--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/19 (Fri) なくした言葉が舞い戻る

鬼のようにコメント返信をいたしました。
楽しかったです。
大変長らく不調で、ご迷惑、ご心配おかけしました。
反動で、普段から喋りなんですが、コメント欄でこれでもかと喋り倒しています。コメント下さった方々、ありがとうございました。探すの大変、もしくはもうどこに書いたか忘れてるよとお怒りかもしれませんが、どうぞご寛恕下さい。

普段の私は、ボーダーの症状いわゆる見捨てられ不安に苛まれる時期が数日単位で存在し、平常心で過ごせる日がその数倍という状態です。その他の、えらい動悸とか、強迫性障害とか、パニック障害、過呼吸、過食の日があったり、昨日は足をまたズバッと10センチ位切られていたわけですけど、そういう解離とかPTSDとか、諸々は継続されている状態です。いちいち書いていてはきりがないという病名数なので、かかりっぱなしなのでした。何が苦痛で、何が日常なのかも、正直よく分かりません。分かろうが分かるまいが、日常なのでしょう。


希死念慮は、薬のお陰で殆ど湧いてこなくなりました。今で、月に1,2度で済んでいます。勿論死なずに済んでいます。薬が効いているのだと思います。

ただ、ここ数日の私は、数十分単位で精神状態が大きく揺れて、もう大海の大荒らしに揉まれる笹船といった様相を呈しています。これはこれで、何かきつい。

でも、この笹船状態にも、悪くない面があるのです。
日単位で落ち込んでいると何も出来ず寝逃げして何日経ったか分からないということも多々あるものの、一日の間で何度も落ちたり上がったりをするので、ちょうど平常心という隙間が生じるのでした。
この隙間利用により、コメント返信が可能になり、ブロ友さん宅へ遊びに行ったり、ハンコを彫ったり、あまつさえ切って焼く程度の料理は出来たり、今日の昼などは、足切られてまたも人魚姫気分でしたが、その足で歩いて買い物に行けました。

ガスが停められそうになって三か月分まとめて支払ったり、NTTから法的手段を取りますよ払いなさいという脅迫状督促状が来たりとか、そういういつものまだお(まるでだめなおんな)パターン、ヘコむようなこともあったんですが、概ね症状の隙間利用により、なんとか生活をこなしています。


日々考えることは尽きず、感じることも尽きません。書きたいことも幸いなことに尽きたことなく、関わっていきたい人、手を携えて行きたい人が少しずつ増えていく日々です。

現実の世界で何が私に出来るのか。そのことを、最近よく考えます。
東京で第一回目を立ち上げた<神経症・人格障害者相互QOL支援コミュニティ>を、機能性高い持続力のある磐石のコミュニティに作り上げるには、どうすればいいのか、具体的に考え続けています。
参加者全員の持っているその人らしさが自然発揮でき、それぞれの病気を抱えながらも互いに実際の生活の質に自然と目が向き、苦と楽の両方でバランスよく繋がり続けられるコミュニティを目指しています。願わくば、当事者の周囲の家族や極近しい恋人にも理解を訴えていけるような会。訴えられるだけの発信力がある会。想像するのは簡単ですが、行動しやり遂げられなければ、こればっかりは机上の空論で終わってしまいます。

想像するだけで行動しない人生は、もううんざりです。今まで、苦しいと思っても苦しいと表現すら出来なかったし、怪我をしても手当てすらろくにしませんでした。自分をいたわるという発想が一切ありませんでした。好きでもない人のために必死で共感し行動し、自分の人生は横に捨てたまま、好きか嫌いかも分からない人のためにだけ生きていました。私の人生は、始まっていなかった、死んでいた、生まれていなかったのだと思います。



少なくとも私のブログにリンクさせていただいている方達は、殆どがそれぞれの病と闘病されています。病気は、私が理解できるものもあり、私が持たない病気は勿論、残念ながら想像の粋を出ません。しかし全員、誇るべき戦友です。半分以上は、実際にお会いして良い友人付き合いをさせて頂いています。リンク以外にも、実際に会ってくださり、色んなお話をしたり笑ったり泣いたり、共感したり、理解が及ばない自分に気づかされたり、何より実際に生きているのだと、その存在そのもので励まされてきました。


ブログと現実を、私は一切分けていません。現実だと思って書いています。
ブログを始めたときから、ネットはネットに過ぎないと考えてきました。このパソコンのモニターの向こう側へ行かない限りは、私の言葉、行動、信念も、誰かの言葉、行動、主張も、どれも最終的な説得力を欠いてしまうと感じてきました。
プライバシーの問題から個人情報を具体的に公表できない分、せめてありのまま書いてきました。
会ったときに「ブログと違う」と言われたら、それは私が嘘をついているのだろうと思い、誰とも会ったことがない頃から「ありのまま。ありのまま」と自分に言い聞かせてきました。

