--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/04 (Thu) みなづき

20090604.jpg
今日、散歩して撮った紫陽花。


気がつけば6月になっていた。
驚く。
去年の冬、私は死ぬ、明日にはもう死ぬ、もう無理だ、と生きていた。
今年の6月を迎えることが出来たのは、虚数のように不可思議だ。ないようで、今ある。


今週は、ひっきりなしに忙しい。
ダンスに行ったり、ジムやプールに通ったり、新しく出来た友達と遊びに行ったり、美容院に行ったり、カウンセリングに行ったりする。合間に、ちょっとした手芸作業、歌の練習、散らかり放題の部屋を何とかする、買物依存から脱出する、等々の課題あり。今日を除いて、一週間のうち6日間は人と会う。
来週は、間違いなく倒れているだろう。けれど、予定を立てていても明日ですら遂行できるか分からない。動けるうちに動かなければ、やりたいことはできない。流れ落ちていく時間の単価が、以前よりも高くなった。

時間と共に、生きている経験は私の内側に堆積していく。経験という層を、私は丁寧に記録し、表現し、虚構を奪い、意味を与えたくなる。言葉という道具が好きだ。何故、こんなに好きなのかは分からない。


好きなことをやるには、時間が要る。
1日は24時間しかない。何かを経験する時間と、経験したものを言葉にする時間が要る。もどかしい。
例えば昨夜、生乾きの髪で突風に吹かれながら頭の中に描いた詩を、書きとめることができない。1日が、たった24時間しかない。当然のことに今更気づき、愕然としている。私は、自分の中に起こるもの何一つ取りこぼしたくはなくて、悲しくなる。


欠けた記憶も、今だどう受け止めて良いのかまるで解らない過去も、私が犯した罪も、誰も取り戻してはくれない時間も、一緒に泣いてくれる人のいない悲しみも、悲しんでもどうにもならない喪失も、どれも私には曖昧で、綿菓子のように掴みどころがなかった。
そんな出発から始まり、どんな運の巡りか去年の冬を越えて、2009年の6月という見知らぬ土地に立っている。私は、生きている事実を確かめずには、いられないのかもしれない。手足や目や耳や口、体中で世界の存在を試し、動いたり、喋ったり、歩いたり、走ったり、歌ったり、買ったり、食べたり、考えたりしている。

そのすべてを言葉にしてみたい。カメラで、生々しく切り取ってみたい。
そうして私の欠落、虚無という平面に、記憶という美しいタイルを隙間なく敷き詰めてみたい。
丁寧に焼き上げ、豊かな色彩で色づけ、二度と決して忘れぬように。
喜びも悲しみも怒りも楽しみも、確かな手触りを持つ記憶として、私の足下に確かに存在し続けるように。この足元を、見失わぬように。

そのための今という時間をどう扱うのか、初歩的なことで四苦八苦している。


関連記事
◇生きる
◇つれづれと孤独(自作詩)

虐待・心の病への理解が広がりますように。ランキングに参加しています。
応援の1クリック、よろしくお願いします。
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(7) |


<<ヴァージンの犬 ? SM ? | TOP | 夢の世界 人格の配置 ? 解離性障害・カウンセリング ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


初めまして 

はじめまして.美鳥s.ブログ簡単に.読ませてもらいました..
壮絶ですね.いい言葉が.浮かばなくて.壮絶と書いてしまいました.
私は.30代の男.引きです.私は.総合病院の精神.神経科に8年くらい通い
今は.精神.神経科だけの所に2年目です.その間に催眠療法などで
東京や名古屋まで行きましたね...今まで..脅迫神経症の様な簡単にいえば
状態だったのですが.ここ3年近く日々改善していますね.
すみません.初めての書き込みなので.長めの自己紹介の様になって
ブログだけの.感想ですが.波があると思うのですが.落ち着いていられる
時間など.もちろんその日その日にも.よりますが少しずつでもあるのですか?
私の場合は.恐怖感だったのですが.やっとここ2.3年山を過ぎたので
精神的にも.ラクになったのですが。美鳥sは.今の現状.TVを見たり.雑誌を読んだり
落ち着いていられるときが少しの時間でもあるのですか......波がゆるやかになれば..少しずつ。
あまり.先を考えず.美鳥sのペースでゆっくり.あせらずが.いいですよね.
ごめんなさい文章下手で..
しょぼい男より

2009/06/06 18:31 | きりかぶ [ 編集 ]


2度目です 

私の紹介を読んで.すぐ.書き込んでしまったので
近況をよんでいませんでした.
美鳥sのペースで.

