--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/11/12 (Mon) mixture

Rに言った。
私はサービスのSじゃないし、あなたのお手伝いでもない、
緊縛だとかスカトロだとか方法なんてどうでもいい、
ただ私はあなたの中のMを見てる、
あなたを見てる私をちゃんと見て、と伝えた。


SMで主導権を握っているのは、いつだって本当はMだ。
Mの願望がなければ、SMは成立しない。
Sは、Mが満足して初めて満足出来る人種だからだ。
だからSは、Mを自分の意のままに足元に跪かせ、浅ましい姿を晒させ、
みっともない懇願をさせ、Mを踏みつけ、褒美を与え、女王と呼ばせても、
Mの願望からは、決してはみ出ることができない。
囚われているのは、SもMも同じ。
がんじがらめの不自由な世界で戯れている、滑稽な人種。


SがMに「見せなさい」と命じたとき、
それはSが「あなたを見ている私を見て」とMに懇願しているのと
同じ事なのだ。
うまく懇願しなければ、Mには伝わらない。
伝わらないからといって、MがSを見ないからと言って、
Mを責めても意味がない。
伝えられないSが、ただ自分をコントロールできないだけなのだ。


Rは、反省していた。
Mに反省させた時点で、私はSとして、とても到らない。
経験のないRには、知りようがないことを、
心のバランスを失った途端、Rに責任を転嫁した。
うまく育てて導くことが難しい。
申し訳なくて胸が痛んだ。

本当はあなたは悪くない。
私がマスターとして、未熟なだけだ。


心の隙間を埋めるように、サディストのLと連絡を取る。
数時間、SM以外の色んな話をした。
自分たちの現状を知らせ、生き方と死に方を話し、
物理学や恋愛観、仕事の話をした。
プログラマーの彼は、思考回路がMTに似ている。
私が好む、S男性特有の母性に似た包容力が心地良い。
Lは、沈黙を恐れない。
言い淀んだ私の言葉を、黙って待つ。
だから私もLの言葉を黙って待つ。
待った分、Lの言葉に深みが増して返って来る。
色んなことを話した後で、彼は、俺たちは似ている、と言う。
人間を見る姿勢、方法論がとても似ている、と。


セクシャルなものが一切含まれない会話の中に、
彼はまさにサディストらしく、
たわいもない言葉遊びや意地悪を仕掛ける。
見事に私の中のスイッチをオンにする。
彼は、まるで、最初からそこにスイッチがあることを当然知っていたかのように、
いとも簡単な造作でスイッチを入れる。
飽和しかけていた心が一気に溢れ出し、私は陶酔する。
深い安心感と守られているという実感、
受け入れてもらえるという期待、
心を支配される快楽、導いてもらえる感動、
深い関わりを望まれる誇らしさ、幸福感。
懐かしい。
この感覚が、相手への恋ではないことを、私はもう知っている。
私がただ、そんなふうに接されると幸福を味わうように出来ている、
ただそれだけのことなのだ。


けれど、この眩暈がする程の充足感。
こんなことに幸福を見出す私の感性とは、卑しくて醜いだろうか。
この方法でなければ、私はこれだけの安心感を覚えることが出来ない。
異常な習性なのだ。
この特異な感覚を、どうやって人生の普遍性に埋め込めば、
私は真っ当に生きていけるのだろう。


Rに対してはサディズムを、
Lに対してはマゾヒズムを。
対極のようでいて、同義。
私の心に穿たれた空洞が、まだ埋まらずにいる。
生育暦のせいだとか虐待を受けた者特有のリピート行動なんだとか、
色んな理屈は理屈に過ぎない。

誰が必要なのかじゃない。
SMが私には必要なのだ。
それだけ。





ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

SM algolagnia | comment(0) |


<<私が決める | TOP | 隣を歩いて>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。