--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/15 (Wed) この足元に

20090715.jpg

右足の捻挫以来、カウンセリングに行く以外は、電車に乗らなければならない場所は全部避けてきた。ダンスレッスンも休んでいた。ジャンベの生演奏で踊れるという絶好の機会も、レッスンには参加せずに見に行くか、バラフォンを持って合奏に行こうかと考えていたのだけれど、とてもじゃないが足が1時間も保たない状態で、やむなく断った。残念だったけれど、鬱状態だったし、足が不調だったのは良い口実になったのかもしれない。

しかしながら、痛いからと動かさないと反って回復が遅れると聞き、ある日数時間、本格的に外出することにした。

久しぶりの外出先は、美術館に決めた。
大阪市立美術館の「全関西美術展」。日展と同じく、公募作品か、招待作品ばかり。日本画、洋画・版画、彫刻、工芸、書など、あらゆる人達のあらゆるジャンルの作品を見ることが出来る。写真部門もあって、それもまた面白い。
全部目を通すが、最初の一目でピンと来ない作品は素通りしようと行く前から決めた。好きな作品は、じっくり見る。そうすることで、捻挫した足で立っている総時間数を短縮出来る。サポーターがわりに、包帯で足首を固定した。

無理しないペースを決めたせいか、とても楽しかった。
一つ一つの作品の前に立つ時、作家一人ひとりの前に立っている気がした。一つの作品を仕上げるまでにかかる途方も無い集中力に頭が下がる。テーマが何であれ、私を招きいれ引き込む作品もあれば、私を拒む作品、私が素通りする作品がある。一つ一つの作品と自分との関係が瞬間に築かれる。だから美術館は面白い。

私は、特にタイトルと作品を見比べるのが好きだ。
何とはなしの作家たちの傾向性が見えてくる。
洋画や日本画作家は、割合ひねったタイトルを付けるのだが、工芸家の作品タイトルは、大概見たままのタイトルが多い。例えばこれは花の蕾の形だなと思えば、タイトルに「つぼみ」と書いてある。
彫刻家は、画家と工芸家の中間のようなタイトルを付ける。見たままではないが、かといって一ひねりしたわけでもなく、何か思いが込められた言葉ではあるが、作品から都合抽出したようなタイトル。

どれがどう良い悪いではなく、傾向性が見えてきて面白い。基本的に平面に描く画家の脳の働き方と、触覚で立体を捉える工芸家、彫刻家の脳の働き方は違うのかもしれないと思う。


外に出ると、日が傾き始め、昼間のギラギラとした陽射しが翳り始めていた。
一番写真を撮りやすい光だ。
一眼レフで、好きなものを好きなだけ撮った。撮りたいもののためなら柵にのぼり、草むらにも分け入った。しかし、360度を草に囲まれたど真ん中にいた親子らしい猫2匹には、さすがに近寄れなかった。猫には敬意を示すことにしているので、一応手を振って軽く会釈し、挨拶だけは済ませた。私の熱い視線に反して、猫たちは白けていた。さすが猫だ。それでこそ猫だ。


もう少し余力があったから、色んなものを見てまわった。
欲しかったマンガを買って、服を見て、雑貨を見て、コスメを見て、色んな物が見られて楽しかった。約1ヶ月ぶりに遊びに出られたのだ。嬉しい。


美術館に出かけた日を境に、自分の足に自信が持てるようになった。

それから後は、歯医者に行き、整形外科に松葉杖を返し、いつもの病院に行き、文鳥ももと散歩に出かけたり、近所で写真を撮ったり、ジムに行ったり、自分の足で色んなことが出来た。
何よりも足のせいで家事が殆ど出来なかったので、洗濯物が相当分溜まっていた。それも一気に洗濯し、布団を干し、部屋を掃除した。


足の包帯は、今日の通院をもって、スポーツ用のサポーターにかわった。
今日確定されたことだが、どうやら捻挫ではなく、足首の骨が欠けていたらしい。骨折と呼んでいいのだろうか。あと半年はリハビリに通うことになりそうだ。


