--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/21 (Fri) 博打を打って何が悪い? ドキュメンタリーに出演した理由 - 報道特集NEXT「自分を傷つける女たち」 -

ある方へのコメント返信ですが、記事として転載致します。
もっと纏めてからのつもりでしたが、この考えは今後揺らぐことがないと確信しましたので、とりあえずアップします。
番組についての私の意見は、別記事にします。
番組は私にとって過ぎたことではなく、あくまでようやくのスタート地点です。ここから学んだことを次へ生かすべく、考え続けています。思考に沿って、記事に換えていきます。もういいじゃないかと思われる方は、読まずにスルーして下さい。番組が1つ放送されたからといって、当事者の苦しみが伝わるわけはありません。無理解の家庭で育った私は、甘い期待は一切持っていません。

私が一患者として出演させて頂きました番組 TBS報道特集NEXT「自分を傷つける女たち」(境界性人格障害)へのご意見、ご感想は、番組ホームページ、またはTBSテレビ局へ直接お寄せ下さい。世論が動くとき、それは一個人が行動したときのみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下、コメント返信を転載)

申し訳ありませんが、私は「ファン」は一切いりません。
行動し協力してくれる者のみ信頼します。
あなたがテレビに文句があれば、あなたの実名でテレビ局に訴えればよいことです。
私は、私の立場でメディアと関わっています。
「病気への理解を広げたい」と真剣に考えれば、視聴率重視のテレビに乗らなければ、ちまちまとブログを書いていたところで死ぬまでに到達できません。私は博打に出たのです。そこのところを、あなたは私という人間を侮っていらっしゃる。
身を切らせて骨をたつ、それすら失敗するかもしれない信用ならないメディアに、私は乗ったのです。同時に自助グループやサイドブログ、今新たな企画も立ち上げていますが、ごちゃごちゃと口先だけで私をご自身の理想像に仕立て上げてらっしゃる暇があるのならば、あなたが行動できることをなさってください。
それは、私のブログの更にはコメント欄という小さな場所でやっていたところで誰も相手にしないのです。少なくとも私は不愉快です。

N氏への信頼どうこうの前に、私がどういう目で人間を見て接しているか、あなたは実際私と会ったこともないのに「元の美鳥さんに戻ってください」とはどういう意味でしょう。私を実際に知る友人は、矛盾ない私のこれまでの軌跡を知っていますし、今の私の着地点は、いまだ記事にはしていない。敢えて全く書いていません。
言葉という狭義で誤解されやすいもので中途半端に発信されたものだけを全てと鵜呑みし、私のリアクションを待たずに次々と熱っぽく一人語りされていますが、一度頭を冷やして出直してきて下さい。

あなたは私をご存知ない。
私は相手が誰であろうと、生意気です。会えば分かるでしょう。
ちなみに、あなたが書かれたプロデューサーがどうのこうのですが、そのようなこと知っております。
しかしあなたは、あの撮影がどれだけの期間でどういう経緯で行われ、何がカットされ、私がどう意見しどう考えが変わってきたのか、何も知らない。知っているのは私のみです。

無理解に理解を訴えることは、馬鹿げた行為に近いです。私の家庭がそんな家庭ですから、私が過剰な期待や信頼をもってメディアに露出したなどと考えるのは愚の骨頂です。私は馬鹿ではない。そして、口だけの臆病者でもありません。

あなたが訴えたいことは、あなたが顔をさらして大衆の前で訴えればよい。私に対して意見するものではないことにお気づきでない。
私は、大衆に向けて今回の番組で訴えました。その際に覚悟したことは、あなたのような「メディアなんて信用ならない。テレビはクズだ」という安易なメディア批判のみに終始する方達が含まれていることを想定していました。
私も同じ考えでしたから、その感覚は重々分かりますが、納豆といえば納豆に飛びつき、バナナといえばバナナに飛びつく情報に無防備で無責任な大衆こそ私は病的に見えます。

信用するに足ろうが足るまいが、ブログを書いているだけでは伝わらないのです。こうしている間にも患者は死んでいく。真剣に理解を広げたいと考えたとき、一か八かでメディアに乗らない限りは、当事者の小さな声は埋もれて消えてしまう残酷さに、あなたは直面したことがあるでしょうか。私は常に絶望し続けています。

