--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/08 (Tue) ADHD×2の大人のランチ

サイドブログ【Baby Bitch I am.】更新しました ▽三文芝居
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、幼馴染の戦友Jと隣の市で待ち合わせて、ランチに行った。
Jは、現在、夫から酷いDV被害を受けている。子供2人は上の子が広汎性発達障害、下の子はADHDの多動児だ。余りに夫の暴力や暴言や、これから予想される事態が悪化していて、とにかく会いたかった。会って話をしたかった。子供たちは、そろそろ色々分かる年頃になっていて、先週か2週間前に会ったときにも、何かしら感じているようだった。だから、子供たちがいない昼間に、Jと会って法的な問題や親権や、これからのことや、私が友人から聞いたアドバイスなど話したかった。
何より、凄まじい日々を送っていることを知って、会わずにはいられなかった。会って私に何ができるわけでもないが、私自身がとにかく会いたかった。

大阪は、ざんざん降りに雨が降ったかと思うと、2,3分であがり、またざんざん降りの繰り返しだった。自転車に一眼レフやらノートやらを積んでいたから、用心して持って行った袋に全部入れて、途中雨が上がる度に写真を撮りつつ到着。
早めに着いたから、マクドでノートを広げ、音楽を聴きながら作業していた。
Jは、30分ほど遅れるとのこと。何故かというと、「美鳥に話すより事前に伝えておいた方が効率が良いと思って一生懸命ブログを書いていたから」だった。
彼女も、目の前のことに熱中すると周りが見えなくなるADHD。そして、私も同じく軽度ではあるが、ADHD。本末転倒なのだが、気持ちと行動が分かりすぎて笑ってしまった。

それじゃ百貨店のレストラン階に行くか、となったのだけど、これがレストラン階になかなか上がれない。目の前に興味があるものを見つけると、目的など全て吹っ飛ぶADHD女が2人。
これが可愛い、あれが可愛いと手に取ったかと思うと、それでダンナがああでこうで、私は最近こうで昨日そんなことがあって、と会話に忙しい。
お互いに我に返ってレストラン階をまっしぐらに目指そう、と決めた。
ランチは、すごく美味しかった。最近ろくな食事をしていなかった。食欲がないというのもあるが、一番には面倒だから。食事に割く時間が勿体無いと思ってしまう。
食べ放題のパンが美味しくて、頼んだグラタンは普段あっさりしたものばかり食べている私には最高にこってりしていて、とにかく美味しかった。食べながら、喋る喋る。昼間、ランチタイムにしては、かなり濃い内容になった。

彼女が、一時期離れようとした行政の相談窓口やカウンセリングに再び通っていることを知って、ひとまず少し安心した。DV問題の一番難しいところは、被害を受け続けているにも関わらず、常態化した暴力に被害者自身が麻痺して問題を放棄してしまうケースが多いことだ。生きるか死ぬかの瀬戸際までに追い込まれないと、被害者自身が「私が悪いわけではない」と気づくのは難しい。一種の洗脳状態にあるからだ。

食事を済ませたら、ショッピングだ。とはいえ、私はとにかく見るだけと決める。
時はバーゲン。靴のフロアに降り立つと、私たちは知らぬ間にはぐれていた。が、はぐれていることにもお互い気づいていなかった。
何しろADHD。それぞれの興味の対象を見つけると、満足するまで我に返ることはない。

私は、見つけたシルバーゴールドのTストラップピンヒールに夢中だった。Jがどこで何に夢中だったのかは、知らない。そのうち、好きなアクセサリーブランドを見つけて、私はそちらへふらふらと吸い寄せられ、更にその奥の化粧品コーナーに吸い寄せられ、気になっている香水ブランドを探した。けれどなかったから、そうだディオールのプワゾンを久しぶりにつけようと思って、ディオールのコーナーへ出向き、美容部員のお姉さんとああだこうだと楽しく香水話に興じていた。プワゾンは、たまに気になるが手に入れたいとは、なかなか思わない。何故だろう。結局、気が変わってジャドールをつけて帰ることにした。
プワゾンとジャドールの香水テスター紙も貰ってきた。香りが消えてしまうまで、いつも手帳に何かしら挟むことにしている。お金がなくても香水が楽しめる。