怪我をしたのが、約1ヶ月前だ。当時の心細さや不安といったらなかったが、たった30日のことだったのだ。
今にして振り返れば喉元過ぎれば何とやらだ。
そんな人間のいい加減さも悪くないなと思う。
ヒールのないサンダルかバレエシューズしか履けない日々も終わりだ。ヒールが履ける。
今在ることの喜びは、些細で小さな足元に訪れることもある。



心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(14) |


<<すべて失う | TOP | 死なないこと ? 解離性障害・境界性人格障害 ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんばんは^^ 

今年二足目のサンダルを買いました。
あしながおじさんというブランドがとても好きで、そこのサンダルが半額になっていたので、つい衝動買いしてしまいました。ヒールはないのですが・・

足、大切ですね。
大切な足を傷つけてでしか叫べなかったことが、きっとあるんでしょうね。。
でも、こんなにのびのびと足を使う美鳥さんのお話を伺うと、もう美鳥さんの足が傷つかないことを祈らずにはいられません。

「それでこそ猫だ」に笑ってしまいました。
そう、それでこそ猫ですね。さても猫ぞ!

2009/07/16 01:52 | Vampy [ 編集 ]


美鳥さんへ。 

どうも、こんばんわ。
wstです。

まず、写真を見て。
美鳥さんの足元をはじめて見ました。
思っていたのとは、
やはり違っていました。
足に傷をつけられるとおっしゃってたので、
傷があるものだとばかり思っていました。
実際のものを見ると、
「大人の女性」のような雰囲気をかもし出していました。
一種のフェロモンなのでしょうか?
赤い色がとてもきれいです。
そして右足の白いものをみて、
すこし、切なくもなりました。

ダンスレッスンに通っていたのですね!
なんか難しそうです~
ってことは、
トゥシューズとかも持っていたりするのでしょうか?

ジャンベ?
検索したらなんかぽんぽこ叩いちゃいそうな、
太鼓が!!

バラフォン?木琴の原型?

美術館に行ったそうですが、
自分は(あっ!ここで思い出した!私の故郷岡山の方言は、広島よりです!「(語尾が)~じゃ」「じゃけぇ(だから)~っていぅとるが~(ッていってるじゃん)」みたいな感じです!こんなところでごめんなさい!)

さて、(なにもなかったのごとくはじめる)
自分はそのような芸術作品を見るときは、
その人が作ってるところを想像しながら見るタイプです。
その人が、何時間、何十時間、何百時間と費やしてこの作品ができたのか~、
と思ってしみじみします。

>どれがどう良い悪いではなく、
>傾向性が見えてきて面白い。

傾向が見えてくる!?
まっ、またまた~(冗談交じり)
本当ですか~?
でも、本当ならどんな風に見えてくるのか知りたいです!

>しかし、360度を草に囲まれた
>ど真ん中にいた親子らしい猫2匹には、
>さすがに近寄れなかった。

それは…近づけないです。
近づいたら、その人フルボッコです。
うん、自分がそこに居ても、
笑顔で手をふって
「にゃ~にゃ~(ば~いば~い)」
といいながら立ち去ります。

>足首の骨が欠けていたらしい。

だだだ大樹bですか!
第じょぶですか!
なんかあっさりと書かれていたので
「へ~そうなんだ」と読み流すところだったではないですか!
ってか明らかに骨折です!
自分も小4の頃足の小指の付け根のところに、
ひびが入り、それも骨折と言われました!
あれ、痛いですよね~
お大事にです~

>ヒールのないサンダルかバレエシューズしか
>履けない日々も終わりだ。
>ヒールが履ける。

ヒールをはきまくってください。
そして、毎日は無理だけど、
明日は、学校に靴を履いて行くとき、
美鳥さんの事を思い出すと思います。

2009/07/16 02:50 | wst [ 編集 ]