あなたが本当に当事者の意識を持ち、真剣に目的に向かい行動しようとしたとき、果たしてメディアなんてクソだ、という一言で片付くでしょうか。

私の覚悟とは、誰を信頼するでもなく、私が自分で判断したことの全ての責任を取る、という覚悟です。
N氏がどうだとか関係ありません。確かに彼とは交友がありますが、誰であろうと途中で見切れる程度の低い人間性の友人は、私は切り捨てます。実際、そうしてきました。今後もそうでしょう。彼は私の審査を1年通過し続けている。それだけのことです。もっともっと長く私のそばにいて、行動し支えてくれる友人もいる。行動しない口先だけの人間はいりません。よって「ファン」もいりません。
理想化するのみで私に何がしかの期待をし、自分は動かない、私は私、あなたはあなたであるのに、あなたはご自身がなさるべきことをすれば良いだけではないのですか?

N氏とは意見を交わしています。私を報道したいのであれば、どこのメディアでも構いません。その都度問われるのはメディアの体質ではなく、究極は私が何をやりたいか、どんな障害があってもそれらをうまくすり抜けてどう発信するか、自己責任のみです。

あなたが書かれた組織図のようなもの、今回の撮影とは質が異なります。TBSで放送されるからといってTBSが制作するわけではない。企画そのものからして、そうです。
「テレビメディアほど信用のならないモノは無い」と書きましたが、同時に「無理解、無関心な傍観者ほど信用のならないものは無い」と同義です。
メディアとは、発信する者と受ける者相互の作用で生み出される文化です。
受け手が愚痴ってばかりいては、メディアの質は下がる一方です。行動しなければ、報道も法律も政治も福祉も、何も動かないのです。主体的に関わらざるを得ない、絶望も失望も引き受けて行動してこそ、はじめて世論が動くのです。

私が顔をさらし、自分の最たる恥部、症状をすべて曝け出したのは、「普通の人たち」の鈍感を突き破って何がしか訴えが届けばとの信念、その一点のみです。
私が最も信じるのは、諦めない私自身と、こんな私を支え共に行動してくれる有志たちです。口先だけの批判、決め付けてそこで行動を止めてしまう人たちもいりません。N氏が、「もうこれでこの件は報道しない」と口にしたなら、私は彼を殴っていたでしょう。実際、私はやる女です。ボーダーであろうが、彼をターゲットに一時期理想化していようが、私の強みは命懸けで病気への理解を広げたい、その一点が決して揺らがない、何ものも優先するという本能です。私は、行動しない人間はいつでも切り捨てる。

行動すれば、あらゆる矛盾や失敗、挫折、無理解、誤解に衝突します。私が主催する自助グループなど、一回目で私は100点満点中10点を自己採点しました。私は完全ではない。それどころか不完全で、あらゆる人に迷惑をかけ、支えて頂いて発信できている。10点であろうが、始めたものは続けます。次は30点取れれば良いほうかもしれません。恥をかく前にやめたほうが楽です。
それでも、その場で発信し続けなければ何も変わらない。
無理解への覚悟の上に、報道も私も作品も何もかもが存在します。
責任を取るとは、行動することです。
行動するには、最も効果的な方法で、限られた自分の命、時間をいかに有効に使うかに知恵をこらすことです。
愚痴を言っている暇はありません。
メディアの功罪、歴史は私も多少学んでいます。知った上での覚悟と、知らない上での自暴自棄は違います。
私は全ての材料を揃え、覚悟して博打に出ました。
この私にこれ以上意見されるのは、筋違いです。
あなたが何かあの番組から感じたのであれば、テレビ局に伝えてください。対等に話ができる立場にあなたが立とうと努力してください。
腐れていようが何だろうが、ちっぽけな自分の声に耳を傾けてくれるプロは、殆どいません。それでも期待し失敗覚悟で行動しなければ、泣き言だけで終わります。


