--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/14 (Tue) 一日と一瞬 

お祭りに行ってきた。
小学校からの友達Jと、Jの子供達二人が一緒。
行く前にネットで調べ、「非常時の炊き出し体験」があることを知った。是非とも食べてみたい、と空の下で食事するのが大好きな私は炊き出しと、フリーマーケットに狙いを定めて出発した。

体調は前日は最悪だった。しかし、幸か不幸か5分単位で変わる感情と体調のため、昨日が駄目でも今日は絶好調ということがよくある。
幸運にも予定の日は、私の体調も精神状態も楽しむ準備は万端だった。

Jは、ADHD。私もADHD傾向が強いが、行動パターンや失敗パターンが酷似している。
例えばその日、集合予定時間があったのだが、私は久しぶりの外出で準備に手こずって1時間遅れ。メールしてみたら、彼女たちも予定どおりにはいかず、功を奏して同時刻に集合した。
fes2008101301.jpg

想像以上に、人、人、人の波。
お祭りという雰囲気に包まれていて、前日までは雨だったのに晴天。子供たちも大人たちも、皆生き生きとしている。

フリマも、人、人、人。
出店者と話したり、商品について聞いてみたり、笑顔の合間にキラリと値段交渉のやり取りをしたり、知らない人との交流が、フリマでは楽しい。
中でも「ジャンケンに勝ったら100円引きます!」の手作り看板を出している女性たちの店があった。そこで、その日一二を争う欲しい服を見つけた。
普通の店で服の100円引きは大したことではないが、フリマでの100円は大きい。私の欲しい服は交渉の末1300円から1000円になったが、あと一押ししたかった。
Jの息子Aくんを連れて行き、私のかわりに店主とのジャンケンに挑んでもらった。
3回勝負の末、見事勝った。

勝ったー!!と満面の笑みを浮かべて私や周囲から勝利を祝う拍手と歓声を浴びて笑っている少年を見ると、楽しくて仕方なかった。頭をぐしゃぐしゃにして「ようやった!」と褒めちぎって、一緒に笑いあった。

靴を二足買った。新品で2足で500円。可愛いしサイズがぴったり。買わずには、いられない。澱んでいない赤いオープトゥのパンプスが可愛くて一目ぼれした。欲しかった黒の指輪も購入。お金がなくとも、フリマで目さえ肥えれば、服や靴には困らない。


子供達二人と大人二人、計4人でたこ焼きを食べた。
大阪っ子は、外に出ると必ず「たこ焼きが食べたい」と言い張る。粉とソースの味は、DNAに刻まれているのだろうか。

fes2008101304.jpg
偶然居合わせた女の子。顔が似ていて思わずシャッターを切った。


下の子Hくんが、多動型ADHDだ。
動く動く。とにかく動く。世界中のあらゆるものに興味を示しては次に興味を示す。
何が好きで何が嫌いかはっきりしていて、けれど気分次第のようなところもあり、自己主張が強くて、わずか3歳とは思えないくらい自己表現力が発達している。
大概の事件の発端は、このHくんなのだが、笑いを提供してくれるのもHくん。
大人もそこらの子供も絶対できないような発想で動き回り、遊び、彼の視点で世界を眺めてみると、刺激的で面白い。

昼少し前から祭りに行って、昼食を食べ、あちこち巡り、およそ7時間ほど一緒にいたが、どれだけ笑ったか知れない。
各々の主張がはっきりしているので、往来ひとつ歩くでも珍道中だ。何が起こるか分からない。たまに子供達と遊べる私は、やんちゃで生き生きしていていいなぁと思えるが、母親である友人Jの普段の苦労はどれほどだろうとも考えた。


せっかくの外出、お祭りだが、どこであろうと子供達はそれぞれやりたいことをする。
やってはいけないことをやれば、祭りであろうが遊びであろうが、親として叱らなければならない。
兄弟喧嘩が勃発すれば、買い物どころではなく仲裁に入らねばならないし、公平を期していないとどちらかが不満を訴える。大変だ。

聖人君子でもない限り、四六時中菩薩みたいな穏やかな顔ばかりではいられないのが人間。
ハプニングが起こり、子供を叱れば子供は一時泣いて訴えたり、沈んだりする。
同じようにママである前に一人の人間であるJも、心乱れたり沈んだりする。
遊びに行っても躾は躾。
親子関係も、人間同士。とても難しいのだと肌身で感じた。


