--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/04 (Mon) 波動

20080804dia.jpg
昨日まで滞在していた、東京での思い出の一枚。
飛び入り参加させてもらったブログ友達のバンド風景の片隅。
恐れ多くも実際には会ったことはないブログ友達の、更に知りもしないバンド仲間に「ボーカルで参加したい」とお願いして実現した、厚かましさ極まれりの図。


バンドのメンバーから二つ提案された曲から、歌えると思った方を選択した。東京では、課題曲を含めて決まった曲を数曲リピートして聴き続けた。

人間の基本欲求は、睡眠欲、食欲、性欲だと聞くが、私の場合、このすべてを上回るのが「歌唱欲」なるものだ。歌うことが、とにかく好きだ。好きで、たまらないのだ。
クーラー病で喉をやられても、東京のブログ友達と5時間もカラオケを歌いっぱなしに歌ったりした。耳コピにも余念がなかった。リズムは、心臓の拍動のようなもので、スコアや理屈で解釈しようとしても身につかない。
聴いた。とにかく聴き続けた。


難易度としては、かなり高いと思った。何が難しいって、リズムがとにかく難しい。各パートを聞いてみれば、どの楽器も、とんでもないことになりそうだと思った。実際、ブログ友達から、どのパート練習も悪戦苦闘しているだとか、当日も自分のパートにそれぞれ必死だろうだとか、あまり演奏に期待せず練習程度に考えてね、だとか言われた。
ちょっとプレッシャーになった。聞くだに、せめて足を引っ張ってはならんと思った。


迷惑をかけないように、出かける前に幾つか自身に課題を設けた。

1 病気を公言していないブログ友達の立場を考慮してミスなく振舞うこと
2 音楽でコミュニケーションすること
3 酒好きメンバー故に酒を持参することを忘れないこと
4 私が足を引っ張らず皆さんに楽しんでもらえること
5 物怖じしないキャラを貫き通すこと

1以外は、要は正しく楽しめば良いのだ。今更、物怖じして、おどおどしたり緊張したり卑屈になったりせず、むしろ開き直って楽しみに来ましたと厚顔無恥を晒せば、それが正しい音楽の楽しみ方だ。
普段はやらない、バンド仕様のコーディネートを弟に教授してもらい、足りない靴は前日にリサイクルショップで280円で買った。うってつけのサンダルは、はいているだけで楽しい。


当日、駅前で大きくて重いベースを肩からさげたブログ友達と待ち合わせた。
生まれて初めて、バンドのスタジオに足を踏み入れた。
重い2重ドアが、期待感を増した。
こんな機会を与えてくれたブログ友達に感謝した。
緊張なのか興奮なのか区別がつかない高揚感だ。

メンバーの皆に、簡単に挨拶した。
皆、自然体に少し緊張を織り交ぜたような空気を醸し出していた。何しろ、大阪くんだりから会ったこともないのに図々しくもバンドの花形たるボーカルをやりたいと言って出張ってきた女だから、どんな奴なんだと不審な気持ちも、どこかにあったのかもしれない。

ここぞとばかり大阪人キャラで、積極的にメンバーに絡んだ。絡みすぎないようにバランスを考えたりして、絡んだ。ツッコめるところは、とりあえず全部ツッコんだ。ツッコミコマンド全開だ。

畳み掛けるように、買って行ったプラスチックのコップに、泡盛を注いだ。奇遇にも、最近幼馴染が「美鳥、泡盛好きだよね」と、持ってきてくれたものだった。大阪から運んで来て良かった。
酒好きとのコミュニケーションの基礎は、まずノミニケーション。
皆で乾杯すれば、想定内に、賑々しい空気に変わった。
これから、どんな3時間になるのだろうと、楽しみでどきどきした。


ブログ友達のバンド仲間たちは、皆、とても大らかで優しい空気を持っていた。
全員、陽気で個性的で温かく、面白くて、何より無駄な言葉を必要としなかった。
一度休憩で廊下に出たとき、ギタリストの人とすれ違ったから声をかけたのだけれど、スタジオでのにこやかさは吹っ飛んでいて、不機嫌な顔をしていた。私の言葉に、ぶっきらぼうに答えた。悪い人じゃないと分かったから、そんな反応も面白かった。


