--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/21 (Thu) 脱線間近 ? 境界性人格障害 ?

私は、境界性人格障害だ。
自分がそうだと自覚が出来るまで、随分と失敗してきた。
ターゲットは、誰というのでもない。主に男性に対してだが、相手が女友達であっても、相手との距離感が分からなくなることが頻繁にあった。
境界性人格障害に関わらず、相手との距離感がよく分からない人と、多く出会った。
不必要に攻撃的であったり、嫉妬やっかみが強かったり、私をコピーしようとしたり、私をコントロールしようとした。

回復期にあると信じている今の私は、あくまで回復期であって、回復したわけではない。
中途半端な状態が、物凄く苦しい。
毎日更新するか、一日に2,3度更新することもある中で、5日もこのブログを停止していたのは、苦しかった。思うままに書けば、間違いなく誰もが気分を害する言葉しか書けないし、そんなときの自分の呪いには私がうんざりしているから、書かないことにしていた。
無理せず言葉が出る一瞬の安定を狙ってメールを返信したりしたけれど、すぐにまた苦しみにのまれた。

そんな日々からようやく立ち直ったかに見えたが、依然として心がずしりと重い。
どうしても、どうしても確認しなければ気が済まない事柄がある。或る程度、私の症状を知る弟MTは「メールも電話もよせ」と言う。私も、これは私だけの問題なのだから、私個人が解決することだ、何から何まで確認を取らなくては関係に不安を覚えるのは私の問題だ、と自分に言い聞かせて、連絡を取らずに我慢すること数日。

しかし、もはや限界が近い。
相手は、一時私のターゲットにもなった友人だが、病気を理解しようとする姿勢を貫いているがために私は何度も助けられている。だから私も尊重せねば、尊重したい、と自身に湧き上がってくる境界性人格障害特有の見捨てられ不安や相手への猜疑心、私は騙されているのではないか、私は軽く見られているのではないか、という被害妄想を抑えつけている。
けれど、抑え付けているものは永久に失くならない。失くならないが故に、私は人格障害なのだ。どうすれば良いのだろう。

頻繁に連絡を取るでもない私は時間を持っているが、彼は仕事に忙しく、そして頻繁に連絡を取ることをさほど好まないように見える。私が連絡しなくなったら、そのまま消えるのだろうなぁと確信できる希薄な繋がりだ。相手にとっては、どうでもよい相手の1人だろうなぁ私は、と確信。卑屈に考えているのか、実際そうだからなのか私には判別不可能だ。相手は大して何も考えてはいないだろうし。

だから、尚更連絡を控えるのだが、一方で境界性人格障害という病気では繋がっている。しかし相手は全くの健常者だ。病気の知識を持ってはいても、感覚は決定的に伝わらない。
この無闇な不安だとか、どこまでも落下し続ける恐怖だとか、私は相手にとって無価値でどうでも良いのだろう、ならば応答する相手は私を騙しているのだろうか、という猜疑心だとか。
そういった諸々の感情(症状)を、相手が実感できるわけではない。

伝える方法はないかと「ビンタプログラム(名前はシュールだが30分もあればボーダーの見捨てられ不安を体感できる)」などというプログラムを、冗談交じりに考案したりしたものだが、感覚のずれを人に伝えることはボーダーに限らず、難しい。


我ながら随分と我慢したと思うのだが、我慢しても、どうにもならなかった。ということで、連絡して確かめたいと思い始めているけれど、連絡することで曲解されて、ありもしない裏側を探られるのは嫌だ。そして、不安や恐怖と勝手に無言で戦ってきたが故に、電話した時点で泣き出しそうな自分がいるから、これまた相手にとってさぞや鬱陶しいことであろうと思う。しかも、ビジネスなのかプライベートなのか、最早分からない関係。仕事中に会社に電話して、私は会社でどういった位置づけにされるのか。聞いたところ、仕事柄そんな電話は多いから構わないですよと彼は言った。「そんな電話」て何?と追求せずにはいられなかった私は、もう本当に我ながら鬱陶しいが、まさにボーダーなのだ。
気がかりな不安を全て箇条書きにして、一つ一つ質問してチェックし、採点し、自分が相手にとってどれ位の位置づけか確認したい衝動にかられる。そうすれば、相手にもストレスがかからない適度な距離が分かる。気をつけることができる。いっそ私に、その点を逐一教えてくれ、と叫びたくなる。


