--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/23 (Wed) 港と太陽と赤い靴  7th day

神奈川滞在二日目。
眠剤の調整を失敗して、あまり熟睡できなかった。
「お互いに無理をしない」が合言葉の旅だ。ブロ友とホテルのレストランで、のんびりゆっくり朝食を食べた。窓から観覧車が見えないのが、有難かった。

部屋へ戻って、色んなことを話しながらベッドやソファで寛いだ。部屋は涼しくて、外は曇りで翳っていた。晴れてきた外気の熱を窓越しに感じる頃、昼食も兼ねて赤レンガ倉庫まで遊びに行った。
僅かに記憶に残る観覧車やホテルや道は見ないふりをした。

赤レンガ倉庫は、古くて美しくて色んな香りがする建物だった。全階の雑貨屋を見てまわった。バスボムやら石鹸やら売っているLUSHが入っていて、ひとしきりクリームなんかで手を洗ってもらう。すべすべして気持ちよかった。こめかみにつける練香水「蝶々婦人」が良い香りで気に入った。ブロ友とはしゃいでしまった。あの店は、いつ行っても楽しい。どこか怪しい雰囲気もあって、楽しい。

初めて食べるフランスのガレットをランチに食べた。
友達は、好物だというチョコバナナのガレットを無言で黙々と食べていた。彼女は、美味しいものを食べているとき、無言かつ実に満足げで幸せそうだ。そんな顔を見るのが楽しい。

ひとしきり赤レンガ倉庫を楽しみ、私は一眼レフで撮りたいだけ写真を撮った。会う前から「美鳥ちゃんが何かに集中してるときは放置プレイでいいのね」と言ってくれていたから、しかしやはり何もかもがぶっ飛んでしまって申し訳なかったのだけれど、撮りたかった写真を何枚も撮れた。こんなことは珍しい。

お互いメンヘラ、健康体ではないので、赤レンガ倉庫で疲れた。とにかくホテルに戻ろうと外に一歩踏み出せば、そこは灼熱、釜茹で地獄かと目を疑うばかりの晴天。屋根ひとつないので、紫外線に殺菌される菌のような心地で、ふらふらとホテルを目指した。途中で、マクドのマックシェイキ(とにかくバニラにはまっている)を買って、しかしそれでも疲労激しく、あと少しホテルが遠かったら私たちは倒れてたよね、ヒットポイント0になってたよね、と後で笑った。

クーラをガンガンきかせたホテルの部屋で、取り替えられたばかりの真っ白な柔らかいシーツにくるまれて昼寝した。
私は、やたらとうなされた。
夢の中で闘っていた。怒っていた。
目が覚めたら友達が「うなってたよ」と教えてくれた。
友達と会える楽しい毎日。けれど、やり遂げるべき目的もある毎日。プレッシャーだとか対人恐怖だとか、ここ関東に数限りなく刻まれている忘れたい記憶の数々と私は無意識に闘っているらしい。
悪夢は、しばらく心にどんよりとした曇りを残して、鬱々とした気分になった。


それから、夜まで思いつくままに、色んなことを話した。
笑ったり真剣に話したり、思い出したり、思い出しそうになる記憶に鍵をかけなおしたり、病気や自殺や事件や宗教についても話した。
おなかがすいたねーと、適当に着替えて夜の町に出かけた。昼に比べると、嘘のように涼しい。生ぬるい風が吹いても、涼しく感じる。

近くの飲み屋街がものすごく良い味を出していて好きだ。ホッピーのプラスチックケースを何段も重ねて板を載せただけの道路に出されたテーブルに、チープなスチールの椅子。
中でも「馬鹿屋」という店があって、メニューを見てみれば馬肉と鹿肉の店だった。
焼き鳥屋やスナックやパブに混じって、ジャズバーがあったり、イタリアンの店があったりする。
チープなネオンや酔っ払ったサラリーマンや、一見、この町に不似合いなOLや学生の姿も、哀愁ある陽気を醸し出して味がある。特に、ジャズバーのドア越しに聞える微かなドラムやピアノの音色が、心弾ませてくれた。
少し遅かったこともあって、体に優しいうどんを食べようと探した。美味しいきしめんを食べた。面白いおっちゃん客がいて、店の人とも笑ってやりとりした。こんな些細な会話が私は大好きだ。
関東へ来て以来、久しぶりに心和む時間だった。

ホテルまで戻ってくると、途端寂しくなった。明日で、ブロ友とは別れて、また次の場所へ移動する。昼間にN氏と連絡がついた。彼は、私の冗談と本気を以前から取り違えるが、まだ変わりなく、私まで彼がどこまで冗談でどこまで本気で話しているのか、恐らく性格からすれば全てありのままなんだろうなぁと思うと、少し傷ついたり傷つかなかったりした。しかし基本的に、面白い。


今日は、撮りたかった写真が一杯撮れた。人工物を撮ることに熱中している。
足は、靴擦れだとか色々で傷だらけだ。
絆創膏が毎日手放せない。
例年になく毎日汗をかいていて、普段からは考えられない位、自分の足で歩いている。
なまっちろかった肌が焼けてきた気がする。
明日からの予定は、仕切りなおして明日に立てる。
とても楽しい時間を過ごすことが出来た。互いのマイペースと体調と病気の症状を尊重し合った結果、のんびり休み休みの観光だった。
こんな時間を忘れていたな、とブロ友に教えてもらった気がした。
どれだけ一緒に笑って、話して、食べて、歩いて、眠っただろう。
関東が、嫌いではなくなってきた。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

自助グループを作る |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。