私の目に映る二人の子供達は発達障害を抱えながらも、表情が生き生きとしていて特別人見知りでもなく、いつも聞いて欲しい楽しい話題を持っていて、いざとなると兄弟愛は強く、とてもとてもいい子たちだ。
それは、Jの力、意地、今だ子供達の障害について勉強し続け、努力し続けている友人の愛情の賜物だと思っている。

それでも、Jは悩み続けている。
子供達への愛情と、躾がこれで良いのだろうかと悩み続けている。
子供を育てる責任を知っているから悩めるのだと思う。
悩まない親は、問題があっても、まず問題意識すら持たないものだ。

fes2008101303.jpg

上の子が行きたがっていた、二足歩行ロボットのトーナメント。
ロボットは貸し出しで、プレイステーションのコントローラーで参加者の子供達が闘う。
滅多にロボットなんて見ない私は、高性能に驚いた。子供達の操縦が見事で、何度も技が繰り出される。プロレスを見ているようで、観衆は手に汗握って見つめていた。
格ゲー大好きだった私は、懐かしい気持ちになった。
fes2008101302.jpg
準優勝した子の表情。真剣かつどこか余裕を感じさせる。


祭りは15時で終わり。
ついでにJが、近くのリサイクルショップを案内してくれた。
またも服を買った。
考えてみれば私は東京から戻ってきてからの2ヶ月、まともにメイクして出かけたこともなければ、遊びや買い物目的で外出したことがなかった気がする。
衣替えをしようとしたが、どれも飽きていたり傷んでいる気がしたりして、楽しくなかった。
久しぶりに洋服や靴を買うと、どこに着ていこうか、どうやって合わせようかと考えるだけで楽しくなる。


駅までは、上の子と二人で向かった。
その道中、色んなことを話した。私が小学校2年生の彼にとって「ママの友達」ではなく、私個人になっていく過程が楽しかった。軽度の発達障害を持つ彼は、道を覚えるのが得意だ。方向音痴の私にとって、これ以上頼もしい同伴者はない。


家に一度戻ったJが、自転車の後ろで眠くて船をこいでいるHくんを乗せて駅に戻ってきた。
お土産を袋の底が抜けそうなくらいたくさん持たせてくれた。
使わないからと、巻き髪用のコテも色々。
親のように心配してくれる友達に、心の中で頭を下げた。
帰り際、「またね」と手を振る私に、どんな表情で見送っていいのか分からず、そっぽを向いて寂しそうにしている子供の表情が印象的だった。

電車と自転車を乗り継いでの帰りは、満足感と肉体的疲労でぐったりした。心がずっと高揚していた。疲労のせいか、パキシルの断薬症状に似た症状に襲われて、半分解離したまま、山ほどのお土産を手に、家路に着いた。


Jは、DVと闘っていて、子供達二人を抱えて生きていく覚悟を固めようとしている。
これからこそが、本当に大変で険しい道なのかもしれない。
そのときに、私が彼女を色んな意味で支えられる人になっていたいと強く思う。


fes2008101305.jpg

この日、印象的な出来事があった。
昼間、祭りの広場で、Jがふと空を見上げて「風船が飛んでる」と言った。
彼女の指先を追って私は空を見上げ、子供達も一斉に空を見上げた。
雲ひとつない青い空を、真っ白な風船が飛んでいく。
てんでばらばらな私たち一行が、一瞬会話を忘れて見惚れた。
雲ひとつない青い空を飛んでいく風船の白さは、喧騒の中にいた私を、瞬間的に敬虔な気持ちにした。


色んなことがあった一日。色んなものを記憶し、手に入れた。
Jや子供達と数え切れない位笑ったこと。泣いた顔、叱る声、さまざまな私たちの感情。
手に入れたお気に入りの赤いパンプス。
偶然見た、青い空と真っ白な風船。

本当は、もっともっとあって数え切れない。
今日になれば忘れてしまったことも、全部大事だった。
楽しいとか、充実しているとか、きっとこういうことを指すのだ。



関連記事
◇The Rifle On The Crossroad



心の病気への理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

日々日記 | comment(6) |


<<私は私を喋れない  - 解離性障害・人間不信・摂食障害 - | TOP | ファンタジック ? 解離性障害・パニック障害・突発性難聴・失語 ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/15 20:10 | [ 編集 ]


 

こんにちは。
いつもなのですが、
美鳥ちゃんの記事を拝見すると、
言葉がうわーっとあふれ、
すぐにコメントしたくなります。
でも、それはしてはいけないことだと
自分を抑えています。
ごめん、訳わからんね。

同じ経験をしている人がここにいる。
それを目にしたときにやっと息が出来る。
そんな感想を持ちました。

2008/10/16 16:32 | 土鍋ごはん [ 編集 ]


何色の風船でしたか? 