良かった 

美鳥さん、こんにちは。
お出かけ出来るほどに回復されたんですね。良かったです(^^)。悲惨な状況を想像していたので美しい足下にホッとしました。足首の骨が欠けていた??なかなか治らなかったはずですね。。。鬱も脱出ですかね。楽しんで下さいね(^^)/

2009/07/16 08:38 | エコペン [ 編集 ]


素敵な足元 

毎回美鳥ちゃんの撮る作品に魅せられています。
前回の記事のわんこ画像も、素晴らしいシャッタータイミングだな~と惚れぼれ。
我が家のわんこも撮影して頂きたい。
今回の足元、赤いペディキュアが女性らしさを演出しているなと、私のおばはん足元とは大違いw

美術館、私も大好きな場所です。
日展、毎回応募しませんかとお誘いがきます。
例の中途半端な色鉛筆画講座のおかげですが、一度チャレンジしてみるのも面白いかもしれないな。
美鳥ちゃんが笑いこける絵を描きたい。

しばらく病院通いになるんだね。
きちんと完治するまで、無理しないでお大事に。

2009/07/16 13:58 | あおぞら [ 編集 ]


良かった^^ 

まだ完治ではないから無理は禁物だけど
出歩けて、ショッピングできて良かったですね。

私はつい先日自転車でずっこけて、膝軽くえぐってしまいましたー…
足って不便です…

>猫には敬意を示すことにしているので
解ります。
私もつい話しかけたり目で訴えてみたり…
犬にはもっと単純なコミュニケーションなんですけどね。

暑いので、つい集中して熱射病とかならないように気をつけて下さい

2009/07/16 17:08 | ミミ [ 編集 ]


美鳥さんへ 

>今在ることの喜びは、些細で小さな足元に訪れることもある。

こういう一文が、たまらないのです。


回復されているようでよかったです。
無理なさらないでください。

2009/07/16 21:02 | もん [ 編集 ]


ヒャ~ 

足首はひょっとして剥離骨折?
僕も子供の頃よくやってました
僕は子供の頃は骨が脆かったみたいで
ちょっとした塀から飛び降りたくらいで骨折してました
_(^^;)ゞ
それもポキッというんじゃなくて
ヒビとか剥離だと言う面倒な代物だったw

確かに芸術作品のタイトルって意外と安直なものが多い
多分イメージ先行で作品を仕上げて
名無しじゃ困るから何か付けなくちゃって程度でネーミングするからじゃないですかねぇ
僕もブログを書く時、先にタイトル決める確率ってとっても低い
芸術家にとってタイトルって余り意味のないものかも・・・w

2009/07/18 10:47 | まっとし君 [ 編集 ]


>>Vampyさんへ 

Vampyさん こんばんは。
夏は活動的になるから、歩きやすいサンダルは必須ですね!
あしながおじさん、知ってます。半額ですか!安っ! 良いものを安くって最高ですね。
足を怪我してから初めて、履きやすい靴に目が行くようになりました。
今はいてるバレエシューズは、既にはきつぶしてしまったので、次を探してます。
あしながおじさん、見てみようかなぁ。よく聞く名前です。

足、本当に大切ですね。
歩けないって、本当最悪ですね。
私が一体何を考えているのか、一体何を感じているのかが、時々分からなくなります。

Vampyさんも、たくさんの叫んでも叫んでも叫び足りないことがあるのかもしれないですね。衝動って、いつも内側からやって来ることを思うと、何重にも蓋をされた奥底の感情ってどうなっているんだろうと、底なし沼を覗き込む気分になります。


> 「それでこそ猫だ」に笑ってしまいました。
> そう、それでこそ猫ですね。さても猫ぞ!