実際に私に会ってくれたブロ友たちが、どんな印象を抱いたのか本当のところは分かりませんが、大抵会うなり普通に話し始めて、何だか違和感全くないね、と笑いあうのが恒例になっています。


今、私は数十分か1時間か、もしくは2時間か、苦しみと苦しみの丁度間にいて、平常心で書いています。楽しい作業です。読んでくださる方がいらっしゃると思うと、それだけで嬉しいです。
コメント返信を久しぶりに書いていて、本当に楽しいなと感じました。人間が好きだと思いました。

勿論、相容れない人もたまにいます。私は病気とリラックスすることと寝ることと薬を飲むことと、せめて掃除をすること、友達と話すこと、勉強すること、本を読むこと、何より文章を書いて写真を撮ることなどに忙しいので、正直どうでもいいレベルです。
今までの私は全ての非難を受け入れようと必死でした。今までとは、多分数年前、ブログを書き始める前の私です。随分と時間を無駄にしてきました。何より精神力を無駄にしていました。無意識に、非生産的なことに自身を注ぎ込み、注ぎ込み続けなければ身の内の絶望に内側から食い破られそうでした。必死でした。

ブログを書き始めたとき、私は一体誰に向けて何を発信すればよいのか、一体こんなブログを誰が読んでくれるのだろうかと疑問でした。
しかし、私はものを書くときは常に「ドSでいよう」と心に決めています。
誰かに伝えたいことがあるのなら、おどおどと誰かの顔色をうかがったり非難を恐れたり、何を書いて何を書いたらまずいだろうとか、強いものに巻かれようか、弱きに擦り寄ろうかなど考えていては、書く価値はないと思ってきました。

時間が足りないこと、体力が足りないこと、病気であること、外出できないこと、お金がないことが、何より足枷になっています。でもこんな足枷は、健常者も全て持っていると思います。私が働けていた頃は、毎日が働くためだけに存在していて、重い体を引きずって帰ってきては流れ作業でシャワーを浴び、翌日のお弁当を作り、ちょっとメールチェックしたら、もう寝なければ朝起きられない時間です。そしてまた翌日職場に出かけ、たまの休みは、せっかくの休みだからと必死で動き回っていました。もしくは、死に体で部屋に引きこもっていました。


私が死んでもやりたくないことは、「病気に感謝する」というありがちな感謝です。これだけは、私の病気の原因や理由、今も同じような状況で戦ってらっしゃる方達の苦しみを思うと、多少アッパーな気分になったとしても、病気よありがとうなんて口走りたくありません。


けれど、こうしてブログを書き、共感してくださる方と言葉を交わせたり、実際にお会いできたり、電話で話したり、そして私が知らないところでただ読み続けてくださる方がいらっしゃったり、感謝せずにはいられません。


克服した病気の中で「失語症」、この病気は今だ思い出しても辛く、誰に話すときも、ブログに書くときも泣かずに話すことが今だできません。
そのときに失った言葉を、今こうしてここに書き、誰かに読んでもらえることが奇跡だと思います。


徒然と書きました。
思いつくままに書きたくなりました。
コメント欄では、いつも書いて読み返しもしない、出来るだけ喋っている状態のままにしたいので思いつくまま書くという方法をとっています。
そんな感じで今日は、記事を書いてみてもいいじゃないか、と思ったのでした。
モニターの向こう側のあなたへ。
末文までお付き合いくださって、ありがとうございます。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(4) |


<<壁の国 ? 解離性障害 ? | TOP | 形から入ります。冬に使えるアルパカはんこ - 消しゴムハンコ ->>

comment











管理人のみ閲覧OK


違和感なく 

美鳥ちゃんとお話したりして、
東京に来た時に会った時、本当に違和感なく
自然と喋れたよ^^ 不思議だった。
人見知りの私だが、すんなりと話せたよ。
MUQOLのコミュ、どう運営していくか
本当に難しいね。これからの活動をどうしていくか。会報を書くとか・・?会員の協力も必要だよね。難しいけど、たくさん考えることいっぱいで
脳みそ爆発しちゃうかもだけど、
美鳥ちゃんのペースでね。自分をまず保つことから
それからだよ。無理し過ぎないでね。

2008/09/19 23:41 | あおぞら [ 編集 ]


お返事ありがとう 

ずっと以前に書いたつもりのコメントにお返事が入ってました。大変だったでしょ?ありがとうございます。

子どもに嫌悪感、子どもらしい子どもに憎悪、私もそう思う変な子どもでした。最初の子どもを産むまで不安でした。あぁその前に、この人の子どもなら殺してしまわずに育てられそうと思う人と結婚しました(^^)。。

