--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/30 (Mon) 昼寝日和 晴れた空の下

cat20080630.jpg

今朝は珍しく、予約どおりに病院へ行けた。

前回の通院では、診察室でぶっ倒れてベッドに隔離されて、うぉううぉうと号泣していた私だが、今日は、けろっとしたものだった。しかし、診察が始まると同時に猛烈な眠気に襲われ、瞬間ブラックアウト。看護婦や先生に肩を叩かれ名前を呼ばれ、ああなんでしたっけ?と訊いている端から、またブラックアウトするので、1時間も待ったのに診察時間は3分程だった。あの病院での私の信用は著しく低下している。何だか看護婦が付きっ切りである。数々、やらかしてきたからか。
先生は、私の経済状態を心配していた。そんな話が出たからなんだろうか。話したくなかったからなのか、単なる疲れが溜まっているのか解離性障害のうちの一つなのか。
また一人暮らしの部屋に帰りたくなくて、ベッドで寝て帰りたいと思ったが帰ってきた。病院は、病院であって、休憩所じゃないのだ。そういえばブラックアウトする狭間で先生に「また入院したいです」と言ったことだけは覚えている。たまに入院したくなる。自分で自己管理が出来ない。

眠剤を状態によって調節する加減が分かってから、規則正しい生活は出来ている。ただ、前日の活動量によって激しく疲れたりするんだろう。躁状態でうろうろしている間に、どんどん疲れは溜まってきている。

こんなときは、とにかく動きたい。買いたい。出かけたい。予定を立てたい。
その合間に時間が空くと、最近知り合ったアングラ友達軽度S男と雑談したりする。個人で仕事しているために、基本的にいつでも電話すれば、仕事場にいるのだった。依存するでもなく、恋愛に発展するでもなく、言うなれば話題にタブーのない間柄といえばいいんだろうか。
Rにそっくりのタイプだ。Rは、私がMに仕立てたが、それをSにそっくり反転したような感じ。仕事が好きで人間が好きで、楽しむことが好きで、会話が上手くて心の機微に敏く、フットワークが軽くて話題が豊富で、多趣味で仕事が出来て、心が広い。
こういう人間が私の友人にいなければ、私は自分がアンバランスに思えて好きになれない。

dog20080630.jpg


昨日は、2年半ぶりくらいだろうか。大学時代の旧友Mちゃんと電話で話した。わざわざ休みの昨日、タダ友時間にかけてきてくれたのだが、2年半ぶりの電話にも関わらず、一つのことしか見えない軽度ADHD(←言い訳がましい)のためか、電話に出るなり「おお!Mちゃん久しぶりー。でもさ、今かけてこられると困るのよ。私、今篤姫にかぶりつきでね。これだけは逃せないんだわ。あとでかけるわ」と断った。Mちゃんは笑って「ああ!篤姫は、きてるよね。私もあれ見てるんだわ。じゃ今から見るわ」と笑って電話を切った。

何回前からだろうか。ドラマ「篤姫」が私にはラブストーリーにしか見えない。毎週、号泣している。こんな恋愛がしたいものだわと思いつつ、気持ちは公方様に重ねたり篤姫に重ねたりと私の心は忙しい。原作者の文章を私は好きじゃないけど、ドラマにすると素晴らしいな!
しかし、ラブストーリー的部分が過ぎて、ドラマ内で「次期将軍は?・・・」「一ツ橋派は?・・・」「鎖国は?・・・」なんてシーンになると、途端に気もそぞろになり、ああ私はMちゃんに何てことをしてしまったんだろうかと激しく後悔した。そのうちに、また篤姫と公方様が出てきたもんだから、うををを・・二人をこのままそっとしておいてあげて・・・つか、間を裂こうとする本寿院様はひょっこりお亡くなりになったりしてくれないのかしら・・・などと、どっぷりドラマに浸かりきる。そしてまた、時勢の話題になって、薩摩がどうのとか、とにかく篤姫も公方様も出ないシーンではMちゃんへ申し訳なくなって、すっかり調子を崩し、頓服を飲むはめになった。

ドラマが終わったら、すぐに電話して、まず平身低頭謝った。
Mちゃんは、そんな私の告白をゲラゲラ笑って聞いてくれた。思えば、彼女も同質の人間であった。何年ぶりに会っても、顔を合わせるなり「じゃ。どこ行こっかー」と違和感なく普通に付き合える。距離感が絶妙なのだ。私は距離感を取るのが、ボーダーだけにとても下手だったが、いっそドライすぎるくらいのMちゃんの対人技術が思わぬところで私にとって救いとなった。

タダ友時間は、会話開始15分で終わり、あとは有料だ。しかし会話は止まらず、Mちゃんは相変わらず面白い。そして交流がない間に私に色々あったから、説明しているだけで時間がかかるかかる。彼女と最後に名古屋で会ったときには私は「裁判するの」と言っていたらしい。そこから会っていないから、例えば2年間の裁判や結審、祖母を亡くしたことや、二度のマンションでの水害だとか引越しだとか愛人関係の解消、婚約、婚約破棄、怪我、病気、ブログ、交友関係、私が片付けられる女になったこと、色々彼女は知らないのだった。
何というかMちゃんは呆れっぱなしというか、よくまあそんなに色々あるもんだよね、と言っていた。あるものだな。

話は膨らみに膨らんで、もともと私も彼女も漫画マニアなのだが、彼女が今一番はまっているのは私が敬愛してやまぬ「ジョジョの奇妙な冒険」で、彼女が今すすめられて今ひとつ面白さが分からないのが、私が心のオアシスとして肌身離さぬ「銀魂」らしい。
そんな話から、恋愛話までして、途中電波が悪くて向こうからかけなおしたりして、結局4時間喋りっぱなしだった。
同会社の携帯とはいえ、かかった電話代を考えれば、どっぷり鬱になりそうだ。そのお金で、いっそ名古屋へ行けるではないか。せっかくタダ友なんだから、何も焦らなくても別の日にすればよかったではないか。
目の前のことしか見えない躁状態は、危ない。こんなときは極力動かないようにするのが一番だ。この部屋を出てはならない。

怖いのが、反動でこの後訪れるであろう鬱・冬眠期。
実は、ブログに書いている5倍ほど、リアルで私は動き続けてきた。リアルが忙しいのと、感情と体調が目まぐるしいのとで、ブログに書く時間がなかった。
体調が優れないのは、活動しすぎているせいだと思う。本来私は、こんなに動ける程健康ではないはずだ。
今こそ、引きこもるとき。人間、外へ出て刺激を受けるのも大事だが、引きこもって内省にあてるのも大事であろう。幸い、文章を書くことにおいて、飽きるということはないので、パソコンと始終向かい合っていようと思う。
今日の大阪は、梅雨が明けたかのように美しい青空だ。上空の気流が描いているのだろう。筆で水平にひと刷けしたような、淡く白い雲が清清しい気分にしてくれる。
こんな日に外に出ないなんてどうかしてる、という天気だ。
しかし、敢えて私は引きこもるのであった。
午前中で、用事はあらかた済ませた。ちょっとしたハプニング(怒)も経験し、そのせいで予想外の出費をし、犬と猫に出会い、ついに一匹、友達猫が出来た。
街は芳しいクチナシの花が満開で、クチナシの香りが大好きな私は、それだけで心浮き立った。愛車の赤い自転車は、大阪のアコギなおっちゃんのせいで勝手にカスタムチェンジされ(怒)乗り心地が良くなったから(嬉)、気分はまあ良かった。

今日のリアル生活は休息日にしよう。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

治療日記 |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。