2009/06/06 18:43 | きりかぶ [ 編集 ]


コメントありがとうございました^^ 

こんにちは、ブログにコメントをくださり
ありがとうございました。

私も気がつけば6月になっていました、
ただゆっくり療養しているつもりでした、
最初の一ヶ月は苦しくて苦しいなら死にたくて
どうしようもなかったです。
自分で死ぬ勇気はないから、誰かに終わらせて
欲しくて・・・でも今はまだ生きてます。
復帰してこれから頑張ろうと思ってたけど、
それは手に握った砂のようにさらさらとあっけ
なく壊れてしまいました。

時間をどうつかうのか?私も悩んでいます。
有効的に使いたいですけれどあまりにも一日は
短くて、また自分自身だけで出きることならいい
ですが人も関係してくることだとあまりに少ない
と感じています。
人生は何事かを成すにはあまりにも短く、又何事
も成さぬにはあまりに長いものですね。

2009/06/06 22:05 | くー茶房 [ 編集 ]


 

おはようございます。そして初めまして。美鳥さん。私も被虐待で境界パーソナリティ障害です。美鳥さんと同じくカウンセリング中です。人生歴を読ませて頂きましたが、大量殺人願望は分かる気がします。私も虐待を受けた影響か昔はものすごく早口とかの後天的adhdのような症状に悩まされました。今も結果がどなるか解っていても行動を止められないことがあります。本当になんでこんな症状に悩まされないといけないんでしょうね。美鳥さんも同僚から心無いことを言われて辛かったと思います。私も気持ち悪いとか本当に病気ならカウンセリングに一緒に連れて行ってと言われたことがあります。辛かったです。今、カウンセラーからはストレス耐性をみにつけることが大切だと言われています。確かにストレスを感じると息苦しくなったり髪を抜いてしまうことかありますし、やっぱり人が怖いのだと思います。ストレス耐性が駄目なんだなあと。ダラダラと書いてしまいましたが美鳥さんを含めてすべての境界線パーソナリティ障害の人達に安らぎか訪れますように

2009/06/08 06:05 | マリ [ 編集 ]


>>きりかぶさんへ 

きりかぶさん こんばんは。初めまして。
読んでくださって、ありがとうございます。私のブログは、どうしても長文が多いので読者の方を選んでしまうのですが、それなだけに嬉しいです。
コメント、ありがとうございます。

壮絶ですか。そういった実感は、私としてはありません。何でも自分が経験していることが普通の基準になるのが人間なんでしょうか。しかし、実体験以外の現実に想像が及ばなくても、精神的にきつい、ということだけは確かですね。そこが不思議です。
解離性障害で記憶を失っている部分があるにしろ、何らかの形で身体の不調や人格障害として表れているようです。これもまた不思議です。
抑えつけられ、殺されたとしても、確かに残骸は残り続けているようです。自分の身に起ったこと、感じたことは、決してなかったことにはできない。それが真実のように、最近感じています。


> 私は.30代の男.引きです.私は.総合病院の精神.神経科に8年くらい通い
> 今は.精神.神経科だけの所に2年目です.その間に催眠療法などで
> 東京や名古屋まで行きましたね...今まで..脅迫神経症の様な簡単にいえば
> 状態だったのですが.ここ3年近く日々改善していますね.

きりかぶさんは、少なくとも10年は治療に年月をかけてらっしゃるんですね。通院するだけでも大変なことと、私自身実感しています。治療に踏み切るのも勇気が要るし、その前には苦しみがあります。治療を始めてもまた、様々なご苦労がおありだったのではないかと思います。私の弟が15年引きこもっています。治療は一度も受けたことがなく、家から一歩も出ず、強迫性障害と人間不信が酷い状態です。たとえ顔を知らない方でも、お一人でも治療されてらっしゃる方がいらっしゃるとこうして聞けば、何か少しほっとします。


> ブログだけの.感想ですが.波があると思うのですが.落ち着いていられる
> 時間など.もちろんその日その日にも.よりますが少しずつでもあるのですか?

このブログを書き始めて2年以上経ちますが、去年の冬~今年の春にかけて、とんでもなく苦しい時期がありました。カウンセラーの先生の並々ならぬ信念と忍耐と信頼できるお人柄に助けられ、生きるか死ぬかの局面から大きく抜け出ることが出来ました。以来、波はあるものの、大きな酷い落ち込みはないと言っても良いかもしれません。


> 私の場合は.恐怖感だったのですが.やっとここ2.3年山を過ぎたので
> 精神的にも.ラクになったのですが。

「山」というもの、ありますね。私の感覚では「断崖絶壁の谷底」でした。恐らく逆の表現ですが同じものをさしているように思います。 回復へは、徐々に進んでいく場合と、大きくジャンプアップする場合があるのだと思います。生きる方へ傾く直前、それは大概死の可能性も高く、必ず苦しみが伴うのかもしれません。大きな山を過ぎれば、きっとそこから初めて色んなことが出来るようになるんですよね。


>美鳥sは.今の現状.TVを見たり.雑誌を読んだり
> 落ち着いていられるときが少しの時間でもあるのですか......波がゆるやかになれば..少しずつ。
> あまり.先を考えず.美鳥sのペースでゆっくり.あせらずが.いいですよね.

