--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/16 (Fri) フラッシュ

カウンセリングでの一番重要な後半を書こうと思っていたけれど、
途中で書くのをやめて、今日に至る。
そちらの続きを、明日書こう。
昨日は、まだ「私」が安定していなくて、うまく表現できなかった。
今日は、今日あったことを書く。

12日は、どう考えても記憶が一切ない。
いつから過食していたのか、
とにかく異常な量食べて胃腸が荒れたらしくて、口内炎ができかけて、
更に肌が荒れた。
数日で食費がやたらかかった。
過食には、こんな二次被害もあるのだと実感した。

昼に駅前で友達と待ち合わせて、お昼を食べた。
バナナトーストという得体の知れんものを頼んでみたら、案外美味しかった。
今日には、完全に過食が止まった。
原因が分かったから、自発的に止めることができた。
食欲が普通になったことで、安心した。
味わえることも安心したし、
あの永久に満たされないだろう空虚な感覚を思い出すと、
食べ終わったときに、ご馳走様でした、と
手を合わせることができる自分が、心から有難かった。

過食と、過食を止める仕組みを発見したことと、12日のこと、
13日?今日までのことを、
友達に話してみたけど、全然伝わらなかった。
話を聞き終えて、いつも友達は、こういう意味か?と
私に確認してくれるのだけれど、それはいつも違っているのだった。
共通言語がねーよ、とお互いに笑い合う。
でも半分真剣に話し合った。
理解しようとしてくれる友達に対して、どう説明したものか。
書くより話す方が苦手だから、書いてみてメールででも送ろうと思う。

病院の予約時間まで、天気が良かったから、一眼レフ片手に
近くの小さな小川に散歩に行った。
マグロみたいな巨大な鯉が泳いでいて、赤ん坊くらいは背中に乗れそうな大きさで、
「でかっ! ・・・・でっか!」
と、二人でツッコミを入れた。
亀もいた。
楽しかった。
すっかり夏のような気温で、歩いているとうっすらと汗をかいた。
風が気持ちよかった。
駅前で、また写真を気儘に撮った。大好きな一枚が撮れた。
友達と色んなことを話した。


病院では、数日のことを話していると抑えられずに泣いた。
何に泣くのか、なぜ泣くのか、不思議な部分もあった。
過食を止められた自分なりの理由を、N先生に話した。
「過食は私の症状じゃない」
と話してみたら、先生が肯定してくれたから、
ここ数日で出した結論で間違っていないんだと思った。

過食は、あやの症状であって、私の症状じゃない。
そのことを自覚できていること、きちんと自分を客観視できていること、
結果的にシステムをコントロールできていること、
N先生から一つ一つ確認してもらい、自分の成果として認めることにした。

12日に、私が<誰かと交代>した可能性はあるのかと訊くと、
その可能性は高いという。
昨日、カウンセリングに行って良かったと思った。
いよいよ、自分とちゃんと向き合う時が来たような気がした。

帰りは、解離がひどくて一瞬で意識が飛ぶから、
自転車を押して歩くのが精一杯だった。
気分が悪いのと、頭痛がひどいのと、三半規管がやられたのとで、
前カゴにカメラが入ってなければ、とにかく放り出して
道路に倒れこみたかった。

友達が手を貸してくれようとしたけれど、とにかく喋り続けて、と頼んだ。
自分が誰だか分からなくなってきていて、ぼんやりした焦燥感に包まれた。
照りつける日差しが眩しくて眩しくて、
世界中の全部がフラッシュで白飛びするような感覚で、
「世界に刺激がない」とか、わけの分からないことを言ったのは覚えている。
友達が隣で「風が吹いてる」とか言ってくれるのが聞こえた。
でも、音もどんどん遠くなって、視界が暗転して、
私が目を閉じていたのだろうか、
どんどん自分が遠くなって、昏倒の一歩手前にいる、と思った。

二言、三言、多分三言だ。
友達と、あやが喋った。
私は、ふらふらになって自転車を押し続けて歩き続けて、
とにかく帰りたい、帰りたい、と友達に訴えた。
自分が誰だか分からないことも伝えた。誰だか分からなかった。
他人がいると、余計に自分がどれだけ自分から離れているかが分かって、
いいことなのか悪いことなのか、まるで分からない。

ふらふらになりながら、たこ焼計24個、
お昼奢ってもらったかわりに買って帰って、家で友達と食べた。
関西人なのに、友達はたこ焼きにマヨネーズをかけないことを知った。
だから、半分はソースのみ。あとの半分は、しょうゆマヨ。
美味しかった。


いつもどおり、自分が戻ってくると何事もなかった気がした。
本当に私の表情が、全く何事もなかった顔をするらしくて、友達は不思議だと言う。
私は私を外から見ることが出来ないから、分からない。

でも、すごくすごく今疲れていて、結局ベッドに潜り込んだから
いつものパターンと思ったのか、友達が笑った。
私も、何だかおかしくて笑った。

今日は、楽しかった。
泣いたこともあったけれど、頑張った。
友達もいてくれて、治療も受けていて、私が私でいられる。
私が戻ってきたから、大丈夫。
今週は、学んだことがたくさんある。
昨日のカウンセリングでのことも、今日の病院でのことも、
私にとって、大事なターニングポイントだから、あらためて書こうと思う。




心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

治療日記 | comment(2) |


<<ここに居たい。明日も居たい。 | TOP | 胃の腑にスポンジを詰めても詰めても足りない>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/05/17 01:03 | [ 編集 ]


>>鍵コメMさんへ 

Mさん こんばんは。
長文でお返事いただけて、嬉しいです!
わくわくしながら拝見しました。
長い間読んでくださっていて、応援してくださって、何度、記事に言葉に明るさを頂いたか分からないです。今だに私、あのレインボー記事が忘れられないのです(笑)

最近は、体調が最悪に悪いか、体調が良くてここぞとばかりに外出して帰ってきたらダウンか、の連続で、ブログに遊びに行ってもコメント残せなかったり。そんな中、久しぶりにお話できて、嬉しかったです。Mさんと私は、最初にこのキーワードで繋がっていった経緯もあって、特別な思いがあります。また、書きます。

お返事、ありがとうございました!

2008/05/23 01:22 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。