--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/05 (Tue) ファッキンカレンダー

念願だった神経症・人格障害者相互QOL支援コミュニティの第一回目オフ会の準備に追われていた、東京でのある日、泣きながら書いて、アップせずに放置してあった。
下書きに埋もれていたのを、さっき見つけた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対人恐怖と失望と絶望と不安と恐怖で、夜中の東京の往来で、もう一歩も歩けなくなった。
歩くべきなのに歩けなくなった。
生ぬるい東京の夜の底、友人に、突然電話をした。
会ったことはないけれど、ソウルメイトのように感じる。彼女が東京へ行く前に、私に言ってくれた。何かあったら、ワンコールしてね、かけなおすから。

すぐに電話口に出てくれた彼女と、のんびり猫と海の話をした。
笑った。
励ましと勇気をもらって号泣した。
アドバイスをくれた。自分の心に素直になるだけで良かった。
分かっていたけれど、私はもう一人ではそれが出来なくなっていた。
何もかもが混乱していた。
スケジュールも自分の体調も心も慣れない移動も方向音痴も東京も靴擦れも、混沌として私を内側から壊しかけていた。

通話を切って、また混乱した。
やっぱり自分が嫌で泣いた。
呼吸が出来なくなった。
でも、その後電話をくれた友達のとんでもない笑い話で忘れてしまった。

刻々と事態は変わっていって、悪夢のようだった。
でも、何かあっても必ず守るから、大丈夫だからね、辛かったね、と友達が声をかけてくれる。
そうか、私は辛くて怖くて不安でたまらないんだと、その言葉で思いついた。
東京で大声で泣いたのは、この日と、発作を起こした日の二度だけだった。多分。

とにかく何も考えないで眠るんだよ、と友達に言われて、飲めるだけ眠剤を飲んで寝た。
起きたら、夢を見たことだけ覚えていて、でも内容は忘れていた。
ただ一言、「ファッキンカレンダー!」と夢の中で叫んでいた自分のセリフを覚えていた。

関東での日数もあとわずか。
折り返し地点は過ぎてしまった。
大切な友人、あたたかいあたたかい友人、熱く怒りや情熱を燃やす友人、苦しくても黙って耐えて事後報告の友人、ここでやり残したことを肝心なものほど抱え込んだままの私。
帰りたくないのと帰りたいのと休みたいのと休めないのと、でも後悔したくないから、ここにいる。
ミスをした。見誤った。
病気と人間性を混同したら、他人の善意にくるまれたエゴに潰されてしまう。
ツケはすべて自分で負うつもりだったのに、人間不信極まった私に、友達は何て変わらずあたたかいんだろう。
私に出来ることが限られている。私は、思ったよりも無力だ。そして予想外に人は温かい。日々は、どんどん過ぎていく。
ファッキンカレンダー。
くそったれ羽が生えた日々。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

自助グループを作る | comment(2) |


<<蝉時雨 | TOP | 波動>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/06 00:42 | [ 編集 ]


>>鍵コメaちゃん 

こんにちは~aちゃん。
おかえりなさい、ありがとう。無事に帰ってきました。帰りの飛行機格安にしてみたら、耳がおかしくなったけど無事だよw

お返事遅れて、ごめんなさい。私は毎日毎日惰眠をむさぼっております。aちゃんこそ、大丈夫かいな。元気かな。休むのだよ。しっかり休んで、我侭なくらい休むのですよ。ここのところ調子を崩してるみたいだから、心配してます。

暑いだけで本当に体力を失うね。こっちに帰ってきてから、昨日だったか「東京・今年初の猛暑」ていうニュースを見て、「嘘やーん」てツッコんじゃったよ。東京は、既に十分猛暑でした・・・横浜も酷いもんでした。そして、こっちも酷いもんです。そちらは如何ですか。

東京へ行って実際に色んな方にお会いして、驚いたのが個性豊かなこと。全員、全くキャラがかぶらないところが凄かったです。その人らしさが私は一番大好きだから、人に恵まれたことに本当に感謝しました。今までの私は、全く人に恵まれなかった。自他ともに公認で恵まれなかったものだから、東京を去るのは本当に辛かったよ。

「頑張れば何だって出来る。もっと出来る」信仰は、私も強烈だった。「何がどれくらい出来るか?」が価値基準の全て、存在意義の全てだったから、生きることが拷問だった。だって、幾らやってもやっても上には上がいて、せめて正面を向いて生きていれば良いものを、私はいつも上ばかり見ては、永久に逃れられない劣等感で打ちのめされてた。

何がどれくらい出来るかは、そこそこであれば、もうどうでもいいんじゃないかとすら私は思う昨今。

人間「何が出来るか?」と問われると「何もできない・・」と言葉に詰まるものだけど「何が好き?」と聞かれると話が弾む。「何が嫌い?」も同様に話が弾む。そこそこに社会生活を送りつつ、好きなものと嫌いなものを明確にしていく積み重ねが、案外地に足つけた生き方なんじゃないかなとかaちゃんが人生を語ってくれたので私も語ってみましたことよ。

本当にお久しぶり!メールを貰ってたのに、バッタバタして、とにかくバッタバタしてて返信できず、気になってたよ。長コメありがとう!
とにもかくにもaちゃんも、ゆっくりしてね。aちゃんが育てた可憐な花の写真、楽しみに待ってます。バッタバタしてていえなかったけど、薔薇の花びらが降り積もったあの写真「くれ!」と叫んだくらい好きやねん(笑)

2008/08/09 14:50 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。