--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/06 (Sun) 水底に至る - 境界性人格障害 -

私は、境界性人格障害(ボーダー)だから、恋愛はしないことにしていると話した。
恋愛と友情の区別もなく、好意を持てる男性=恋愛と、
瞬時に脳が錯覚してしまうのだ。
自覚したのは、つい最近。
カウンセリングで、学んだことだ。

全く健常者の恋愛と、気持ちは何も変わらない。
ただ、動機が違う。
見捨てられたくない余りに、受け入れてくれそうだと感じた瞬間、
相手の人間性を見る前に、相手に依存したがり、甘えたがり、
また、同時に拒否されることを死よりも恐れる。
相手の些細な言動にも見捨てられる兆しを感じて、
死に物狂いの努力をしたり、相手の望みどおりのキャラクターを演じてみせたり、
ドラマチックに演出してみたり、それは全て、見捨てられないため。
最悪なのは、見捨てられないために、あらゆる努力をしていても、
どれだけ努力しても、「見捨てられるかもしれない」という不安が、
延々と続くこと。

疲れる。
相手も疲れるが、何より自身が疲れてボロボロになる。
何が恋なのかも、数年前から分からなくなった。
恋でないものも、恋だと思ってしまうのだ。
それを、自分で止めることはできないのだ。
自分の感覚を、恋心を、信用できないのだ。
自分の感覚なのに、ちゃんと相手のことを考えれば愛しいと感じ、
切ない気持ちに襲われて、会いたいとか、もっと近づきたいとか思うのに、
その感覚全てが、あてにならないと言われている。

心から愛せる人としか、付き合ってこなかった。
そう思っている。
でも、ボーダーだと自覚した途端、自分の何もかもが信用できなくなった。
本当に愛したことがあるのかと問われれば、私には分からない。
なぜかいつも振ってばかりで、振られたことがない。
本当に愛したことがないような気がしている。
でも、真実は分からない。


だから、一人でいるのだと答えた。
境界例にとって、自分にも誰かにも無難なことは、恋愛しないことだ。
深く、関わらないことで、互いに傷つけあわずに済む。
そうしたら、一人で十分楽しいのなら、恋愛しなくていいんじゃないですか、
と返ってきた。
私は、笑って、そうですね、と答えた。

でも、後になって、悲痛な気持ちになった。

長い会話の中にふと、重い重い一言が隠れていて、
その一言が後になって、心の水底へ沈殿して到達することがある。
何気ない一言が、
ふわりふわりと時間をかけてゆっくりと沈み、下りてきて、
ずしんと心を重くした。
何時間も何時間も経ってから、頭を殴られたようなショックだった。


ボーダーは、本当の恋愛をすることができないんだろうか。
ボーダーだから、恋愛をしても、それは恋愛と認められないのだろうか。
人格障害者に、恋愛は許されないのか。
望んでは、いけないのか。
考えても仕方のない悲しみばかりが、うろうろと頭の中を徘徊する。

してはならない、と思っているから、恋愛しない。
人格障害の私が恋愛しても、ろくなことにならないから、と
ボーダーだから、恋愛は諦めなければならない、と思っている。

でも、同じことをあらためて人の口から
「恋愛しなくていいんじゃないの」といわれると、
私は、永遠に本当の恋愛ができない人間だと宣告を受けた気がした。
「一人でいいんじゃないの」といわれると、
健常でない私は、一人でいるべきだ、と言われたように聞こえた。

多分、思い過ごし。
考えすぎ。
相手の、何気ない一言。
ただの、ノリ。
悪意がないから、怒りじゃない。
寂しさ。
疎外感。
劣等感。


一人でいることは、ボーダーにとって、最善の努力。
ベストではなく、ベター。
ただ安泰に過ごしているだけで、決して心から望んでいる生活じゃない。
一人で生きて、一人の家に帰り、一人で食事し、一人で眠ることに、
本当は、うんざりしている。

本当は、恋愛したい。
愛し、愛される時間ほど、人生の中で満ち足りた時間はないだろう。
自分で自分を愛することも大事だけれど、
ボーダーでも障害者でも誰でも、やっぱり、
誰かから愛されて、誰かに優しく抱かれたい。
誰かと温かい肌を寄せ合って、眠りたい。
一人で眠るのは、嫌。
一人でいいなんて、本当は思ってない。
悲しい。


この寂しさと卑屈の先には、行きずりの恋愛。
ボーダーでも、心に枷を持っていても、ゴミな私でも、クズな私でも、
どうでもいいから受け入れてくれる人。
誰でもいいから、今だけでいいから、助けて。