贅沢にも、聴衆は、私だけだ。
全員で演奏してボーカルの人がMCを入れ、メンバー紹介をしてくれた。
彼らのレパートリーの3分の1程、ぶっ通しで聴かせて貰った。
鼓膜が破れるかと思ったが、そのうち体中が音に震えているのに気づいて、脳髄まで響く音に酔った。
耳じゃなく、肉体で音を聴く。
踊るも、リズムに乗るも、直接生身にぶつかってくる音の振動を味わうのも、自由だ。
楽しめばいいだけだ。
聴かせてくれた。どっぷり浸った最高の時間だった。


誰からともなく今回の課題曲「波動」のフレーズが流れ、気がついたら全員が音を合わせたり離れたりして、各々練習している。
一度通して演奏し、残響音が消えるまで息を止めては、緊張を解き、それぞれ沈黙する。自分のパートに足りないもの、合わせられない部分、創意工夫、様々に考えを巡らせる時間だ。

そこにタイミングをはかって、自分から入っていく最初の一声は、さすがに少し緊張した。
いつの間にかギターがイントロのフレーズを演奏し始め、私が加わり、ドラムが加わり、ベースが加わり、コーラスやハーモニカが加わる。
不思議だった。
誰が誰に駄目出しをするでもなく、それぞれがそれぞれの感受性で一回ごとに自分の音を磨いていくらしい。回を増すごとに確実に良くなっていく。
そんなやり方も、その場の空気に学んで倣った。

合間には、泡盛だとかビールだとかお茶だとか好き勝手に飲みながら、冗談を言ったり笑ったり。そして、また音楽に没頭する。


音楽を楽しもうという空気の中に、メンバー同士の信頼と、克己心が一本筋になって通っていた。
音楽でコミュニケーションが取れている。
幸せで、仕方なかった。こんなふうに、何にも心縛られず、音を楽しんでみたかったのだと思った。
この人たちは、音楽が好きなんだと直感すれば、あとは私も、楽しみながら曲を磨くことだけに集中した。

1人で歌うのとは全く違った。
誰かがミスすると、途端に自分の調子が取れなくなるし、私が入りを間違えると皆に影響が出る。けれど誰もミスを指摘したりしない。ただ次へ、それぞれ生かせばいい。
ドラム、ベース、ボーカル、ギター、コーラス&ハーモニカ、全員が円になって楽しんだ。
真剣なのが、最高に楽しかった。

音を合わせ、演奏を一度終えては、それぞれ無言で考え修正し、また合わせるを繰り返した。
かなりの難易度だったにも関わらず、制限時間内に、ついに最良の演奏「波動」が完成した。


バンドの演奏をよく「生音」と表現するが、確かに生きた音だと実感した。
ドラムやベースやギターや歌声で、実際、体の内臓までが振動するのだ。
生き物のように、音が命を持っていた。
理屈は、いらなかった。

バンドのリーダーが「じゃあ、次は2週間後ね」と冗談を言った。バンドのマネージャーが、レパートリーリストにマジックで「波動」と書き加えた。
全員に、心からお礼を言った。

スタジオを出たとき、生きていて良かったと思った。
ブログ友達に感想を訊かれて「めっちゃ楽しい!」と答えた後で「生きてて良かった!」と答えた。
何度も繰り返し口にしているうちに、死にたくないでも、消えたくないでもなく、生きていることが幸せだと感じられることが嬉しくなった。


その直後、私は駅前で立っていられなくなった。

昨日、発作起こして死ぬかと思った、悲惨だったんだよーと、ベースを抱えた友達に笑って話しているうちに、前後不覚に陥った。2週間を越える長旅に疲労がピークに達していたこともあるのかもしれない。

似たことが前日にあったばかりだった。
間抜けにも、前日と同じキーワードで解離を起こした。
前日は、死ぬかと思った。
あやが表に出たのかもしれないと後で考えた。
あのまま呼吸ができないまま息が止まったり、うっかり内側の闇に落ちたまま永久に私が戻って来れなくなったかもしれないと思うと怖かった。
死にたくないと思った。消えたくないと思ったばかりだった。



