--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/26 (Tue) 次の一秒を作るため

cafe20080226.jpg

昨日よりは、ましになった。
少しまともに眠れたせいかもしれない。
ピアノも、スコアの記憶が少しずつ戻ってきた。
何度でも弾ける。

何と表現していいのか分からないが、意識が保たれている感じ。
あまり自分が薄くない感じ。


携帯に着信が入っていたから、電話した。
英会話クラスのNさんと、急遽お茶しに行くことになった。
ずっとずっと引きこもっていたために、不安が襲ってくる。

頓服を飲んでから、楽しむんだ、と自分に言い聞かせた。

大好きな色のワンピースに大好きな色のカーディガン、
頂き物のパンプス、大好きな色のマフラー。
ちょっとまともにメイクした。
すごく久しぶりな気がする。
ちょっと手抜きに髪を巻いた。
好きなパンプスを履いた。
こうでもしないと出かけられない。


いつもの近所のカフェまで、歩いて3分。
傘をさして歩いた。
傘をさすこと自体、すごく久しぶりだと思った。
雨を感じるのも、何か不思議に思えた。
空から水滴が落ちてくることが、不思議。


Nさんは既に来ていて、お昼を食べていた。
朝、私と電話が繋がっていたら、
一緒にランチしようと誘うつもりだったらしい。
私はケーキセットを頼んだ。
お店の人とは顔なじみだけれど、
あらためて「髪が長いわね?」と言われた。
Nさんにも言われた。
そういえば、去年からNさんにも店主にも会ってない。


テーブルの上には、真っ青なガラスの花瓶に、
大きな白い百合の花がさしてあって、清廉な香りを漂わせていた。
その花越しに窓の外を眺めると、窓を伝う雨の雫も美しく見えた。

Nさんが毒舌を発揮し、面白かった。
Kさんという英会話のクラスメートが、救急車で運ばれた話を聞いた。
度々接していて感じるのは、
Kさんは統合失調症か、脳の機能障害ではないかということ。
Kさん本人は「自分が悪い」といって、病院にもまともにかからないという。
だから、病識がなくて不必要に自身を責めているように思えた。
病気のせいではなく、
自分自身の性格のせいだとか運命のせいだとか感じる苦しさは、
自分と重なって感じられた。

Kさんは、母親と一緒に中国から引き揚げてきたそうだ。
当時、Kさんは2,3歳だったはずだが、
その時に見た日本兵の残酷な行為をいまだ覚えていて、
30年間、会えば必ずひたすら、日本兵の話をNさんにし続けているそうだ。
先日のサッカーの話を、Nさんともしたが、
トラウマを抱えるKさんには、
日本選手はあれ位の暴力は受けて当然だと言い切ったという。

少し前に、ある本の中で、
引き揚げてきた人たちが大陸でどれほどの辛酸を舐めたか、
どれほど壮絶な数年を送ったか、また日本でもどれほど苦労したかを読んだ。
Kさんとは、ほとんどまともな会話が成立しないため、
私は彼女とコミュニケーションをとるのが難しい。
けれど、Kさんの中に、どうしても忘れられない光景が生々しく息づいていて、
いまだ彼女の衝撃や苦しみは続いているのだと感じた。


Nさんと、私の病気の話になったから、人格障害について、
その感覚をまた説明してみる。
Nさんは、まるで分からないといったが、
「人格に底がないから、覚えたもの体験したものが悉く底から抜けてしまう」
と説明したら、その部分は分かってもらえたようだった。

けれど、私と両親の現在の付き合い方や、
私がカウンセリングなどに通って、過去と向き合うこと、
こうしてブログに過去と現在の苦しみを綴ること、
それに対しては否定的なようだった。


傷の舐めあいだとかは嫌いだとNさんが言った。
私も、舐めあいは嫌だな、と思った。
傷の舐めあいと、共感は、似ているようで違うと思った。
どんなふうに違うのか、雨が伝う窓の外を眺めて思った。


