--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/03/04 (Tue) ここ戦場では、死ね、が挨拶がわりです。

※機能不全家族、家族殺しいつでも発生な我が家の実況リポート。
不愉快、暴力的表現満載。フラッシュバック注意。



最悪。
本気で殺意が湧きました。
家族最悪。万歳です。
携帯代の口座が同じというだけで、
家族割など理解できない父に、
金返せー!!とか怒鳴られてます。
本当に腹立つらしいです。
顔つきが、すっかり変わっています。
刺激しないように、こうしてキーボードを打ってます。
殺人鬼の顔って、こういう顔なんですよ。
私を殺したいそうです。
怒鳴っております。
いや、私、確かに無収入ですよ。
でも、ちゃんと毎月払ってるじゃないですか?
いつ、払わなかったことがありますか?
でも、これは黙っておきましょう。
あとちょっと刺激したら、殺されはしませんが、
殴られたりして死へのカウントダウン開始ですからね。


口座同じだけで殺されそうです。
こんな家、本気で燃えちまえ。
大人げなく思えますか。
家が燃えなきゃ私が殺される。
戦車でも何でも持ってきて、この家ごと壊してくれ。
本気じゃないと思いますか?
本気ですよ。
機能不全家族ってね、もうどうにもならないんですよ。
殺すか、殺されるか。
家庭じゃないんです。
ここは戦場なんです。
第三者なんて、入れないんです。
誰かがここに入ろうとしますね。
そうしたら家族の誰が手引きをしたかと、犯人探しになります。
犯人は処罰されます。
殺されて、石をつけられて、神戸港に沈められる。
そんなこと、ニュースや新聞だけの話だと思いますか?


ここでは、ありますよ。
携帯代の口座が同じというだけで、家族割りというだけでね。
それも今月まで。
来月からは、私は自分の口座で支払いますが、
うっかり一月遅れで口座同じだと、殴られたり蹴られたり殺されたりするんです。
ここにいたら、次に気づけば神戸港の海の底です。


こういう家庭が、日本には山ほどあります。
殺人って、簡単なんです。
次の瞬間、うちは誰が死ぬか分かりません。
母は、一番安泰かな。
いつも他人事ですから。
第三者がうちの家庭にいるとしたら、それは母親です。

ぼろきれになった私の体に石をつけて父と弟が海に沈めるのを、
せんべい齧りながら見てるかもしれません。
それか、泣いてるんでしょうね。
私を哀れんでね。

殺されても殴られても蹴られてもいいので、
生活保護申請を出すことに決めました。
両親の許可がいります。
これは、私にとっては命を左右することです。
見栄っ張りで私の病気を「親の人生を否定した」と捉えている二人ですから、
家族内で心の病人が出たどころか、生活保護まで受けるとなれば、
私を殺す方が彼らにとっては、ベターなのです。

文鳥に今日、「熱湯ぶっかけるぞ」と父が怒鳴っていました。
そういう人です。
そういう発言も、我が家では普通です。
母も横でチラシとか眺めてて、誰も何も注意を向けません。
そんな感じで、私も熱湯ぶっかけられたり、いつされるか分かりません。

そんな家族のために私は一分だって時間を割きたくありません。
これまで、何十年割いてきて全て犠牲にして、
弟も救おうとしたし、両親の認識を変えてもらうために、
死に物狂いで命がけで何だってやりました。
家族ですからね。
人間不信になっても、両親と祖母から死ね!と毎日怒鳴られたって、
私、最後まで家族だと思って信じてました。
でもね、信じるということは、信じる親が私に死ね!というのですから、
私は死ななきゃなりません。
そんな親のために、家庭のために、私、いつまで努力したらいいのですか。

もうしませんよ。
燃えろ。燃えろ。
死ね。死ね。
普通にこうして胸の中で呟くことができます。

今の私の様子?
大変、落ち着いていて、眩暈と動悸で相変わらずクラクラフラフラしますが、
こんなものどうでもいいことです。
ただひたすら、こうしてキーボードを打っています。