何度も何度も意識を失いそうになって、体と意識を繋ぐ糸がプツプツと切れる。光が眩しくて仕方なかった。
気づくと、改札の柱の前の地べたに座りこんでいた。
激しく頭痛がして、3,40センチ後ろに、見覚えのある少女がずっと無言で立っているのが見えた。奇妙な感覚だ。私の目は開いていて、前を向いているのに背後の暗がりに立つ少女が妙にくっきり見える。

乗っ取られるのが怖くて、抗った。どうやれば抗えるのか分からない。いやだいやだと呟くくらいしか出来ない。怒りが湧いてくるのに、その怒りごと私がどこかへ消えてしまう。怖かった。
何度か気がつくと、友達が私の横に座っていて、私の手をさすってくれていた。でも、またストンと意識が落ちる。何度繰り返しただろう。

友達がもう1人合流して、2人にやっと自分の異常を伝えることが出来た。後ろにいるのだと伝えた。怖かった。怖いのに、その恐怖すら私ごと、やっぱりどこかへ持ち去られてしまいそうだ。

2人とも、私の症状をブログや話で知ってくれていて、あれこれと説明を要しなかったから本当に助かった。しばらく休憩してから、フリーペーパーを皆でのぞきこんで、打ち上げの店を決めた。
知らない間に、私が戻ってきていた。
一瞬で私がさらわれようとしたり、気づかない間に自分が戻ってきたりしている。
それでもやっぱり、今日はどうだった?と友達に訊かれて「生きてて良かった」と答えた。
言葉に、嘘はなかった。
死んでしまったら、この体に音は響かない。






心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

自助グループを作る | comment(12) |


<<ファッキンカレンダー | TOP | はじめる  Last Day>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/05 17:17 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/05 18:55 | [ 編集 ]


歌唱欲 

生演奏で歌うのって、気持ちいいんだろうな。
私は歌うの苦手だけど、一人で気持ちよく歌うのは、好き。
歌うって、いいよね。
気持ちいい♪
東京での日程、めちゃくちゃ忙しかったから、疲れも相当あるでしょう。
ゆっくり今は休む、それも美鳥ちゃんのやるべきことだよ。

2008/08/05 20:55 | あおぞら [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/05 22:14 | [ 編集 ]


>>鍵コメS様 

こんばんは。お久しぶりです。
コメントありがとう!!感激です。
コメント欄を閉じている日々は、寂しき日々でした。リアルで忙しかったけど、それはそれ。これはこれ。Sちゃん(←勝手にちゃん付け)どうしてるのかなーと、たまにネットが繋げる環境になると遊びに行ったりしてました。
いつもこっそりのお越し、ありがとうございます。私もこっそりうかがってます。調子が悪いみたいで心配してました。重なっている部分があって、調子が悪そうだと思うと自身の最悪なときの心理状態なんかを自然想像します。でもまた必ず復活して、あなたらしい強くて、苦しいとき鈍くとも確かに光る言葉を目にすると、良かった、と安心します。

「おかえりなさい」とか「無事に生きて帰って」とか涙が出ました。大袈裟な表現でなく、多分東京で私は綱渡りの状態で、本当に無事に生きて帰って来れたことに、まず少し安心してます。
辛かったのか楽しかったのか、調子が良かったのか悪かったのか分からないけれど、行って良かったです。温かい言葉で迎えてくれて、ありがとう。コメント欄開放を張り切って待っててくれて、ありがとう。とか書いてると、涙が出てきます。

バンドは、仰るとおり小脇にうさぎを抱いた優しき武士ブロガーのバンドにお世話になりました。ヴォーカル、ていうSちゃんの書き方がおもろいよ。いいなぁヴォーカル。うん。ヴォーカルやってきました。

関係ないのにっていっても、関係ありますからね。うさピローも私もSちゃんブログのファンで、ファン度を競ってる感があります。私が先に見つけたのにとかいってます。
でもご安心ください。ボダ回復期人間ですから、そこらの人より距離感には慎重に慎重を期します。ちょっと、遠くで何かきもいだけのことなので、大目に見てやってください。