と、なる。
誰を見ても、恋愛対象になる。自動的に。
このシステムを自覚してから、恋愛とは何か余計に分からなくなった。
私に、恋愛は許されないのか。
許されないとしたら、誰が許す許さないの判断をしているのか。
ボーダーであることが、更なる虚しさと卑屈さを呼ぶ。
悪循環。
水底は、流れも停滞し、澱んでいて一寸先も見えず、息ができない。




心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

境界性人格障害 | comment(13) |


<<流星オルケスタ | TOP | 癌と生き死ぬこと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


恋愛話は苦手じゃー 

本当の恋愛ってどういうものなんだろうね。
私、わかんないぞー。
好きは、好きでそれでいいのかと思ってた。
頼って、甘えて、お互い依存しあって。
愛って形は、人それぞれだからさ、こうで
あらねばならないってことがないじゃん。
美鳥ちゃんが「愛していた」と思ってた人たち
だって、私はそうなんだって、受けとめちゃう。
ボーダーだから、恋愛しちゃいけないとかって
考えたこともなかったよ。
なんも知らないから、無責任なこと言っちゃって
ごめんね。私は、人をどんな形であろうと
好きになってもいいと思うな。

2008/04/06 15:17 | あおぞら [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/04/06 19:13 | [ 編集 ]


>>あおぞらさんへ 

あおちん おはよう。
いっぱいコメント、ありがとう!
お返事が遅れて、ごめんなさい。
千鳥足な、みとりです(笑)

>本当の恋愛ってどういうものなんだろうね。
私、わかんないぞー。

私も分からんさー。美味しいのかしら。酸っぱいのかしら。苦いのかしら。とろけそうなのかしら(笑)

>好きは、好きでそれでいいのかと思ってた。
頼って、甘えて、お互い依存しあって。
愛って形は、人それぞれだからさ、こうで
あらねばならないってことがないじゃん。

そうそう。好きならそれでいいと私も思ってた。ただ、依存が深まりすぎて、ボーダーの症状が重くなると、相手まで自傷行為をするようになったり、私の場合だと奈良山中で殺されかけたりと、破滅への道へまっしぐらになるのです。
愛の辿り着く先が、必ず平穏なものである確証がなくて、その方向を決めるのは、やっぱり自分自身なんです。

>美鳥ちゃんが「愛していた」と思ってた人たち
だって、私はそうなんだって、受けとめちゃう。
ボーダーだから、恋愛しちゃいけないとかって
考えたこともなかったよ。

相手にとっても自分にとっても、恋愛しないことがベター。と、今の私はなっています。
去年まで書いていたRという男性とも、恋愛感情が芽生えたから、私からそこで切ってしまった。
今思い出しても切ないけれど、悲しいけれど、今の私のポリシーみたいになっています。
ここからもう一度、本当の恋愛を探したい。
お互い、共倒れにならず、支えあって、時には支えあって、高めあっていける、心から安堵できる恋愛を。

>なんも知らないから、無責任なこと言っちゃって ごめんね。私は、人をどんな形であろうと
好きになってもいいと思うな。

ううん。とんでもない!
ありがとう。
境界性人格障害とは、本当に厄介な病気なのです。病気というよりも、一言で言えば、トラウマかな。
よかったら、リンク集の一番上「境界例と自己愛の障害からの回復」の中の「境界例とは」というあたりを、見てみてください。興味があれば。
結構、袋小路な病です・・・・。
でも、恋愛が大好きです。
恋したい!

2008/04/08 10:55 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメSさんへ 

久しぶりです。
昨日は、楽しかったなぁ!ありがとう!
あんなに緊張しないとは、思わなかったわたし(笑)

ずっと心配してました。
共感してくれて、ありがとう。
シンクロなのかな。感覚が、似てるんだよね。
すごくすごく。似てるんだよね。

>痛いほど、なんて言葉じゃ足りないくらい気持ちが分かります。

うん。分かります。
孤独って、痛いを通り越して、窒息するね。

ブログで転載してくださって、ありがとう!
少しでも、境界性人格障害について、また、診断名がついていない潜在的な人たち、見捨てられ不安に苛まれて人生をうまく乗り越えられずに苦しんでいる人たち、そんな人たちの心に少しでも寄り添えるのなら、本望です。

私も負けないから、あなたも、負けないでね。
お互い、少しでも誇らしい自分で、会いたいね。
応援してるからね。
毎日、エールを送ってるからね。
負けるな!
私! そしてSさん!

