--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/22 (Tue) 迷彩  6th day

あっという間に、東京での数日が過ぎた。
光陰矢のごとしを、肌身で感じている。
同時に関東に、どうしても慣れない自分もいる。その土地、土地を愛したいのに関東ばかりは、うまくいかない。何故だろう。

とはいっても、友達との出会いは全て楽しく、頼もしい。
ブログを通じて一年近く交流を深めてきた人たちとの初対面は、全く初めてという感覚がない。
数人と会ったけれど、何故なんだろう?と不思議に思う間もなく誰とも違和感を感じない。ずっと前からの友人みたいに思う。

一方で、大阪で立ててきたスケジュールは、どうやら3分の1を消化できれば上々らしいということが分かってきた。
思えば、私は病人なのであった。
そのことを大阪でも度々忘れて体調が悪化するまで何故だか自覚できないが、ここ関東では特に自分自身の体調や心の調子への自覚のなさが如実に表れる。

昨日は、友達と調子よく5時間もカラオケで歌ってきた。その直前までは、全く動けずベッドで寝てばかりいたのに、起き上がるなり飛ばした。元気だったからだ。
そして、また私のHPは0になった。
帰りに急に前後不覚になって道路で倒れた。
前も後ろも右も左も上も下も分からなくなって、体から自分が引き剥がされないように、しがみつくだけで精一杯だった。友達に借りた可愛いオレンジ色のスカートを汚したのが申し訳なかった。友達は私をおぶってくれようとして信じられない気がした。本気の思いやりなんだと思った。

その前日には、滞在先の最寄り駅までブログ友達が来てくれた。普通に合流して、普通に一緒にお茶を飲んで、とりとめなく話した。オフ会の規約の話をしたり、私や彼の病状の話をした。
鬱病で休職中だったり、ボーダーの治療中だったり、双極性障害だったり、その他色々、世の中の偏見は相変わらず殆ど変わりなくて、精神科や心療内科に通院していることを周囲にカミングアウトすることが憚られる現状は、一歩も進んでいない。
そんな中で、互いの病気を知った上で、時間をかけて交流を深め、くだらないことも楽しいことも苦しいことも葛藤も間違いも、互いに見守り続けてきた関係は、普通に出会う関係とは違うのかもしれない。


急遽、ブロ友の提案で小雨の中、都電荒川線の初発に乗って、あてもなく終着駅の三ノ輪まで出かけた日もあった。三ノ輪は、私がずっと探していた本物の下町そのもので、重いカメラもこのときこそ活躍してくれた瞬間はなかった。戦火を免れた町だからなのだと、古い商店街の老人が教えてくれた。

これもまた急遽、江ノ電に乗りに行こうと、あてもなく出かけた日もあった。寺の境内の骨董市で、戦時中の軍服や本物の銃弾、防毒マスクまで手にとって見せてもらった。階級章などの話は、面白かった。当時生きて戦った人たちの存在を生々しく感じ取り、戦争という忌まわしい日本の歴史への捉え方が、私の中で確かに変容した。

江ノ島までの道すがら両側に立ち並ぶ店でウィンドウショッピングしたり、もんじゃを食べたり。夜は、花火を見に行こうかなんて言っていたけれど、体力が限界なのと篤姫見たさに東京へまた戻ってきたりした。
その日は、ブロ友の家に着くなりダウンした。

激しく活動してダウン、を東京へ来て以来、繰り返している。思ったよりも私は動けない。実感する。歯がゆい思いをしている。でも、支えてくれる友達のお陰で、とにかく無理せず最低限の体力を維持して最後まで動き続けられるように、調整できている。


今のところ、関東でやり遂げたいことは準備段階で殆ど何も進んでいない。

今後、明確に決まっている関東での予定は、三つ。

当事者と家族のオフ会規約作り。規約を損ねると、共依存や自傷行為の伝播や人間関係の複雑化などで、支え合いの会は途端に機能しなくなる。1年近く考えてきた機能を有した会の第一歩を、ここ関東で作りたい。

もう一つは、ブロ友のバンドに飛び入り参加させて貰う事。美鳥らしいかなり厚かましいお願いだよね、とブロ友は苦笑して、それでも生バンドのボーカルという私の長年の夢を叶えてくれることになった。友達だけでなく、乗り気になってくれた友達のバンド仲間に会ったことはないけれど、こんなお願いをかなえようとしてくれるのは、一重にブロ友の人柄だと感謝した。

三つ目は、私自身の身の振り方に関わる。どこまで出来るのか、わからない。でも一か八かだ。いつでも。


宿泊先を、私は決めずに関東へやって来た。実際に会ったこともないブロ友が、うちに泊まっていいよだとか、一緒に遊びに行こうよとホテルと取ってくれたりした。無謀な私の旅を支えてくれる人たちがいる。この先10日ほどの宿泊先は決まっていない。多分、東京にいるのだろうけれど、全ての旅程をきちんと決めて動くことは私には出来なかった。見切り発車だ。信頼できる友達がいるから出来ることなのだと思う。

