--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/03 (Mon) 光があるから

ニューヨークに単身渡米し、
ダンサーとして活躍している、私の大切な友達がいる。

初めて会ったとき、言っていた。
誰かの前で踊るとき、伝えたい気持ちが溢れ出て、
あと少し首を曲げれば死んでしまう、
あと少し身体をひねれば死んでしまう、
そんな限界まで自分の身体を使って表現するんだ。
彼女の生き方そのものが、彼女のダンスだと思う。

前回、彼女に私は泣き言を連ねたメールを送った。
次は、しっかりと生きている私を送りたいと思っていた。


実家から逃げ帰り、彼女にメールを送った。
何も考えなかった。
ただ、そのとき溢れ出てくる言葉を書いた。
もしかしたら遺言、けれど書いているうちに、
自然と今の私の生きる決意になった。
読み返さず送信した。
ニューヨークとは時差がある。
私が眠っている間に、メールBOXに返事が舞い込んだ。


読みながら私は号泣した。
彼女と実際最後に会ったとき、
私が「私は今生まれ直したばかりだから、まだ5歳」と言ったことを、
彼女は覚えていた。
「5歳じゃない、立派に戦ってる戦士」
メールには、そう書いてあった。
それから、
「殺されてたまるか!」
と彼女のメールにあったから、
私はてっきり私のブログを読んでから、
私にメールを書いたのだと思った。
彼女にメールを送ってから
<殺されてたまるか>という記事を、書いたから。

最後の行に
「今から仕事やから帰ってきてからブログ読む」
と書いてあって、私は思わず笑みと涙が同時に溢れた。


Tちゃん、もう読まなくてもいい。
「殺されてたまるか」て記事、私、書いた。
殺されてたまるか、殺されてたまるか、
そればかり心の中で叫んでいた。
私の気持ち、読まなくても分かってくれている。
暴力では決して人の心は折れないこと。
ありがとう。


「惨めさと、くやしさと、怒りであるいみ良い仕返しがはじまるのよね」
Tちゃんが書いてくれた通り。
私も、ここから戦おう。



最後に。
私の大好きな言葉の一つを。


::::::::::::::::::::::


「闇があるから光がある。」
そして闇から出てきた人こそ、
一番本当に光のありがたさがわかるんだ。

            小林 多喜二(『書簡集』)




ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(2) |


<<ぐるぐる | TOP | 調教師の纏足>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちわ。
こちらでは初めましてになります。
毎日の日記を読ませていただいて(about meも)私のようなものがコメントさせていただくのはどうかとも思ったのですが、美鳥さんの強い想いに心を惹かれたので足跡代わりにコメント残させてください。

「殺されてたまるか」という美鳥さんの想い、とても勇気づけられた気がしました。
ステキなお友達がいらっしゃることが、そのまま美鳥さんの素晴らしさかなって思いました。


2007/12/03 13:28 | かれん [ 編集 ]


>>かれんさんへ 

たんぽぽのかれんさん、来て頂いてありがとうございます。コメント書いていただいて、嬉しいです。
<about me>は、一応カウンセラーの先生に確認してもらった上で載せている来歴です。嫌悪を抱かれる方への配慮と同時に、少しでも色々な経験、色々な病気の方、色々な考えの方との接点になればという思いで、載せています。
私をよく知る友人に「病名のオンパレードやな。めっさ暗い経歴やな。こんな奴怖いわ」と言われました。本当にその通りです。私も、こんな奴よう声かけへん、と思います。
実際は、どうということはない女ですので、どうか、怖がらないでくださいw
こんな私に、足跡でも、ただお声をかけていただくだけでも、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

かれんさんの日常の苦しい心、悲しい心、上向きな心、それから、言葉や音楽、色んなものを楽しむ心にブログで触れさせていただいて、笑ったり共感したりしながら読ませていただいています。
さっそく<あなたはこうやって死ぬ>を試してみました。あれの説明、めちゃくちゃ当たりますね。当たり過ぎて、思わず苦笑。とても面白かったので、今度記事内で書いてみます。
BUMP OF CHICKENは、音楽好きの友人に凄いから聴いてみろ、と「K」を聴かされ、あまりの感動に鳥肌が立ったのを覚えています。以来、何度でも聴く度に言葉を失います。最近は、音楽をあまり聴かないのですが、かれんさんのブログを読んでいると思い出すことが多いです。

また、ぜひ遊びに来てください。
かれんさんの更新、楽しみにしています。

2007/12/03 15:24 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。