2008/04/08 10:59 | 美鳥 [ 編集 ]


 

この記事を読んで、ボーダーだから恋愛はしない!ってちょっと悲しいな~って思ってました。

でも、当事者じゃないから(そういうこと経験していないから)、好き勝手なことは言えないと思ったり。

でも、美鳥さんのコメントを読んで嬉しくなりました。
>ここからもう一度、本当の恋愛を探したい。
お互い、共倒れにならず、支えあって、時には支えあって、高めあっていける、心から安堵できる恋愛を。

私も美鳥さんには、そうなってほしいです。
美鳥さんが否定しても、私は美鳥さんが望む未来を信じていたいです。

2008/04/08 20:01 | ふみごん [ 編集 ]


恋愛 

は苦手です。と結婚した私が言うのも変ですが、小さな頃から「私はずっと一人だろう」と思い込んでいました。
恋愛しても、「自分」のウェイトが大きい私です…。誰であろうと、越えて欲しくない境界線を越えて来たら侵略者とみなし、シャッターを閉めてしまいます。自由を脅かす脅威と感じるのかもしれません。。。そこは美鳥さんと私の違う点ですね。

恋愛をしなくてもいいんじゃないですか。一人だって…。と言う言葉は、私がかけてもらった時はネガティブに聞こえませんでした。いつも恋愛相手がいるとは限らないし、一人でいる時間はとても貴重です。興味のあることを始めたり、それに熱中したり、考察したり、ぶらり散歩したり…。私は一人海外旅行をしたことがあります。初めは不安で一杯でした。でも、ユースホステルを転々とする過程でいろんな人と会い、一緒に観光地を回りました。徒歩の私が行けない場所へ車で連れて行ってくれる人もいました。その経験は私を少しだけ多面体に、少しだけ深くしてくれたのでした。一人の時間が長かった私ですが、寂しい時だけではなかったように思います

2008/04/09 10:32 | 依里 [ 編集 ]


分からないことを…解る 

程度と質の違いこそあれ
美鳥ちゃんみたいに
いろいろ悩んだり…
葛藤や錯誤したりしましたね
更にそんな自分を
小さな頭で分析したり
余計にグチャグチャになって
残るのは"?(疑問)"と疲労と
こんがらかった自分…
今、思うと…と言うより
今だから思えることは
なんて無駄だったんだろぅ
ということと
でも、やっぱり無駄じゃなかった
ということ…かな(苦笑)


大方の人が当たり前に
やれることが出来ないし
当たり前に受け入れて
流していることを
ひとつひとつ?はてなと考えしまい
流すことが出来ない…
結果…詰まって・溜まって・澱んでしまう
一言で言うと"悪循環"の何ものでもない(笑)


自分も…
人も…
環境も…
社会も…
生から死…果ては宇宙まで
"?"の連続
"?"で始まり"?"で終わる どぅでもいい"?"がたまって
頭も身体もぶっ壊れる
ありとあらゆる"情報"を
五感では飽きたらず
六感まで使い
小さい頭はその"情報"でいっぱいになり
"データー化"することも出来ない
唯一、幸運にもやっとこさ
"情報"を"データー"に取ることが出来ても
人間社会じゃそんなもんでは追いつかず
わたしの頭はパニクり…
いつも"ショート"していたなぁ(苦笑)


よくまぁ~そんなオンボロコンピュータを搭載し
ちっぽけな"データー"だけで
生きてこれたもんだなぁ
と、半ば呆れ半ば感心している
"奇跡"なんてもんじゃないょね(爆)


「解らない」ということは「解らない」んだ
そんな当たり前のことが
この歳になって「解った」し
そぅ「解った」瞬間…
理屈ぬきで
そぅ、頭じゃなくて身体で心で
「解らない」ことの答が
すとんと「解った」んだょね
謎…ナゾなぞみたい?!
手品の種明かしみたい?!
(笑)


美鳥ちゃんに
わたしの好きな言葉を贈ります

──世界のどこかで、
君が来てくれるのを、
ひたすら待っている人がいる。必ずいる。
君でなければできない使命が、
必ずある。──
──誰がしんじなくても、
わたしは信じる。
君が信じる以上に、
わたしが信じている。──
以上です
これで…
“中年おばちゃんの"主張"”を終わります(笑)

2008/04/14 09:14 | マミー [ 編集 ]


>>ふみごんさんへ 

ふみごんさん こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

>この記事を読んで、ボーダーだから恋愛はしない!ってちょっと悲しいな~って思ってました。

ボーダーは、人格障害なので対人関係に障害を来たす病気です。ボーダーで恋愛をしている方も多くいらっしゃる、というよりも、ボーダーはあまり恋愛に不自由しないといわれています。見捨てられ不安を埋めようと、相手の気を引くのが上手い病気です。しかし、病気と呼ばれる理由は、これが単なる魅力に留まらず、自分と相手への破壊欲求へ繋がり、共倒れ、破綻へと必ず帰結する点です。
ボーダーが恋愛ができないというのは、あながち極論でもないのです。

