--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/11/06 (Thu) カウンセリングオーダー<男性> -解離性障害・境界性パーソナリティ障害・性被害-

20081106.jpg

引き続き調子が悪いが、昨日よりは幾分ましだ。
昨日から途端、日常生活の殆どが不可能になった。部屋は荒れていく一方だ。そして、次々と買い込んで来る食料と本の山。まさに、山と呼ぶに相応しい。

食料は冷蔵庫から溢れているが、哀しいことに魚と野菜と果物ばかりだ。調子が悪化してもダイエットは続けたいらしい。魚であろうと野菜であろうと過食すれば関係ないだろうと思うが、なけなしの意識だけは守っている。
今より貧乏な時期を経験してきたので、安価で買うのもまた習慣づいている。半額セールのときを狙って行く、全てのスーパーの単価を頭に叩き込み比較して買いに行く等、そこらへんは徹底している。

本代が痛い。さほど読めもしないくせに、今週買った本は既に20冊を越える。普段これも買わずにいたから平均すれば仕方のない出費かもしれないが、古書店に通っては何か買ってくる。今日もまた買ってきた。過食と同じく、本も適量をオーバーしている。


昨日は、きちんと医師の指示通りのみ続けているにも関わらず、パキシルの断薬症状が出た。頓服を倍飲んだ甲斐もあってか、今朝は治っていた。
それがまた夕方に再発した。
私は、薬は必要最小限にしか飲まない主義だ。頓服といえど、最小限にとどめたい。
しかし、つい昨日そうも言っていられない状況に自分はいるのかもしれない、と思ったので、迷わず薬を飲んだ。
いつもの量ではやはり中途半端にしか効かず、外で具合が悪くなって参った。

こんなときでも私は、ウォーキングに出かける。半月は続けている。
昨日の今日は、控えるべきだと思ったが、部屋でじっとしていられない焦燥のような、しかし躍動とも呼べるような強烈な衝動が襲ってくるのだ。苦痛でたまらず、何度も部屋を飛び出した。

こうなったきっかけを考えるでもなく考えるが、思い当たることは数多で特定できない。カウンセラーのような専門家なら「その全て」と答えるのだろう。そうかもしれない。解離性障害のせいで、私にはまるで分からない。
昼間にうとうとしたら、最悪な夢を見た。
私は、このブログに書いたことはないが、複数の性的トラウマを抱えている。その一つは、死ぬまで誰にも言わず墓場まで持っていこうと思っている。その他は、話せる相手が殆どいないため、いまだ2人しかしらない。そのうちの1人は既に無関係な人間だ。
その性的トラウマを思い出さずにはいられない夢だった。けれど私は、曖昧に考えまいとして一日を過ごした。
性的被害の残酷さとは、常に自分の身体、存在が罪そのものに取り込まれることだと私は思う。
どれだけ被害者の顔をしたところで、その場に居合わせ何がしかの性的空気、接触を経験すると、抗おうが抗うまいが、その事柄の当事者になってしまう。主体性を持って、事柄に向き合わざるを得なくなる。


明日は、新しいカウンセラーと初めての面談だ。
紹介してもらったカウンセラーのオフィスのパンフレットを病院で貰った。場所を把握しておこうと思い住所を見てみたら、とあるマンションの1室がカウンセリングルームだと知った。
「女性のカウンセラーではなく、男性のカウンセラーを」と強く希望したのは私だが、今ひたすらに恐ろしくなっている。そこへ出向いたからと行って、何か怖いものが待ち受けているでもない。なのに私は恐ろしくてたまらない。逃げ出したい。頭の中で朝から何度も、カウンセリングルームのドアを叩くシュミレーションを繰り返している。
大丈夫だ、私は出来るはずだ、と自分に言い聞かせている。それでも怖い。
病院の医師に電話して、カウンセラーはどんな人なんですか、信頼できるんですか、大丈夫なんですか、と問いただしたくなっている。全てを抑えて、明日を待つ。

8年目の付き合いになる今までのカウンセラーは女性。そのカウンセラーとうまくいかないのは、彼女が女性だからだと思っている。過去、女性とのトラブルが多すぎて母親をはじめとして、私の中の女性像が歪んでいるからだと思う。