ボーダー当事者だけでなく、そのご家族がみればあのODやリスカのシーンは「うちだけじゃないんだ」という救いになったでしょう。病名すら知らなかった方は、誤解したかもしれません。医療従事者が見た場合、自分ならまだ対処法を知っていると思ったかもしれません。それも全て、テレビ局に寄せられてはじめて実際の声となり、次に報道されます。
あらゆる立場の人間が、テレビを見ています。感じること、考えることは様々です。
まだ記事にしていませんが、私は数日前、うちを偶然訪れた電力会社の方に病気をカムアウトし説明しましたが、ボーダーがどうのという以前の問題でした。精神科と聞いただけで、そこから説明を要するほどに世間というものは無知なのです。
メディアは、そういったまるで無知な大衆に向かって影響力が強い分、それはうまく利用すれば可能性に最も近い。放射状に発信できるのです。

ファンは、いりません。理想化も懲り懲りです。
私は、ただの一人の人間です。
同じく、1人の人間として、どんな立場にあろうが何病であろうが、何の仕事をしていようが、目的を同じくして行動する人間のみ私は信頼します。 共感を寄せてくださり、読み続けてくださる方に深く深く感謝します。
私に向かってではなく、私を越えて外側に発信してください。
私があなたの理想像を引き受ける義理はありません。
私の覚悟の深さを、あなたは実感できていません。浅はかな判断で身をゆだねるほど、私は甘い人生経験はしてきていません。裁判も経験し、法律の不完全さにも何度歯がゆい思いをしてきたか分かりません。
それでも諦めません。
矛盾も失望も誤解も引き受けます。
私も、矛盾や無力や誤認する、1人の人間だからです。
今後コメントされるのであれば、私への理想化をやめて下さい。私が感じたこと考えたことを否定し意見されるのであれば、それはもう私との対話ではありません。ご自身の価値観を私といういれものに注ぎ込みたいだけです。
私に身分を明かすのではなく、テレビ局に身分を明かし、意見して下さい。私に何がしか訴えても、私はあなたのかわりにはなれない。匿名に隠れて意見しても何も通じないことを、あなたはご存知です。でしたら、メディアに向けてこそ行動すべきです。
私は、そうしました。
今後も、変わりません。

2008/11/21 09:08 | 美鳥




心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
       
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

境界性人格障害 | comment(11) |


<<金曜に濁る私と清い世界(前編) ? 解離性障害? | TOP | 人魚は歩きたい ? 解離性障害・自傷・ドキュメンタリー出演 ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


同感です 

美鳥さん、こんにちは。
番組も観ていないし、そのことでのここでのやり取りも詳しく知りませんが、美鳥さんの考えに同感です。

『番組 TBS報道特集NEXT「自分を傷つける女たち」(境界性人格障害)へのご意見、ご感想は、番組ホームページ、またはTBSテレビ局へ直接お寄せ下さい』

これ↑は特に全くその通り。美鳥さんの病気に対する思い、行動するに至った考え、どれほどの思いが込められているか。。。同情やファンは要りませんね。必要なのは共に動く仲間、もしくはリーダーではないでしょうか。なんか解りもしないのに偉そうなこと言ってしまいました。すみませんです。

常に死の淵にいる緊迫感を心のどこかで感じながら生きている気持ちでいるので、つぃつぃ口出ししてしまいました。私も力になれない一人です。ですが、美鳥さんの生きる姿を見守っていたい気持ちは変わりません。変なコメントですみません。。。

2008/11/21 10:41 | エコペン [ 編集 ]


>>エコペンさん 

ありがとうございます。
今から出かけるところなので、取り急ぎ。

共感お寄せくださって、ありがとうございます。勇気付けられます。出てよかったと思えます。

実名を添えた感想を、ディレクターは必ず重みをもって拝見し受け止めます。
匿名か実名かは、表現、発言の場において非常に重要です。
コメント、本当にありがとうございます。

ひとまずカウンセリングに行って参ります!

2008/11/21 10:47 | 美鳥 [ 編集 ]


こんにちは 

読んでいて、全くその通り!と思いました。
テレビの感想などは、全部番組やテレビ局に
送ればいいことで、美鳥ちゃんのファンや
信望者などは、いらないのでは?と生意気にも
思っておりました。
そういうのは、違うと。
この記事を読んで、もやもやしていたものが
すっきりしました。
さすがです、美鳥ちゃん!

