--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/03/07 (Fri) 人格障害ってね

友達、できません。
できても、自分で壊します。

恋人、できやすいです。
でも、捨てられやすいです。
そして、捨てやすいです。

家族、病んでます。
でも、私の方がある意味もっと病んでます。


病気が治らない限り、孤独です。
でも、人の中でしか治らない病気です。
関わる人全て、私が切り刻みます。
私の体は、糸ノコです。
ザクザク切れる、糸ノコです。
今日も、いっぱい切りました。
切らずに止まったらいいそうですが、
私は電動糸ノコ、止まりません。

そしたらこの命が止まるまで、
私は人を切り刻みます。
遠くの人は無事です。
近くの人ほど切られます。


病気のせいにしたくないです。
病気かどうかも分からないです。
病気が私の人格です。
人格の表出が性格です。

私の性格。
怖いあまりに決め付けて、
さっさと私を殺すか生かすか教えて欲しいし、
0か100か、
白か黒かしか分かりません。
分からない場合は、相手をザクザク切りながら、
これ以上切られる前に、さっさと答えろよ、
グレーにして私を馬鹿にするな、本当は私はいらないんだろ?
と脅迫します。


生きてる限り、続きます。
今のところ、続いてます。
頭痛と眩暈も続きます。
こんな病気って、何なんですか。
私、いろいろ細かいことが分からなくなって、
分かろうとしたら気が狂いそうになるから、やめました。
それも良くない結果になりました。
私の行いに因があるのではなく、
私が私であるということが、諸悪の根源です。
誰もが私の陰口を言っているように感じます。
誰もが私のブログに消えろ、と思っているように感じます。
この性格のままでは、ブログの存続は無理です。
記事を書くまえに、その記事の関係者にまわって言質を取って、
としたところで多分私は本当のことを言ってもらえる気がしてません。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

機能不全家族 | comment(5) |


<<境界例攻撃のみ | TOP | 境界例の思考実況中継>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/03/07 01:19 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/03/07 03:35 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/03/07 09:19 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/03/07 14:08 | [ 編集 ]


ありがとうございました 

** 鍵コメSさんへ **


メールたくさん、ありがとうございました。
あなたが返してくれるメールに、とてもとても救われました。

近付けば近付くほど 相手を傷つけて離れていくように仕向けてしまう。それで離れていけば「あぁ やっぱり」って思う。それでも離れていかない人には「なんでだよ!」ってもっと傷つけたりする。

そんなふうに書かれてたけど、本当に私も、発作的に時々そうなります。
一番底にあるのは、共感や愛情を求めている心だったりするのに、向けたくない自分に刃を向けて、他人にも向けて、世界中に向けて、わけの分からない恐怖と怒りと悲しみと不安で押しつぶされてしまう。本当はこんな自分でいたくないのに、と思います。

>でも なぜか離れていかない人もいるんですね。そのことに自分で苛立ったりもしたけど そういう人たちがいてくれるから前に進もうという気持ちになれるのかなって実感したところです。

そうですね。なぜか離れていかない人がいる。
逆に、症状の下にある本当の私を見てくれて、声をかけてくださる方までいる。
人格障害って、人格と障害を分けてみてもらいたくても、なかなか理解されず、悲しいです。
それが性格だと受け取られてしまったり。
支えてくださる人がいるから、私も前に進もうという気持ちになれました。
そうしてくださる方達のすごさを、目の当たりにしました。
私も、そんな人になりたい。
どんなに醜くても刃を持っていても、傷つけられてもいいから、その下にある本当のその人を抱き締められる人になりたいと思いました。

コメント、ありがとうございました。
こんな記事なのに。
いつも、ありがとう。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


** 鍵コメmさんへ **


>まるで犬が優しい声でニコニコと話し掛ける人間に唸り声をあげ牙を向くように反射的に本能的に全身を逆立たせて身構える。
経験と本能によって培かい集められた
ありとあらゆる情報を瞬時に弾き出しデーター化し

鍵コメで頂いたけれど、書いてくださった「犬」は、まさに境界例で苦しい私そのものだと思いました。経験と本能で培って集めてきたデータは「危険」。だから、どんな人にも距離を縮められると急に恐ろしくなって、牙を剥いて身を逆立たせて身構えて・・・・撫でてくれようとする人の手も、恐怖のあまり噛み付いて。かなり寛解してきたつもりだったのに、でもまだ私の中のデータは、「危険」の方が多くて、「安全」のデータが足りないのかもしれません。
でも、そんな犬の私にも恐れず近づいてくれる人達がいる。今まで100虐げられてきても1人に抱き締めてもらうだけで、何倍救われるか分かりません。
あなたの言葉は、全てを包み込む純白の真綿。
あなたも同じ「犬」だったからこそ、今包み込んでくださる真綿。私も、いつかそうなりたい。
どうしていいのか分からなくなったとき、撫でてもらった手や抱き締めてもらった腕の温かさをふと思い出して、犬は毛を逆立てず、歯を剥き出さず、尻尾を巻いて怯えることもなく、ゆっくり呼吸できるようになれたら、と思います。