ご心配、ありがとうございます。最近は、ダンスを始めたり、バンドを始めたり、本を読んだり、新しい友達を作ったりできるようになりました。無理は禁物なので、ペースを見ています。
きりかぶさんも、闘病歴が長いんですよね。私もそうですが、病気との付き合い方も少しずつ学んでいくので、最近は無理した翌日は何の予定も入れないとか、人と会ったら物凄く疲れるので、2,3日は寝るだけの日を取るとか、そんなふうに生活をコントロールするように心掛けています。

> ごめんなさい文章下手で..

とんでもないです。嘘が含まれた文章、言葉の外に悪意を含んだ文章など以外、上手い下手は関係ないと思っています。もしきりかぶさんが劣等感をお持ちで、それでもコメントくださったのなら、尚更嬉しいです。ありがとうございます。

強迫性障害という病気、引きこもる孤独、苦しみは、弟を見続けて来て、多少なりとも分かるつもりです。また是非ブログにお立ち寄りください。
立ち上げっぱなしで運営を休止している自助グループを主催しています。精神疾患や神経症、人格障害、引きこもりの方、いろんな方に参加して頂きたい会です。時期は全く未定ですが、次回もできれば東京で開く予定です。よろしければ、頭の片隅にでも留めておいていただければ幸いです。

2009/06/12 22:12 | 美鳥 [ 編集 ]


>>くー茶房さんへ 

くー茶房さん こんばんは。
労働裁判の経験者として、また鬱病を理由に解雇された友人を持つ身として、コメントせずにはいられませんでした。
体調など、崩されてらっしゃらなければ良いのですが。
正しいことを貫くのは、幾多の卑怯を目にしなければならず、疲労の連続だと思います。
ひたすらに、無事解決しますようにとお祈りしています。


> 私も気がつけば6月になっていました、
> ただゆっくり療養しているつもりでした、
> 最初の一ヶ月は苦しくて苦しいなら死にたくて
> どうしようもなかったです。

身も心も切り刻まれるように苦しい時期は、今日が何月なのか何日なのか、朝なのか夜なのかも分からないんですよね。くー茶房さんも、そんな時間を過ごされていたんですね。生きるか死ぬかは、ほんの髪一筋の差な気がします。死にたいのに何故死ねないのか分からないけれど、次の瞬間には何かの拍子で死ねそうな、不安定な綱の上を渡っているような感覚。


> 自分で死ぬ勇気はないから、誰かに終わらせて
> 欲しくて・・・でも今はまだ生きてます。

お互いに、生きて6月を迎えることが出来て何よりです。何があっても、とにかく生きているだけで、身体があるだけで生きることの殆どを成し遂げていると思います。


> 復帰してこれから頑張ろうと思ってたけど、
> それは手に握った砂のようにさらさらとあっけ
> なく壊れてしまいました。

私事で申し訳ないですが、私も転職してこれからという初日に、雇い主から嘘八百と無理難題を突きつけられ、生活の安定を一切失いました。転職した初日から他所へ就職活動しつつ、弁護士や労働問題の相談所巡りし、かつ最悪な職場環境で勤務し続け、環境が原因で怪我をし、休職して復職したその日に不当解雇。目の前が真っ暗でした。それでも、良い協力者や相談者と出会うことが出来れば、必ず切り抜けることが出来ます。応援しています。


> 時間をどうつかうのか?私も悩んでいます。
> 有効的に使いたいですけれどあまりにも一日は
> 短くて、また自分自身だけで出きることならいい
> ですが人も関係してくることだとあまりに少ない
> と感じています。

難しいですよね。何で寝なきゃあかんねん、と思うこともあるんですが、病身で夜更かしは禁物なので寝ることにしています。人が関係してくると、更にままならないですね。せめて1日48時間欲しいんですが、贅沢でしょうか(笑)


> 人生は何事かを成すにはあまりにも短く、又何事
> も成さぬにはあまりに長いものですね。

そうですね。誰の言葉だったか、本当に名言ですね。
何かを成そう、これからだ、と思ったときに、思いもよらぬ障害に阻まれて、不本意な時間を消費しなければならない時もありますね。なぜこんなに生きることは苦しいのか、ままらないのか、問いかけても仕方のない問いを何度自分にしたか分かりません。