母親がまた第三者面して、やって来ました。
お父さん、家族割りとか口座とか分からないから。
などと言っております。
ふざけてるんでしょうか、真顔で。
何でしょうね、あの方。
分からないから、私に「死ね!」だの「返せ!」だのと、
殺人鬼の顔して私を怒鳴りつけて、一切謝らずに済むのですよ、この家は。
もしくは、そこで私が昔のように愚かに泣いたり騒いだり反論したりすると、
殴る蹴るですわ。
それを私がしないから、辛うじて、この家は殺人者を出さずに済んでいるのです。
でも、殺人鬼は私かもしれませんね。

燃えろ。燃えろ。死ね。死ね。

日常的にかけられてきた言葉ですから、
日常的にいつでも繰り出せるわけです、私のこの口は。
死ね、てね。
本気で心の底から思えます。

私は誰にも言いませんよ。この言葉は。
言うとしたら、胸の内で言います。

別に、殺す手段の具体的なイメージだとか、何にもありません。
ただね、死ね、と思うんです。
殺されそうになったらね、いつ殺されるか分からないところではね、
殺される前に殺すしかないんです。

だから、心の中で私は両親と祖母と、引きこもりの弟を殺しました。
切り捨てました。
私の人生から。
せめて、いいではないですか。
人生から切り捨てる位、彼らが私に持っている
日常的な蔑視や罵倒や暴力行為に比べれば。


この世には、絶望というものがあるんです。
絶望は、大地の上にあるのでもなく、神が与えるのでもなく、
人間の心の中に横たわります。
ドーンとね。
それはもう、ふてぶてしい顔をしております。
私は、そんな悪魔と子供のときから同居してまいりました。

この悪魔が見えない家族は、悪魔の手先です。
悪魔集会を開きます。
私の目の前で、私の殺し方や、殺した後の始末方法まで相談して決定するのですよ。
そんな家庭、ご存知ですか。
私も、私の殺され方検討会議に出席させられるわけです。

まあいいのです。
たかが口座の問題。
父が怒鳴ろうが暴れようが私を殴ろうが殺そうが、私には関係ありません。
問題は、連鎖させないことです。
私が死ぬことで連鎖が止まるのならば、それも良いでしょう。
私から生まれる予定の子供が例えば2人ほどいるとして、
その2人が生まれない限りは、虐待の連鎖は少なくとも2つ防げます。


財布を母に渡して、とりあえず電車代以外残して
全部好きなだけとってね、と伝えておきました。
お金は、私の家では、暴力、殺人を引き起こす三大要素のうちの一つです。

1 私の病気 2 お金 3 信心

この三つに引っかかると、殺される可能性が高くなります。
十分用心していたものの、まさか口座が同じというだけで、
ここまでの騒ぎになるとは、正直私も予想しておりませんでした。
思ったよりも、ここで安心して暮らすのは難しいようです。


私が、札束で顔をはたいてやりたいと思うのは、
この世でただ私の家族どもだけです。
札束で人の顔をはたくこと自体、卑しくて唾棄すべき行為ですね。
しかし、そんな行為もここでは有効なのです。
ここは戦場ですから、何をやったって ALL OK!
暴力フリーダムです。
この家にいると、人を侮辱するあらゆる方法を学ぶことができます。
最たる手本が、弟です。
15年引きこもって、この戦場に15年浸りきって、
戦争ハイでラリってしまった、愚かな兵士です。
かわいそうですが、私はラリれないので、彼の味方はできません。
ほんの数年前までは、何とかしようと私も白旗揚げて近づいてみたり、
赤十字よろしくパンフレット配ったり人道的支援を申し出たのですが、
流れ弾も危ないですからね。
一発、脳天ぶち抜かれれば、死にますからね。
私は、だから戦線離脱したのです。






心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



関連記事

機能不全家族 | comment(0) |


<<遺書とこの家は気味が悪いのです。 | TOP | 強いってなんだよ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。