--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/15 (Tue) 孤独回避の方程式

酷い鬱が来た。
やっぱりな、という気持ちが殆ど。
いつも何もかも嫌なことなんてなくて私は全然元気なんじゃないのか、と思い始めたあたりで、嘲笑うかのように現実を知らせにやって来る。
生きてるの嫌だよね、終わらせたいよね、寂しいよね、一生孤独だよね、と声がする。
せめて泣かないように頑張るけれど、こういうときは駄目だ。

信じられないことだけれど、明後日から半月以上の旅に出る。
なのに酷い鬱が来て、一歩も外に出たくない。
銀行を二つまわって、支払いを済ませて、郵便局へ寄って、区役所へ書類を送って、荷物を作って送って、旅行の荷造りをして、病院へ行って薬を貰いに行って、まだまだ、まだまだ用事は残ってる。
それを、あと24時間ほどで全部やらなきゃいけない。
無理だ。

無理なのは動けないことより、心が重くて重くて死にそうなこと。
孤独が重い。私の足をどこまでも引っ張って、水底に沈めようとする。
コンクリ詰めで真っ黒な海に沈んでいく姿が目に浮かぶ。

全てのきれいごととか、きれいごとと思われてないセリフまでが綺麗なだけの役立たずに思えて、ふざけるな、と怒鳴りたくなっている。

境界性パーソナリティ障害の私は、私と闘わなくちゃいけなくて、この戦いには誰も手を貸すことが出来ない。他の同病者も同じ。自覚してしまえば、これは自分の戦いなんだと同時に分かってしまう。
これって、二者関係にこだわって、常に相手の存在や言動の一つ一つでようやく自分を成り立たせているボーダーにとって、とてもとてもハードルが高い事実だ。
でも、相手の手を借りてしまったら、それはもう戦いじゃなくなる。

鬱は、甘え方を覚えなきゃならない。頼ることに不慣れだから無理をしてしまう。だから、頼ることも覚えると楽になる。

それじゃ、境界性パーソナリティ障害は?

永遠に世界が崩壊し続ける絶望病かもしれない。
知識を誰かから与えてもらうことはできても、アイデンティティを支えるために他者を必要としている限りは、ボーダーに希望はない。
鬱っていうより今の私は、想像以上の孤独に絶望しているのだ、きっと。

旅立つ日は、いつものカウンセリングの日だ。今週は、いけない。当分行けない。
最後にカウンセラーと話したときの自分のセリフと苛立ちと絶望を思い出すと、また更に絶望する。
私は結局誰のことも信じてなくて、がむしゃらに一人で生きようとしていて、結局独りだ。
メビウスの輪のようになっているんだろうか。
もう随分と進んだ、と経過時間と疲労度から現在地点を算出するが、いつもなぜか同じところへ戻ってきている。
方程式が間違っているんだろう。普通の人間とは違う別の計算式が必要だ。
徒労ばかりは、もう疲れた。
明後日、予定通りの飛行機に乗れるかすら、今の私には分からなくなった。




心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

境界性人格障害 |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。