--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/16 (Wed) 前夜

本当は今頃は実家に着いている筈なのだけど。
今日もどん底の鬱状態が続いていて、本当は指一本動かしたくない。眠りたい。とにかく眠っていたい。でも眠ると、あからさまに明日からの予定と不安を反映した夢を見るから、ちっとも休まらない。

私は、常に”アングラ友”というものを必要とする。
去年までは、私が一からマゾヒストに育て上げていたR。
最近、今度はSのアングラ友を見つけた。つくづく、Rのようなタイプが私は好きなんだろう。色々と似ている。

昨夜パニックになりブログを読んで心配してくださった方からメールを頂いた。リアル友Jからも電話がかかってきた。弱音が吐けないのだろうか、私はどれにも反応できなかった。ありがとうと、ごめんなさいを口にもできずメールも返信できなかった。

そんな昨夜、偶然、アングラ友と連絡が取れた。
相手は、軽度のサディスト。軽度も重度も本当はないのだが、一般的に言えば軽度なんだろう。サディストもマゾヒストも、その筋の世界では至極ノーマルなのだが一般的には変態と呼ばれるらしい。

10年程前に、人間としての自分にも他人にも世界にも失望して全てを滅ぼしてやりたかった頃、呪いの言葉を吐かせまいと神が仕組んだのか、私は失語症にかかった。
そんな私を救ってくれたのが、一般的に”変態”と呼ばれる人たちの存在だった。

それなりに私は被害も被った。さすが”変態”と呼ばれるだけあって、会話の成り立たぬ社会逸脱者も多くいた。そのうち、一般人の中に、悪人や善人、性格が合う合わない、人間として尊敬できる出来ないといったレベルがあるように、”変態”の中にも、あらゆる人種と人格がいることを知った。

目が肥えた私は、私を高めてくれる”変態”だけを身近に一人は確保するようになった。
”確保”というと、とても事務的な表現だけれど、まさに”確保”だ。頓服のシートを常に財布にしまってあるように、アングラ友達は常に私のそばに確保してある。いつでも取り出せるように。いつでも自分自身を立て直せるように。

今の私のアングラ友ISの人柄は、別の機会に書こうと思う。きっと私が求めている何かを、彼らは共通して持っている。たわいない会話だけで構わないのだ。ただ私とコンタクトを取ることを楽しんでくれる、私も楽しみにできる、一切のストレスを持たない、そして腹の探りあいを全く必要としないあけすけさ、そんなものが私をほどくのだと思う。


誰の呼びかけにも応えられない中で、ISにだけは接触できた。ISは私の病気のことなど一切知らないし、私は話そうとも思わない。私がISに依存することもなければ、ISが私に恋愛感情を抱いたりといった妙に湿った関係になることもない。お互いサッカーが好きだからサッカーの話だとか、お互い知っている珍しい変態の話なんかをする。食べ物の話、旅先での話、昔の話、とりとめもなく話すけれど、昨日はISは、いつも借りている仕事場ではなくて自宅にいた。だから、私は電話で話せなかった。私も鬱で思考回路は止まっているし、何の準備も出来てないこともあって、早く寝なきゃと思った。
旅先からも連絡するよ、と伝えて、彼がいつ戻ってくるのかと聞くから旅程を話した。そうして回線を切った。

声を聞けなくて、寂しいというのでも何でもなかった。
頓服がうまく効かなかったときのような、軽い失望感だけが残った。



今朝起きてみれば、やっぱりIS効果はカケラも残っていなくて、鬱状態で動かない体と、今日一日どうすればいいのかというパニック状態の頭を抱えて、ひたすらベッドに横になっていた。
メールをくれた人にせめて「ありがとう」と伝えるべきだった、なのに何故ISと連絡を取ったのかと罪悪感で脳がぐるぐるした。


廃人のように過ごしていたが、昼にやってきたメールで、私は最後の意地を出した。
次の瞬間には動けなくなるかもしれないから、その瞬間に動いた。
リストアップした用事を見直して、旅先の東京でも出来ることは全て後回しにした。
出来るだけのことを、やった。荷物は、異常に多くなった。半月以上の滞在なんて、正直何をどれだけ持っていけばいいのか分からない。軽度のADHDも最悪な形でミックスされて、二度手間三度手間を繰り返し、最終的にはもう迷ったり考えたり、気づけば全然違うどうでもいいことをしていたりする自分に諦めて、何でもかんでも荷物に放り込んだ。
今の私は、パニック状態だ。でも今日中に、実家まで行かねばならない。文鳥を預けなければならない。そのためなら、必要経費だと思い、入らない荷物は宅配で送ることにした。


今、こうしてブログを書いている今、私はまた自分が嫌になっている。分単位で自分が変わる。揺れ続けて真っ当に立っていられない。何が必要で、どうしたらいいのか分からない。

明日からの旅は、私がブログを始めた頃からの夢だった。
昨日、メールを下さった方、ありがとう。
言葉を一度失って取り戻してみれば、ありがとうという言葉にこめるエネルギーも、全て私自身の行動に変えて御礼にしたいと思うようになった。
今も私は鬱状態で動けなくて、大阪でこれを書いている。明日からのことを考えると、頭がおかしくなりそうだ。不安で不安で、私は何て大それたことを始めようとしてきたのか、と後悔すらしたくなる。
泣きながら、これを打っている。何がこんなに苦しいのか鬱は本当によく分からない。

心配して、励ましのメールをくれた方、ありがとう。電話で話そうとしてくれた方、ありがとう。
最後に、偶然私と志同じくすることとなったN氏、ありがとう。ビジネスでもプライベートでもなく、何かありがとう。悔しさで私は動く。
世間の無理解は悔しい。悔しいから、発信していたい。悔しければ悔しいほど、私は感情を言葉にして発したくなるのかもしれない。私自身が生きているありのままを伝えたいと思うのかもしれない。
殺されてたまるか、生きてやる、そんな気持ちだけで今日まで来た。
原点は変わっていない。原点があったから、私は今日も生きている。前を向いていられる。


呪いも希望も、思うばかりの私は、もう死んだ。死んだんだと思いたい。
新しい私で、明日、飛行機の窓から富士山が見えたらいいな、と思っている。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

自助グループを作る |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。