>でも、当事者じゃないから(そういうこと経験していないから)、好き勝手なことは言えないと思ったり。

いえいえ。
ボーダーについて、少しずつ知って頂く機会となって、私にとってとても意義深いコメントを頂いて、心から感謝しています。
他の病気と違って、人格障害は、本来の性格と障害の見分けがとてもつきにくいんです。
その難しさを、少しでもお伝えできればと書いた記事でした。

>でも、美鳥さんのコメントを読んで嬉しくなりました。

>私も美鳥さんには、そうなってほしいです。
美鳥さんが否定しても、私は美鳥さんが望む未来を信じていたいです。

ありがとうございます。
まずは、安易に恋愛しない。
自身の感覚や行動に、常に疑問を持ち、症状と性格を自身で見分けていくことに、今向き合っているところです。
まともな恋愛には、程遠い現在ですが、生き直しています。
今後とも、応援よろしくお願いします。
いつも、ありがとうございます。

2008/04/15 16:07 | 美鳥 [ 編集 ]


>>依里さんへ 

お返事が遅れて、ごめんなさい。
コメントを、興味深く拝見しました。

実は私は「恋愛は得意」と思ってきました。
不自由したことが、ありません。
また、自分の思い通りの恋愛ドラマが発展していきます。しかし、悉く破綻してきました。
ボーダー特有の、相手を振り回したい衝動、振り回されてくれることで初めて愛情を感じられるという、馬鹿げた充足感、そんなもので私の恋愛は、ずっと始まっては破綻し、また初めては、破綻してきました。

>恋愛しても、「自分」のウェイトが大きい私です…。誰であろうと、越えて欲しくない境界線を越えて来たら侵略者とみなし、シャッターを閉めてしまいます。自由を脅かす脅威と感じるのかもしれません。。。そこは美鳥さんと私の違う点ですね。

違う点。
もっともっと、根源的な部分が違うのだと感じました。私の中に「ウェイト」などという言葉がないことに、依里さんからのコメントで感じました。これが多分、境界性人格障害者たる偏った感性だと実感しました。ボーダーは、相手と自分の境界を作りません。しかし、次の瞬間シャッターを閉めます。そのときには、死ぬか生きるかだけです。生死に関わってきます。自分自身の領域がどこからどこまでかも分からず、急に理由のない不安にかられて、相手の領域へ突入したり、踏み込まれそうになって自分を殺したりします。

>いつも恋愛相手がいるとは限らないし、一人でいる時間はとても貴重です。興味のあることを始めたり、それに熱中したり、考察したり、ぶらり散歩したり…。

恋愛相手がいたり、いなかったり、という場合なら、それもいいと私も思います。例えば写真を撮るときや、何かを書くとき、私は一人が一番楽です。
ただ、人生の最初から最後まで、恋愛ができず結婚ができず、それも私自身の意志ではなく、障害のせいだとしたら、私は我慢できなくなります。
克服できるのであれば、障害を克服し、豊かな自分の時間と相手の時間と、二人で共有できる時間、それぞれを持ちたいと思います。
また、ボーダーは、一人でいても、精神的には一人でいることはありません。常に、誰かへの依存心と不安でいっぱいで、恋愛相手のみならず、友人、知人、そこらですれ違った人、ひどい時には、世界中の人間の誰からも嫌われることを恐れ、嫌われるくらいなら死んだ方がましだとまで、本気で思いつめます。

>私は一人海外旅行をしたことがあります。初めは不安で一杯でした。でも、ユースホステルを転々とする過程でいろんな人と会い、一緒に観光地を回りました。徒歩の私が行けない場所へ車で連れて行ってくれる人もいました。その経験は私を少しだけ多面体に、少しだけ深くしてくれたのでした。一人の時間が長かった私ですが、寂しい時だけではなかったように思います

私もバックパッカーで旅行したことがありますが、あれは楽しいですね。一人だからこそ、誰かの力を借りずには出来ない旅だったり、些細な出会いが笑顔にしてくれたり。案外、一人でも旅は楽しめるものなのだと分かったり。
今の私は、ボーダーから立ち直るべく、一人で生きる、一人の暮らしを楽しむ生活を始めて3年経ちます。心の中で、ようやく変化が起きてきました。
障害を乗り越え、私もいつか結婚したいもんだーと、依里さんのダンナ様がどんな方なのか興味も惹かれつつ、大阪から、ご夫婦の絆にエールをお送りしています。
いつも、コメントありがとう!