2008/11/21 14:33 | あおぞら [ 編集 ]


納得 

なんかもやっとしたものをすぱっと
書いてもらえてすっきりしました。
ネットのブログのコメント欄は小さい物です!
メモ帳のはしっこくらいな。


恥ずかしながら、自分は話したいことを
上手くまとめられないので会話が下手くそです。
あっちこっちに行ってしまいます。
ブログを読んで頂くとお判りになると思いますが・・・(恥

2008/11/22 00:23 | ミミ [ 編集 ]


>>刹那さん 

ボーダーで死ぬことはないというコメント、このコメントを私は許しません。
あなたは、私を本気で怒らせました。

こちらに来てくださっている親御さんの娘さんが、ボーダーで10月の頭に亡くなりました。是非番組も見ていただきたかったし、これから対処法を考え、私ができる協力はさせて頂きたいと話していた最中でした。
その親御さんも、このブログを見ています。
ボーダーの死が、稀であろうが稀でなかろうが、あなたが知ることだけが現実の全てではない。苦しいものは苦しく、死のうが死ぬまいが、苦しいことを私は認めます。自分自身の苦しみも、他者の苦しみも。それは勿論、あなたの苦しみも含んでいました。しかしそれをあなたは罵り切った。私が大切とする患者さんの親御さんを傷つけた。あなたは、どう責任をお取りになるのですか。
容易に書き込めるからといって、安易に発言される、その言葉が誰にどんなふうに届き、どう作用するのかよく考えてください。人間の心を、あなたこそ侮ってはいけません。


娘さんの死に同じくボーダーの私はショックを受け、親御さん方の悲しみはとてつもないもので、現在も闘ってらっしゃいます。
ボーダーの衝動で亡くなる方は、医療現場で確実に存在します。そんな悲惨が1つでもある限り、あなたの発言は決して許されるものではない。


あなたは私のブログに来た他の訪問者のコメントに、初登場にも関わらず「死ね!」などと暴言を吐きましたね。過去のコメントを全て並べて、あなたの人間性と発言は低レベルです。
常識的に考えて、このような発言をし、その後も反省して消去しないような方に私が「ファンです」と言われただけで単純に好意を持つと考えるほうがどうかしていると思われますが、いかがでしょうか。

理想化とこき下ろし、他者への傲慢さで満ち、感情で我を失ってらっしゃいますね。
コメントを書き込まれた最初から私は一度しか返信していません。その間のあなたのコメント数と勝手な割り込み、他の訪問者への暴言、私が取り組んでいることへ「不可能と断言します」など、内容問わず、好意として受け取られないのが常識です。
大変な依存体質とお見受けしました。


あなたの増長は目に余ります。
嫌う嫌わないであなたは私と交流していたつもりのようですが、私にとってはただの新規の一訪問者。嫌う嫌わないも、ただどんな方か人間性を見ていただけです。

あなたが書き残した私のブログ欄を汚しているコメント全てを責任をもって消去してください。1つ残らず。「死ね!」だの「イッちゃってるオヤジ」だの、あなたのブログならいざしらず、他人のブログのコメント欄で書いて、管理人にどれほどの不愉快と迷惑を味わわせるか想像してみては、いかがでしょう?

自己愛に酔い、そのために私のブログのコメント欄を利用しているのもあなた、私は今現在、今日この時点で今月に診断が下された解離性同一性障害と向き合って死にたい衝動と闘っています。私が持っている病気は、ボーダーだけではない。ここへきてくださる方々も、様々な背景を持っています。
そんな方達の姿を意識しようとせず、勝手なことを次々と書き連ねられ、迷惑のレベルは越えました。見苦しいにも程があります。
意見、主張があるならば、ご自身でブログを作っておやり下さい。苦労して作り、時間をかけ愛着を持ち、読者を持って発信している他人のブログのコメント欄でやっていいことではありません。

意見は承りますが、あなたのような相手の立場やペースを尊重しない礼儀知らずの意見は、はなから話半分以下に聞くことにしています。
ものを言うには、まずあなた自身が襟を正し、耳を傾けてもらえるだけの姿勢を備えるべきです。あなたのコメントを見て不愉快に感じている読者が複数存在します。ご存知ではないでしょうが、あなたは非常識なのです。