「不安定の中の安定」は、Sちゃんならではの言葉だと思いました。ボーダーの症状などは、大人しいときはもう治ったんじゃないかなんて思うけれど、あくまでも症状の継続の中の過渡期に過ぎないなんて過去嫌というほど経験してきました。

速すぎて転んだり、浮かれすぎて頭打ったり、近すぎて傷つけたり傷ついたり。
その中の一瞬でも、安定した距離や感情が確かに存在するから、大事にしたいと思います。
Sちゃんの心の中や現実で、どれだけの葛藤と戦いと浮き沈みがあるのかブログだけではうかがい知れないけれど、人間性だけは確かに感じます。
自分自身と人を尊重し大切にしようと、暴れまわる自分を抑えつけるのが、どれだけ死に物狂いの葛藤か、更新されなかったり一行だけの言葉だったりに感じてました。

夏風邪にやられてしまったんですね。東京で一度危なかったです。クーラーがないと生きていけない熱帯夜だけど使いようによっては、あれはいかんですね。
今の私は、腰痛にやられてますwあと、滅多に歩かないのに東京はやたらと歩くことが多くて、足裏がひづめみたいになりました。進化って格好良いとは限らんのだな、と実感してます。
お互い、しばらく養生ですね。
身体を冷やさず、あったかくして安静に。眠るべし。とにかく眠るべし、と自分にも言い聞かせてます。

コメントありがとう。ありがたいです。
帰ってきました。ただいま。
またよろしくお願いいたします。ふかぶか。

2008/08/05 23:04 | 美鳥 [ 編集 ]


私も 

観客の一人として、パフォーマンスを見たかった。
いや、同じ空間を共有したかったと思う。

2008/08/06 01:22 | 依里 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/06 17:38 | [ 編集 ]


>>鍵コメUへ 

鍵コメありがとう。
何度も何度も読んで泣いた。
これ以上は私も返信できない。
ありがとう。

2008/08/06 18:48 | 美鳥 [ 編集 ]


>>あおぞらさん 

あおちん こんにちは~コメントありがとう。
ブログでは、お久しぶり。

生演奏の気持ち良さといったら、耳かきの気持ちよさを10とした場合、3000ミミカキーくらいの気持ちよさだよ(笑) 1人で歌うのとは全然違って、皆で合わせて少しずつ曲が出来上がってきたり、誰かのテンポに自分を合わせたり、自分の声の端で空気を変えたり、それが皆に伝わって音が変わったりがリアルで体感できて面白いです。

>私は歌うの苦手だけど、一人で気持ちよく歌うのは、好き。
歌うって、いいよね。 気持ちいい♪

いいよね~。私は、音痴、音痴と笑われ、からかわれて生きてきたものだから、歌うようになったのはつい最近。歌が大好きだったから、1人で努力したことしたことwノイローゼ時代に何やったって、独自練習法で腹式発生編み出しただけ(笑)

自分が何を好きかが分かるようになってきてからかな。好きで楽しいなら、それでOKだと思った。ひとカラも楽しいよね。

体調気遣ってくれて、本当にありがとう。疲れてるのか疲れてないのかよく分からないけど、横浜では明らかにHP1くらいだったよね(笑)

ゆっくり休みます。足が靴擦れとか諸々で傷だらけなので、オロナイン塗り塗り寝てるよ。ありがとう。

あおちんの調子は良いのかなーと気がかり。パニック障害が精神的にもたらすダメージって、本当に大きいと思うから。
またメールするね。
コメント、いつもありがとう。

2008/08/06 18:56 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメTnyさん 

こんばんは~ブログを読んで、ちょっと心配してました。つか、PC大丈夫?いっそ壊れてしまえばいいという気持ちが分かります。Linux入れようとまでした鍵コメさん、かっけーよ!なのに言うこと聞かずサービスパック3がどうのと世迷言を言うのは、どこのOSだー。F8キーを押せとか押しても何もなかったりして、期待と絶望の波状攻撃をユーザーに与え続けるのがヤツらの常套手段です。負けんな!手に汗握って回復を祈ってますよ。

