--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/02 (Sun) 調教師の纏足

四肢で生きる動物に
二足歩行を強いるに似てる

彼らの肢は強張って
到底歩ける肢ではない


鞭打つままに 彼らの肢が
ひとを真似て歩けぬからと
苛立つひとは 正論か


不自由なる習性に
倣うしか知らぬ
いとけない動物
二足を求めて何になろう


四肢の無邪気な動物を
檻に囲うは孤独ゆえ
傲慢 哀れな調教師


獣を愛し 
獣と共に生きたいが
決して四肢には なれぬひと

自由な己は なぜひとたるや
ひとの足を嘆いても
二足歩行たる調教師


愛を持たぬ動物に 
求む心は 真なれど
鞭も褒美も哀切も
四肢で歩く真似事も
愛を乞うゆえ
哀れなひとよ



さよなら 
さよなら
愛するものよ


確かに胎から産まれたが
四肢で生きるは不可能だ


さよなら
さよなら
愛するものよ


がくりと膝つき 
首 項垂れて

纏足サーカス
是にて終幕





ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

詩と写真 | trackback(0) | comment(8) |


<<光があるから | TOP | *うたとことり* 深い感謝とご連絡>>

comment











管理人のみ閲覧OK


初めまして。 

私は3人の子供と暮らす母子家庭の母です。
今までのことを振り返ることが必要と感じ最近ブログをはじめました。自分自身の過去を見つめることの勇気を持てないままの発車となりましたが、
これからを生きるために、誰かを愛するために、頑張ってみようと思っています。
またお邪魔させてくださいね。
ありがとうございました。 

2007/12/02 18:32 | みるく [ 編集 ]


>>みるくさんへ 

ご訪問、ありがとうございます。
みるくさんのブログの記事を全て読ませて頂き、もしあなたが私のブログをよくご存知でないまま、また来ますとおっしゃってくださったのならば、私のブログがあなたのトラウマに触れ、傷つけるだろうと、とても危惧しました。そんな私の不安に、コメントでお答えくださいました。あらためまして、こちらでお返事させて頂きます。

あなたのような過去、そして現在を持った方が、私のブログに来て頂いたことに驚きました。
何よりあなたの勇気に感動し、私はしばらく呆然としました。あなたのような方と、ブログで出会えたことを、深く感謝します。

私の大切な友達から、今朝メールが来ました。私のことを「戦士」と呼んでくれました。その言葉を、そのままあなたに差し上げたいです。

私にしか出せない言葉、みるくさんにしか出せない言葉、ここを訪れてくださる色んな方それぞれの温かい言葉。そんな言葉で繋がれることが、とても幸せです。
また、ぜひ来てください。
声をかけてください。
お待ちしています。

2007/12/02 21:42 | 美鳥 [ 編集 ]


ごめんなさい。 

私のことで少しの間でも貴女を不安な気持ちにさせてしまったことをお詫び致します。
人はみな、過去を背負って生きているものだと思っています。確かに、辛く血を吐くような思いをした過去は消せない、そしてそのことが後々まで影響を与え、自分の場合は、子供達にまでそれを与え続けていること、自分だけの問題ではない部分もあります。
怒りを持って拳を振り上げたら、そのまま自分の左頬を殴っていた(自分の拳で)こともあります、そんな過去もひっくるめて私であり、美鳥さんだと思います。
何かの本で読んだことがあるのですが、その中の言葉に、「誰も貴女を傷つけることは出来ない、貴女が貴女自信を傷つけることなしに」という下りがあったのを覚えています。
まだまだそのような境地には達せない凡人の私ですが、少なくともありのままの貴女の姿をここの場で感じさせていただくことが私を傷つけるようなことは全くありませんので、どうかご心配されませんように、言葉足らずで申し訳ありませんが、お願いしますね。
私も少しずつ過去のこと消化する意味でも、触れていこうと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

2007/12/02 22:20 | みるく [ 編集 ]


>>みるくさんへ 

お詫びなんて、とんでもない。
コミュニケーションの基底にあるものは、不安だと思っています。不安があるから、気遣いがあります。人と関わるための不安でしたら、私はいつでも喜んで引き受けますので、どうか謝らないでください。
寧ろ、今後も私の記事を読んでいただけるということで、とても嬉しいです。

子育てしながらの様々なご苦労、私には想像もつかない大変な日々だと思います。
みるくさんの中に、言葉にならないたくさんの思いや過去を感じます。
過去を消化するということは、記憶の一つ一つを取り出して、それぞれにラベルを貼って、整理された引き出しにしまっていく作業だと思います。
どんな過去も経験も、きちんとラベルを貼ることが出来れば、それはもう恐れることのない記憶になるんじゃないかと思うんです。
そのときは、もう誰もあなたを傷つけることは出来なくなります。
きっと、そう信じています。

みるくさんのブログに、また遊びに行きます。

2007/12/03 02:07 | 美鳥 [ 編集 ]


ありがとうございました。 

美鳥さんに頂いた言葉の中に大切なヒントを頂きました。本当にありがとう。
過去を取り出してその一つ一つにラベルを貼っていく作業を恐れずにやっていこうと思います。
背中を押していただきました。やれると思います。
頑張ってみます。
貴女から頂いたこの言葉を記事の中で引用させていただいてもよろしいでしょうか。
言葉が言霊になって私に希望のエッセンスを注いでくれましたよ。感謝します、美鳥さん。

2007/12/03 11:33 | みるく [ 編集 ]


>>みるくさん 

みるくさんのブログ内で、私の言葉を引用していただけるとのこと、本当にありがとうございます。はからずも、少しでもお役に立てて、幸せです。
trackback url を一番下に表示しました。お恥ずかしながら、トラックバックのメリットとデメリットを未だ把握しておりません。一応、貼っておきます。よろしければ、リンクを貼って頂けましたら嬉しいです。
記憶にラベルを貼って整理する作業を、私もカウンセリングで続けています。取り出すことすら怖い記憶、目を背けたくなる自分の姿、分不相応な憧憬、取り返しのつかない過去、どれを手に取るのも勇気がいる作業です。時間も要します。
どうか、ご無理をなさらず、作業に疲れたら、少し休んで声をお掛けください。
経験は共有できませんが、未来へ向かう一歩の尊さを、お互いの存在で確認し合うことは可能だと思います。
勇気あるあなたの言葉も、言霊です。
応援しています。

2007/12/03 11:59 | 美鳥 [ 編集 ]


 

美鳥さん、お返事をありがとうございました。
文章下手で気持ちを伝えることが出来たかどうかわからないんですが、ありったけの想いを文字にこめさせていただきました。
トラックバックの意味が私、よく分っていなくて、息子に聞いてもチンプンカンプンですので(泣)、リンクを張らせていただいたんですけれどよろしかったでしょうか。
さあ、私も少しずつ過去の掘り起こし作業をしてみようと思います。
美鳥さんが仰ってくださるように、無理なくゆっくり心と会話しながらやってみますね。
ありがとう。

2007/12/03 13:30 | みるく [ 編集 ]


>>みるくさん 

リンク大歓迎です!
ありがとうございます。
トラックバックは、私もよく分かっておりません。知ったかぶりも良くないと、これを機に学習するため、何かと便利なPCに詳しい弟に説明してもらいましたが、自分から頼んだにも関わらず、数十秒でやめてもらいましたw
難しい!
ブログ、拝見しました。
タイトルを変更されたんですね。
少しずつ、新しいみるくさんが生まれていきますように。
更新を楽しみにしています。

2007/12/04 15:10 | 美鳥 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/83-78f2d792

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。