今回は、男性のカウンセラー。そうなると途端に、私は別の意味で相手を恐れている。
病院で診察と称して性的被害を受けたことがあるせいなのか、それとも見た瞬間に条件反射に依存心をかきたてられて理想化し激しい恋愛感情を持っては失望するといういつものパターンを想定して今から疲労を感じているのか、とにかく碌なことが待っていそうにない気がして怖い。

今回のカウンセラーは、解離性障害を診れる医者らしい。催眠療法も扱っている。私が最も恐れている治療が、催眠療法だ。私からもう何も記憶など引きずり出さないでくれと、引きずり出されるものに何があるのか知らないくせに、恐怖感だけ強く強く抱いている。

それから、私に労わりの言葉をかけないでくれ、とも考え、私に優しくしようとするのではないか、とまだ会ったこともないカウンセラーに警戒心を持っている。
暴れて部屋中のものを壊しそうな気がしている。昨日、衝動に襲われて襲われて、抑えきれずにしかし抑えた衝動だ。それをやると確実に行動が停止する注射を打たれてしまいなので、やらなかった。全てを自分の身一つに納めなければならないことは、ボーダーの私にとって辛い。回復期ならではの葛藤だ。

明日が怖い。
カウンセラーが好意的なのも怖いし、冷たいのも怖い。
そもそも男性であることが怖い。
そんなときに境界例の症状があらわれると、私は相手を試すか罵るか行儀の良さを気取るか、性的に挑発するか、自傷や自暴自棄な発言、さらには過呼吸にパニック発作、何でもかんでも噴出してくる。
治療に出向くことそのものがプロとはいえ相手に迷惑をかけること必至という構図になっている。
その後で自己嫌悪、自己憎悪も漏れなくついてくる。
それでも治さねばならない。
今のままだと私は、何かの拍子にうっかり死んでしまう。
まともな死に方は出来そうにないというのが、昨日私が心の内で確信したことの一つだ。



関連記事(境界性パーソナリティ障害・解離性障害・カウンセリングルームでの記録)
◇誰が引き金を引く ? 解離性障害・境界性パーソナリティ障害・フラッシュバック ?
◇心配という名の制御 - 機能不全家族・AC -
◇人間不信の申し子 -機能不全家族-
◇這いずる獣
◇あやとやらは何やってんだよ
◇鏡のない世界で
◇孤独の小箱
◇9枚の葉っぱ
・・・・・・・
◇セックスできない
◇セックスできない2


心の病気への理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

治療日記 | comment(2) |


<<TBS報道特集NEXT 「自分を傷つける女たち」境界性人格障害 | TOP | 誰が引き金を引く ? 解離性障害・境界性パーソナリティ障害・フラッシュバック ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


お邪魔します 

まほさんのblog経由で来ました
本人にしか解らない事が多々在るとは思いますが
無理をせずに頑張って下さいね

健常者(と言うのかな私は)として
応援しか出来ないですが・・・・

今晩の番組が見れないのは残念です
仕事である事とTBS系列が入らない所なので

2008/11/08 09:54 | 郁 [ 編集 ]


>>郁さん 

郁さん はじめまして。
まほさんのブログから来てくださったのですね。ありがとうございました。
お返事が大変遅れました。読んでくださるといいのですが。申し訳ありません。

まほさんは、志ある方、また筋の通った強さと強い共感をお持ちの方で、とても信頼しているブロガーさんです。
今回の番組放送の知らせを受け、告知をお願いしました。まほさんのブログで知り見てくださる方は真剣に何か感じ取っていただけるような気がしたのです。

コメントくださって、ありがとうございました。
TBS系列が入らないところもあるのですね。このブログという世界が、日本全国あらゆる場所と繋がっていることを実感しました。

今後も理解を広げられればとブログを続け、色々な活動を展開していきたいと思っています。
普段交流のない方と、短いながらもこうして言葉を交わせることが、本当にありがたいです。
書き込んでくださって、ありがとうございました。
また是非遊びにいらしてください。お待ちしています。

2008/11/19 12:22 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。