--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/18 (Tue) 人魚は歩きたい ? 解離性障害・自傷・ドキュメンタリー出演 ?

20081118.jpg
最悪に体調が悪い。

記憶にない足の自傷が頻繁になっていて常態化してしまい、感覚が麻痺して、このブログに記録するのを忘れていた。

二日前だったと思うが、朝起きてみれば、両足が切れていた。
足は血だらけ、床畳も血だらけという、いつものパターンである。
2本カミソリが放り出してあったので、それを使ったのだろう。
起き上がって歩き始めて、ようやく足が痛いのに気づき、見てみれば切れている、の繰り返し。嫌になる。

左足が深手を負い歩くのも困難だったが、その日の夜は精神的におかしくて、じっとしていられずその足でウォーキングに出かけたり、翌日も部屋を飛び出してウォーキングに出かけ、そして今日も出かけたのだった。足が痛い。

突発性難聴が、予兆もなく突然襲ってくる。
片耳が聞えなくなったり、酷いと両耳が塞がるが、そうなると三半規管の影響か、平衡感覚を失うのでまっすぐ歩けなくなる。

今は、足の痛みと酷い頭痛と吐き気、眩暈。
書きたいこと、書かねばならないこと、私の病状と信念を最もよく知るディレクターN氏が徹夜明けなのに電話に付き合ってくれ、私はやっと自分がなすべきことを自分の力で明確に掴んだのに、体調が悪化して出来ずにいる。


有言実行は自分を追い詰めて一か八かモチベーションを引き上げるという私の常套手段で、前回の記事でお知らせした通りに準備を始めた。ろくに寝ていない。
寝ていないといえば、かなりの期間ろくに寝ていない。

数十分時間が飛んだ。
気がつくと目の前、今机の上に空の錠剤シートがある。
薬の数が合わない。よく分からない。酷い眠気だ。
何錠空なのか数えるのも面倒だ。
書きたいことがある。表現したいことがある。時間がない。
よく分からない状態になっている。


(昨夜、書きかけたままで解離し、アップできなかった日記)

私が出演させて頂きました境界性人格障害についてのドキュメンタリー
TBS報道特集NEXT 「自分を傷つける女たち」について、あらためて記事を準備中ですが、体調、精神状態がついて来ずブログでのアップが遅れています。
リアルタイムで思いつくまま、こちらのシステムで私の心境を書いています。撮影中の出来事など記事にしていないことも書いています。
上位表示されている発言が最新のものです。過去に遡って御覧下さい →Twitter
当ブログ右下に設置しているTwitterウィンドウからも遡って御覧頂けます。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
       
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

解離性同一性障害 | comment(6) |


<<博打を打って何が悪い? ドキュメンタリーに出演した理由 - 報道特集NEXT「自分を傷つける女たち」 - | TOP | サイドブログBaby Bitch I am.再開のご連絡 ? 境界性人格障害・写真・詩 ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/19 18:27 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/19 21:48 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/21 08:13 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/11/21 08:20 | [ 編集 ]


>>刹那さん 

申し訳ありませんが、私は「ファン」は一切いりません。
行動し協力してくれる者のみ信頼します。
あなたがテレビに文句があれば、あなたの実名でテレビ局に訴えればよいことです。
私は、私の立場でメディアと関わっています。
「病気への理解を広げたい」と真剣に考えれば、視聴率重視のテレビに乗らなければ、ちまちまとブログを書いていたところで死ぬまでに到達できません。私は博打に出たのです。そこのところを、あなたは私という人間を侮っていらっしゃる。
身を切らせて骨をたつ、それすら失敗するかもしれない信用ならないメディアに、私は乗ったのです。同時に自助グループやサイドブログ、今新たな企画も立ち上げていますが、ごちゃごちゃと口先だけで私をご自身の理想像に仕立て上げてらっしゃる暇があるのならば、あなたが行動できることをなさってください。
それは、私のブログの更にはコメント欄という小さな場所でやっていたところで誰も相手にしないのです。少なくとも私は不愉快です。

N氏への信頼どうこうの前に、私がどういう目で人間を見て接しているか、あなたは実際私と会ったこともないのに「元の美鳥さんに戻ってください」とはどういう意味でしょう。私を実際に知る友人は、矛盾ない私のこれまでの軌跡を知っていますし、今の私の着地点は、いまだ記事にはしていない。敢えて全く書いていません。
言葉という狭義で誤解されやすいもので中途半端に発信されたものだけを全てと鵜呑みし、私のリアクションを待たずに次々と熱っぽく一人語りされていますが、一度頭を冷やして出直してきて下さい。

