--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/29 (Mon) 人魚と靴  ? 自傷・解離性障害 ?

気がつくと、次々と靴を購入していた。
毎日、宅急便で靴が届く。
一体いつどこへ履いて行くというのか。最早、目的など何もない。
なぜ靴を買うのか。そこに、可愛い靴があるから。


元々、靴が好きだ。
人を前にカメラを構えると、まず私は無意識にその人の足を撮る。靴を撮る。
同じく、どこか売り場へ行くと靴を見る。服は、何を着ていいのか今だ方向が定まらない。しかし、靴は何が可愛くて何が可愛くないのか、何故か基準がはっきりしていて楽に選ぶことが出来る。
着物用の下駄、草履を合わせ、一度数えてみたら70足の靴があった。恐ろしい数である。私は、一体何を考えているのか。数えてはじめて、靴依存とでも言おうか、病的なものを感じた。


最初は、10センチのヒールか、ブーツを買っていた。その時は、まだ良かった。
足を怪我して動けなくなり、足の大切さに目覚めたのか、気がつけばヒール0?3センチ以内の柔らかい靴にばかり目が行くようになった。当然、買った。普段、滅多にカジュアルな恰好をしないのに、カジュアルな靴にも手を出した。


それから更に、私の靴好きは止まらず、オークションを知ってから尚更に止まらず、最早靴は100足に届かんばかりになっている。当然の如く、財布は文字通り空になった。洋服に回す金もないから、それぞれの靴に合わせる服があるかどうかも分からない。食費もないし、これが月末でなかったなら、光熱費も支払えなかっただろう。
明らかに、私はおかしい領域に入っている。
何事も好きと依存の境目は、生活を脅かすか脅かさないかに懸かっている。


本題は、これからだ。
私は、足への自傷が多い。
私がやったのか誰がやったのか足の裏が切れていた。いつもこのパターンだ。
切った後で歩いたらしく、そこかしこに点々と血の痕が残り、今日は掃除する気にもなれなくて放置している。

昔かかっていたカウンセラーに、足を無意識に傷つける時は、「頑張りすぎている自分を止めるために、これ以上歩かないように足を切っているのだ」と言われた。なるほど、そうかもしれないとも思う。今の私が頑張っているかというと疑問だが、それは解離故の無自覚かもしれない。ここのところ母について記事を書いているのは、今のカウンセラーから、現在の私が抱えている問題と母の在り様がリンクしていると指摘され、その痕跡を自分自身自覚したからだ。

不特定多数の目に触れるブログで、存命の母について書くことは、正直胸が痛む。しかし、私はこの作業をきちんと終えねばならない。そうしなければ、私は私の身の内にいる母と、現実の母と、共倒れになってしまうのだ。
連鎖を断ち切る以前に、わけの分からない理屈やすり替えや誤魔化しで、無関係な他者を傷つけることがない私になりたい。ここを目指すことは、境界性人格障害からの回復に確実に繋がって行く。

精神的に正念場であることに間違いはない。
であれば、足を切るのも理解できる。
しかし、同時にこんなにも大量に靴ばかり買うのは何故だろうか。
届いた靴は、いまだ試し履きすらできない。両足がむくんだり腫れたりしていて、入らないのだ。
それでも私が靴を買うのは、何故だろう。
多種多様な靴、どんな恰好をしても、どんな場に出かけようとしても、靴にだけは困らなくなった。このバリエーションの多さは、何を指すのだろう。

私にとっての、足と靴。

私の足は傷つき、私の靴は新しい。


関連記事
◇人魚姫式自傷
◇姫がレンジでチンしてポイ
◇人魚姫志願
◇人魚姫式自傷2
◇解離性障害者のアンビバレンツ - 解離性障害・自傷 -


心の病気や虐待について理解が広がりますように。ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(10) |


<<ヤフオクで詐欺に遭ったよ☆ | TOP | そこにいるのに ? 虐待・機能不全家族 ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


美鳥さんへ。 

こんばんは、
wstです。
靴。
自分はあまりおしゃれとかしないので、
ぜんぜん興味がありません。
だから、
美鳥さんが何故そんなに靴をたくさん買うのか、
興味がわきます。(なんか矛盾?)
多分好きなものに理由なんてないのかもしれませんが、靴の魅力を教えて欲しいです。
だって興味ないよりかは、
好きな方が良いと思います。