これが猫ってもんですよね!
Vampyさんも猫好きなんですよね。
私は、猫が好き過ぎて暑苦しい挨拶をしてしまうので、いつも白けた目で見られるのです。
Vampyさんは、いかがでしょうか。
猫が好きで好きでたまりませんが、そこが良くないようです。
出来るだけ無関心を装うことを最近心掛けてますが、なかなかに難しいです。

2009/07/20 23:50 | 美鳥 [ 編集 ]


>>wstさんへ 

wstさん こんばんは。
引ったくられて、若干テンションが低いですが気にしないでくださいねw


ブログにつける写真は、私にカメラの腕がないこともあって、常に「これは絵です!」という言い訳をしてるんですが、今回は特にちょっと修正を加えました・・・・。なので、撮ったものはもので変わりないんですが、色とか、後見苦しい点は、ちょちょっと色を加えたりして誤魔化しております。すみません・・・orz

後、ここまで映ってたら足が太く見えるとか、そういうところは切ったりとかしてますので、本当心苦しい・・・!!w

足の爪は、年中赤なのは嘘じゃないです。体調が悪くなると塗る余裕がなくなりますが、足の爪は赤、と決めてます。さっき知ったんですが、紀元前からマニキュアって魔除けのように使っていたらしいです。エジプトとか。足の爪を見たら恋しているか分かる、と名言を残した?好きな女性作家がいますが、彼女の受け売りで爪は結構塗ってます。

右足の包帯は、かぶれた後を隠すためと、紫外線から守るためでした。湿布は貼れなくなっちゃって、かぶれが相当ひどくなったので、包帯巻いてりゃいいや、とかそんな感じで。今はサポーターに変わったので、大丈夫です。ご心配くださって、ありがとうございます。

ダンスは、アフリカンダンスを習っています。
裸足で踊るダンスで、ヒップホップやあらゆるダンスのルーツです。下手に踊ると盆踊り、格好よく踊ると力強くてしなやかで何より楽しいです!アフリカ人が踊ると何かが憑依したみたいで怖いくらいです。日本人が踊ると、相殺されてジャズダンス的になります。

ジャンベ検索してくださったんですね~。アフリカの太鼓として、ジャンベが一番有名です。一つの太鼓に音階があって、名人は凄いですよ。CD持ってます。ダンスに来てる友達も、ダンスより実はジャンベを習いたかったとか言う子多いです。

私が持っているのは、バラフォン。 木と糸と瓢箪と蜘蛛の卵のうで作られてます。良い音がします。

岡山は広島よりなんですね!
広島に友達がいたので、分かります。今だと桃がおいしそうですね~!


芸術作品は、作ってるところを想像するのも本当面白いですね。
すげー陳腐なたとえですが、例えば私が一個の消しゴムハンコを彫るにしたって、たかが消しゴムハンコでも、やっぱり手がこんだものだと数時間かかるんですよね。
やってると途中で飽きてくるし。
物凄いデカいキャンバスに、ひたすら青ばっかり塗ってあるのとか、ああ私なら途中で飽きてしまう・・とか思うw なので、凄い情熱と根性と時間を費やさないと出来上がらない作品ばかりですね。明らかに人種があるなぁと思います。目の前の一つの作品に徹底的に最後まで打ち込める才能というか。


足首の経過をこの前見てもらったら、折れてました。
レントゲンを再度撮ったら、ああこれ折れたねーと。自分で見ても、骨の先の三角のところがペッキリ取れてて、繋がりかけてました。案外簡単に骨って折れるのねw
最初に「骨折です」て言われてたら、「骨折なん!?」と驚いてたと思うけど、大体回復してきたあたりで言われると過ぎたことだから「へ~」て終わっちゃう。


wstさんも、やりましたか!
小指の付け根って・・・・タンスの角でぶつけただけでも目から火花出るくらい痛いのに・・・骨折!!
今回、自分の足きっかけで友達の過去の怪我武勇伝を聞いてまわったけど、案外皆凄い経験してますね。健康第一!体が資本!とあらためて思いました。


ヒールへの復帰として、今のところヒール3センチが限界です。完治までは、やっぱり怖いですね~!

wstさん、学生さんなんですね。
今もこちらは雷が鳴っていて、急に土砂降りになったり、天候が不安定みたい。
どうぞ通学にはお気をつけて。
それから、怪我にも気をつけて下さい。