「愛しさの裏側に 憎さが重なり
怒りの下に 慈しみが溢れる」
この言葉、まさに私のこの時の心でした。
裏側に、その下に、あるのに。
私自身すら見失ってしまう。
怖い病気、というよりも、悲しい病気です。
いまや境界例患者は日本で250万人いるのだとか。皆さん、こんな辛い思いをされていると思うと、何か少しでも私が自身の心境をありのまま書くことで、一人でも多くの方に、症状の下にある真実が伝わればと願います。

ところでMさんのご主人は・・・真綿は真綿でも、もしかしてグレーの真綿ですか?(笑)
それも最強だと思いました。
お話に感動しました。
ありがとうございます。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


** 鍵コメFさんへ **


大阪に帰ってきた私を、喜んでくださってありがとうございます。たくさん書いてくださって、大切に大切に何度も読みました。

>美鳥さんの病気のこと、ご家族のこと、わからないばかりに、いちいち美鳥さんが事細かに私に説明をしなければならなくなって、何だか申し訳ありません。

むしろ大歓迎です。
わからない方の方が多いのだと思います。私は、自身の体験がどうしても当たり前だという感覚から抜けられません。戦場でない家庭を知らないので、しっかりと機能している家族とは一体どんなものなのか、多分、そちらは私が教えていただかないと分かりません。
虐待の事実をお伝えしたいので、ご質問くださることは、本当に有難いです。
理解しようとしてくださることが何より幸福です。
どれだけ言葉を尽くしても、私はどうあっても虐待の連鎖を止め、虐待の真実をお伝えしたいです。


>加害者のことをよく調べてみると、育った環境にそうならざるをえないような環境があった、とか、見方を変えれば、かわいそうな経歴を抱えていたと言うことは事実のようです。
今回の美鳥さんのご家族のことを知り、さらに、裏づけしたような思いです。

本当に弟は、いつ加害者になるか分かりません。
不登校になってはじめの頃は、家庭内暴力も多く、また友人を殺してやると言って、包丁を持って飛び出して行ったこともありました。
彼は、被害者でした。
でも、今は加害者の立場。誰を殺めるか分からないのが現状です。
こんな時点に陥るまでに、何とか救うべきでした。
哀れでもありますが、暴力、殺意の対象が私に向けられているのならば、やはり私は彼を弟としてではなく、加害者として見て、自分の身の安全を確保することを優先せざるを得ません。

制作のお話、ありがとうございました。
私も、当初、かなり心配していたことでもあったので、あなたのアドバイス、ご心配、親身になって考えてくださるお心を感じて感謝しました。

>美鳥さんのブログを読むと、勝手な私の思い込みかもしれませんが、「受け入れて」っていう美鳥さんの思いが何度も私に伝わってきて、美鳥さんのブログをついつい覗いてしまいます。

ありがとうございます。
意外な思いがしました。
そうなんですね。


>美鳥さんだけを見れば、私には希望の兆しが見えてきているように感じます。
こうやって、前を見て、夢に向かって歩いているのだから。心から応援しています。 

ありがとうございます。
夢すら持てない頃に比べて、今死にたくなったときの私を支えてくれるものの一つが、この夢です。
苦しければ苦しい程、夢が際立ちます。
この苦しみを無駄にしたくないと思います。
ときには、本当に酷い状態の私の中に、希望を見つけてくださって、ありがとうございます。
同じ人、同じ目を持っているのに、見えるものは様々違う。私が絶望の中にいても、希望を見てくださる方がいる。とてもとても勇気を与えてくださいます。
ありがとうございます。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


** 鍵コメdさんへ **


こんなひどい状態の私を、嫌いじゃない、て言ってくれて、ありがとう。

>美鳥さんは病に苦しんで辛くていろんな態度や言葉が出ているけれど、おかしい人間じゃないよ。

おかしい人間だと言われて育ってくると、時々症状に見舞われたときに、やっぱり私はおかしいんじゃないかと思い、それから、でもおかしくない私もいるから、本当の私を見て欲しいと祈ります。
言ってくださって、ありがとう。
本当に、ありがとう。

あなたが仰る「おばちゃんのくせに」が、いつもいつも愛しい響きを奏でます。
私も、そんな「おばちゃん」になりたいなぁ。

>またくるからね。

に、号泣。
今読んでも、号泣。
ありがとうございます。
力強く私の背中を叩いていくような励まし。
ありがとうございます。

私も、また行きます。

2008/03/10 11:47 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。