過去は過去として切り捨てて、これからのことを考えたらどうだろう、
過去に執着しているように見える、とNさんは私を評した。


うまく説明できなかった。
過去に執着することと、過去から丁寧に使えるものを拾い出す作業は、
違うような気がした。

私は、ほんの数年前まで、子供時代の記憶は殆どなく、
それは今も同じだが、両親を憎んでもいなければ、怒ることもなく、
ただ自分が悪いのだと思い、ただただ現在と未来だけを見て生きていた。
まさか、前へ進もうとする私の背後から、
過去が雁字搦めに私を縛りつけているなんて思いもしなかった。

苦しみを感じなければ、過去を見ることはなかっただろう。
覚えていなくない過去を、私は覚えていることができない。
でも、思い出さない分体調が悪くなる。
悪くなっても原因が分からないから対処しようがない。
そうなったら、結局原因を探らなくてはならない。
過去を振り返らなければ、ならない。

考えずに済むのなら、このまま前に進めるのなら、
過去なんて、いつ捨ててもいい。
持っていたくもない過去だから。


苦しいことは誰もしたくない。
過去を振り返ることにメリットがないのなら、
誰もが忘れて、なかったことにしたいだろう。
ずっと解離して生きてきた私のように。
それでも、解離していても苦しかったり悲しかったりするから、
やっぱり私は過去に「執着している」とは思えない。
こうしてブログを書くことも、自分の症状と向き合うことも、
医者が全て解説してくれるわけでもなく、
診断すら何年もかかるような人の心だから、
やっぱり私自身が自分のことを知って伝えなければ、
正しい治療法も見つからないし、支えあえる仲間も見つからない。


うまく説明できなかった。
多分、何をもってして前向きな姿勢を捉えるかの違いだと思った。
人格障害は、人格に障害を負っているからこそ、
人格が引き起こしてきた全ての過去が「症状」であり、
そのもっと奥にある幼少期の体験が「病気の原因」だ。
過去を振り返らずして、自分らしく生きることは出来ない。
でも、うまく説明できなかった。
健常な自我同一性を持っている人には、
解離がどんなものかも感覚がまるで違って言葉を失くす。

Nさんから、手作りの花形のアクセサリー入れをもらった。
手作りなのもすごいし、かわいい。
前に言ってたからね、と言っていた。
嬉しかった。大事にしよう。
それから、リウマチの会の新しい会報も頂いた。
五号目の手刷りの会報。
お互いの病気も症状も人生への向き合い方も、まるで違う。
けれど、遠慮がなく毒舌という点ではお互い似ているのかもしれない。


英会話、来月からおいでよ、とNさんが誘ってくれた。
来月どころか、明日の予定、明日の体調すら分からない私。
大阪に戻ったら、どうなるか分からない自分。
全部、保留状態。


二時間ほど話して家に帰ったら、ダウンした。
頭痛で布団に入っていても、痛い痛いと思わず言ってしまう。
頓服を飲んで出かけたから、更に頓服を追加するのも嫌なので、
ひたすら横になって耐えた。
Nさんは、見かけは普通なんだからそのまま生活したら、と言っていた。
でも、それは人前でだけ。
頓服飲んで、辛うじて出かけられる。
家に帰ると、ノイローゼで転げまわる、泣き喚く、壁に頭を打ち付ける、
ドラッグを買い求める、自殺スポットを探す、など
完全に光と闇のように生活が分断されて、そのうち闇一色になる。

見かけだけは、普通でいようとする。
多分、これは鬱病の人も同じ。
何か障害を持っている人も同じ。
普通のふりをする。
誰かへの思いやりとして、自分のプライドとして、前向きに生きる姿勢として。
でも、どこかで同じ病や苦しみを持った人と繋がって、
一言でもいいから、互いの存在を確かめ合うだけでもいいから、
言葉を交わしたくなる。
私は、私の道を行く。

傷の舐めあいではなく、共感。
もたれあいではなく、支えあい。
ファッションみたいに語る心の病気じゃなく、本当の苦しみと痛みを。

Nさんが毒舌で裏がないせいか、私も裏がなくなる。
ブログをまた読むとNさんが言っていた。


Nさん、私、このままで行きます。
あなたの毒舌は、
私のような若輩者と対等でいようとしてくれるから苦痛じゃない。
対人恐怖で数日前、私は一瞬死にたいと思った。
でも、今日あなたと話したいと思った。
Nさんと話していると、
病気への理解が難しいから、どうしよう、と私は考え込む。
考え込むことで、また新しい記事を書く。

