--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/01/20 (Sun) あなたは、あなたの美しさを知らない。 side A

※ この記事は、性的・SM描写を多分に含んでいます。
未成年の方、嫌悪を抱かれる方は、閲覧をお控えください。
コメント(誹謗・中傷以外)歓迎です。

関連記事 (はじめに、こちらをご覧ください)
□<あなたは、あなたの美しさを知らない。 Introduction>



youdontknowA.jpg

<あなたは、あなたの美しさを知らない。>




Rが射精管理に耐えた。
何日も耐えた。
辛い、辛いと何度もメールが来た。
私は、Rの限界が何日間か、把握している。
今日も駄目、今日も駄目、と彼を追い詰め、
限界の倍の日数、耐えさせた。
彼は、夢精した以外、最後まで耐えた。


かわいい かわいい
あたしのペット


慈しむように撫で、それから爪を立ててやると、
Rは、私の指の動きを見下ろして、喘いだ。

ミトリ ミトリ
ミトリの指
細くて長くて白くてきれい


Rは、私の指が好きで堪らない。
爪の形まで、好きでたまらないという。


悪いこ
そのきれいなあたしの指を汚してる
これは誰のなんなの
言ってごらん


ああ ミトリ だめだよ
だって だって だめだよ

Rは答えないんじゃない。
興奮しすぎて、答えられないのだ。
証拠に、Rの体液が粘りを増して私の指に絡みつく。


だって何?
きかれたことに答えなさい


私が指を離すと、Rは、せつなく息を吐いた。


だってミトリ ミトリの指が 
ミトリの指が きれい きれい
俺おかしいよ
ミトリのせいじゃないか


私は、思わず笑ってしまう。


なんでもあたしのせいなのね
傲慢な赤ちゃんR
あたしのきれいな指が汚れるのは
あなたのこれが 
だらしないからだけでしょう

ごめんね ごめんねミトリ


Rは、「ミトリ きれいだ きれいだ」と呻きながら、射精した。
私は、Rの苦しげな声と、あられもない性器と、
そこから迸る体液が、きれいで、いとおしいと思う。

私が命じるままに従う自分に、
「ああ 俺はなんでこんなこと」
「やばい 俺なんでこんなことしちゃうんだろ」
Rが「どうしよう」というたびに、私の背筋を寒気のような熱が走る。
Rは、うわ言を口走りながら、
私に身体を操られ、恍惚として、陥落し続ける。


かわいい かわいい ペットのR。
赤い縄で縛られて、膝で立たされたまま動けない。
彼の目の前で、
足を組んでソファに座った私の脚は、ブーツに包まれている。
ファスナーの音を、わざと立てるように、ゆっくり脱いでやった。
Rが、食い入るように見ている。
私の脚は、黒い網のストッキングに包まれている。
その足を、Rは見つめる。

蒸れた女の匂いが好きなんて。
まったく私の趣味じゃない。
私がMなら、こんなプレイ、何にも感じやしない。
だがRは、こんなふうに虐められるのが、大好きなペットなのだ。
手が、かかる。


私のつま先で身体を辿られ、うめき声をあげて悶えるR。
猿轡をかまされて、やめてほしくても、言葉にならない。
言葉なんて、いらない。


言いたいことがあるなら 目で言ってみなさい
そしたら なんでも言うこと聞いてあげるから


私は、できもしない無茶を言う。
彼は、潤んだ目を羞恥で伏せ、
躊躇うように私を見上げ、
許しを乞うように首を振る。
無意識に私へ突き出されたRの性器が体液を零す。


卑猥で生々しくて、なんて素敵。

そんなにあたしの脚がすき?

彼が呻く。悲鳴のように呻くから、
ソファから立ち上がって、猿轡をといてやる。

ああ ああ 好きなの 好きだよ
ミトリのその脚で俺の顔を撫でて


必死で私を見上げて懇願するから、
そんなことしてあげない、と笑った。


望みどおりには してあげないよ
あなたが想像できるような 
安い責めはしないのよ
これから Rがあたしに何をされるか分かる?