「今の私が頑張っているかというと疑問だが」
この文をよみ、
謙遜?
それとも本当にそう思ってる?
そんな事が頭をよぎりました。
お母さんの事をブログにのせたり、
自分の病気のことを話してくれたりするのは、
病気を回復のためですよね?
(間違ってたら、本当にごめんなさい)
その行為は自分の目からは、
「頑張っている」
と見えました!
だから、
「疑問だが」
じゃ、ないと思います!

やっぱり、こんな意見は幼稚なのでしょうか。
考えが美鳥さんや、
このブログを見ている方々に全然追いつけないのが悔しいです。
あぁ、こんなこというのが子供なんですね。
あぅ~~~
では失礼します。

2009/06/30 00:51 | wst [ 編集 ]


新しい靴と足の傷 

美鳥さん、こんにちは。
新しい靴の山と傷ついた足。何か象徴的なものを感じますね。私も靴と鞄が好きで、若い頃用品店に勤めていた頃は洋服に合わせていくつも持っていました。一つもブランドではなかったけれど、安価でお気に入りばかりでした。
玄関で娘の靴が毎日散乱していて(これはただ片づけないだけですが)「いったい何人いるの?」と思う光景に出くわします。私はただただ笑いながら片づけるのですが、遠い昔「靴を揃えろ」と父親に言われた日々が懐かしく思い出されます。あぁ、この父親の「靴を揃えろ」もある頃急に言い出しただけで、私は幼い頃からそういう躾は受けていなかったのでただただ不思議で。。。すみません、話がそれました。。。
靴の購入と足の傷は何かしら強烈なメッセージではないかと思います。とっても象徴的であまりにも対照的ですもの。何でしょうね。。。私なりに(何のお役にも立たないと思いますが)考えてみますね。。。

2009/06/30 15:34 | エコペン [ 編集 ]


 

それは「靴フェチ」と言うんですよ。
作家・五木寛之さんがまさにそれですよ!小説の中にも、そんな登場人物が出てきます。
あと、アメリカヒットドラマ(映画にもなった)「セックスアンドシティ」のヒロインも、靴の買いすぎで家賃払えないくらいになってた!
(ヘンなことに詳しい私だ・・・)
私なんて、お小遣い稼ぎ(ちっとも稼げないけど)に、1年に1度履くかどうかのパンプス、ヤフオクに売りに出そうかと悩んでるとこ。
(一応、かなり物はいい。買ってくれる?笑)
いざ、となれば、売るってテもあるよ♪

2009/06/30 20:59 | ばーばら [ 編集 ]


 

もう、そろそろ一休みしたくなっている疲れた体なのに、それに気づかず、行動しよう、行動しようと頑張り過ぎの美鳥さんの体を守るための、動けなくするための足の自傷なんだなぁと、ふと感じました。
きっと、無意識の心の悲鳴なんでしょうね。

それとは反対に思えるあちこちへ自由に歩きまわれる靴を購入する行為。これもきっと意味があるのだと思いました。

心を取り巻く色んな縛りから解放されて、自由に。そんな憧れというか欲求が、靴になるのかと。
動きたい、休みたい、という両極の感情がぶつかり合って葛藤しているように感じました。

だけど、いろんなことに、欲求を持てることは、押さえつけてきた幼少時代に比べたら、恐らくとても健康的な感情だと思います。
ただ、そのコントロールがまだ成長段階なだけで、少しずつ、こうやって回復へ向っているのかなって。
どんな事も、急ぎすぎると無理が出るから、
一歩一歩、踏みしめるように、自分のペースでゆっくり焦らず・・。

この機会に体をゆったり休めて、足の怪我の治療に専念できるといいですね^^お大事にしてくださいネ。

2009/07/01 08:12 | konomin [ 編集 ]