自分の欲求を全て満たした瞬間に「あ!そうだ。Jと来てたんだった!Jはどこだ?」とコーナーを出た。同じく、私を探しているJと落ち合った。お互いの行動パターンが分かるだけに面白い。
「私はサングラスをかけたりはずしたり、ひたすらしてたわぁ」とJが言った。じゃあそこに行こうよとなって、子供を迎えに行く時間が迫っているにも関わらず、二人で、ひたすらサングラスを試着し続けた。私が一応欲しいけど買えるわけもなく諦めたジル・スチュアートのサングラスがバーゲンで安くなっていて、買う予定もないのだが、とにかく楽しい。しかし、どこかしらジル・スチュアートらしさを演出せねばと思っているのか、演出しているのか、ツルに余計なものがついているジル・スチュアート。最終的には、いらねーや、と思った。Jも、ひたすら自分好みのサングラスを探していた。
何十分費やそうが、ADHDの2人。誰も止める者は、いないのだった。

ようやく気が済んで、デパ地下で買い物。やたら安いセールをやっていて、果物や文鳥たち用の野菜を買ったりした。
Jは、食材やパンやお惣菜を「冷凍しとけばいいから」と山ほどお土産に持たせてくれた。4人家族のJの家のより私の袋が大きい。Jの愛情のでかさを感じた。
これじゃ、どっちがどっちを励ましに来たのか分からないと複雑な気分になった。有難かった。凄く有難かった。何だか母ちゃんみたいだなぁと、感謝を噛み締めた。

Jと別れたのは4時近くで、その頃には、すっかり雨が上がり、水溜り以外はアスファルトはすっかり乾いていた。蒸し暑い空気と照りつける太陽に、午前中のあの激しい雨は幻だったんじゃないかとすら思わせた。
撮りたかった場所、場所で自転車を止めて、撮りたいと思ったもの全てにレンズを向けた。

行きに通った橋を、また渡る。
そこで、気がついた。
私はいつも、橋の上で気を失いそうになること。行きも同じく、意識が飛ぶのを感じた。最近、Jに会うために前よりよく通る淀川の上にかかる長く大きな橋なのだが、自分の不安定さを感じて行きに家で頓服を飲んでから出かけた。それでも、淀川の上のあの橋は、私をおかしくする。

極貧やら色んな病気やら自殺・他殺欲求の果てに失語症になった私が、よく通ったのが淀川端だったからだろうか。何を思い出すでもないのだが、瞬間瞬間に意識が飛ぶ。
これまで何となくだった危うい感覚を、今日はっきり自覚できた気がした。


帰ってきたら文鳥ズが「何やってたんだよ」と退屈顔で迎えてくれた。留守番のお礼に、大好物のきゅうりを献上した。


そういえば。
ランチに決めた店が、ランチタイムでものすごく混んでいて、入り口で順番待ちの名簿を書いた。私は、今朝から調子がおかしくて、やや解離ぎみでぼーっとしていて無意識にアホな書き込みをしてしまった。画像の一番下の行が、おかしくなっちゃってた私の名前。
lunch20080708.jpg


狙ってない時の失敗は、非常に恥ずかしい。書き直そうとしたらJが「そのままにしときー。どんなイントネーションで呼ぶんやろ」と、わくわくして言うから、敢えてそのままにしておいた。順番待ちに、楽しみができた。
「2名でお待ちの音名さん(←なんかこんな漢字)」と呼ばれるのか。
「2名でお待ちの大人さん」と呼ばれるのか。

果たして、私たちの順番がまわってきた時、店員は名簿を見て戸惑い気味に少し首をひねってから、やや控えめな小声で、
「2名でお待ちの大人さん?」と呼んだ。
「そっちで来たか!」
と笑えたけど、何か不満だった。
「がっかりやな」と、Jと笑った。

画像が残っているのは、Jが「撮っておけ」と言ったから。
今、凄絶な戦いを始めようとしているけれど、今もその真っ只中にあるけど、中学時代から、やんちゃで、おもろい人です。
負けんな、J!



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。