったくられたというものです。生活費や家の鍵、携帯をなくしたのは勿論のこと、金銭を失ったことで、この先に立てていた今年中の計画を立て直さなくてはならなくなりました。
つまり、解離性障害が私の人生を妨げていることに直面しなくてはならなくなりました。
解離性障害を治さなくてはならない。どれだけ困難でも、向き合わねばならない。
それが、今回の色々な件で、私が迫られた回答でした。


エコペンさんが書いてくださった、

>人によっては悪い方に悪い方に受け取る方もみえるけど、起きた出来事が良かれ悪しかれ、私は「背中を押されている」と受け取ることにしています。

という部分ですぐに思い起こしたのが、「目の前を黒猫が横切ると不吉」とかいう迷信です。
そういえば私の目の前を黒猫が横切れば、私は小躍りしますが、悪いほうに考える方は不安を覚えるのだよなぁと考え、受け止め方が人生をいかに左右するかを考えさせます。

「晴れ女と雨女」の心理も、前に何かの本で読んだことがありますが、実際天候が一人の人間に左右される事実はなく、あれは物事の受け止め方がポジティブかネガティブかを如実に表しているのだと書いてありました。そんなことにも通じるかもしれません。

数字と言葉は、私もありますね。
占星術好きなところから数秘術に興味があり、自分の性格が誕生月や日の数字に由来していることを感じるのは多いです。

> 美鳥さんは何か導かれているのだと思います。信念を持っていれば必ず思う場所に進めると思います。時には大回りする時もあるだろうけど、必ずたどり着ける。私はそぅ信じるし、願っています。。。

力強い応援、ありがとうございます。有難いです。
私がやりたいと思い、やろうとしていることは、常識はずれなのかもしれません。
けれど、誰もやったことがなくとも、誰かがやればいい、自分がやってみようという気持ちが強いです。
大回りすることも、そういえばあるかもしれませんね。
直進したがるのが私の性癖でした。自戒として心にとどめておこうと思います。
必ず出来る。
必ずやり遂げる日まで諦めないつもりです。
いつも応援、ありがとうございます。

2009/08/02 18:25 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。