--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/30 (Sun) 無礼にはたまに無礼で返す

2007.9.29_diary.jpg

レトロでかわいいチチヤスヨーグルト

実家での二日目。
予想より早く体調が悪化。
吐き気と眩暈と緊張で肩背中が痛い。
かと言って、喧嘩しているわけではない。
とても仲良く家族をやってる。
ただ、いつ地獄に変わるか分からない綱渡り状態だ。


なぜ帰って来るのかと自分に問う。
いつもカウンセリングで問う。
理由はとても漠然としていて、
けれど何か強い力に引き寄せられてまた帰ってしまう。
自己防衛という本能をも裏切る帰巣本能。

英会話では、相変わらず嫌味なおばさんが
自分勝手な振る舞いをしていて、
とにかく彼女が何を言っても何をやっても苛々を抑えられない位
なんだかひどい人だ。
病的に我が強くて、現実より何倍か自分を良く見せよう、
人より良い立場に立とうと必死なのだ。
積極的とかいうポジティブな言葉では表現できない。
病的に肥大した自己顕示欲は、醜い。
とにかく自分が前に出たいばかりに周りが全く見えてない。
誰の話も自分の自慢話にしてしまうし、
その自慢話は大げさな表現をする割に実際はそれほどでもない。
たった1時間なのに毎回4,5回は彼女の発言に引っかかる。
自分の未熟さと同時に、なんとかならないのかとも思う。
その彼女が、クラスの誰も頼んでもないもの勝手に作って、
その経費を私たちに請求してきた。
ついに温厚な母まで本気で怒って、
帰ってきてから色んな事言っていたから、
結構レアな人なんだろう。


先々週の事は謝らなかった。
彼女はそれを当然のように期待していたと思うし、
社交辞令で普通はそうするから、私からの言葉を待っていたようだ。
けれど私は一切何も言わなかった。
一応笑顔だが一切コミュニケーションを取らない事にした。
そもそも彼女が自分でやるべき仕事を勝手に私に押し付けた。
その押し付け方も物凄い失礼だったので、
悪いけど失礼で返すことにした。
私が買ったものにケチを付けたり、
私の住んでる所を下に置く発言をしたり、
もういいよって感じ。
社交辞令すら不要な相手だと思う。


多少失礼な相手に失礼で返してもいいだろう。
正当な怒りは溜め込んでも何のたしにもならない。
自分がしんどくなるだけだから、多少彼女に還元したっていい。
彼女に侮辱されて笑顔で耐えたのは1回や2回じゃないし。
昔は、全部自分のせいにして、腹が立ってもにこにこして、
家に帰って一人になったときにはじめて、
言い返せなかった自分の惨めさ弱さに腹が立って
泣いて体調崩して自傷して、を繰り返していた。
そしてまた、誰に会ってもどんな気持ちでも、にこにこしていた。
全部自分で抱え込めば済むと思っていたけれど、
それでは何も済まされないのだという事をあの頃の私は知らなかった。
表情を作る事が出来なくなり、言葉を発せなくなった。
あの頃の苦しさは忘れられない。
今は、とてもすっきりした気分だ。
失礼な人には腹を立てる。
それが自然な事だ。
それができて初めて、大事な人と心からの笑顔で向き合える。


行きと帰りにクラスメートのNさんと一緒になって話せた。
嬉しかった。
彼女は最初から人と目が違っていた。
クラスの最中も一人違う目をしている。大方黙っている。
何か自分の世界を作っているような、そんな印象だった。
小説を書く人間は、あんな目で人間を観察しているのだと思う。
彼女は彼女の世界を持っていて、
彼女の価値観にそって自分を評価しているようだ。
ひけらかす必要もなければ、謙遜する必要もない。
居心地のいい空気を持っている。
冗談のように「いつか先生って呼ばれてみたいわ」と言って
笑っていた。
彼女の目に私はどんなふうに映っているのか、
Nさんになら聞いてみたいと思う。




ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

日々日記 | comment(0) |


<<庭の主 | TOP | 帰省>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。