--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/25 (Fri) 境界例のレシピ

※ひとりごと。


怒っているから、ストレートに書く。

境界性人格障害の原因は、わかっていない、
などと言っている専門家、出て来い。

なんなら、私が赤子を使って目の前で、作ってやってもいいよ。
人格障害者の子供をね。


私がされたように、すればいいんだから。
容易いものだ。
それでも、境界性人格障害者が作られない場合があるのだとしたら、
「原因不明」と、言えばいい。

私には、作り方は分かっている。
作りなれた料理のレシピのように、完璧だ。
人間の自尊心を奪うなんて、簡単なんだよ。
人間を卑屈にさせて、愛に飢えさせるなんて、簡単なんだよ。
何されても、私が全て悪いです、て言う便利な人間を作るのも、簡単なんだよ。

「状況の囚人」を、知ってるか。
人間は、状況にあわせて自分を変化させる。
悪魔にも、奴隷にもなれる。
なぜって、死にたくないからね。
殺されたくないからね。
痛いのも、苦しいのも、本能的に避けるから。


境界性人格障害の衝動、試し行為、これ全て、恐怖と不安から来る
本能的な防御機能だ。
原因不明?
患者の誰もが、幼少期に問題があったわけじゃない?
誰に訊いたんだ。
本人に訊いたんだろう。
本人が「幼少期に問題があった」と自覚できているなら、
それは境界性人格障害の回復期に差し掛かってる。
さほど病気は問題じゃない段階だ。
一番厄介で、一番回復に遠い患者は、
「虐待された」「辛かった」「苦しかった」これすら自覚できていない患者だ。


私は、ほんの数年前まで、親や周囲の人間の悪意全て、
自分のせいだと思って、謝り続けて生きていた。
そうやってるうちは、病気は一向に治らなかった。
苦しかった。
死ぬしかなかった。
自分が全て、悪いんだから。


ボーダーの原因は不明です、か。
いつまで時代遅れなことを、平然と無知な人達の前で語るのか。
「理由なき殺人」を、いつまで理由があることを伏せて報道し続けるつもりだ。
専門家に鼻で笑われるどころか、
当事者で、ちょっと知識齧っただけのど素人からも、失笑を買ってるんだよ。


私に、育てさせてみせればいい。
立派な、境界性人格障害の子供を作りあげてみせよう。
私は、そのサンプルの一つだ。
全ての赤子を、漏れなくボーダーに育て上げる自信があるよ。


鬱病ですら、いまだに全く症状や回復方法、当事者への接し方、
何ひとつまともな知識が出回ってないじゃないか。
ボーダーは、尚のこと。

本を、注文した。
指をくわえて見ているのは、私らしくない。
日本で、臨床心理はあまりに軽視されている。
きっちり学んで、反論しよう。

それから、ボーダーの不安と恐怖が分からずに、
「原因不明」と言ってる専門家。
私のところへ来ればいい。
体感させてあげよう。

ほんの数十分で、
あなたもまるでボーダーのような卑屈な表情で相手の顔色をうかがい、
何も悪いことしていないうちから
「すみません。許してください」と謝るようになるよ。
その後でも「原因不明」と言えたなら、立派なものだ。
人間は漏れなく、
「状況の囚人」からは、逃れられないと決まっている。




心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

境界性人格障害 | comment(6) |


<<ここにいること | TOP | 気まぐれワガママ無垢隙だらけ。計算づくの従順仔猫。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


個人的な思い 

う~ん



   ∩∩
  (`ω`*)
   L∨ )
   」 」二]

考える(腹黒い)兎


信念と経験と慈愛のない
"言論"は…
煙のようなものだょ美鳥ちゃん
…って…
ひとり言のはずが
話しかけてるし

   ∩∩
〃〈(*>∀<) てへっ
  c) ☆人
  ) )

相変わらずの阿呆ぶりで
すみません(笑)


まぁ~熱くなり過ぎずに
反論するVS反論しない
じゃなくて
反論するもよし~
反論せざるもよし~
…ぐらいでどうすっか?!

2008/04/25 14:23 | マミー [ 編集 ]


今まさに! 

解ったような審判を下す
一辺倒な奴等と闘うため
その反論に打ち勝てるだけの
作戦と資料作製と情報集めに
精を出してる
「腹黒惑星」
「コリナイ星」からきた
「おっぺけぺぇ星人」が
ここにいますがね(笑)


   ∩∩
 (→ε→;)
  人 ★ノ)=
  √  ∨


“Tha sheckles of folly and hatred”
「愚かしい憎悪の連鎖」
これを誰が止めるのか…?
詮ずる所は
散々苦しんで悩んで泣いて
そしてやっと気づいた
今いる美鳥ちゃんが
凛として変えていくしかないんだよね
だからわたしは
せめてもの思いで
いつもいつも
ここから空を見ては
大阪の空のしたにいる
美鳥ちゃんにむけて
エールを送っています

2008/04/25 14:54 | マミー [ 編集 ]


すごい 

この怒りが届いてほしい。日本の精神医学は、かなり外国から見ると遅れていると言うし。専門家の意見とか、病気の自分から聞くと、わかってないじゃん!とムカッとくるよ。いまだに、精神科の敷居は高いし。境界性の原因がわからない、治療方法がないとか言ってることが、おかしいよ。

2008/04/25 17:05 | あおぞら [ 編集 ]


>>マミーさんへ 

マミーさん こんにちは。
コメント、いつもありがとう!