2008/04/15 16:18 | 美鳥 [ 編集 ]


>>マミーさんへ 

マミーさん こんにちは。
コメントありがとうございます。
お返事に時間がかかってしまい、ごめんなさい。


>更にそんな自分を
小さな頭で分析したり
余計にグチャグチャになって
残るのは"?(疑問)"と疲労と
こんがらかった自分…
今、思うと…と言うより
今だから思えることは
なんて無駄だったんだろぅ
ということと
でも、やっぱり無駄じゃなかった
ということ…かな(苦笑)

無駄じゃない。
その言葉が、力強いです。
色々とお話を聞いてきた中で、私はマミーさんの苦しみの10分の1、100分の1程度かもしれませんが、自身と重なる部分があって、自分自身に混乱する、錯誤することの苦しみが、とてもとてもよく分かります。


>大方の人が当たり前に
やれることが出来ないし
当たり前に受け入れて
流していることを
ひとつひとつ?はてなと考えしまい
流すことが出来ない…
結果…詰まって・溜まって・澱んでしまう
一言で言うと"悪循環"の何ものでもない(笑)

う~ん・・・・あまりにそのものズバリ、ボーダーの感覚で、何の注釈もいらないですね(笑)本当に、悪魔の所業としか思えぬ心の澱を感じます。
しかも、それがまあ循環すること循環すること。愛情が体を流れることはないのですが、悪魔の思考だけは体中を駆け巡り、流れ続ける。ボーダーとは残酷な病気だと、つくづく実感します。


>よくまぁ~そんなオンボロコンピュータを搭載し
ちっぽけな"データー"だけで
生きてこれたもんだなぁ
と、半ば呆れ半ば感心している
"奇跡"なんてもんじゃないょね(爆)

何だか、どこを取ってもミラクルなマミーさんの人生。金太郎飴のように、切っても切っても断面がミラクルです(笑)

>美鳥ちゃんに
わたしの好きな言葉を贈ります

ありがとう!マミーさん。
信じることが、何より大切なんだと先月から何度も何度も自分に言い聞かせています。
でも、うっかりすると忘れていたりして、こうして言葉をかけていただいて、またはっとする。
そんな繰り返しで、何とか千鳥足ながらも前に進んでいます。進めていると、信じています。
ありがとう。マミーさん。

>これで…
“中年おばちゃんの"主張"”を終わります(笑)

主張だったの!?(笑)

2008/04/15 16:44 | 美鳥 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/04/16 01:24 | [ 編集 ]


>>鍵コメEさんへ 

こんばんは。
お返事が遅れて、ごめんなさい。
私とあなたの違いについて、考えてくださって、ありがとう。
私は、根底にあるものは変わらないと思っています。最初から。
枝葉として伸びた今の私とあなたが違うように見えるだけで、根っこは同じなのだと思います。

ゆっくりメールしたいと思っています。
もう少し、待ってくださいますか。

鍵コメ、ありがとう。
落ち着いて、あなたへ丁寧に書きたいことが、たくさんあります。

2008/04/22 20:55 | 美鳥 [ 編集 ]


救われました[i:63955] 

突然すみません…
辛くて悲しくてどうしたらいいか悩んでいました

彼が境界線人格障害なのです…
付き合って1年になります
実を言うと不倫でアタシには家庭があります…
彼はアタシと知り合って少しして離婚しました(アタシが原因ではないです)
知り合った頃の彼はボロボロに傷ついている感じで、アタシといると癒されると言うのでほっておけなくなり
人格障害であることも告白され、理解しようと色々サイトも見ました…
ずっと彼のいいように、楽になれるようにと考えていたつもりだったのですが…最近新しく彼女が出来ました…もうアタシのことはいらなくなったのだろうと身を退くことにしたのですが、彼はそれを拒むんです。
ある日は自分が身勝手で申し訳ないと言い、それでも好きだから別れたくないと…
今日も彼女と会っているようなので、ホントはアタシが邪魔なのでは?と言うと、めんどくさいから好きにしろ!と…新しい彼女は独身ですし、彼のことを好きなよう(アタシに嫉妬するので)だから世間体を気にすることもナイし…
結局また連絡するとを切られてしまいました
彼の望みはアタシと彼女と2人の彼女と付き合っていきたいようです…
彼のしたいようにさせてあげたいと思うのですが、彼女のほうが気の毒で
言っても聞いてもらえなくて…オマエの言ってることがわからん!と…
ここにきて、彼の気持ちが少しわかったような気がします
もう少しアタシは様子をみようと思います
ありがとうございました

2009/10/08 01:12 | イチゴ [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。