あなたは私をご存知ない。
私は相手が誰であろうと、生意気です。会えば分かるでしょう。
ちなみに、あなたが書かれたプロデューサーがどうのこうのですが、そのようなこと知っております。
しかしあなたは、あの撮影がどれだけの期間でどういう経緯で行われ、何がカットされ、私がどう意見しどう考えが変わってきたのか、何も知らない。知っているのは私のみです。

無理解に理解を訴えることは、馬鹿げた行為に近いです。私の家庭がそんな家庭ですから、私が過剰な期待や信頼をもってメディアに露出したなどと考えるのは愚の骨頂です。私は馬鹿ではない。そして、口だけの臆病者でもありません。

あなたが訴えたいことは、あなたが顔をさらして大衆の前で訴えればよい。私に対して意見するものではないことにお気づきでない。
私は、大衆に向けて今回の番組で訴えました。その際に覚悟したことは、あなたのような「メディアなんて信用ならない。テレビはクズだ」という安易なメディア批判のみに終始する方達が含まれていることを想定していました。
私も同じ考えでしたから、その感覚は重々分かりますが、納豆といえば納豆に飛びつき、バナナといえばバナナに飛びつく情報に無防備で無責任な大衆こそ私は病的に見えます。

信用するに足ろうが足るまいが、ブログを書いているだけでは伝わらないのです。こうしている間にも患者は死んでいく。真剣に理解を広げたいと考えたとき、一か八かでメディアに乗らない限りは、当事者の小さな声は埋もれて消えてしまう残酷さに、あなたは直面したことがあるでしょうか。私は常に絶望し続けています。

あなたが本当に当事者の意識を持ち、真剣に目的に向かい行動しようとしたとき、果たしてメディアなんてクソだ、という一言で片付くでしょうか。

私の覚悟とは、誰を信頼するでもなく、私が自分で判断したことの全ての責任を取る、という覚悟です。
N氏がどうだとか関係ありません。確かに彼とは交友がありますが、誰であろうと途中で見切れる程度の低い人間性の友人は、私は切り捨てます。実際、そうしてきました。今後もそうでしょう。彼は私の審査を1年通過し続けている。それだけのことです。もっともっと長く私のそばにいて、行動し支えてくれる友人もいる。行動しない口先だけの人間はいりません。よって「ファン」もいりません。
理想化するのみで私に何がしかの期待をし、自分は動かない、私は私、あなたはあなたであるのに、あなたはご自身がなさるべきことをすれば良いだけではないのですか?

N氏とは意見を交わしています。私を報道したいのであれば、どこのメディアでも構いません。その都度問われるのはメディアの体質ではなく、究極は私が何をやりたいか、どんな障害があってもそれらをうまくすり抜けてどう発信するか、自己責任のみです。

あなたが書かれた組織図のようなもの、今回の撮影とは質が異なります。TBSで放送されるからといってTBSが制作するわけではない。企画そのものからして、そうです。
「テレビメディアほど信用のならないモノは無い」と書きましたが、同時に「無理解、無関心な傍観者ほど信用のならないものは無い」と同義です。
メディアとは、発信する者と受ける者相互の作用で生み出される文化です。
受け手が愚痴ってばかりいては、メディアの質は下がる一方です。行動しなければ、報道も法律も政治も福祉も、何も動かないのです。主体的に関わらざるを得ない、絶望も失望も引き受けて行動してこそ、はじめて世論が動くのです。

私が顔をさらし、自分の最たる恥部、症状をすべて曝け出したのは、「普通の人たち」の鈍感を突き破って何がしか訴えが届けばとの信念、その一点のみです。
私が最も信じるのは、諦めない私自身と、こんな私を支え共に行動してくれる有志たちです。口先だけの批判、決め付けてそこで行動を止めてしまう人たちもいりません。N氏が、「もうこれでこの件は報道しない」と口にしたなら、私は彼を殴っていたでしょう。実際、私はやる女です。ボーダーであろうが、彼をターゲットに一時期理想化していようが、私の強みは命懸けで病気への理解を広げたい、その一点が決して揺らがない、何ものも優先するという本能です。私は、行動しない人間はいつでも切り捨てる。

