--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/09 (Tue) クッションか毛布みたいな ? 境界性パーソナリティ障害 ?

大事にしてくれるかもしれない人を、どうしていつも自分から壊してしまうんだろう。
試して試して、悪人に仕立て上げて、ほらねあなたはそういう人でしょう、ずるくて汚くてエゴにまみれてて愛なんて言っても口先だけで、愛情なんてありはしないでしょう。
そんな結論以外、信じたくないのは何故だろう。


ボーダーが見せる最悪のシナリオと同時に、期待や冷静が胸をよぎる。私は相手を見ている。ちゃんと見えている。と同時に、次の瞬間何も見えなくなる。

私の弱さ脆さを知っている人間は、不都合だ。私の傍にいるべきじゃない。
私は次に失敗したら、もう死んでしまう。
恋も愛も致命傷になる。誰も信じないで頼らないで生きていける力があるのなら、恋愛せずに一人で生きていける自分でいよう。
私の弱音は、私だけが知っていればいい。絶望も同じく。


恋愛とかなしの関係ね、と笑って言ったら、「いいよ」と答えが返ってきた。
本当にそう思っている人間の声の調子じゃなかった。
口先だけ、ドライを約束するやつ。
私と関わろうとする人間。
知っても受け止めようとする人間。
受け止めなきゃならない義理もない。大して続きもしないくせに。


都合が良いだけの関係なんて、私は大嫌いだし興味ないからじゃあばいばいね。
彼は、何でそうなるんだよ、と笑った。
私は自分が大事だから粗末にしないよ、と言ったら、「そうか」と言った。
じゃあねもう次はないからばいばい、と言ったら「またね」と静かに返ってきた。

頭悪いんじゃないのこいつ。
腹が立った。


ボーダーの行動原理から外れた反応をする人間を前にすると、言葉にできない怒りが湧いてくる。
決して、私と一緒に堕ちようとしないから。
中には、堕ちないで私に手を差し出そうとする人がいる。
その手を掴んだと同時に、どうせ一緒に堕ちるんじゃないの?
私は、相手をまるで信用していない。
なぜなら、自分のパーフェクトに絶望的な仕組みを自分が一番よく知っているから。

私は、どれだけ理性でコントロールしようとしても、フラッシュバックを引き起こす単語が数十ある。この全てを踏まずに良好な関係を築き続けるのは、感情を持った生身の人間には不可能だ。
だから私は、私と深く関わろうとする人を前にすると尻込みする。
相手が無計画で無防備で衝動的に偽善的な気がして、信用できない。


都合の良い友達を目指すなら、私の体調なんて社交辞令でだって気にするもんじゃないでしょう。放っておいて、それがお互いのために良いと言ったら、「そうか。じゃあそうするよ」と穏やかに返ってきた。

腹が立つ。
それから、無闇に悲しくなった。
悲しくなったら、こいつの思うつぼだと思うと、悲しさはおくびにも出したくない。
声を殺して泣いたけど、ずっと静かに穏やかに私の次の言葉を待つのは優しさか、とそれも腹が立った。
数日間、心臓に痛みが続いている。鼓動が速くて、じっと寝ているだけでも時に咳き込む。
息を殺して泣くのは、パニック障害のときの呼吸困難に似ていて怖い。心臓が早鐘のように打って、泣きながら咳き込むという失態を犯した。


美鳥が何を抱えてるのか分からないけれど、それを全部一人で抱え込むとパンクするよ、人間不信にならない?と訊いてきた。

とっくにパンクしてるし人間不信だよ。病気二桁くらいあるよ精神科とカウンセリングに7年通ってるよ、でも10年以上よくならないよ、それでも自分で生きなきゃいけないから誰のことも頼らないよ。関わると間違いなく損するよ。

露悪的に言ってやったけど、その言い方自体が既にボーダー特有の症状だったから、もう一言も口をききたくなくなった。
私は人から失望されたくないが、それ以上に、もう自分にこれ以上失望したくない。