相手が忙しいこともあって、電話はやめてメールにするべきだ。
しかし、こちらのメールが25kbの長文だろうが、3kbの短文だろうが、PC嫌いな友人からの返信は常に3kb。
彼に悪意も他意も一切ない、そのような人ではないと知っていながら、ボーダーの私は、メールでやり取りすればする程、自動的に猜疑心と恐怖と不安が膨らんでいく。更には、彼のメールはとても怖い。用件だけを書いてくる。誤解を避けるためだという。短文の理由も本人から聞いて知っているので、普段はその方が近づきすぎるのも怖い私には丁度良かったりするのだが、調子を崩すと、もう恐ろしいったらない。
メールの文章の外側に、行間に、文字と文字の間に「お前鬱陶しいんだよ」「こいつ頭おかしいから適当に流しておこう」「忙しいのに面倒臭い」などと、書かれてもない言葉があぶり出しのように浮き上がって見える。
すべては、私の無闇な恐怖心や人間不信や過去の体験のせいで、勝手に見ている被害妄想のせいだ。言葉による被害に延々遭い続けてきたために、言葉に過剰反応する傾向にある。


境界性人格障害の症状だと理解しているが、理解したところで感情というものは抑えられるものではない。抑え続けると、ある点を越えると、後は逆に急速に膨らみ始める。それはもう、無限大に膨らむこと膨らむこと。
これをまた抑え続けていっても、破綻は目に見えている。そして、ここまで破綻寸前の自分を抱えて、相手と冷静に話せるものではないだろう。
第一、彼は、たまにとはいえ、そんな私に構わなければならない義理はない。
ああ、こんな馬鹿みたいで粘着質で意味不明な執着、自分でもどうでもいいと思っている。どうでもいいと思いたいと思っている。相手は尚更、うんざりだろう。関わる義理もないし。

というような悪循環で、いまだ連絡できずにいる。


心中の地獄ループを、言葉にして書いてみた。実に、地獄ループだ。
停止ボタンがついていないジェットコースターに乗っている気分だ。発狂し猛スピードで走り続けるジェットコースターを止めるボタンは、私が自分で探さなければならない。でも、一瞬も止まれないから、在り処を探している間に朽ち果てそうだ。自分では無理だ。誰か止めてくれ。

これは、ずっとずっと続くのかもしれない。
どうにか自分を保っているが、あと数日これが止まらないなら、もう限界で壊れるだろうなと思う。
ちょっと投げやりな気分だ。
出来る限り、このまま走り続けているうちに燃料切れで事も無くおさまってはくれないだろうかと、珍しく受身で静観の姿勢だ。心の内では、発狂列車がレールを軋ませ轟音轟き火花を散らせて走り続けているわけだが。

「敵は己の心だ!」とか、戦闘漫画でよく見かけるが、境界性人格障害との戦い以上にリアルな「己との戦い」はない気がする。
勝負は白か黒、生きるか死ぬかだ。
うっかり負けてしまったら、自分が自分に殺される。もしくは、尊重したい相手に遠ざけられる。
これだけは、グレーゾーンがない。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

境界性人格障害 | comment(8) |


<<殺される前に死にたい ? 境界性人格障害・人間不信 ? | TOP | ポーニョポーニョポニョ♪さかなのこっ♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/21 22:48 | [ 編集 ]


こんばんは 

読んでいて、本当に地獄ループだなと思ったよ。
グレーゾーンがなくて、白か黒の世界って
苦しい、とても苦しい。
いろいろ考えてしまうんだね。
どんな些細なことでも、ひっかかってしまえば
いろんなことが頭の中を支配して、それにしか
思考が向かなくなる。
私がそばにいたら、腹黒いから
またいらんことをペロッと吐いてしまうんだが。。
「家族になっちゃえばいいじゃん♪」ね!

2008/08/21 23:22 | あおぞら [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/22 08:41 | [ 編集 ]


人間関係距離測定器! 

>気がかりな不安を全て箇条書きにして、一つ一つ質問してチェックし、採点し、自分が相手にとってどれ位の位置づけか確認したい衝動にかられる。そうすれば、相手にもストレスがかからない適度な距離が分かる。気をつけることができる。いっそ私に、その点を逐一教えてくれ、と叫びたくなる。

>メールの文章の外側に、行間に、文字と文字の間に「お前鬱陶しいんだよ」「こいつ頭おかしいから適当に流しておこう」「忙しいのに面倒臭い」などと、書かれてもない言葉があぶり出しのように浮き上がって見える。

アイザも人間不信ですから、その気持ちがすごくよくわかります・・・美鳥さんの比喩は的確で明確ですね。
脱帽です。(この発言に他意はありません。素直にそう感じたのです。)

ドラえもんが『人間関係距離測定器~♪』を出してくれないかなぁ、と思う今日この頃です。

2008/08/22 19:35 | 久我瀬アイザ [ 編集 ]