過去と現在を書くことの連続が、
記憶と輪郭が曖昧な私の、次の一秒を作り続けているようです。




心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

日々日記 | comment(28) |


<<スプーンに甘酸っぱい冬の陽 | TOP | きよらかな紺碧>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おお、お洒落なカフェですね。
ぼくもそういう所で「ヘイボーイ、カプチーノ!」とか言ってみたいですが、動悸と大量の冷や汗が出てきやがるので行けません。
マクドナルドとかでもキツイ。
個室式のお好み焼き屋さんとかなら落ち着けるんですが…色気のイの字もないですねぇ。
しかもあぐら。
うーん、いろいろとおいらには無理だな。(笑)

そうですねー…ぼくも過去を探したり、もうやめたり、やっぱり気になってまた漁ったり、何度も何度も繰り返しました。
薄い希望を持ち、絶望を受け入れて、また上を向いて、落ちて…。
いい加減にやめろ、って言われることも何度かありましたけど、だって自分にとって、何が良いのか分らないってすごい怖いんだよ!って思いましたね。
しかも自分自体を分かってない状態なのに。
自分自体が謎、何をして良いのかも謎、ってなったら闇雲にでもいいから走ってなければ死ぬ、もしくは死ぬほど苦しい。
そんな状態で、どうしてやめろって言うんだろう。
やめても苦しいんだ。って。
矛先を間違えてるのは分かってるんですけどね…。

美鳥さんにとって、どういう道を行けば良いのか。
それはずっと変わらないかもしれないし、この先ふとした瞬間に変わるかもしれない。
でもいつか、終わればいいな。
戦わなくても、穏やかな心でいられる日が来るといいな。

2008/02/27 00:15 | [ 編集 ]


はじめまして 

空さんのブログからきました。
結婚直後うつ病になって7年ほどになります。
現在は夫と5歳になる息子の3人暮らしです。
私は虐待は経験したことはありませんが
どちらかというとACです。あと小学校の頃にクラス全員から
いじめにあってそれで対人恐怖になったりもしました。
about me大ざっぱに読ませていただきました。
私みたいなのほほんとした者が参加させて頂くには
とてもおこがましいのですが、少しでも虐待や心の病を
世間に知らせるためにもお役に立てればと思い、
訪問いたしました。
またよろしければよらせていただきたいと思います。

2008/02/27 00:19 | sakura [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/27 05:01 | [ 編集 ]


 

私もBLOGを始めてしばらくした頃、『これは傷の舐め合いなのか?』と思ったことがあります。
でも今は違うと自信を持って言える。
これは共感だ支え合いだ。私もミトさんの意見に同意です。

皆さんからのコメントに何度も支えられた。
皆さんの記事を読んで、私だけではないんだと思った。

私は今、自分のBLOGを必要な場所と思っている。
思っている間は更新し続ける。

ミトさん、手探りながらも、一歩前進して二歩後退しながらでも、一緒に探しましょう♪
自分の道

2008/02/27 15:37 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/27 18:57 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/27 21:25 | [ 編集 ]


>>ひさぎさんへ 

一応、オシャレくさいカフェです。
でも、コーヒー一杯頼むと30分は待たされます。いつも。だけど、この日は10分くらいで出てきました。30分かかると苛々してましたが、そんな店で逆に10分で出てくると「手、抜いたんちゃうやろな」と思うのは、自然な流れでしょうか。味はいまいち値段はお高めなものの、近所で徒歩で行けるお店はここだけなので、すっかり顔なじみになってしまいました。

最近は、個室のお店が増えてきたね。私が行ってみたいのは、店内に小川が流れてる、赤と黒が基調のお色気ある居酒屋。色町を再現したのだとか。
あとは、監獄居酒屋。手錠で繋がれて、檻の個室に連れてかれるらしいよ。どちらも楽しそう。そのうち一緒に行けたらいいね。今のところ誘っても、あまり行きたがらない人ばかり。ひさちゃん行きたいよね?行きたいはず。うん。