偶然です。

私の見たのはピンクの風船でした。

2008/10/16 21:38 | df504 [ 編集 ]


>>鍵コメSちゃん 

Sちゃん こんにちは~。
そちらに書きに行こうって思うのに、そちらに遊びに行くと話したいこと満載過ぎて黙って帰ってきてしまう。なぜだ!!?

赤いパンプス可愛いっす。ヒールが低いのが難なのだけど、赤いというだけで許すw
靴フェチゆえ、これをどう撮ろうかとそればっかり考えて、まだはいてないです。

値切るのは、とっても簡単。段階を踏めば大丈夫☆
世間話するのが第一歩。そこで大体どれくらい値切れる相手かわかってきますw
コツがあるとするなら、はなから値切る気で行くことと思いますです。私は常に心に「値切り」を抱いて生きております。


女子って、嫉妬といういやな習性を生涯忘れぬ生き物と思うのだけど、嫉妬しあい続けていける関係というのは私はとても素晴らしいと思います。中には、自分より下の友達を見て心潤す人間もいるけど、そういうやつはグーで殴って終わりですね。

トマトは、無事に収穫できました。
励ましありがとう!
Sちゃんのはげましって、名前書いてなくても分かったww
わんさかなって、若干キモい?と思ったけど、綺麗っちゃ綺麗で、しかし私はこんな子を生んだ覚えはない・・・!というようなセリフも浮かびました。あんなにわんさか成ったのは、Sちゃんはじめ励ましてくださった皆さんのお陰です。
初心者にしては凄い!とドリームファームの人たちからも褒められまして鼻高々でしたw

バターをさっそく食べてます。1個130円だったのね。でも広告にも載ってなくて、何か因果なバターなようにも感じるけれど、構わずうまうまと食べてます。
やっぱり10個買えばよかったよ・・・!

パンダちゃんの誕生日、おめでとう!!
なんつー可愛さだ・・・あの口がたまらん・・・口大きい男女に弱いのだけど、パンダの口まで大きいのに弱いとは、Sちゃんのブログで見るまで露とも知らず。
そちらにコメントできたらよいのだけど。
私、気負いすぎてるのかもしれませんな。

コメント、ありがとう!

2008/10/23 11:51 | 美鳥 [ 編集 ]


>>土鍋ごはんさん 

土鍋ごはんさん こんにちは。

うわーっと溢れてもらえること、とても光栄です。記事は書いてアップした後は、読者さまそれぞれのもの。何か感じて頂けたり、何か大切なことを思い出してもらえると、これ以上の幸せはないと思います。

自分を抑えています、という理由、私は分かる気がします。私も、うわーっと溢れる誰かの記事にこそ、敢えてコメントするのを控えます。距離感が分からなくなってるんじゃないかと、一度引いて見てみる、という作業を忘れたくないからかも。

Jが、とっても会いたがってます。
あ!そういえばこのとき撮った動画があるので、あとで送るね~!

2008/10/23 11:55 | 美鳥 [ 編集 ]


>>df504さん 

df504さん こんにちは。

ピンクだったんですね。
ピンクは風水上、恋愛を表しますのでラブ運上昇中☆なはずですよw

こちらは白だったのですが、何を表しているのか、腹黒いお前もちょっとは白くなれ、ということなのでしょうか。

アドバイス頂けて、本当嬉しかったです!なめるように拝見しました。あれからかれこれどれだけ考えていることか・・・!
結論として私は、「白という色彩を疎かにしていた」ということでした。白飛びしても構わない、真っ白なクリームは美味しそうでしょうというあなたのお返事に、ああ!そうだ!と納得しました。

実は、真剣にカメラに取り組み始めて私が最初にぶつかったのは「白飛び」でして、白飛びを恐れるあまりに、アンダーめにアンダーめに行ってました。黒つぶれより白飛びが怖い、になってました。
その失敗例が、実はこの記事の写真だったりするのですが・・・。この日、マクロレンズしか持ってなかったし・・・。

ひとまず白飛びを恐れない姿勢で今後取り組んで参ります。
具体的にアドバイスいただきたい!と厚かましくも常々思っているのですが、何が分からないか分からないという勉強ができない子にありがちな状態です(笑)どうぞ今後ともよろしくお願い致します。
精進します!!

2008/10/23 12:03 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。