--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/13 (Fri) 夢の記録<神殿と硬貨の島>2009.3.13

夢を見た。
沖縄にジェットボートで向かっていた。
運転していたのは、誰か私が知っている親しい男性だ。

海は真っ青で、空は晴天、白い波しぶきをあげてジェットボートが凄いスピードで波の上を滑っていく。
向かい側から、赤いボートが同じ位のスピードで向かってきた。
運転している男性は、慣れた手つきでハンドルを切り船と交差した。
男性の後ろにつかまって海上から島を見ていた私は、風で穴があいた巨岩を見た。
その奥に、岩でできた神殿が建っていた。
黄土色の岩の神殿から、水が静かに流れ落ちているのが見えた。
神秘的で興味を惹かれたが、少し怖い気もした。

男性はボートを島に横付けた。
荒っぽい停船のせいで私も男性も、島の砂浜に放り出された。
柔らかい砂が受け止めてくれて、私達は笑った。


砂浜の上にいる人たちが、何か不穏な動きをしている。
自分の足元を見てみると、あちこちに筒状に砂の地面に穴があいていた。誰かが掘り返した跡だ。
砂をかきわけてみると、硬貨が縦に一杯詰まっていた。5円、10円、100円硬貨。それぞれが穴に一列に縦に詰まっている。
皆口には出さないが、誰かに気取られないように取ろうとしている。
私も、隙間に指を突っ込んで手探りで出来るだけ手に入れた。少し後ろめたく、少し楽しかった。
そのうち知人が穴のありかを突き止めるために、薄暗い部屋でダウジングまで始めた。
畳やカーペットの下にも、硬貨は詰まっていた。

私は、パーカーの両側のポケット一杯に硬貨を入れた。
1000円にはなったかも!と男性に言った。それは安い金額ではなく、嬉しかった。
重くなったパーカーのポケットを押さえて、男性のあとについて小さな洞穴を出た。
空が青く、砂は柔らかくて、爽快だった。




応援よろしくお願いします。  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

夢記録 | comment(2) |


<<ひとつくらい | TOP | 猜疑の根>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんばんは。 

小学生の頃(5年生?),新宮から太地まで友人5人(?)と自転車で遠乗りしました。くじらの博物館前に着いて(入場はしません。)だべりながら休んでいました。
事件発生。
友達が小遣いの50円玉を道路脇の溝ぶたの穴に落としてしまいました。溝の中は乾燥していて,穴の真下に落ちている。見えとるんやけど手が入らない。お金はこれしか持ってきていない。これが無いとアイスが買えない。
ど~する?って諦めかけた時,別の友人が棒きれを拾ってきて,噛んでいたガムを付けて,その50円玉を穴から取り上げました。あの時の感動は未だに忘れられません。

2009/03/13 23:42 | df504 [ 編集 ]


>>df504さんへ 

df504さん こんばんは。
コメントありがとうございます。
そちらは、雪解けなんですね。今年の大阪では、3分間ほど大粒の雪が降った以外、雪を見ていません。雪独特の白を写真で拝見して、心癒されております。

幸運なことに、これまで何度かdf504さんの子供の頃の冒険譚に触れる機会を頂いています。はっとさせられるお話で、すべて心に残っています。ささやかできらりと輝く思い出を分けてくださって、いつもありがとうございます。

あらかじめ知っている答えを引っ張り出して正解を得る所謂勉強ができる能力と、溝に落ちてしまった50円玉を取り出す能力とは、雲泥の差、後者の創造性に私は強く惹かれます。読んでいると、数学者か物理学者のようだと感じました。
手が届きそうで届かない真理は、溝蓋に阻まれながらもそこにある硬貨に似ています。
手が届かないもどかしさは、遍く学者共通の試練に通じ、手に掴んだ瞬間の喜びは至上の美味に思います。
無邪気な衝動や小さな事件が創りだした物語は、お聞きしている私の心にも鮮やかに映ります。心の琴線に触れるお話です。
ありがとうございます。

2009/03/21 18:46 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。