深夜の2時半まで話すことになった電話で、私は完全に沈没してしまった。
客観視している自分を更に客観視するというループにはまりこんで、何一つ言葉を発することもできなければ、空元気の演技も空々しく、相手は私の感情の動きに敏く、とりあえず誠実だからどうしようもなかった。ボーダーの行動化にも巻き込まれないので、私に打つ手はない。
自己嫌悪と心臓の痛みで吐き気がしながら、無理矢理眠剤で自分を寝かしつけた。


昨日、友達のJがお昼に誘ってくれた。時間も決めた。そのとき、私は元気だった。
眠ったら気分も変わっているかもしれないと期待したけど、今朝起きても変わらないどころか、ろくに眠れず、朝からパニック発作と解離に苦しんだ。
家を出なければならない時間になっても私はベッドの上で屍のように動けず、Jに今日は無理だとメールした。事情を知ってくれているJは、快くまたね、ちょっとでも眠れるといいね、とメールしてくれた。

頓服をのめるだけのんでベッドに入っていた。
時折うとうとと眠れたかと思うと、色んな色んな夢を見た。やっぱりろくに眠れなかった。
夜の7時までベッドから出られずにいた。
病気とは別に、現実的な問題を今10は抱えている。あらゆるジャンルに及んでいる。
新しい対人関係が幾つも。
血液検査の結果と、新たに出てきた心臓の不調も問題だ。
そして仕事の問題と、役所関係と、勉強しなければならないことが山積。
それら全てを反映する夢を見る。
夢の中で起こったことが、あまりに現実的だから、起きてから思わず確認する。夢だったのか、現実なのか。

自分のことが、まるで分からなくなっている気がする。
それとも、人との距離感を常に考える新しい私だから、何もかもの先が見えないんだろうか。

「またね」と言ったとおり、何事もなかったかのようにメールが来た。
よっぽどの馬鹿か、何かよからぬ目的があるか、親切馬鹿か、共依存好きのどれかだ、きっと。
こいつ頭悪いんじゃないの、深入りしない程度に付き合えばいいのだ、と自分に言い聞かせてから、メールを返した。
一度でも私が崩れたなら、依存するのなら、依存されるのなら、いつでもすぐに切る。
そういうやついらないから、と言ったときも、そういえば穏やかに「いいよ」と返ってきたんだった。
馬鹿ならそこで騒ぎ立てたり申し開きしたりするものだ。
よく分からない。


心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

境界性人格障害 | comment(4) |


<<心配という名の制御 - 機能不全家族・AC - | TOP | セラピスト・文鳥>>

comment











管理人のみ閲覧OK


変かもしれないけど 

要点が分からない話は苦手な癖に、人と共有している空間で起こる曖昧さは甘んじて受け入れてるんだ。

相手の思ってることを想像することもあるけど、ちゃんと確認できるまでは、言葉は実に曖昧だね。
発せられた言葉が意味を持っているとは限らないし、自分が思ってる意味を持っているとも限らないと言う点で、確信が持てるまでは、言葉を額面通り受け取る必要はないのかな、などと思ったりする。

しかも、言葉がコミュニケーションの手段としては、かなりの比重を占めるくせに、肝心な本音を引き出すのは容易じゃない。もどかしくて、イライラする、やっかいなシロモンだよね、ホント。何気に、HUGとか目の表情とかの方が何だか感情が強く映し出されてるような気がするんだ。まるで、言葉の方が補足のようにね。。。

2008/09/12 16:33 | 依里 [ 編集 ]


 

はじめまして。
まだ全部読ませてもらってないのですが
少し心が動いてしまいコメントさせてもらいます。
「いいよ」って言葉は私は好き…
何か裏があるのかなと感じるもう一人の自分
でもこの言葉を聞くと酔いしれる瞬間。
「いいよ」って言葉を何をしても言われると
腹が立ってとことん相手を困らせてやろうと思う自分。。
どちらも私。。

2008/09/13 09:13 | まりも [ 編集 ]


>>依里さん 

エリィ こんばんは。そちらにお邪魔できてない日々ですが、帰ってきてしばらく経つけれど疲れは取れた?元気ですか?