「おかえりなさい」「おつかれさま」ありがとう。
そして、紛らわしくyoutube貼り付けてて、ごめんなさい(笑)そうか!そういう受け止め方も、もっともだ!とコメントを見て気がつきました。時既に遅く「美鳥さんプロフェッショナルー!!すげえ!!」とか本気で思われてしまってたのですね。こんなにプロフェッショナルなら、今頃は全国ツアーとかで忙しいと思います。香港あたりには上陸してると思います。

バンドマンブログ友が録画しとけばよかったのにー!とか後で言ってたけれど、私はさっぱり興味が持てませんでした。なんていうか・・・・また機会があれば参加させてもらおうとか厚かましくも無言で企んでたからかしら。・・・・・てへっ。


水戸黄門における、うっかり八兵衛のポジションは、ああ見えて肝心要のポジションと見ています。由美かおるの入浴シーンにも、さすがに無理が出てきた昨今、どっちが助さんで、どっちが角さんなのかもキャラ設定が曖昧で私には見分けがつかず、水戸黄門の色気のなさったらないので、うっかり八兵衛が今や私の中ではトップポジションです。キャラ立ちこそが、すべてですよ!

わたしは元ひどい音痴でした。歌心ついた頃は、家で歌えばネタにされ、からかわれ、下手だ下手だと哂われてきました。
ジャイアンが「ボエェェ~」と歌うのを見ては、まるで我が事のようで、ドラえもんさえ精神衛生上よろしくない状態でした。
対人恐怖で一歩も外に出られなくなって仕事もないし食料もないし、でも時間だけが有り余ってるときに、閉じこもった部屋で、たまに正気なときに独り歌唱練習に励みました。
ブログには書いたことがないかもしれませんが、腹式発声をそのとき独自に編み出して今に至ります。今に至るとか言うと、今さぞやうまかろうって雰囲気が出ますな。うむ。

生きていくのに度胸だけで来たように思います。今もまた度胸だけです。その前は勇気も度胸もクソもありませんでした。蛆虫でした。
孤独を知った人間、人間の怖さ、自分の醜さを知った人間は、自分をどう表現するべきかといずれ誰よりも考えるようになると思っています。生き延びることが出来ればの話だけれど、孤独は人を殺しもすれば磨いてもくれると、いまだ孤独の中で悪あがきしているらしい私は、偉そうなこといえませんが、それでもそう思います。孤独の中では、どうしても自意識の醜さを目にせずにはいられません。こんなに腐臭漂う自意識でどうやって生きていけばいいのかという問いを抱えることが出来る機会は、そうはないと思うのです。


今後も、次のことを考えてます。応援、ありがとう。私も精一杯応援しています。ひとまずはOSとの戦いを(笑)
治療は、自分頼みなところがあります。それでも何かあったときのサブとして、サポーターたる病院は確保しておいて損することはないと思います。
ドクターショッピング激しかった私なので、記事を読んでて思いました。

シャイ故の鍵コメ、ありがとうございます。
ちょっと鍵コメ名をこってみたよ(笑)

2008/08/06 19:18 | 美鳥 [ 編集 ]


>>依里さん 

依里さん こんにちは。

関東から帰る前日のことでした。最後やーと思うと、感慨深い時間でもあったよ。

>観客の一人として、パフォーマンスを見たかった。いや、同じ空間を共有したかったと思う。

バンドは、同じ空間を共有できるのが醍醐味だなと私も感じました。そして、酒好きは音楽好きと相場が決まってる気もする(笑)


2008/08/07 12:04 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメS様 

心こもったコメント、本当にありがとうございます。涙でしょっぺぇ。
レターにはレター返ししたいなぁと思いました。落ち着いて書けるまで気長に気にせず忘れて待っていただければ幸いです。

うさピローwは、そこらへん読み込んでらっしゃる方だけに分かるワードとして書いてみました。

全然関係ないですが、Sちゃんのブログで動物の森の話がやたら好きです。黒い遊びしてるところが良いですねw

こちらこそ、これからもどうぞよろしぅ。

2008/08/07 14:12 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。