--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/07 (Mon) 足下の辺境

昨日アップした記事◇私が死ななかった理由(カテゴリー<Live for The end. - 自死と癌 - >)を、大幅に加筆修正した。

自分が書いたものながら、あまりに冗長で的を射ず苛々した。
本当は昨日直したかったのだが、あれを書いていると体調が崩れに崩れ、あっという間にダウンした。
何度も何度も、危うく意識を失いそうになった。背後斜め下にストーンと落ちそうで、何度も椅子に座りなおした。心と体が足場の悪い崖っぷちに立って、グラグラ揺れていた。実際、体はいつも通り大人しくパソコンに向かっているのだが激しく揺れるったらない。いつも思うのだが、あれは何だろう。高確率で私は、地震と勘違いすることが多い。震度4?5だ。

そもそも自殺について書こうなんて思っていなかったのに、何故書いたのか不明だ。気がついたら書いていた。そして見るに堪えず、朝から修正したら、またも体調が最悪。吐きそうだ。


吐きそうといえば、理由がもう一つある。
先週の木曜のカウンセリングで、思いもしなかった自分の本音を知った。
絶望的な本音だ。
自分が一体、誰を信じていて誰が信じられないのか、私はそもそも自分を認めてやれているのか分からなくなった。何もかも振り出しに戻ったかのような失望だ。落胆のあまり、家へ直帰した。

私と友人N氏との過去の言葉のやり取りを、カウンセリングで思い出したことが、振り出しに戻る決定打になった。
一ヶ月前なのか二ヶ月経ったか、あの日、私は泣きながら、絶叫し包丁を振り回し自分の一番奥底に眠る本音を何度も何度もN氏に向かって叫んだ。繰り返し。
なのに、当の本人である私自身は、自分が叫んだ言葉の意味すら分かっていなかった。


人間不信の根本の部分が、いまだ何ら改善されていなかった。
カウンセリングに通い始めて7年。7年の時間と費用を費やしたのにだ。
やっと自分を掴んだかと思うと、まだ底があることに面食らう。泥沼だ。
核心は、恐怖だ。知りたくないことが眠っている。
でも知ってしまったから、もう元には戻れない。

本心は、ここから逃げたいなーと思っている。
もう「トラウマ」とかいう言葉は、うんざりだ。聞き飽きたし、チープだ。いつまでも付き合っていたくない。逃げたい。なかったことにしたい。
そのせいか、夢の中で私は毒入りミルクティーを作って弟たちに飲ませるために、赤いポットで湯を沸かしていた。
同時に自分も飲んで死のうと決めていた。
幼い弟たちを騙して飲ませることに罪悪感はあったが、全ては、その都度「仕方ない」という気持ちで片付いた。そんな夢だった。


そこそこの年数生きてきて、大人になったのに、私は今だに子供の頃の体験に傷つき続け、世間一般で言うところの全うな生き方を失い続けている。
CPTSD、トラウマ、虐待、フラッシュバック、パーソナリティ障害、名前は何だっていいが、とにかくこの傷は、一体いつになったら瘡蓋となるのか。

私を傷つけ続けているものを自覚する度に、私以外の誰かを傷つけるものも、私は憎む。
「誰か」が誰を指しているのか、とても曖昧だ。実家の弟を指しているのか、私の大切な戦友たちを指すのか、そこらの見知らぬ人たちも指すのか、遠い国の人たちも含むのか。
とにかく誰でもいい。人の心を傷つけるものを私は憎む。
私の中にも、誰かを傷つける刃がある。
でも、恐れていたら何も出来ない。
動くことで誰かの敵を切ることが出来るなら、何でもいいからしたいと思う。
そのためなら、永遠に瘡蓋などいらないのかもしれない。
傷つくことの痛み、痛みに否応なく人生を支配され続ける生々しい悔しさは、同時に可能性のようにも感じる。同じ境遇に立つ誰かに、私でも何か出来ることがあるかもしれない。
可能性は、いつも紙一重で不可能に転ぶ。
だから可能性には、一か八か賭けることにしている。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。