>>wstさんへ 

wstさん こんばんは。
いつも、ありがとうございます。

靴が、大好きなんです。
好き過ぎです。
何故好きか?
何故なのか。

例えば私はスイカが大好きですが、これは腎臓を病でやってから大好きになりました。調べてみると、スイカは腎臓に良いらしいです。明らかに腎臓がスイカを欲していると言えましょう。

靴は、現在のところ不明です。

また、今年流行のグラディエーターなど可愛いと思えるのですが、何故かウェッジソールだけは流行りだしたときから絶対に買うまいと決めていました。何故か分かりません。
あらゆる種類の靴に手を出しておきながら、ウェッジソールだけは駄目なんです。個人的に色気が感じられないです。

最近私が一番好きな靴は、黄色い靴。黄色は洋服では似合わないんですが、足元が黄色は結構どんな服でも似合います。爪先が丸いラウンドトゥの黄色に、深緑の細いストラップがついた靴が今お気に入りです。


> 「今の私が頑張っているかというと疑問だが」
> この文をよみ、
> 謙遜?
> それとも本当にそう思ってる?
> そんな事が頭をよぎりました。

いや私、一切謙遜とか言いません。普段もそうなんですが、社交辞令とか謙遜とか嫌いというか、口から出ないので、本当にそう思って書きました。それには、現状に満足していない事情がありまして。

ブログで自分のことを書く作業は、確かに私の回復を助けてくれていると思います。ただ、使い方を誤ると自分の世界に入り込みすぎて、悲劇っぽくなったり、妄想様になるので、悪影響ということもあります。できるだけ、自分について嘘偽りなく書く。これを心掛けていれば、そうそう間違えることはないと思っています。

書いている最中は、明らかに自分の目線は内側に向いています。
けれど、こうしてブログで公開する時の公開ボタンを押す瞬間、それ以後は、読んでくださる方のために存在しています。その時から、何を伝えることが出来ているだろうかといつも考えています。

2つの方向に作用するのが、ブログを書く楽しみだと思っています。

> その行為は自分の目からは、
> 「頑張っている」
> と見えました!
> だから、
> 「疑問だが」
> じゃ、ないと思います!

ありがとうございます。
実は、私の目的は私自身のことだけではありません。現実にお会いできる方とのことを常に考えています。書くだけでなく、実際に私の身で出来ることを、行動して実現するという目的です。
去年の夏、東京で自助グループを立ち上げたのですが、何かと至らぬ点があり、次回を開催したいと常に考えています。ネットだけの関係には、私はあまり興味を持っていません。
実際にお会いする関係、現実に支え合える関係の重さと尊さを実感し、そんな場を作りたいと思っています。

また、昨年放送された私も出演させて頂いた境界性人格障害についての番組の次回作、その他、境界性人格障害を必ず治す方法、現在のカウンセリング療法に疑問を投げかける実践など、具体的に今私が行動して示せることは、実はたくさんあります。

たくさんあるのに実行できる時間も身体も限られているので、今の自分には本当に歯がゆい思いをしているので、今の私が努力しているか、頑張っているか、というと疑問が浮かびます。
とはいえ、今年はまだあと半分あるので、8月以降からガツガツ行動する予定でいます。それまでの休息が今かもしれません。


私は、テレビカメラの前でも大概なことを曝け出し、我ながら「後は脱糞くらいしか見せるものがない」というくらい曝け出しましたし、このブログで謙遜や嘘、偽りは一切書いていません。
矛盾と感じられる記事もあるかもしれませんが、それは葛藤と捉えて読んでくだされば幸いです。
ストレートに読んでくだされば、十分過ぎるくらい十分です。

2009/07/01 20:41 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさんへ 

エコペンさん こんばんは。

この記事を書いてから今日になりました。
今日は、7月1日。
実は、去年ブログを休止している際、もう来年は生きていないだろうと思っていました。しかし、最後の賭けとしてカウンセラーを変えました。その先生の治療を受けながら、私が何となく思っていたのが「来年の7月に、私は生きているのだろうか」でした。
その7月を迎えると思うと、先月の時点で私はカウンセラーの先生に「来月で7月です。7月まで生きることができる」と話しては泣き出すという有様でした。私にとって、どうやらこの7月を迎えるということは重大で、そんな気持ちが靴や服の服飾品を買う行為になっていたのかもしれないと、今日ふと思いました。