>いい加減にやめろ、って言われることも何度かありましたけど、だって自分にとって、何が良いのか分らないってすごい怖いんだよ!って思いましたね。 しかも自分自体を分かってない状態なのに。

そういうことが書きたかったです(笑)
そう。自分自体を分かってない状態で、立っている場所も分からなければ、どこを摑んでしのげばいいのかも分からない。自分が分からないと、せいぜい出来ることといえば、今の自分を作ったであろう過去を見ること。これを私はどうしても避けることができません。

>やめても苦しいんだ。って。

そうですね。苦しくなかったら、とっくにやめたい。考えることも思い出すことも全部。
でも、忘れているふりをしているときが何故か一番苦しいんだ、と最近やっと分かりました。
元気なふりをしていても、何もなかったふりをしていても、自分がどこにもいない不安は振り払えない。苦しい。
この苦しみさえなければ病気じゃないけれど、苦しいから何でもいいから走りたくなる。

>でもいつか、終わればいいな。
戦わなくても、穏やかな心でいられる日が来るといいな。

ありがとう。
戦闘要員の話かな。
なんで戦闘要員だって思うのかな、て何度も言ってたね。なんでなんだろう。はっきりと理由が摑めません。
戦闘要員かといって、常に走れるわけでもなく、結局定期的に休養を要してます。戦おうが戦うまいが、私が出来ることは、もう少し限られているんだと自覚した方がいい気もしてきました。


2008/02/28 00:08 | 美鳥 [ 編集 ]


sakuraさんへ 

sakuraさん こんばんは。
はじめまして。
空さん宅からお越しいただいたとのこと、ありがとうございます。

病歴7年とは色々ご苦労されてきたのだと想像します。コメント頂いてから、度々ブログへ寄らせて頂いています。ユウちゃんの一言が感動的です。子供の感受性や表現力は羨ましいくらい自由でユニークですね。

記事を拝見していると、sakuraさんが仰るACなのかな、と感じる部分もあります。対人恐怖同様、見捨てられ不安との戦いですよね。

>about me大ざっぱに読ませていただきました。
私みたいなのほほんとした者が参加させて頂くにはとてもおこがましいのですが、少しでも虐待や心の病を世間に知らせるためにもお役に立てればと思い、訪問いたしました。

ありがとうございます。
about meは、sakuraさんのために、できましたら読んでください。私のブログの内容は、私自身何でもありのまま書くことを信条としているため、性的描写や暴力的描写も躊躇わず書いています。
そのために不快を感じる方も多くいらっしゃるようです。よろしくお願いします。

病気への理解を広げたいとの思いを、sakuraさんのブログでも拝見しました。鬱病は、テレビCMで訴えるなど表向きのイメージは多少改善されたものの、理解となるとまだ難しいのが現状だと感じています。体ではなく、目には見えない心が痛むこと、その痛みを、私はありのまま綴ることで誰かにお伝えしたいと思っています。出来れば、そこから少しずつでも立ち直っていく過程を綴ったものになれば、との願いもあります。

たまにエロ・グロ・変態などの描写が見受けられるかもしれませんが、不快に感じられましたら軽くスルーしてやってください。または、こんな世界もあるのか程度に、物見遊山で見てくだされば幸いです。
おこがましいなんて、とんでもないです。
来てくださって、本当にありがとうございます。
またぜひ、遊びに来てください。
お待ちしています。
コメントありがとうございました。

2008/02/28 00:52 | 美鳥 [ 編集 ]


鍵コメmonokuroさんへ 

monokuro姐さん こんばんは。
とても貴重なご意見なのに、なぜ鍵コメに・・?(笑)

>他人から見たら何とも思わない箇所も、当人には絶対的なコンプレックスの部分であったり、また、その逆に、“ありえないだろ”なんて傍から見て思っても、本人はコンプレックスに感じていない場合もある。

この、”ありえないだろ”というコンプレックス、よく分かります。私は一時期ネクタイ恐怖症だったので、ネクタイを締めている人全てが怖かったです。ありえないに類するトラウマかと思います。