怒りは身体を蝕みます。前述の裁判をやっていた頃は、どれだけ制御しようとしても身体を壊していました。陰ながら、ひたすらに応援しています。

2009/06/12 22:36 | 美鳥 [ 編集 ]


>>マリさんへ 

マリさん こんばんは。
こちらこそ、初めまして。
ご訪問、コメント、ありがとうございます。

境界性パーソナリティ障害の苦しみには、本当に七転八倒してきました。今も、たまに襲われます。あの独特の妄想と現実が混在したカオスにのみこまれる苦しみ、右も左も上も下も分からなくなる不安、虚無、自暴自棄、自己陶酔、自己卑下、全てを消去したい衝動。
境界性パーソナリティ障害については、私がどうしても伝えていきたいことの一つで、ドキュメンタリーに出演させて頂いたこともあり、当ブログでも重要なテーマになっています。
特に、いまだ医療従事者や当事者の家族、また当事者ですら、回復への道を模索を続けている段階だと感じています。その中にあって、私の実体験から、境界性パーソナリティ障害は回復する、と確信に近い手ごたえを感じています。とてもブログに書きたいのですが、丁寧に書きたいので時機を待っているところです。

マリさんも、被虐待者とのこと。
ともかくも、今日まで生きて来られたことに敬意を抱きます。

>人生歴を読ませて頂きましたが、大量殺人願望は分かる気がします。

人生歴の中の無差別大量殺人願望については、実は私の中で大変重要なポイントです。「分かる気がする」と言ってくださると、何かほっとします。ニュースで許されない残虐な大量殺人事件が実際に起っていますが、いつも原因は明らかにされない。数日前に調べてみたら、犯罪心理学者ですら明らかに的外れな解説をしている。歯がゆく感じています。

>私も虐待を受けた影響か昔はものすごく早口とかの後天的adhdのような症状に悩まされました。今も結果がどなるか解っていても行動を止められないことがあります。

とても興味深い一文でした。なるほどADHDのような症状には、私も数々自覚があります。度々生活に支障が出るし、一番困るのは他人と会話をする時です。心底、落ち込みます。脳の機能障害なのか、それとも精神状態のせいなのか。きちんと検査を受けようかと考えたのですが、医者に相談すると検査する必要はないと言われました。心が及ぼす行動への影響は思っているより大きいのかもしれませんね。


>本当になんでこんな症状に悩まされないといけないんでしょうね。美鳥さんも同僚から心無いことを言われて辛かったと思います。私も気持ち悪いとか本当に病気ならカウンセリングに一緒に連れて行ってと言われたことがあります。辛かったです。

酷い話ですね・・・。「カウンセリングに一緒に連れて行って」は、絶対におかしい。酷い。行ったところで、そういう発言をされる方は、はなから何も理解できないでしょう。中身のない嫌がらせのためだけの発言みたいで気分が悪いですね。言われたマリさんの立場で想像すると、ちょっとかなりショックな言葉なんですが・・・・。一緒に来てどうすんねん、て話です。


>今、カウンセラーからはストレス耐性をみにつけることが大切だと言われています。確かにストレスを感じると息苦しくなったり髪を抜いてしまうことかありますし、やっぱり人が怖いのだと思います。ストレス耐性が駄目なんだなあと。

初めてコメント頂いて、マリさんのことを知らないので、文章のこの部分だけで考えてみました。
「ストレス耐性」ということですが、ストレスってストレスですよね。辛いんですよね。息苦しくなることや、髪を抜いてしまうことは、ある意味ストレスをどうにか自分の内側にとどめておこうという無意識の必死の努力だと思うのです。マリさんは、十分ストレスに対してご自身が出来うる限りのことはされている方のように、コメントから感じました。ですから、ストレス耐性が駄目というのは、本当なのだろうかと少し感じています。「駄目」というにも、色々な意味があると思うので、あまりよく分からないままに発言するのも出すぎたことと少し迷いましたが、そんなふうに感じました。考えたままを書いてしまう性質で、コメント返信は素の私で相対したいために、読み直さず書き直さずの一発書きを昔から貫いています。お気を悪くされましたら、申し訳ありません。


>ダラダラと書いてしまいましたが美鳥さんを含めてすべての境界線パーソナリティ障害の人達に安らぎか訪れますように

マリさんご自身の貴重なお話、ありがとうございました。境界性パーソナリティ障害の患者へ向けて、回復への希望も届けていきたいと思っています。ボーダー患者にとって「安らぎ」は、生活、人生の中で最も手に入らない希望かもしれません。私も心から、境界性パーソナリティ障害と闘う方達の回復を願っています。

貴重なコメント、本当にありがとうございました。
また是非、お気軽にコメントください。
色々なお話をできること、楽しみにお待ちしています。

2009/06/14 00:13 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。