>考える(腹黒い)兎

恒例のお腹の☆が黒いのかなーと思ったら・・・・・白い!(笑)
ハラグロと見せかけて、今日は白いのね(笑)

>信念と経験と慈愛のない
"言論"は…
煙のようなものだょ美鳥ちゃん

そうですね。
特に「信念」について、このところ毎日考えています。言論のレベルについても、考えます。
浅いところで、重箱の隅をつついていると楽だけれど、一切、生産性のない言論が、どれだけ多いだろうと思います。
心理学では特に、胡散臭い言説を唱える専門家も多く、そこらへん、法曹界とあまり変わりないようにも思います。当事者を置き去りに、専門家が甚だしく時代遅れ、認識違いの言説を、もっともらしく語っている現状に、怒りを禁じえません。


>まぁ~熱くなり過ぎずに
反論するVS反論しない
じゃなくて
反論するもよし~
反論せざるもよし~
…ぐらいでどうすっか?!

ですね。
常日頃、心がけていることは「怒りは静かに燃やす」。
怒りを静かに燃やしつつ、ありのままに表現すること。難しいけれど、試行錯誤の毎日だけど、頑張ります。


2008/04/27 15:36 | 美鳥 [ 編集 ]


>>マミーさんへ 

マミーさん 再びコメントありがとう!
今度は、腹黒くなってるよ(笑)

>解ったような審判を下す
一辺倒な奴等と闘うため
その反論に打ち勝てるだけの
作戦と資料作製と情報集めに
精を出してる
「腹黒惑星」
「コリナイ星」からきた
「おっぺけぺぇ星人」が
ここにいますがね(笑)

お疲れさまです!
懐かしいなぁ・・・・裁判に奔走していた2年間が。まさに、相手に打ち勝てるだけの「作戦と資料作成と情報集め」してました。

「コリナイ星」かぁ。言ってみれば、私もコリナイ星に住んでます(笑)世の多数派が「事なかれ主義が一番」と言っていても、どうしてもおかしいと思うことには、きっちり「いや、おかしいだろ」とツッコみたくなる性質です。
そういう「コリナイ星」出身者の一人ひとりの声が社会や法律を変えるんだ、と、私の弁護士さんは教えてくれました。
マミーさんを、応援しています。


>“Tha sheckles of folly and hatred”
「愚かしい憎悪の連鎖」
これを誰が止めるのか…?
詮ずる所は
散々苦しんで悩んで泣いて
そしてやっと気づいた
今いる美鳥ちゃんが
凛として変えていくしかないんだよね
だからわたしは
せめてもの思いで
いつもいつも
ここから空を見ては
大阪の空のしたにいる
美鳥ちゃんにむけて
エールを送っています

マミーさん、ありがとう。
力及ばず、頑張っても頑張っても、ちゃんと頑張れているかも分からない状態。
でも、変えたいです。
微力でも、今の私にしかできないことを、したいです。
いつもエールを、ありがとう。


2008/04/27 15:47 | 美鳥 [ 編集 ]


>>あおぞらさんへ 

あおちゃん こんにちは。
コメントいつも本当にありがとう。

>この怒りが届いてほしい。日本の精神医学は、かなり外国から見ると遅れていると言うし。

遅れてます。かなり、遅れてます。
友人N氏と話すにつけ、ああ、当事者でない人たちは、テレビやドラマの安直な表現、ニュース番組のエンターテイメント性の高い情報を何の疑いもなくイメージとして受け取っているのだなぁと、絶望的な気分になる。
教育問題に関してもいえることだけど、日本は戦後輸入されたアメリカの「個人主義」に、いまだうまく適応できていないように思います。うまく使いこなせない結果、中途半端な個人主義がまかり通り、無神経な言論や、無知を恥と感じない国民性が助長されているような。

>専門家の意見とか、病気の自分から聞くと、わかってないじゃん!とムカッとくるよ。

分かってない。うん。
境界性人格障害という病名にしても、はなはだ時代遅れです。<見捨てられ恐怖症>とでも変名したほうがいいのではないかと思います。
精神病と神経症の間という認識は、40年も前の話。

>いまだに、精神科の敷居は高いし。境界性の原因がわからない、治療方法がないとか言ってることが、おかしいよ。

おかしいね。
PTSD、鬱など一般的に知られるようになってきた病気さえ、いまだ当事者以外は驚くほど無知。
白い目で見られることを恐れて、身内にも鬱病であることを言えない人、特に男性には多いみたいです。
他の病気なら、「苦しい」と素直に言えるのに。
病気だけでも苦しいのだから、せめて周囲から理解してもらえない苦しみだけでも、社会から少しでも追放できればと願います。

2008/04/27 15:55 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。