親の価値観と合わないために、悔しい思いを重ねてきたので、そんな親になるまいと自分を偽ることをせず、ありのままでいます。化けの皮は子どもはお見通しですものね。

今は、たまたまそんな人間が親だったと言うだけで、信頼できる赤の他人がこの世に存在する安心を学んでいます。子ども(と言っても一番上は二十歳で一番下は十歳)は育て直しに貢献してくれます。今も子供心に戻ったりしながらやってます。

美鳥さんの言葉には懐かしい思いや響きがあり、心に響いてきます。またお邪魔しますね。いつも勝手に拝見しております(^^;)

2008/09/20 15:33 | エコペン [ 編集 ]


>>あおぞらさん 

あおちん おはようござります。

違和感なかったね~。私、会うなり不調だった気が・・・けどすぐに普通で違和感なくて、一緒にお泊りしたのがすごい・・・!!
完全ストレスフリーで楽しかった~!ありがとう。不思議だったねぇ。本当に。

コミュニティ運営に頭を悩ませつつ、焦ってはいかんと言い聞かせてます。ありがとう。実地で学びたいというのもあって、他の団体にお邪魔して勉強させてもらおうかとか、メディア関係はもっぱらN氏にアドバイス貰ってます。

今年あと少しで、私のまず目先一番の目標は、自分の身を安定させること。あおちんが言うとおりだと思う。
計画立てても狂うのが宿命のメンタル患者。
気ばかり先走らないよう、心して進みます。
応援してくれて、いつもありがとうね。
また遊ぼうね~!

2008/09/21 10:20 | 美鳥 [ 編集 ]


>>エコペンさん 

エコペンさん おはようございます。
読んでくださって、良かった~!
実は、あまりに時間が経っていたので、お詫びとお知らせがてらにうかがったのですが、ヤフーブログにはコメントができず、ウロウロウロウロして泣く泣く帰ってきました・・・・orz
どう連絡取ろうかと思っていたのですが、コメント下さって安心しました。ありがとうございます☆
コメント返信は、人と接する機会なので自分が無理をしなければならないときは、一切していません。勝手ながら、そんな感じでやっておりますので、お気遣いくださってありがとうございます。大丈夫ですよ~。嬉しいです。

あちらにかけないのでこちらで。
ちびちゃん(10歳なんですね!)のお誕生日♪♪おめでとうございます♪♪

>子どもに嫌悪感、子どもらしい子どもに憎悪、私もそう思う変な子どもでした。最初の子どもを産むまで不安でした。

分かる気がします。私は子供は大好きで友達の子供なんて本当に愛をひしひしと感じるんですが、妊娠出産恐怖があります。恐怖じゃなくて、嫌悪かなぁ。気持ち悪いと思ってしまうんですね。出産関係の面白い漫画とかも見ると気分が悪くなり吐いてしまいます。

>あぁその前に、この人の子どもなら殺してしまわずに育てられそうと思う人と結婚しました(^^)。。

そうなんですね~!何かしら縛りを自分の中に感じているので、結婚相手を選び損なうであろうというようなネガティブな固定観念にとらわれています。虐待の連鎖やAC定番の男運の悪さなんかを意識しすぎてるのかもしれません。
一方で、痛い目にあって随分見る目肥えてきたわぁ私、と思うこともあって(笑)目指すは本当エコペンさんがおっしゃる「この人の子供なら」という相手を見つけることなんですね。つーか可能なんですねぇ。

>化けの皮は子どもはお見通しですものね。

そうですね。「化けの皮」という表現に、はっとしました。

赤の他人でも信頼できる人を見つけるという作業は、回復の大きな助けになってくれるんですよね。日々精進しているつもりですが、PTSDやら人間不信やらで本当に往生しております。それでも前より少しずつ見つかって、維持していくことが出来るようになってきました。めちゃくちゃ発展途上な私です・・。

読んでくださって、ありがとうございます。
私は今日エコペンさんの記事の「幸福になる権利と義務」を拝見して、心打たれました。「幸福になる義務」という言葉が、こんなに力強く響くものかと驚きました。「幸福になる権利があるんだよ」は、私も聞き飽きております(笑)権利があったってどうしようもねぇんだよ!とキレたくなります(←ボーダー臭いです) けれど幸福になる義務があると思うと、確かにエコペンさんが書かれてらっしゃるように、積極的な気持ちになる、運命に対して受身ではなくなる気持ちが自然湧いてきます。

あちらにコメントできないもので、ちょっと言いたくて溢れてたものですから、こちらで(笑)
遊びに来てくださって、ありがとうございます。

2008/09/21 10:38 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。