彼は、分からない、と何度も答える。


教えて 教えて 教えて ミトリ


私は、身をかがめて彼の男らしい喉を片手で掴む。
きれいだ、と彼が言う私の指で、彼の喉と性器を掴む。
悲鳴のような嬌声をあげ、身を捩るRを押さえつける。
押し付けた私の体を薄く覆ったベビードールの裾が、
とめどなく溢れる彼の、生ぬるい体液で汚れる。
喉から優しく手を滑らせて、彼のかたい髪を撫でてやる。

耳元に唇を近づけただけで、また悲鳴をあげるR。
ろくに話しかけられやしない。


ねぇ R ?
よく覚えておいてね
あなたがどんな予想をしても
私の命令は絶対読めない
あたしはいつもお前の予想を裏切るの
予想できないから不安でしょう?
でも しってるのよ
それが気持ちよくて仕方ないのよね R


ああ そんなのがいい
そんなのがいいんだ ミトリ
それがいい いいよミトリ


Rが呻く。
私は、喉で笑う。
「いい」と「ミトリ」しか言ってない。
脳まで犯されて、彼は他の言葉を忘れたみたい。
耳朶を甘く噛んでやると、Rは、また悲鳴をあげる。


ほら、と血のように赤いレースの裾を捲くりあげ、
ストッキングを見せてやる。
黒いガーターベルトを外してみせる。

Rは、目を見開いて苦しげに息をつく。


きれいだ きれいだ
ああ ミトリ


Rは、馬鹿になってしまった。
何をされても同じことしか言えないR。
吠えるしか能がない犬みたい。


Rの口で 脱がせてごらん
できたら ご褒美あげてもいいよ


Rは、鍛えられた体を真赤な縄で後ろ手に縛られ、
腿を固定され、体中を縛られて、
膝立つことしか許されていない。
自由がきかない身体で、私にいざり寄る。
目の前に立つ私のストッキングを
口でくわえて一生懸命脱がせようとするRの瞳は、
羞恥と劣情で濁って見える。
光彩が妖しい光で満ち、瞳孔が開く。
ストッキングの黒い網目が、Rの綺麗な白い歯に絡みつく。
肉に喰らいつく飢えた獣のようだ。
荒い息とクンクンと犬のような、こもった嬌声が響く。

Rのかたい顎が、何度も私の太ももを擦る。
私は、快感で瞳を眇める。


へたくそ!
もっとうまくできないの?
立ってるあたしが疲れちゃうじゃない
早くしなさい


わざと苛立つ声をあげてやると、Rは、哀しげな声で鳴く。
大好きな私の足で、足蹴にされて、よろめきながら恍惚と鳴く。


ごめんね ごめんね ミトリ
がんばるから
俺がんばるから
ああ きれい
きれい きれいだよ ミトリ


Rは、額に汗を滲ませて、性器を硬く突き上げ、
息も荒く、喘ぎ続け、
私よりよっぽど疲れているように見える。



狂ってるね R
もっと壊してあげようね


頭を撫でると、Rは私の足に頬をすり寄せ、
甘えたように、うっとりと呟く。


ねぇ 俺はミトリのペットだよね?
じゃあ俺は ミトリの犬なの?


さあね?
どうかなぁ


私は、答えをあげない。
犬かどうかは、これから決める。
私が、Rの全てを決める。



Rが、やっと脱がせ終えた。
褒めてもやらずに、
私はRが口にくわえたストッキングを乱暴に取り上げる。


ねぇ R ?
目隠しでも猿轡でもない
Rは そんなものじゃ満足できないでしょ?


ストッキングや下着、女性の匂いが大好きなRは、
大好物の餌を主人に取り上げられて、切なげに鳴く。


お前が大好きなことしてあげようか
Rをもっと壊してあげようか
壊されたい?