行動すれば、あらゆる矛盾や失敗、挫折、無理解、誤解に衝突します。私が主催する自助グループなど、一回目で私は100点満点中10点を自己採点しました。私は完全ではない。それどころか不完全で、あらゆる人に迷惑をかけ、支えて頂いて発信できている。10点であろうが、始めたものは続けます。次は30点取れれば良いほうかもしれません。恥をかく前にやめたほうが楽です。
それでも、その場で発信し続けなければ何も変わらない。
無理解への覚悟の上に、報道も私も作品も何もかもが存在します。
責任を取るとは、行動することです。
行動するには、最も効果的な方法で、限られた自分の命、時間をいかに有効に使うかに知恵をこらすことです。
愚痴を言っている暇はありません。
メディアの功罪、歴史は私も多少学んでいます。知った上での覚悟と、知らない上での自暴自棄は違います。
私は全ての材料を揃え、覚悟して博打に出ました。
この私にこれ以上意見されるのは、筋違いです。
あなたが何かあの番組から感じたのであれば、テレビ局に伝えてください。対等に話ができる立場にあなたが立とうと努力してください。
腐れていようが何だろうが、ちっぽけな自分の声に耳を傾けてくれるプロは、殆どいません。それでも期待し失敗覚悟で行動しなければ、泣き言だけで終わります。


ボーダー当事者だけでなく、そのご家族がみればあのODやリスカのシーンは「うちだけじゃないんだ」という救いになったでしょう。病名すら知らなかった方は、誤解したかもしれません。医療従事者が見た場合、自分ならまだ対処法を知っていると思ったかもしれません。それも全て、テレビ局に寄せられてはじめて実際の声となり、次に報道されます。
あらゆる立場の人間が、テレビを見ています。感じること、考えることは様々です。
まだ記事にしていませんが、私は数日前、うちを偶然訪れた電力会社の方に病気をカムアウトし説明しましたが、ボーダーがどうのという以前の問題でした。精神科と聞いただけで、そこから説明を要するほどに世間というものは無知なのです。
メディアは、そういったまるで無知な大衆に向かって影響力が強い分、それはうまく利用すれば可能性に最も近い。放射状に発信できるのです。

ファンは、いりません。理想化も懲り懲りです。
私は、ただの一人の人間です。
同じく、1人の人間として、どんな立場にあろうが何病であろうが、何の仕事をしていようが、目的を同じくして行動する人間のみ私は信頼します。
私に向かってではなく、私を越えて外側に発信してください。
私があなたの理想像を引き受ける義理はありません。
私の覚悟の深さを、あなたは実感できていません。浅はかな判断で身をゆだねるほど、私は甘い人生経験はしてきていません。裁判も経験し、法律の不完全さにも何度歯がゆい思いをしてきたか分かりません。
それでも諦めません。
矛盾も失望も誤解も引き受けます。
私も、矛盾や無力や誤認する、1人の人間だからです。
今後コメントされるのであれば、私への理想化をやめて下さい。私が感じたこと考えたことを否定し意見されるのであれば、それはもう私との対話ではありません。ご自身の価値観を私といういれものに注ぎ込みたいだけです。
私に身分を明かすのではなく、テレビ局に身分を明かし、意見して下さい。私に何がしか訴えても、私はあなたのかわりにはなれない。匿名に隠れて意見しても何も通じないことを、あなたはご存知です。でしたら、メディアに向けてこそ行動すべきです。
私は、そうしました。
今後も、変わりません。

2008/11/21 09:08 | 美鳥 [ 編集 ]


>>刹那さん 

>僕はあなたが動けと言うなら動く覚悟でした。
会えというなら会う覚悟もありました。

あなたの意志が見当たりません。私は意志を表明しただけです。あなたに向けて書いたということは、あなたのリアクションを待つという意味です。

>でも力にはなれない様ですね。

それは、あなたが行動しないということですか。私は諦めないと書いています。だからあなたにも返信しています。力になるとは何を指しているのでしょう。テレビなどに期待するなと私を説得するのですか? なぜ私がメディア露出を思い至ったかは、記事に書きました。よく御覧になって下さい。

>付け加えて訂正するならば、あなたを理想化などしていません。申し訳ありませんでした。怒らせる気は本当にありませんでした。去れというなら去ります。二度と来ません。申し訳ありませんでした。

分かりました。去れとは一度も書いていません。あなたは番組を見て、私の行動に何か突き動かされるものを感じて頂けたのなら、行動するのですか?しないのですか?と問いかけただけです。
覚悟して臨んだ私の身を案じてのことと理解していますが、あれだけの映像を撮れたのは、撮影者への信頼がなければ私は表現できなかったということだけはご理解下さい。あなたが受け取り感じ入ってくださった私の映像は、あなたが唾棄するメディアが受けて流したのです。
表現することは難しく、理解することも難しく、相互のバランスを取ることは更に難しいことです。
最も大切なことは、諦めず行動をやめないことです。
私とここで関わるのをやめるとあなたがご判断されるのでしたら、それがあなたの意志であり行動です。
去るも来るも自由です。それがブログです。
私は無理解な大衆に向けた怒りを原動力に表現し続けていますが、私を支えてくれる友人には何よりも敬意と感謝を表します。

2008/11/21 09:43 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。