--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/20 (Sat) 壁の国 ? 解離性障害 ?

朝から鬱が酷かった。
そんな日は3日に1度はあるので、気にしないことにした。気にしないことにしたところで、苦しいことに変わりはないのだが。

何も手に付かず、コメント返信だけは出来た。
あとは、眠ることも出来なかった。
今朝方に見た夢が忘れられなかった。これもまた気にしないことにしていたのだが、頭にこびりついて離れてくれなかったらしい。

過呼吸とパニック発作を起こして、それでもボーダーの症状にだけは勝ちたくてメールを絶った。そうしたら、ものすごい孤独感に襲われた。
寝逃げするしかないと思ってベッドに仰向けに倒れこんでいたら、夢のことを思い出し、胃が腐れ落ちていくようで、たまらず吐いた。

Hは、今朝からまた野球の試合に出て行った。惨敗だったそうな。メールを明るく返したが、一度が限界だった。メールを返してこない私にHも何か感じたのか、以来メールが途絶えた。

自分で誓ったとおり、私は一人で戦っちゃいるが、こんな日は正直言って一人はきつい。
でも、ここに誰かいたとしたら、私は躊躇わずリストカットするかもしれない。私を一人にしないでと泣き喚き、今目の前にいる誰かではなく、過去に向かって延々憎しみと怒りと悲しみを吐き捨て続けるだろう。

数日前にボーダーでぶっ倒れたときに、その後なのだか知らないが足の裏を真一文字にカミソリで切ってあった。すごい血が出ていて、掃除が大変だった。歩かない限り足の痛みはさほどでもないが、傷跡から見る思い切りの良さには薄気味悪さを感じる。床に放り出してあったカミソリには、血液が大量についていて、パリパリに乾燥していた。その勢いで誰に刃を向けるか分からず、切腹の真似事癖もあることだし、止めに入った人間が怪我をする可能性が高い。実際、N氏は私を止めようとして手を切りかけた。

攻撃性たるや物凄いもので、二日前もボーダーと解離でHに迷惑をかけた。普段の私とは全く違うらしく、初めて解離した私に接したHは「ダークサイド」と人格に名づけた。後で聞いた。
気がついたら、私はHと話していた。Hは「美鳥が戻ってきた」と言って喜んでいた。声や話し方やトーンが変わるから、戻ってきたのがすぐに分かるのだという。変化と同時に、起こしかけていた過呼吸も起こさずに済んだらしく、良いのか悪いのかまるで分からなかった。

なぜHと話しているのかも分からず、彼に状況を一から説明してもらった。
対応してくれたHに感謝したが、私は尚更一人で生きるべきだと思った。何をやらかすか分からない。迷惑をかけたくない。私自身のために、自分に許せない。散々同じ失敗を繰り返し、自分に失望し、他者に失望し、自分も誰も傷つけてきたから。



記憶に、ぱっきりとした壁があって、これがゼラチン板のように、柔らかくなったり、乾いて固くなったりする。今、向こう側とこちら側がある線ではっきりと隔てられていて、婚約者とのことを日に何度か思い出す。割とクリアに思い浮かべることができる。その向こう側は分からない。「あや」と「スーちゃん」の境に頑強な壁が出来ていて、向こう側、あやの記憶や感情が流れて来ない。だから、何とか一人で生活を送ることができている。

最近、婚約していた男のことを思い出す。もはや、顔も名前も何もかも曖昧だ。船橋に住んでいた時期があった。私が住んでいたのか、何だか分からない。名前は「スーちゃん」だった。スーちゃんは、婚約者と千葉に住んでいた。そのことを考えると、また私は自分が誰だか分からない。

少し前にN氏と電話で話していて、私の過去のことを時系列に彼が纏めようとした結果、全てはほんの数年以内に起こったことらしいことが分かった。
そうなんですか?と驚いた。私にとっては、遠い遠いこと、壁で隔てられた足を踏み入れたことのない異国の歴史のように感じる。特に「あや」について。


今日一日の良いこと探しなんて反吐が出るが、「私」があやの男の夢を見て、「私」があの男と夢の中で対峙していたことが、まだましだった。
たまに、あやが見ている夢が、私の中に流れ込んでくることがあって、無理矢理に見せられた夢は朝から胸が悪くなる。
私が見た夢であれば、私の領域をちゃんと確保できている実感が持てる。
仕組みは今だよく分からないが、壁は、ちゃんと維持されているのだ。


カウンセラーから手紙が来た。もう2ヶ月も行ってないらしい。電話で一度話しませんかと書いてあった。どうしていいのか分からない。
別にかかっている医者から別のカウンセラーを紹介しましょうかという話が先週出た。病院にも行かなければならないが、予約をいつ取ったかが分からない。調べる気力がない。
催眠療法の話も出ている。受けたいような気もするし、何もかもを取り出して投げ出して散らかして私が生き埋めになりはしないだろうか。この話は流れそうだ。