告白じゃないと言われても、ちょっとときめきました(笑)ありがとう☆

お気遣い、それから私が行けない状態なのに、来てくれて本当にありがとう。
麻雀サイトメンテで、私はちょっと安心します。
睡眠も大事ですよ。

>今日は麻雀サイトがメンテで出来ないため夢の中で打つとします(* ̄艸 ̄*)

しかし、夢の中で打つんですね。やっぱり打つんですね。夢の中でまで打てるようになったの、凄いっす。はまりぶりに、普通に尊敬してしまう(笑)
できるだけ治療後、痛まないことお祈りしてます。
monokuro姐さんの痛みが吹っ飛ぶのならば、麻雀サイトメンテが早く終わることを祈ります。
おやすみなさい。

2008/02/28 01:00 | 美鳥 [ 編集 ]


>>空さんへ 

空さん こんばんは。

ブログ歴、空さんは大先輩です。
続けている間に、色々なことがあったのではと想像しました。私が数ヶ月こうして続けているだけでも、色々なことが起こって、自分のスタンスが揺らいだり、非難を受ければそれなりに傷ついたり、迷ったりするから。


>これは共感だ支え合いだ。私もミトさんの意見に同意です。
皆さんからのコメントに何度も支えられた。
皆さんの記事を読んで、私だけではないんだと思った。

心の病気は目に見えないために、かえって体を通さず文字の世界で言葉を交わすことが、もどかしく思えても、最初のアプローチとしては優秀な気がしてきました。多くの方が、外では出来るだけ普通の顔を装おうと努力されています。私も、薬を飲んででも外に出れば普通でいようとする。
素直に自身を書けるブログという場は、デメリットがあったとしても、メリットもある。


>ミトさん、手探りながらも、一歩前進して二歩後退しながらでも、一緒に探しましょう♪
自分の道

空さん、一歩前進して二歩下がったら、それ一歩ずつ下がってるからね?(笑)
でも、退いて見えることもあるかもしれない。

最近、空さんが苦しかったり、ちょっと浮上したりを繰り返していて心配です。
そんなときに、私の超下ネタの例のお祭の話はさすがに出しにくく、控えています。
空さんへ宛てて皆さんが書かれたコメントを拝見して、私まで勇気付けられました。
今の空さんが、少しでも穏やかな心でいますように、お祈りしています。

諦めたくなるときが何度も来るけれど、
道を一緒に探したいね。
しんどいときにコメント、本当にありがとう。

2008/02/28 01:12 | 美鳥 [ 編集 ]


はっ!! 

間違えた!!
ニ歩進んで一歩後退だ!!

・・・これだけは修正しないと夜も眠れない空でした(笑)

2008/02/28 01:35 | 空 [ 編集 ]


監獄居酒屋 

みーたんオハヨーヾ(*´I`)ノ

監獄居酒屋!
テレビでやってたやつですよね。
すげー行きたい。
でも怖いな少し。
ちびりそう。
パニくったら殴る癖があるのでやばいよ。
美鳥さん殴ったら5倍は返ってきそうで、それはそれでまた怖い。

2008/02/28 07:06 | [ 編集 ]


>>鍵コメNさんへ 

Nさん こんにちは。
少しお久しぶりです。

この画像を見て、一言目が「おいしそう」なのがNさんらしくて笑っちゃった(笑)

ホットドックかぁ。デパ地下の?
ちょっと興味津々です。おいしそうですね。
さっきお昼を食べたばかりですが、それが食べたくなってきました。
一緒に食べれるといいのにね。


Nさんは、頑固というか初志貫徹、なイメージです。バカではないと思いますよ。おもろいだけ(笑)
そのお年で「人生」という言葉を口にして、あまり違和感がないことに驚きます。
人とは、肉体年齢は関係ないと常々思いますが、私の精神年齢が低めなせいか、あなたと余り変わりない自分が少し不安になります(笑)

テンプレート、春なせいか変える方が多いですね。
長い間親しんできたNさんのテンプレートなだけにちょっと寂しい気もしましたが、大人っぽくなったということで拝見しに行きました。

すっげぃ大人になったねwww
シック? 北欧風? 
でも、プロフィール画像はNさん(笑)