>>鍵コメatちゃん 

atちゃん こんばんは。

書かれてもない部分まで読んでしまうのは、もう一種の被害妄想なんだけど自動的で止められないね。
私の場合、人間不信のせいだなぁと思う。過去にあったことをつい現実にもなぞらえてしまって、まだ出てもない結果を自分で出しては落胆したり、失望したり、絶望したり。一人で何やってんねやろ、とツッコめたらいいのだけど、こういうときはどんよりしてて笑いにもできないのだよね。

調子良くなったり、落ちたり上がったり、本当にギリギリでした。低空飛行に似てるなーと思った。ちょっと何か人の好意に触れるとグラグラして地面にチップする感じ。すごい痛い。

>感情は、生理現象もしくは自然現象、のようなものだ。

なるほどと思いました。私が目にした言葉に「感情に責任はない」というのがあったけど、同じ意味だな、と感じたよ。感情には責任を持たなくていいけれど、行動には責任を持とうと自戒にもなる言葉として、いつも胸に留めています。

抑圧してきたが故に爆発するけれど、爆発するわけにいかず抑圧する、ていうの、本当そうだなぁと思った。こればかりは、自分の人間関係だから大切にしたいと思ったとき、自分をコントロールするのは自分の責任なんだよね。
人を回避するんじゃなくて、違う方法を見つけられたらそれがベストなんだけどな、と思います。とりあえず見当たらない・・・。

ツイッターまで読んでくれて、ありがとう。ぶつぶつほんまにどうでもいいこととか呟いてて、たまに見苦しいボダな呟きが混入してます。
コメント返信気にしないで、と温かい言葉ありがとう。お言葉に甘えて、今頃返信書いてます。今は、元気になりました。
atちゃんも、ちょっと上向きになってきて良かった!本読めるって、私も思うけど上向きな証拠だと思うよ。
上司とatちゃんのおもろいやりとり、笑って読んだ。良い上司に恵まれてよかったなぁ。

2008/09/13 20:35 | 美鳥 [ 編集 ]


>>あおぞらさん 

あおちん こんばんは。元気になったみたいで良かった。鬱の波っていうけど、ほんまに波やなぁ。やり過ごせて、おかえりあおちん。

地獄ループって自分で書いたんだっけw
今は症状がさほどないから、途端に楽になって、この頃のことは何だったんだろう、ぐらいにしか感じない。昼間にまた倒れたものの、やっぱり今は何だったんだろう、という感じ。

ものすごい色んなことを考えてしまう。特に相手の状況とか気持ちとか自分の価値とか。

本人からメールが来て、やはり3kb。で、今日電話でやっと話せたよ。さっき記事書いてたのに消えちまったのさ・・・。会どうなった?と心配してくれました。何かヤツは天然なので、素でいいヤツなので本当に迷惑かけたくないと思う。レアなボダ抗体を持った人です。
あおちんの爆弾発言は名言だね。あれをいえるやつは、きみしかいないよw あおちんのキャラって無敵だなぁ(笑)
時間をかけて人間性を理解して、少しずつ知って信頼を築いていくにつれ、段々冷静さが身についてきたような気がする。ただしこれは彼についてだけで、また違う人を前にすれば一から悩みの始まりなんだと思う。
地獄ループがいつまで続くのか分からないけれど、あおちんもN氏も私が尊重したい人たちは、ボーダーみとりから遠ざけたいと思う。
難しいところです。


2008/09/13 20:46 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメdさん 

dさん おはようございます。
うちのむくのむくむく動画をお楽しみいただけたようで幸い。

こちらのコメントの返信が遅れてしまって、旬を逃してますので、読者の方でこちらを読んでくださってる方にも何かお伝えできればと、書いてみます。


私のブログは確かに開いてます。どなたでも来れるし、どなたでも去れるし、その自由度から私もどなたでも私の価値観で見ています。読者の方に発信するだけでなく、訪れてくださる方の人間性も見ていたいと思います。痛い目にあった経験が理由の一つ、もう一つは、いつかリアルで会って酒の一つでも美味しく飲みましょうよと言いたくなる方との出会いになればと心底思っています。ブログだけに留めてブログだけで仲良しこよしは、私が目指すところではないです。
出来れば、ここを契機に私のことを知って頂いて、リアルもブログも全くギャップのない私なので実際こういうこと言うので、それでも良いなら友達になって支えあえたらいいね、支えあえない人間性低い人はさようなら、と思っています。私もそんなふうに、さよならされているのでしょうが、そこらへんは発信者の宿命で、誰が来てくれていて誰が去っていくのか殆ど分からないので、心にとどめていることです。