あやを庇護するべきなのか分からない。私が庇う必要があるのか。
私は、あの男は死んでもいいと思っている。生きている限り、姿を現す可能性が高い。何があっても何度ふられても、身を立て直してあやにプロポーズに来るらしいから。
こちらの言も都合も完全無視して、身勝手で自己満足な誓いを立てる人間など、不愉快だ。
私の夢に出てきたのは、なぜだろう。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

解離性同一性障害 | comment(7) |


<<人様に頼りっきり オンライントマト栽培 | TOP | なくした言葉が舞い戻る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


辛かったね 

過去の記憶が経験が、美鳥ちゃんを縛りつけてるんだろうか。美鳥ちゃん、人間はお互い傷つけあうし、依存しあうし、迷惑かけあうものだよ。今までの経験が、美鳥ちゃんを鎖でがんじがらめにして、放さないんだよね。どうにかして、解き放ち、過去に生きるのではなく、今現在に生きて欲しいと私は思う。
もちつもたれつで、いいんじゃないかな。ダメかな。

2008/09/21 00:06 | あおぞら [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/21 20:21 | [ 編集 ]


>>あおぞらさん 

あおちん こんばんは。
BPDの原因は諸説言われているけれど、私はどう考えても人格を形成するのは過去の経験、形成された人格が病んでいると、行動も病むと思う。行動する前には思考があって、この思考回路がもう止めようがないんだな。
一番最近で、自分で「うわぁ・・・」と思ったのが、N氏に突然土下座して「蹴って!早く蹴るか殴るかしてください!」と泣き叫んだこと。
反射的な行動で、そのときは本気。そのときの感情も今だにはっきり覚えてる。ただ、そんな行動になったのは何故だろうと後で考えて、ようやく過去と行動パターンが結びつくといった感じです。

過去が私を縛り付けてるといえば、そうなのか。感情と理性でがんじがらめになって、でもがんじがらめの状態が、ボーダー回復に繋がる通らなくちゃならない道のような気がする。

人間は、傷つけ合うよね。
色んな実験のことを思い出す。PTSDは実は人間だけじゃなくて、蜂も発症すること。

もちつもたれつが難しい。度合いが分からなくて、もってもいいけどもたれたくないとか、もたれると怖いとか、常に恐怖と嫌悪が付きまとう。
こんな傾向は今年に入ってからのような気がする。少しずつ変わってきてはいるんだけど、人との接触が増えれば増えるほど、近づけば近づくほど壊れていく自分がいる。
そんな壊れっぷりを記事にしなきゃと思いながら躊躇ってる。でも、ボーダーの事実は伝えたい。

もちつもたれつへの道なのか、今通るこの道は間違ってないと思いつつ、そばで見守ってくれてる人には息苦しいんじゃないか、私が張り詰めすぎてるんじゃないかとも思う。よく言われることです。
難しい・・・・ボーダー被害に一度でも遭うと冗談じゃないと思うんだよね。それはもう酷いから。
難しい・・・・。

2008/09/21 20:34 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメJMさん 

鍵コメさん はじめまして。
コメント下さって、ありがとうございます。拝見して、光栄に思いました。また、たくさんあるブログの中で私のブログに目を留めてくださって、ありがとうございます。

一ヶ月くらい前ということで、まだまだ大変な時期とお察しします。以前は殆ど知られていなかったのですが、ボーダーは日本で特に女性に多く見られる人格障害となりました。

この病気は大変難しい側面を持っています。めちゃくちゃ難しいと感じます。本人の苦しみ同様、周囲がまず理解できず苦しまれることと思います。ご家族でしたら、尚のことお辛い戦いでしょう。

私は、回復期にあるとはいっても10年近くボーダーとは付き合っています。最近になって、ようやく周囲に理解者が現れてくれて、病気の症状と本来の人格を分けてみてくれる人が現れてきました。そのことがまず、大きな助けとなっています。
最初は行動化(リストカットやOD、激しい罵りや攻撃、自殺企図等)に対応するだけで大変だと思いますが、当事者の私から感じていることは、どうか行動に振り回されないで下さいという気持ちです。
見捨てられ不安が、最大の敵です。けれど、近すぎてもサポートできず、遠すぎてもまたサポートできません。

カテゴリー<Baby Bitch I am 境界性人格障害>に出来るだけ私の症状を具体的に書いています。今はお休みしていますが、サイドブログの方では、境界性人格障害者の感覚で綴る詩と写真の世界を創っています。
病気への理解を、当事者である私が訴えていきたいとの思いです。
コメント下さって、本当に有難く感じています。
当事者や家族のための支え合いの会も主宰しています。もしご興味お持ちであれば、何か私でお役に立てることがあればと思います。
その他、ボーダーについて活動しています。差し支えなければ、鍵コメなどでご連絡先メールアドレスなど教えてくださいましたら幸いです。