何をされるか予想もつかないRは、私を見上げ、
観念したような、怯えたような、
それでいて深い崇拝をこめた眼差しをしている。
こんな目、そうそう見れるもんじゃない。


この

かわいい

変態め


私は、取り上げたストッキングでRの頭部を縛る。
彼は、必死で抵抗する。
恐ろしいのだ。
構わず私は冷徹に彼を縛る。
さっきまで、私の足を薄く覆っていた繊維が彼の口と鼻をふさぐ。


瞬間、呻いて彼は射精した。
縄で固定されたRの
かたい筋肉で覆われた体がしなり、
赤い縄がRに食い込む。
痙攣し、のたうって、Rは溢れるままに声を迸らせた。
生臭い、男の体液の匂いが、鼻をつく。
射精している彼は今、私の匂いしか感じていない。
羞恥と自身を貫く快感に、Rは目をかたく瞑ったまま。
彼自身すら、彼の姿を見ていない。
私だけが、見ている。
私は、至福のため息をつき、
熱で潤んだ両目で、Rの卑猥な一部始終を眺める。


いくときは、ちゃんと言いなさいって言ったでしょう
どうして いくって言えないの?


荒い息をつきながら、
Rは焦点の合わない瞳で、声を上擦らせる。


ああ ミトリ ごめんなさい
だって こんなのだめだよ 
無理だよ
がまんできない


体を震わせながら、Rは切れ切れにすすり泣く。
快感に最も正直な器官の先端からは、
まだ濁った体液が、糸を引いて床に滴り落ちる。


そんなにあたしの匂いがすき?
こんなことでいっちゃうなんて
とんでもない変態ね R


ああ ミトリ ミトリ
好き 好き
どうしよう
ああ ミトリすごいよ
すごいよ
俺 こんなんでいいのかな
俺 すごいことしてる
やばいよ どうしよう
どうなっちゃうんだよ


Rの声は、既に悲鳴だ。
なんて心地良い響き。
もっと泣け。
もっと叫べ。
もっと喚け。


壊れていいよ
壊してあげる
もっと壊れたいくせに
もっと壊されたいくせに


Rは、一度射精すると、頭が跳んでしまう。
クリアにならない。
どんどん頭が快感で濁る。
熱に浮かされた病人と、まるで同じ瞳になる。


ごめんね ほんとごめんね
こんな俺でいいのかな
俺こんなんで ミトリ ひいちゃうよね


どうしてそんな心配するの?


だって俺こんなの変だよ
おかしいよ


私がRをおかしくしてるのよ
お前は余計なこと考えなくていい
もっともっと おかしくしてあげる
Rの頭の中を 犯してあげる


Rは、私の言葉を聞いただけで、既に喘いでいる。
私に頭の髄まで犯されたくて、犯されたくて、
既に思考のほとんどを、私に明け渡している。


それともいや?


いやじゃないよ
いやなわけない
いやじゃないって知ってるくせに
知ってるくせに ミトリ


知ってるわよ お前のことなんて
Rはあたしのペットだよ
Rのからだはミトリのなに?


おもちゃ
おもちゃ
ミトリのおもちゃです


私が教えた通りに、Rは答える。
賢い犬。


いい子ね
そうだよ お利口さん
鳴いてあたしを愉しませる
お前はそれだけでいいの
Rが泣いても喚いても
何度射精したって
あたしが飽きるまで放してあげない


ああ そんな
そんな ミトリ


いやなの?
じゃあやめようか
ミトリに弄ばれて可哀想なR
かわいそうだから やめてあげようね


Rの顔が、悲痛に歪む。

私は、そんな顔が見たい。
もっと泣いて。
もっともっと叫んで。
お願い。お願い。もっと見せて。


あーあ 泣いちゃった
泣くくらいいやなら やめてあげるね


意地悪く笑う私に、
Rは、許しを請うように、
俯いてすすり泣き、熱で枯れた喉で囁く。


やめないで
やめないで ミトリ

かわいそうな俺を見て 
かわいそうなのがいい

お願い 俺の全部

ミトリ ミトリ
かわいそうな俺を見て


おねがい おねがい

俺を見て ミトリ

きれい きれい

ああ ミトリ



私なんかより、
私の前にすべてを曝け出すRの方が、ずっとずっと綺麗だけれど。

教えてやらずに、私は全てを見ていてあげる。


(了)