2009/07/21 00:11 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさんへ 

エコペンさん こんにちは。
いつも、ありがとうございます。
ずーっと安静にしてました。お陰さまで、ある日突然、あれ!?て感じに歩けるようになってました。
足は美しくみえるのは、私の合成技術の賜物ですw ちょっと見苦しい点が多々あったので、印象派の画家のごときペンタッチでそこらへんを誤魔化して色塗りしております。
まことに、嘘偽りいっぱいの画像ですみまっせんmm

足首の骨が欠けてました。かけてるっていうか、先端が折れてて、くっ付こうとしているのを二度目のレントゲンで確認したので、どうやら今回折ったものらしいです。
捻挫よりも、骨折の方が治りやすいそうですね。まだ痛みもあるし歩き方も変ですが、本当びっくりするくらい1ヶ月で回復できました☆☆

と、思いきや、今度は引ったくりに遭いまして、私の人生ネタが尽きないものです。突発性事故に慣れてしまい、手際よく処理した後は、1日程度ド鬱に。でも、早くも復活。
ネットや、ブログで知り合えた方々や友達に本当に支えてもらっています。エコペンさんも、先ほどコメントくださって、本当にありがとう!
聞いて聞いて引ったくりに遭ってん!と聞いてもらえるだけで、何か不安が半減するのが不思議です。

毎日、こちらは雨模様です。
エコペンさんも、快適に毎日過ごされますように。
色々あるけど、がんばりましょう~!
おー!(←鼓舞

2009/07/21 12:36 | 美鳥 [ 編集 ]


>>あおぞらさんへ 

お世話になっておりますmm

前回の記事のわんこ写真は、うちの近所の顔見知り犬です。外犬で、物凄い犬臭いですw 犬臭い犬って最近珍しいよね。外飼いだから、この暑さにすっかりやられて、ハァハァ言ってるよ。彼と出会う度にシャッターを押すんだけど、なかなか良い顔が撮れない。犬って、目を逸らすよねぇ。

あおちん家のメル嬢の写真、是非出張撮影させてください。
とにかく被写体に困ってる。
ついでに廃墟で割合脱いでくれる人間モデルも募集中。

足の爪は、何か塗ってないと落ち着かない感じ。マニキュアが好きだからかなぁ。
ペディチップにはまってて、足の爪用に買ったけど、面倒でつけてない。ペディチップは簡単でおすすめだよ!

日展、応募しようぜ!(←悪ノリw
賞なんて取れずとも、自分の作品が全国をまわってくれるって凄いよね。
今回、全関西展では写真部門もあって、これもありか、と一度チャレンジしてみようかと思ったよ。
私が笑いこける絵。見てみたいww

ようやく今日、デッサンの本を頼んで、来月はデッサンを習いに行く予定。色鉛筆画にしても何にしても、どう握って良いやらも分からないんだよね。何でも習って損はなしだね。
あおちんの日展作品、本気で待ってますぜ。

捻挫じゃなくて骨折だったらしい。リハビリに行ってきます。半年リハビリとか言われて、嘘やんて思った。他にも歯医者ずっと通ってるし、病院て本当有難いね。
完治するまで養生します。
あおちんも、頑張りすぎず、頑張って!
お互い、踏ん張ろうね。

2009/07/21 20:54 | 美鳥 [ 編集 ]


>>ミミさんへ 

ミミさん こんばんは。
完治って何をもって完治って言うのか訊いてみたところ、ある日気づくと足をかばわずに歩いている、という何ともうっかり見過ごしそうな状態を指すらしい。
出歩けてよかったです。ショッピングも、あれが今月の最後のショッピングとなりました・・・orz
今度は、引ったくりだよ。
いつものことだけど、何か予想外に色々やって来る。

ミミさんも、凄いえらいことになってて、びっくりしました。彼氏が確か最近事故にあってたし、そこらへんまでツインじゃなくていいのに、と。折れるのも痛いけど、えぐれるのも痛いでしょう!
足って本当不便ですね。
足を引きずって歩いてるだけで、何か惨めったらしい気分に襲われそうになるし。