>ケータイからもちょくちょく伺わせていただいてます。

そうなんですか。ありがとうございます。
ご存知のとおり、少し調子を崩していました。
また、ゆっくり訪問させていただきます。
犬と育った猫の話と、ペットの魚の話、私、覚えております。忘れられません。ずーっとお話を聞きたがっています。ちょっとでもいいから、詳しく聞きたくてしゃぁないんです。
気が向いたら、教えてください(笑)

2008/02/28 15:30 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメKeさんへ 

こんにちは。
鍵コメ返しで、ありがとうございます。
そうそう。親近感湧きますよね。
どえらく長くもなかったですよ(笑)
お返事、ありがとうございました。

主治医の方の言葉は、私は状況はよく分かりませんが、読んでいて、う~ん・・・? となりました。

私もそうですが、似たような症例の方にとって、そういった半ば強制的な促しの言葉等は、あまり効果が上がらず不安が増すような気がします。
実際、患者が主治医の言葉通りだった場合、その場でフォローしたりカバーしたりする準備が医師にあるのか、少し疑問を持ったのが率直なところです。が、付き合いが長い医師であれば関係性から言葉の効用は変わりますから、私にはよく分かりません。
でもなぁ・・・トラウマを抉るような一言にやっぱり感じてしまう・・・・。

生活のことは、私もずっと困ってきました。
まぁ、今も困ってるねんけど(笑)
また、お話できたらいいですね。
早速お返事くださって、ありがとうございました。

2008/02/28 15:37 | 美鳥 [ 編集 ]


>>空さんへ 

でしょ?
後退してるよね??

私、一応フォローっぽいのしたけど、
やっぱり間違えてたんや(笑)

訂正できたことだし、空さんが安眠できてたらいいのですが。

2008/02/28 15:38 | 美鳥 [ 編集 ]


>>ひさぎさんへ 

ひーたん ちゃーす!

監獄居酒屋、テレビでやってたの??
私は、噂だけしか聞いたことがなく、見たことはありません。

>すげー行きたい。

行こう!

>でも怖いな少し。

どっちやねんw

>ちびりそう。

でしたら、とりあえず紐Pはやめた方がいいですね。

>パニくったら殴る癖があるのでやばいよ。

パーならいいけど、グーは痛そうです。
「目を覚ませェェッ!!」と、愛の鞭で殴り返して、ひさちゃんを落ち着ける、という方法はどうでしょうか。有効ではないかと現在考えています。
でも、泣かれそうで怖いです(笑)

>美鳥さん殴ったら5倍は返ってきそうで、それはそれでまた怖い。

怖いことだらけw
でも、監獄居酒屋に行けば、牢屋に入れられるまでは手錠でつながれているわけですし、お互いそれほど動けない状態なので、それほどの被害は出ないんじゃないでしょうか。
もしくは、私たちを繋いで連れていく看守(店員)こそが真の敵です。脱獄気取りで暴れてみましょうよ。脱獄適わず、もし独居房などに入れられたら、そこは監獄居酒屋ですから、VIPルームと思われます。
一緒にVIPへ行くか!


2008/02/28 15:44 | 美鳥 [ 編集 ]


 

大阪にあるんですか?
監獄居酒屋。

でもむしろ紐の方が。
ズボンおろさなくても脱げるし。

泣いたら慰めて下さいね。
できるだけ可愛く映るように泣きたいと思います。

手錠で拘束…エロス???

2008/02/28 17:47 | [ 編集 ]


>>ひさぎさんへ 

>大阪にあるんですか?
監獄居酒屋。

私もよくは知らないけれど、神戸にあるのは確実です。
個室の面白いところは大阪に多いです。でも、お友達がいないので一緒に行く人がいなくて、行けてません(笑) どこだったか、天蓋がついた巨大ベッドみたいな半個室で食事が出来るところがあって、そこは楽しかったよ。靴脱いで、クッションとかでもふもふしてるから、食べにくかったけど楽しかった。あそこもいいなぁ。


>でもむしろ紐の方が。ズボンおろさなくても脱げるし。

おろす暇があるなら、ちびってないと思います。
紐が、いかに脱ぎやすいかは、ひさちゃんから聞いて納得したけど、紐でちびると違うプレイみたいになるので、やめてください。

>泣いたら慰めて下さいね。
できるだけ可愛く映るように泣きたいと思います。

グーで殴られた後は、いくら可愛く泣かれても、こいつ・・!と思って、可愛く見えないと思う(笑)
でも、後からちゃんと慰めるよ~


>手錠で拘束…エロス???