しかし同時に、もし生きているなら○○したい、という活動面が、全く計画どおりに行っていないことに歯がゆく感じていて、そんな思いが自傷になったのか、そこらへんはまだ不明です。何なんでしょう。人間の無意識は不思議です。

エコペンさんも、靴と鞄がお好きですか!
実は私、鞄も大好きです!
洋品店に勤めてらしたんですね。羨ましい。毎日見てりゃーそりゃ幾つも欲しくなりますよね(笑) 靴って高けりゃ可愛いかというとそうでもなくて、ブランドだから足にぴったりかというと、そうでもないんですよね。
娘さんも、靴好きなんですね。
私の仲間がいっぱいいる・・・!(笑)
ちなみに、うちは一人暮らしですが、現在の玄関はざっと見て15人はいます(更に天井までの靴箱にギッシリ)。散らかってるっていうか、靴箱に入らないんです・・・・。

エコペンさんの躾のお話で、私は自分の家庭で「片付けなさい」とよく言われたけれど、片付けるという行為がどういうものか全く知らなかったことを思い出しました。習ったことがなかったんです。今の両親を見てみると、全く片付けられない人たちなので、ああ私が習うはずもない、と納得しました。
今は、勉強して片付けられるようになりました。

靴好きとお話していると、靴を実際見たくなります。
どんなんでもいい。靴を見たい。
靴フェチなんですよね。きっと。

2009/07/01 22:03 | 美鳥 [ 編集 ]


才能あるかもぉ 

いつもご訪問ありがとです(^▽^)/
あのさ~前から感じてたんだけど
美鳥さんって文章力あるよねぇ
実際執筆活動とかしてます??
やってないならチョット勿体無い・・

2009/07/02 09:30 | まっとし君 [ 編集 ]


ひとつ・・・ 

美鳥さん、お返事ありがとう(^^)。
続けてで申し訳ないのだけど、美鳥さんの足の傷についてふと思いついたので書いておきますね。
靴と鞄好きのお話で何となく浮かんだんです。何で「足の裏に傷」なのか。足の裏って『靴』で隠れるし、裸足でもほとんど見えない部分じゃないかって気づきました。もちろん痛みは生活に支障はあるけれど、見た目に関して気づかれにくい(歩かなければ)。身体には他にも見えない部分はあるけれど、「足」ならば傷痕が残っても見えにくい。
ただの思いつきです。でもありかな?なんて思って。靴と鞄好きとくればお洒落さんだなと思って、そこから発展して思いつきました。「傷を足に決めている」のは、戒めなのか、思いやりか、なんて考えています。うぅん。。。難しいね。。。
話は変わって。7月が美鳥さんの中で何かのハードル(あるいは目標)になっていたのでしょうか。いい意味でのひと区切りだといいな。
娘(21歳)は物欲の激しい子で、私が「気づきを得る前」の子どもなんです。なので沢山毒を吸わせてしまっていると思い、申し訳なく思っています(このことは娘には話してあります)。CPTSDを子ども達に話してからは謝罪も含め、母子の関係を修復する気持ちで接しています。靴はもちろん服も共有出来るといいのですが、彼女の服は片足も片手も入りません(^_^;)ザンネンデス。。。

2009/07/02 09:41 | エコペン [ 編集 ]


>>まっとしさんへ 

まっとしさん こんばんは。
コメント返信が前後しました。
コメント拝見して、え?マジ?えへへ。
と笑ったままになってましたw

文章力かぁ・・・まだまだ何か駄目なんスよ・・・力を付けたいと思っちゃいるんですけど亀の歩みなんスよ・・・・orz

可能性を感じて下さる方がおひとりでもいてくださると、褒められて伸びるコですから嬉しいですw

執筆活動は、してません。
誰か仕事くれッ(←切実

時間がなくて、サイドブログの詩と写真も滞ってますけど、書きたいSM小説も滞り、ボーダーライン回復記録ブログも滞り、時間が欲しいです。
本気で励みになります!
頑張ります!

2009/07/08 21:20 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさんへ 

エコペンさん こんばんは。
お返事が前後してしまいました・・・!
すみまっせん!

