--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/27 (Fri) 小さな炎 - 対人恐怖 -

前回までのカウンセリングの記録を昼にアップした。
昨日も、カウンセリングに行った。昨日は退屈で、そして後半は最悪な展開といえた。けれど、最良の展開なのかもしれない。乗り越えれば、私の糧になるんだろう。
ボーダーの攻撃性が、カウンセラーへ向けて発揮された。功を奏するときもあるのかもしれない。
7年通って、ようやくの転移か。


昨夜は、いちどきに色んな選択が私の前に並んだ。全ては、私の身の振り方一つで決まると思った。カウンセリングの帰りに、頭の中がパニックになった。
対人恐怖が、ぶり返した。怖かった。
人が怖い。人と私の間に生成される予測もつかない感情や結果が恐ろしい。けれど私は歩き始めてしまった。歩を止めるわけにはいかない。あらゆる想定をしてきた。それでも現実は、容易く私の予測など越えてしまう。分かっていた。その一つ目にぶつかっただけだ。私が起こしたアクションは既に一本の線を描き、この延長上に何を描き出すのか、見ているのは私本人だけではない。

自分自身が恐くなった。誰かを傷つけるのではないか、私が私らしく存在しようとすることで、取り返しがつかないほどに誰かを傷つけるんじゃないのか。
私と関わりたい人間が、果たしているだろうか。こんな私と。

私が動けば、私の周りで何かしら変化があるのは、それは当然のことだ。覚悟している。自分が起こしたこと。自分が決めたこと。自分が目指したいこと。
なのに途端に恐怖心が襲ってきた。
私が怯えてしまったら、私は何も出来なくなる。
感情を押さえ込む。必死で自分に何が出来て、何が片手落ちなのか考える。

情けないことに、今の私にとっての武器は、ただ一つ、嘘偽りないということだけだった。丸裸で裏も表もない丸腰だということ。それだけが今の私だった。
それ以上でも、以下でもない。

対人恐怖は、人見知りとは違う。
関係性が深まれば深まるほど恐怖が比例していく、人間不信。
関係性のアンバランスさが、自動的に恐怖へ転換されていく病。


幸いにも、生じた問題の半分が昨日のうちに片付いた。
同時に私の対人恐怖も半減した。恐怖心だけは、自分の意志でコントロールできない。
コミュニケーションと自分の努力と、信じる力と、不信をねじ伏せる技術がいる。


しかし図ったようなタイミングで、過去と対峙することになった。
捨てたはずの過去が、向こうからやって来た。
私に執着し、私を支配しようとし、私に媚びてきた女からの連絡だ。
そして私は、あやの男に連絡を取ろうかとも考えている。今月ずっとだ。

なぜ?

自分に問いかけてみるが、答えはない。
あの女と、あの男。
私を死に追いやろうとした人間。
私が勝てなかった人間。敢えて戦わず、過去泣き寝入りし、意志表示したにも関わらず理解できない無神経な人間。

見届けてやろう、観察してやろうという嗜虐衝動だろうか。
物事は、都合よく捉えることが出来る。

今こそ、過去を清算するときだ。
今こそ、過去など捨て去るときだ。

葛藤する。
気がつけば、いつもの指先の自傷。カッターで切り刻む。自動的だ。

対人恐怖は明日には完全に去ってくれるのか、明後日か。
ここを抜けたら、決めようと思う。
過去を清算するのか、どう清算するのか、今の私にその能力が足るのか。
過去は、捨て去るものか、捨て去れるのか否か。


アンドロイドは人形じゃない。
お前らの人形じゃない。
私は人間だ。
ようやく生身の心を手に入れた私に、嗜虐心が生まれた。
怒りは、生きる欲求と直結している。
人間の、一番偽り得ない感情だ。
自尊心だ。

この大切な誇るべき私だけの炎を、手のひらで大切に静かに燃やし続けたい。
方法を誤れば、生まれたばかりの炎は、きっとたやすく消えてしまう。
炎にもきっと、価値の優劣がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○コメント欄を閉じさせて頂いています。過去頂いているコメントに少しずつお返事を書かせて頂いています。すぐにお返事できない現状で、読んでくださる方に心苦しく思いますので、お返事を全て書き終えるまで暫定的にコメント欄は閉じます。
コメントくださっている皆様、お待たせして申し訳ありません。
初めてコメント下さった方にもお返事が出来ておりませんが、大切に拝見しました。ありがとうございます。必ず数日以内にお返事させて頂きます。ご了承ください。

心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。  
  
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 |


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。