ひさちゃんエロス好きやなぁw
手錠で拘束かぁ・・・・だったら手錠だけじゃなくて・・・・

・・て話に乗ると、まるで私までエロスみたいだから、やめておきます。

2008/02/28 19:13 | 美鳥 [ 編集 ]


 

ミトさん・・・
いろいろコメントしたいことあったのに

監獄と
紐Pと
手錠によって

すべてふっとんだので出直してきます・・・

2008/02/28 21:10 | 梨子 [ 編集 ]


 

>天蓋がついた巨大ベッドみたいな半個室で食事が出来るところがあって、そこは楽しかったよ。靴脱いで、クッションとかでもふもふしてるから、食べにくかったけど楽しかった。あそこもいいなぁ。

やっぱりエロスにしか頭が働かないのでぼくも出直した方がいいですか…?

うん、美鳥さんまで(これ以上)エロスになることないです。

美鳥さんも友達いないの?
うーんでも、お茶出来る人がいるだけでもいいなぁ。
ぼくは無理だなぁ。
まるで人っこ一人いないです。
映画観たい。
あ、でも美鳥さんあまり映画好きじゃないですよね。
ハッ…その前においら対人なおさなきゃ…。

2008/02/28 21:35 | [ 編集 ]


お返事です 

** 梨子ちゃんへ **


梨子ちゃん こんばんは。
来てくれて、ありがとう!
なのに・・・・

>監獄と 紐Pと 手錠によって
すべてふっとんだので出直してきます・・・

どうでもいいもので、肝心なものが吹っ飛んでしまった・・・!

れっきとした居酒屋を、
エロスに解釈したのは私じゃないからね?
梨子ちゃんのエロスのライバルが、妄想力を発揮しただけですよ。
体に気をつけてね~梨子ちゃん


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


** ひさちゃんへ **


>やっぱりエロスにしか頭が働かないのでぼくも出直した方がいいですか…?

エロスに関しては、ライバルの梨子ちゃんと妄想対決してください。

じゃあ・・・大仏が店内ど真ん中にどーんとある居酒屋はどう?
ここにエロスは見つかるまい。


>うん、美鳥さんまで(これ以上)エロスになることないです。

(これ以上)てなに??
これ以上も何も、私の辞書にはエロスという文字は見当たらないですよ。私の心にはLOVE&PEACEしかないですよ。


>美鳥さんも友達いないの?

そこにお茶行ったのは、前のオリンピックかその前のオリンピック位前です。
いないの?と聞かれると、またしゃべり場みたいになるよ?

>うーんでも、お茶出来る人がいるだけでもいいなぁ。ぼくは無理だなぁ。まるで人っこ一人いないです。

人っこ一人・・・。
じゃあ やっぱり監獄か巨大ベッドか大仏でお茶しよう。梨子ちゃんにも選んでもらおう。梨子ちゃんは、巨大ベッドのところ知ってるかもしれない。


>映画観たい。あ、でも美鳥さんあまり映画好きじゃないですよね。

よく覚えてらっしゃる・・・。
好きじゃないというか、集中力が持たないことが多いです。バイオレンスものだと、怖い。
最後に見たのは「ドリームガールズ」で、あれは感動しました。ジェニファー・ハドソンの歌唱力にひたすら。それから、見捨てられ不安を最強に刺激する歌だったもので、ストーリー関係なく歌で号泣(笑)

>ハッ…その前においら対人なおさなきゃ…。

私もね・・・。




2008/02/28 22:04 | 美鳥 [ 編集 ]


 

監獄居酒屋…関西はないのですが数年前に名古屋で行ったことがあります。
同じ系列なのかはわからないですが、
ミニスカポリス風の看守が手錠をして牢屋部屋に通してくれました。
途中 囚人らしき人が出てきたり、お酒が試験管やビーカーに入ってました。