言葉について、これまでちょっと病的な位に自分は考えてきました。最初は言葉に執着して、言葉の持つ意味を必死で理解して取り込んで、いかに言葉をうまく操るかに必死になっていたけれど、そのうちに言葉はただの道具であって、空っぽの入れ物である、という結論に達してしまった。
良い意味でも悪い意味でも、これは真実かもしれないと、生きていくにつれ実感が深まる。

>言葉がコミュニケーションの手段としては、かなりの比重を占めるくせに、肝心な本音を引き出すのは容易じゃない。もどかしくて、イライラする、やっかいなシロモンだよね、ホント。

そうだねぇ。日常生活の中では、言葉によるコミュニケーションの比重って大きい。でも言葉が本音を隠したりが日常的だったりする。人間不信や対人恐怖の大本は、そこにあったりするんだけれど、言葉がないことにはコミュニケーションが取れないというジレンマ。苛々するよね。ボーダーの症状がピークのとき、一番苛々して一番絶望するのが言葉によるコミュニケーションの限界です。でも、ここが理性の働かせどころでもあって、理性を総動員してどう自分を落ち着かせるかが今私の要になっています。

>何気に、HUGとか目の表情とかの方が何だか感情が強く映し出されてるような気がするんだ。まるで、言葉の方が補足のようにね。。。

そうそう。そんなときがあるね。普通の話をしているときでも、そんな表情をキャッチしようと私はいつも人を見てる気がする。目に映る表情が特に興味を惹かれる。そんなときは、自然、言葉が補足になるね。でもやっぱりまた言葉の不自由さの中に押し戻される日常。
せめて大切な人とは、あらゆるコミュニケーションの手段を持っていたいと思います。
深く考えさせられるコメント、ありがとう。

2008/09/19 18:06 | 美鳥 [ 編集 ]


>>まりもさん 

まりもさん こんばんは。はじめまして。
初めてコメント下さったのに、私が大変低調で今日までお返事お待たせしました。コメント、ありがとうございました。
心動いてコメント下さったのが、とてもとても嬉しいです。こういった境界性パーソナリティ障害について、心理状態や思考回路や行動パターンがあまり知られていないので、是非多くの方に知ってもらいたいという思いで書いています。

「いいよ」という言葉が持つ魔法のようなものを、私もよく感じます。もう何も不安になることはなくなったような、もう全て預けて安心してもいいような、何もかもを受け入れてもらえたような、承認の魔法といったらいいんでしょうか。

>何か裏があるのかなと感じるもう一人の自分
でもこの言葉を聞くと酔いしれる瞬間。

↑めちゃくちゃ共感(笑)
「酔いしれる」という表現が、私も一番しっくり来ます。裏があるんじゃないのかと疑っているために完全には安心できないのだけれど、酔いしれたい瞬間。

>「いいよ」って言葉を何をしても言われると
腹が立ってとことん相手を困らせてやろうと思う自分。。
どちらも私。。

↑これも、めちゃくちゃ分かります。治療が進んで、大分自分自身の心の動きと行動化の繋がりが見えてきました。否定されているうちは、まだ納得できるのだけど、「いいよ」と承認されると「嘘だろう」「口先だけなんじゃないのか」「本当なの?」と疑いが黒雲のように湧き出てきて、そんな甘い言葉を簡単に口にした後で裏切るんじゃないのか、見捨てるんじゃないのかと恐怖心も同時に襲ってきて、結果、相手の真意を確かめずにはいられなくなって、相手を試すような行動に出てしまう。困らせたくなるし、相手の限界を引き出してやろうと思うし、でも心のどこかで、いつまでも私が何をしたとしても「いいよ」と全く変わらない調子で言って欲しい。そんな願望で心が千に乱れます。

もしご興味があれば、カテゴリーに「境界性人格障害」の記事を纏めてありますので、お気が向いたらぜひ読んでいただけたら嬉しいです。
またご感想やお感じになったこと、お気軽にコメントください。楽しみにお待ちしています。
ありがとうございました。

2008/09/19 18:15 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。