あなたの土下座など私は一切いりません。見たくもないし価値もない。どうでもいいです。ご自由に。


あなたが求めていたのは、「美鳥」という理想像。自分の意見を受け止めてもらいたくてももらえなかった人間はすぐに「あなたは意見されたら敵とみなすんですね」などと言うのです。必ず言うと思っていました。
幼稚な論理のすり替えです。
「美鳥さんのファンです」と言った直後に「敵とみなされた」と感じているのは、あなただけ。あなたは鏡に向かって自分に咆えているだけです。

私は、あなたのような理想化とこき下ろしを数時間の間に繰り出す人間をよく知っているのです。ですから、最初から深入りしておりません。見事に病的な人格を表出されたあなたの一人語りです。
冷静に判断なさるべきは、あなたです。
ご自分を好きになってくださいといわれても、私はとりあえずあなたのような人間性の低い方からは好かれたくないと思うのみです。私は、自分が好きなので、あなたのような方が嫌いなのです。当初からの私の姿勢は一貫している。それは自分に自信があるからです。あなたは、コロコロコロコロと変わられる。一貫性なく口数が多い。関わって愉快な人間でないことは確かです。


冷静になってから出直して下さい。
その前に、尻拭いは、きちんとされますように。
私のコメント欄に書いたビジターへの「死ね」などの暴言、失礼、全て責任をお取り下さい。
そんなご自身の後始末もできない幼稚なあなたでしたら、私が全て消去させて頂きます。
取るべき責任を取った後、お引取り下さい。


以上。


2008/11/22 16:14 | 美鳥 [ 編集 ]


新聞のTV欄を見て 

おっ、報道特集
これ見なきゃ と思って
一生懸命見てたら、美鳥(みとり)?!との
TVからの音声??

えっ・・嘘・・・
美鳥さん!?

おろおろと、パニックに陥り
美鳥さんの姿を見る事だけに意識が行ってしまい。
肝心の、内容を聞き落としました(泣

TV出演すごい勇気ですね。
感服いたします。

もう少し早くコメントしようと思ってたんですが
今頃になりました^^

あ、緊張感のあるコメントの並ぶ中
間の抜けたこと書いてました(笑

きんたろう

2008/11/22 16:23 | きんたろう 美鳥さんへ [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/22 16:25 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/22 18:00 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/22 19:40 | [ 編集 ]


はじめまして 

はじめてコメントさせていただきます。
ブログ村からやってきました。

ドキュメンタリーに出演されたこと
とても大変だったのでは…と私は思いました。
おつかれさまです。ご自愛下さい。
でも、この理解されにくい障害を
メディアに出して頂けた事に
深い感謝の気持ちを感じます。
ほんとうに、ありがとうございます。

私は文章を書く仕事をしていますが
美鳥さんほど美しく文字を連ねることができません。そして、論理的に述べることもできません。
更に、一眼レフを趣味にしていますが、
TOP画像の様な、プロフ画像の様な
緊張感ある写真が撮れたためしもない(--;
だからって、うちのめされるとか、あきらめるとかではなく「もっと頑張ろう!」そういう気にさせられました。

一境界性人格障害者として
あなたに大きな大きなありがとうを贈りたいです。
本当に、ありがとうございます。
これからも、きっとずっと応援します。

2008/11/25 15:02 | 海と空 [ 編集 ]


 

TVに出演なさったのですね。
>「病気への理解を広げたい」
>と真剣に考えれば、視聴率重視の
>テレビに乗らなければ、ちまちまと
>ブログを書いていたところで
>死ぬまでに到達できません。
>私は博打に出たのです。

この部分にとても共感しました。母はCS(化学物質過敏症)です。世間にはまるで認識がありません。世の中はシックハウスの方が通りがいいかもしれません。でも、かなり間違った認識しかありません。患者さんの何人かはメディアの取材を受けています。
多分、美鳥さんのこのお考えと同じ事を思案して。

2008/12/07 21:49 | ひかる [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。