巨大ベットの居酒屋…面白そうですね☆

飲むなら更に楽しい演出があるとめちゃめちゃ盛り上がりそう♪

遊園地風とか…

…いや、回されたら吐くかな!(゜o゜∥)

2008/02/29 00:02 | 花梨 [ 編集 ]


>>花梨さんへ 

貴重な監獄居酒屋情報、ありがとうございます♪


>…関西はないのですが数年前に名古屋で行ったことがあります。

ああ・・・名古屋って町には、ありそうですね~!納得します(笑)

>同じ系列なのかはわからないですが、
ミニスカポリス風の看守が手錠をして牢屋部屋に通してくれました。

ミニスカポリス!
ひさちゃんのエロス感性を刺激しそうな単語ですね。そうか~私は、てっきり看守=男性と思っていましたが、確かに女性の方がいいですね。
でも何だかコスプレのようにも思えて、入店にはかなりの気合が要りそうです。

>途中 囚人らしき人が出てきたり、お酒が試験管やビーカーに入ってました。

「囚人らしき人」の「らしき」に爆笑。
どういうことですか??
囚人かどうか、曖昧な感じ?(笑)
試験管やビーカーって、もうどこからが監獄で、どこからが何なのか良く分からなくなってきました。
とにかく面白そうですね。

>巨大ベットの居酒屋…面白そうですね☆
遊園地風とか…
…いや、回されたら吐くかな!(゜o゜∥)

花梨さん・・・・ベットといえば回ると思ったら、それは某ブロガーさん宅でエロスの洗脳を受け始めた兆候かと思われます。
もしくは、花梨さんがエロスです(笑)

回転ベットは、条例で危険遊具に指定されて廃止された記憶があります。記憶違いかもしれません。
回転ベットの情報をご存知の方がいらっしゃれば、情報提供お待ちしています。

2008/02/29 00:15 | 美鳥 [ 編集 ]


 

ミニスカポリスってなんですか?
女性の店員に手錠…。
いやぼくは男性の店員希望。

2008/02/29 07:28 | [ 編集 ]


>>ひさぎさんへ 

>ミニスカポリスってなんですか?

いいご質問ですね。
ミニスカポリスとは、略語です。
詳しくご説明すると、「ミニのスーパーカーに乗ってポリン星からやって来たスーパーサイヤ人」のことです。
カッコいいということです。

>女性の店員に手錠…。
いやぼくは男性の店員希望。

本音を言うと、私もそちらを希望しますが、それだと本当に違う意味の店になるので、シャイな私はよう入らんので、やっぱり私は女性店員希望。


2008/02/29 11:44 | 美鳥 [ 編集 ]


ちよっとぉ~! 

なんじゃこりゃΣ( ̄∀ ̄*)おもろすぎ!
回転ベッドと全面鏡は禁止になりましたよ。けっこう昔にね。
ミニスカポリス…笑った!
ミニのスーパーカーに乗って…美鳥さん、アナタ笑いのセンスすごいよ!

2008/02/29 13:03 | monokuro [ 編集 ]


 

あっ、回るベットはないんですね
(^-^;
見たことないんで、見てみたかったな~。
ベットが回転寿司風に回りながら酒を飲むのかと思ってました。

(#^.^#)面白い所いいですね♪
そういえば、個室ひとつひとつに小さい風呂がついてる居酒屋もありました。
入浴剤とタオルを渡されたのでこりゃやるしかないだろ~と足だけ浸かりました。

ミニスカポリスの説明ありがとうございます☆
\(^^)美鳥様には座布団を一枚差し上げます♪

2008/02/29 13:26 | 花梨 [ 編集 ]


 

ミニスカポリスの意味、絶対違うでしょ。
梨子ちゃんなら騙せたかもしれないけどね、ぼくは見破るぜ。
いい加減に教えて下さい。
どうせエロスなんでしょ?(*´Д`)ハァハァ
というか、やっぱり美鳥さんもボーイが希望なんじゃないか。

2008/02/29 17:22 | [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。