猫には、とにかく敬意ですよね!
猫って何なの? 何か凄くね?w

犬とは、全然コミュニケーションの取り方が分かりません。この間、ちっこい12歳のチワワに怒られました。怒られてることにも気づかなかったわたし・・。経験値なんでしょうね。

一人暮らしだと、怪我をしたり、病気をしたり、連絡が取れなかったりすると、凄く凄く不安になりますよね。私でお役に立てることがあれば、いつでも言ってください。私も、何とか頑張ってます。
応援してます。

2009/07/21 22:10 | 美鳥 [ 編集 ]


>>もんさんへ 

もんさん こんばんは。
毎日暑い上に、雨模様ですね。
土砂降りが多い中、お勤め本当にご苦労さまです。ふかぶか。
コメントありがとうございます。

お陰様で足が治ってきました。ある日突然、おやっ!?と気づくと歩けてました。回復って、自分では推し量れないものですね。そうなると急に気分が上向きに。現金なものです。

そして今度は、引ったくりに。人生、何があるか分からんと思って生きてますが、「今度はそう来たかっ」と今はツッコむのみです。

読んでくださって、ありがとうございます。
自分の文章力を引き上げたい到達目標を定めているのですが、エベレストに登頂するが如き暴挙。それでも褒めて頂けると、スルスルッと木には登れますので有難いですw

リハビリが半年続くそうで、のんびりと治療していきます。
もんさんも、夏風邪などお気をつけください。
それから、引ったくりにもご注意を!

2009/07/21 22:15 | 美鳥 [ 編集 ]


>>まっとしさんへ 

まっとしさん こんばんは。
毎度です☆

これって剥離骨折っていうん?
とりあえず捻挫じゃないらしくて、骨が割れてるっつーかそんなレントゲンでした。ちょっと捻っただけな気がしてたけど、案外骨ってポッキリいくんですね~。

それにしても激痛だった。なのに、
> 僕も子供の頃よくやってました、
って!!
痛いよあれは。トラウマになっちゃうよ・・・・。あれから私、怖くて一度も走ってません。自分の足首が信用できねぇ(笑)

> 僕は子供の頃は骨が脆かったみたいで
> ちょっとした塀から飛び降りたくらいで骨折してました
> _(^^;)ゞ
> それもポキッというんじゃなくて
> ヒビとか剥離だと言う面倒な代物だったw

私の足も、そんな形跡があるらしいです。靭帯が伸びてるとか言われました。今は大丈夫ですか?ポッキリ折れる骨折って、案外治りやすいらしいですね。ヒビとか剥離は長くかかるのかな。本当面倒ですね。野原を駆け回っていた頃が懐かしくなります。今は、階段も手すりにつかまって一段ずつ降りてますw


芸術作品のタイトルって、多分全部仕上げてから付けるのかな?
制作工程で全てエネルギーを使い果たして、タイトルはどうでも良くなったんじゃ・・・・と思うものがあって面白いですね。作ることに燃え尽きたら、言葉なんてどうでもいいやと思うのかも。


> 僕もブログを書く時、先にタイトル決める確率ってとっても低い
> 芸術家にとってタイトルって余り意味のないものかも・・・w

そうそう!
先にタイトルって決まらんね。
決めてしまうと縛られて何もかけなくなってしまうっつーか、タイトル欄があるから何かつけよう、て感じですねw ブログは毎日書いたりするから、そのうちタイトルが前のとかぶってたりするんじゃないのか、とか最近ふと思います。
最近、バッタバタしてて遊びに行けてませんが、ご家族の体調いかがですか?
近所で巨大サボテンを見つけたから写真に撮りたいけど、写真に撮ると大きさが分からなくなってしまって巨大さが伝わらず考えあぐねていますw
まっとしさんちのサボテンズによろしくお伝えください。

2009/07/21 22:23 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。