今は、関東に来て三人目の初対面のブロ友と神奈川にいる。

相変わらず新宿駅は私を苛立たせ、新宿という土地に殺意すら抱く。新宿駅にいると私は、東京という街を憎んでいると確信する。
その新宿駅から、ここ神奈川へ来るときに乗った電車は、あやの男がかつて住んでいた土地、今も住んでいるかもしれない土地行きだった。乗り換えずに乗っていれば、私はあの土地へ運ばれる。あの男もかつて、こんなふうに毎日東京とあの地を往復していたのか。その間の時間、あやは男からの電話を待っていたのだ。来る日も来る日も。

わけが分からなくなった。私は、あの土地へ行くべきだと思った。行って何をするのか分からない。けれど今行かなければ、いつ行くのだという気もした。
殺意が芽生え、電車は私を右へ左へ激しく揺れて振り回すから、いっそ私は電車ごとこの体を宙に投げ出して地面に打ちつけ、殺して欲しいと思った。誰かを何かを殺してしまうかもしれない私を、殺してくれと叫びたかった。
号泣しそうになる自分を抑えて震える指で頓服を取り出したら、落としてどこかへ転がって消えた。私が泣いていようが、得体の知れない薬を飲んでいようが、頭痛でガンガン壁に頭を打ち付けていようが、誰も構わなかった。
根源の分からない激情は10分か20分ほどで突如去って、無感情が訪れた。
その隙に頓服を取り出して、ガリガリと齧った。
乗り換えろ。乗り換えろ。あの地へは行くなと友人の誰もが言う。

気がついたら乗り換えていた。着いた駅からは、観覧車が見えて、私はまた根源の分からない衝動的な怒りや哀しみや混乱にとらわれて動けなくなった。
生きてやる、乗り越えてやるという思いが、足を動かした。
改札を出てブロ友と会ったら自分が異常なことが理解できた。観覧車は駄目なんだと伝えた。解離が酷くて自分が何を喋っているのか、自分が遠くて分からなかった。

彼女へお土産を渡し、彼女からプレゼントを貰った。思いもかけないプレゼントだった。涙が止まらなくて困った。闘病は、苦しい涙も流れるけれど、こんなとき、うれし涙が止まらなくなる。私が私である感覚が戻ってきた。

ホテル近くのレストランで、美味しい夕飯を食べた。友達は、数年ぶりだというビールを実に旨そうに飲んだ。幸福そうな顔を見ていると、私まで嬉しくなった。サーファーをしている店員との会話が面白かった。大阪みたいだな、と思っていたら、会話を見ていたブロ友が「関西人の美鳥ちゃんは関東人と全然話す方法が違う」みたいなことを言った。違う、違うのか、とホームシックに一瞬襲われた。確かに異質な自分を関東では実感する毎日だ。


ホテルの部屋は、とても快適で、数日振りにこうしてPCに向かうことができた。ブロ友は、既に背後のベッドで眠っている。

明日も、ネットに繋ぐことが出来る。
久しぶりだから、一気に思いつくだけ書いた。
こんなふうに散漫に書くのは、本当は好きじゃない。
ただ今日、あらゆる人間が渦巻く広大で迷路のような新宿駅を歩きながら、私は関東へ来て感じているもの全てをちゃんと把握できていないのだと思った。順序だてて感じたことを把握したり丁寧に見直したり、説明したりする暇なく、次から次へと目的と時間と事件と完全ダウンがやって来る。

楽しいことばかりではなく、今日は昼までダウンしていて、ようやく眠れたと思ったら最低な悪夢を見た。数日前から、うっすらと自覚しているが、ここへ来て最も都合が悪い対人恐怖の症状が出始めている。まさに、そんな夢だった。

弱音の吐き方を知らないと私は気づいた。
ここ関東へ来て、今日初めて気づいた。
倒れはしても、休養を要しても、とにかく弱音を吐くことがない私は、哀れではないのかと思った。
奇遇にも、東京行きの前にカウンセラーと話して気づいた、自身の根深い人間不信、対人恐怖を再自覚しつつある。

ここ神奈川のホテルで、気の置けないブログ友達とゆったり過ごし、こうしてPCに向かえば、楽しいことが幾つあって、苦しいことが幾つあるのか、どんな泣き言を封印しているのか、そのうち分かるんだろうか。
私自身が何者であるのかが、毎日問われている気がする。
私の目には、無機質で混沌とした発狂寸前に見える新宿駅で、今日、気づいたこと。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

自助グループを作る |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。