↓ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

SM algolagnia | comment(6) |


<<人魚姫志願 | TOP | あなたは、あなたの美しさを知らない。Introduction>>

comment











管理人のみ閲覧OK


すごく美しい文章 

早速読ませていただきました。自分の世界観とはまるで違うものでしたが、身鳥さんの文章力のおかげで、興味深く読みました。美しい文章だと思います。チョッとビックリしましたが^^。

2008/01/20 03:16 | ジブラルタルの風 [ 編集 ]


 

お久しぶりです。相変わらず深い文章で、いろいろ考えさせられました。

私信ですが、私も色々と考えることがあってブログをやめることにしました。代わりに、同名義でホームページを立ち上げたので、暇があったら検索ページで探してみてください。

短い期間でしたが、美鳥さんに頂いたコメントはどれも心に残っています。本当にお世話になりました。

これからもこのサイトは拝見させていただきます。美鳥さんのご活躍を祈っています。

それでは失礼します。

2008/01/20 12:14 | FAT-A [ 編集 ]


>>ジブラルタルの風さん 

ジブラルタルの風さん
コメントありがとうございます!
正直、こんな記事にコメントを寄せてくださる勇気ある方はいらっしゃるのだろうか、と怯えておりました。
さっそくコメントくださって、本当に嬉しいです。
プレイの種類、嗜好などというものは、色々ありますが、多分、これくらい世界観の違うものが一番、独特の空気をお伝えできるのではと思い、切り取ってみました。性交のないプレイが、一番SMという本質をお伝えできる気がしました。
私にとって大切な世界ですので、読んでくださるだけで光栄です。

ただの興味で読んでくださり、コメントくださるだけで、本当に嬉しいです。
その上、「美しい」とまで言ってくださり、私は幸せ者です。
びっくりさせてしまいまして、申し訳ありません(笑)
いつもコメント、ありがとうございます。

2008/01/20 12:57 | 美鳥 [ 編集 ]


>>FAT-Aさん 

コメントくださり、ありがとうございます。
ずっと更新されてらっしゃらなかったので、私のコメントで何が気分を害されたのでは、ご病状が悪化されたのでは、など色々心配していました。
そんな理由で、新年のご挨拶もどうすべきか、と迷い、コメントできずにいました。
ご連絡くださり、本当にありがとうございます。

既にブログは閉鎖されたのですね。
FAT-Aさんのブログの雰囲気、語り口調、記事の文章、そしてプロフィール(笑)、どれも大好きだったので残念です。
しかし、新しいホームページを作られたとのこと、ほっとしました。

検索してみましたが、見つかりません。
もしよろしければ、鍵コメでもアドレスを教えて頂きたいのですが、お願いできますか。
ブログとはいえ、出会う方々にご縁を感じます。
FAT-Aさんとは、今後も交流できればと願います。教えてくだされば幸いです。

体調、心の状態、どうぞ大切になさってください。
またぜひ、遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています。

2008/01/20 13:06 | 美鳥 [ 編集 ]


 

想像力を掻き立てられ、楽しく読ませていただきました。
わたしはSM経験無しですが、読んでて興奮しました。

知らない世界というのは、興味をひきます。

今でもSMとか試してみようとか、やってみたいとか
そういう気持ちはありませんが、おもしろい世界だな~
と、よく思います。

2008/01/20 21:15 | yorke [ 編集 ]


>>Yorkeさん 

Yorkeさん おはようございます。

楽しんで読んでいただけて、良かったです。
経験のない方でも、どんな空気か、どんな心理状態かお伝えできたら、と思っていたので、ご感想いただけて嬉しいです。
知らない世界、私も好きです。
作られた映画やドラマより百倍面白く感じます。
機会があれば、sideBとして、マゾヒストの感性を書いてみたいですが、こちらは書けば書く程、ただの18R小説みたいになるので、なんか嫌です(笑)
人間って、面白いですよね。

2008/01/21 06:29 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。