病気から逃れられないのは当人も同じ、そして真剣に悩み理解しようとされるあなたのようなご家族も、逃れられないと思います。しかし悩めること、問題意識を持ってもらえるだけで、娘さんの苦悩は目に見えない形で必ず軽減されていくと信じています。家族の協力がない状態に私はいますが、それはとても苦しいことです。

実は、暢気な記事を書いている数日間、私は数十分毎にボーダーの症状に振り回されています。
理解者がいます。そういった方との関係性や、私の症状への具体的対応など、当事者の方にとって実用的な私の体験を今後書いていきます。特に、ボーダーに振り回されずボーダーをサポートできる人間というのは、ある特徴があることに気づきました。そんなことも書いていきたいです。

励ましてくださって、ありがとうございます。
がんばれという言葉に胸打たれるのは、久しぶりです。
JMさん、頑張ってください。諦めないで下さい。
私もがんばります。
ぜひ、またお気軽にコメント下さい。お待ちしています。

2008/09/21 20:56 | 美鳥 [ 編集 ]


記憶にない行動 

こんにちは。ヤフーブログは変なコメントが入るのでログインしている方のみと言う設定にしてあります。本当はしたくないのですが、エロイコメントを見るのは気が進まないのでゴメンなさいね。ご迷惑をお掛けします(^^;)。
私の友人(遠い県に住んでます)もウツと言うか、なんて言うか、昨年1年行方不明でして、「自殺未遂をしたらしく救急車で運ばれて入院していた」と言うメールで消息を知りました。
昨年4月に東京で待ち合わせして2~3日一緒に過ごしたのですが、帰ってから急激な何かに襲われたらしく本人曰く「自殺未遂をして道ばたに倒れていたらしい」そうです。入院中「大うつ病」と診断されたそうですが、私はそれだけではないよねと思ってます。
なので美鳥さんのお話しはあるあると思って読ませて頂いてます。私もCTOSD特有の夢を見てきました。最近はかなり改善されましたが、夢を見るには意味があると思ってます。
自分をコントロール出来ない事自体、ストレスだろうな~と思います。お察しします。過去を過去にするのには向き合うことだと言われていますが、友人の場合、その事で症状が悪化してしまうようです。私の場合は、毒(親)を切ってから快復作業を始めたのでまだしも良かったんですが、心を囚われたままでは苦しいのだと友人を見て学んでいます(友人のことは書庫「交友復活」に綴っています)。

2008/09/22 15:29 | エコペン [ 編集 ]


ごめんなさい 

間違えてます。CPTSDです。すみません。。。

2008/09/22 15:31 | エコペン [ 編集 ]


>>エコペンさん 

エコペンさん こんにちは。
遊びに来てくださって、ありがとうございます☆

変なコメントはFC2も入ります。お察しいたします。目を離すとうちも入ってきてるので、ちまちまと消してます。

ご友人の話、他人事でなく、お辛いだろうと感じました。
私の場合、自分は何者なのか?という疑問を、常に抱えています。自分の本名は私が生まれて以来ずっと私の名前のはずなのですが、自分の名前だと実感したことが一度もありません。
自分が誰なのか?という答えは、記憶の蓄積を指すと思います。記憶や人格に底がない状態の私は、いくら記憶を入れても入れても底から抜けていってしまい何も残らない。そんな虚無感を、よく感じます。

ど素人ですからお友達の症状は分かりませんが、
>本人曰く「自殺未遂をして道ばたに倒れていたらしい」そうです。

という、他人ごとのような口ぶりが、自分自身と重なります。人から「倒れてたよ」と聞かされ「倒れてたらしい」となります。自分のことなのに分からない。薄ら寒い、ぼんやりとした恐怖です。

夢は、すごい効能を持っていますね。カウンセリングを始めて今で8年目に入りますが、最初はずっと夢分析を受けていました。当初、夢の記録をカテゴリーに設けていたのですが、時間がなくてなかなか纏められず、一度下げてしまいました。
数年かけて夢が発展していき、同時に私の問題も少しずつ解決されていき、夢が先なのか私の心が先なのか、羅針盤のような夢を見てきました。
エコペンさんも同じような体験をされてきたのでしょうか。
夢は、すごいですね~本当に。


自分を自分でコントロールできないのは、何というか、失望感や諦観が大きいです。専門家からはコントロールしようとしないほうが、解離は減ると聞きました。確かに意識することはストレスに結びついて過敏になります。最近は、いっそ諦めようと思っています。命に別状がない限りは良いかな、という程度で。

過去と向き合うのは、解離性障害を持った人間にとっては難しいようです。自分で痛感しています。
向き合おうとすると、防衛機能として解離してしまうことの連続で、カウンセリングで前週辛いことを思い出して話した気がするけれども、翌週の私は違う私で、会話の積み重ねが困難です。

思うようになかなかいかない難しい条件が、人生いろいろあるなぁと感じます。
ご紹介くださった記事、体調が良いときに拝見させて頂きます。
コメント、ありがとうございました。

CPTSD 了解ですw

2008/09/23 14:15 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。