再度のコメント、ありがとうございますmm

> 足の裏って『靴』で隠れるし、裸足でもほとんど見えない部分じゃないかって気づきました。もちろん痛みは生活に支障はあるけれど、見た目に関して気づかれにくい(歩かなければ)。身体には他にも見えない部分はあるけれど、「足」ならば傷痕が残っても見えにくい。

そうなんですよね。そういう指摘をカウンセラーからも受けています。リストカットは、私が物凄く忌避している行為なせいか、子供人格Aがちょっとやるくらいです。治りが早いので、痕が残っているのは一箇所くらいです。私自身がリストカットしていた頃は随分前なので、その頃の傷跡もありません。
つまり足に集中しています。裏だけじゃなく、太腿なんかもですね。

私が一番意識を強く持っているし、生活時間も長いので、無意識に怪我が足に集中するのではないかと言われています。


> ただの思いつきです。でもありかな?なんて思って。靴と鞄好きとくればお洒落さんだなと思って、そこから発展して思いつきました。「傷を足に決めている」のは、戒めなのか、思いやりか、なんて考えています。うぅん。。。難しいね。。。

私がお洒落さんかというと疑問ですよ(笑) 自分の顔、身体が今一分からないから何を着ていいのか分からず、他の人格の趣味もあるのであらゆるジャンルの服があって、私はちょっとわかりません・・・。どちらにしろ自傷は、自分を罰するという意味があるんですよね。何を罰してるのか。結構大らかに生きてるつもりで、どこかで無理をしている。感情から解離していると、ここらへんが本当難しいです。


> 話は変わって。7月が美鳥さんの中で何かのハードル(あるいは目標)になっていたのでしょうか。いい意味でのひと区切りだといいな。

7月は、なってましたね。去年の冬が地獄で、毎日あと5分後に自分が生きてるか分からない状態が延々継続されていたことから、まずは2008年の年を越せるのかが分かりませんでした。それからは、あっという間で、苦しいのは続いてたんですが、7月まで生きていられたらいいな、と夢物語のように考え、カウンセラーにもそう話していました。何となくの目標だったけれど、不思議なことにこの7月に一気に色んな問題がまた噴出し、今年二度目の山場を迎えています。
回復するには、その手前で生きるか死ぬかの逆境が訪れるのが、これまでの私のパターンなんですが、今回もその兆しです。


> 娘(21歳)は物欲の激しい子で、私が「気づきを得る前」の子どもなんです。なので沢山毒を吸わせてしまっていると思い、申し訳なく思っています(このことは娘には話してあります)。

21歳!花のような時代ですね。物をどう買ってどう使うかって、生き方を象徴していたりしますね。私は一時期片付けられる女になったのに、今色々問題が出てきて精神的に混乱してきているせいか、物は増えるは、何を買っていいやら分からないまま買っている、物を買えば何か解決する気がする買物依存に陥っていました。
思えば、どんな背景を持っていても母親になるときはなるし、その時精一杯なんですよね。PTSDの影響の強さを自覚して戦ってらっしゃるエコペンさんだからこその、強い責任感だと思います。21歳でしたら、まだまだこれから色んな価値観に触れ、色んな失敗や成功から学ぶこともあると思います。親子一緒に歩めることが、まず幸福なことだと思います。バラバラの家族だったら、それすら出来ないですから。

>CPTSDを子ども達に話してからは謝罪も含め、母子の関係を修復する気持ちで接しています。靴はもちろん服も共有出来るといいのですが、彼女の服は片足も片手も入りません(^_^;)ザンネンデス。。。

最近、カウンセリングで私が向き合わなくてはならない課題が「母親をどう捉えるか」です。その中で、家庭においていかに母親が重要か、家族の一人でも真剣に人生に取り組まないでいると、家族全体がどうなってしまうのか、具体的な理解が進んできました。
向かいたい方向、正したい過去が明確に持てることは、素晴らしいことだと実感します。
時間は取り戻せないからこそ、今真剣に生きたいですね。
そんな姿勢を学ばせて頂く思いです。

いつもコメントありがとうございます。

2009/07/08 22:31 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。