訪問する方の心の状態は、訪問する方の自己責任と思っています。そう思わなければ、ありのままに書くことが出来ません。プロフィール欄に「フラッシュバック注意の喚起をしません」と書いているのは、そのためです。私は発信するのみの一方通行のようでいて、結果的には双方向だと思っています。双方に責任とマナーが要求され、言動に人間性が付随してくる。だからこそ私はブログを続けているのかもしれません。生活が見えてくる方との交流ほど、楽しいことはありません。

親を憎む、批判することに沢山のエネルギーを注いでいる状態の方達、一杯いらっしゃいますね。私はどうなのかというと、私もその道を通ってきました。このブログをはじめる随分前です。憎むだけで精一杯で、だからといって何をすることもできませんでした。
今まで憎んだことがなかったから、これまで足りなかった分全身を使って憎まなければ間に合わなかったのだろうと今振り返って思います。

人は、自分が何を好きかが分からないと不幸を感じるのだと思っています。ACや、虐待経験者は、特に分かりません。
何が好きかを知る前に、何が嫌いか、を人は考えなければ次のステップに進めない、今まで自分を責めるだけだったけれど、嫌いなものを嫌いと認識し、苦しかったことはもうやらないと拒否し、押し付けられてきた過去に怒りと憎しみを持つ、それが最初のステップなのではないかと、私自身の体験から感じています。

憎むだけ批判するだけで終わる人もいるのかもしれませんが、その先もあるのだと私はこのブログで書ければと思っています。私自身が悩みの真っ只中、闘病しながら書いていますが、だからこそ怒りや憎しみを肯定し、何が嫌いか分かったら、次に何が好きか考えても良いのだと発信したいのだと思います。

このブログが、心安らげる場であるのか分かりません。私が安らいで書いていないので、安らげるのか・・!とdさんの言葉でびっくりしましたw

自分を獲得する戦いです。
親を責めることを躊躇って戦いたくても戦い方が分からない方に、辛かったことは辛いと言っていいんじゃないか、そこから始るものがあるんじゃないか、と伝えたいのだと思います。

怒りも憎しみも、扱い方を損なうと自分の人間性を落してしまうだけですが、うまく使えば揺ぎ無い自尊心に変わると思っています。変な言い方ですが、怒り下手、憎み下手は、楽しみ下手な気がします。できるだけ笑って生きていきたいので、怒り下手憎み下手を目指しています。

とりとめなく思っていることを書きました。頂いたコメントの何にも答えてないのかもしれない返信w
すみません。
連想ゲームのように書いただけです。いつか記事にしてみたいと思っていることでした。
コメントがきっかけで色んなことをまた考えました。いつも来てくださって、本当にありがとう。
今度は、ももの自作歌動画を送りますわw

2008/09/15 10:51 | 美鳥 [ 編集 ]


>>久我瀬アイザさん 

アイザさん こんにちは。お返事が、とっぷり遅れました。コメント、ありがとう。ボーダーや人間不信に関する記事は、今私にとっても大切なテーマになっているので、コメント頂けると嬉しいです。色々と再考する機会を与えて頂いてます。ありがとう。

「人間関係距離測定器」欲しいなぁw 数値だけでは役に立たないので、実際の行動までいっそ指示してもらいたいものです。選択肢3つくらいあればいいですね。この測定器を何とか自作し、調整に調整を重ねているのが今の自分かなと思います。精度は結構あがってきました。痛い目にあった経験を反省したりすることで、自分にちょうど合った測定器が出来上がりつつあるような。
人を見る目が肥えてきた気がします。白か黒かではなく、必要か不要かでもなく、相手の自分への好意に合わせてみたり、自分の心の状態に合わせてみたり、以前の100倍自在になってきたと感じます。でもまだこの先遠いです・・・人間不信ってなかなか治りませんね。

>アイザも人間不信ですから、その気持ちがすごくよくわかります・・・美鳥さんの比喩は的確で明確ですね。脱帽です。(この発言に他意はありません。素直にそう感じたのです。)

私は、完全好意的な文面と受け取って疑問も持たなかったのですが、アイザさんが何かを恐れて注釈を付けたのだなと感じました。大丈夫ですよ。他意があるのか?と感じたら、親しくさせていただいている方には「他意を感じたんですけど」と私、ストレートに言いますから安心してください。脱帽してくださって、ありがとうございます。何かもう毎日足りない力を感じるのです。精進します。

ドラえもん、出してないんですかね。アイテムが多すぎて把握できてませんw 不思議なポッケでかなえて欲しいですね~w
目下、ドラえもんいないので、のび太になるのも「のび太のくせに」とか言われるので嫌だし、自作人間関係距離測定器の精度を上げることに熱をあげております。

2008/09/15 11:03 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。