--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/25 (Mon) 自己分析 自己指令

家族が、私の異変に気づき始めて危険。
私が、少しおかしいという。
同じ質問を、一日で4、5回したり、話が噛み合わなかったり、
夕方まで寝ていたり、うなされて何か言ってたり、
青ざめていたり、元気になったり、外に出られなかったり、
とにかく、様子がおかしいらしい。


そのせいで、心配性の母親が、あれこれと私のことを考え始めた。
「私」を保っていられる間は良いが、崩れてくると母親がまず察知する。
父親に、私のことを色々提案していた。
散歩した方がいいんじゃないかとか、炊事した方がいいんじゃないかとか。

大阪にいると、私が出来なければ買ってきたもので全て済ませられるが、
こちらでは、そうはいかない。
何か私に対して昨日から危機を感じているらしい、母親。
この流れてで行くと、
母親が父親に提案、相談する

父親は、無関心なので適当に相槌を打つ

何かもう一つ異変を母親が感じる

再度、父親に母親が私のことを相談する

父親、私に「信心しろ」と迫る しないことを責める

母親も賛同する

信じるやれ、やらないで争いになる

父母ともに殴るよ? 蹴るよ? と血を上らせる

の、パターンになる。
その前に、大阪に移動しなければならない。


でも大阪に戻るのも怖い。
別の怖い何かが私を待ち受けているような気がする。
実家にいれば、私は「私」でいられるが、
大阪に一人戻れば、一人で何をしているのか私には把握できなくなる。
確か大阪では食料は尽きているので、買いに行かねばならない。
病院にも英会話にもカウンセリングにも行けないから、
買い物に行けるかどうかも不明。
何となくだが、実家にいるときより大阪で一人になっているときの方が、
「私」がすっぽり完全に抜け落ちるような気がする。
それを思うと、できるだけここにいる方がいいような気がしてくる。


自分のことを一人で考えたくない。
考えまいとしても、どうしても考える。
夢に最近「あや」が、出て来るようになった。
日毎に、数日前の「バビちゃん」は、あやだったと確信が強くなってきた。
でも、考えたくない。
考えたくない状態で大阪に戻って、私は一人でやって行けるだろうか。


先週立てた計画は、何一つ実行できなかった。
入金すらできなかったので、明日、大阪のインターネットが止められる。
お金がないわけじゃないのに、どうしていつもこうなのか。

ピアノを少しだけ、弾けた。
やろうと思っていたことで出来たのは、それくらい。
広告で見た、新しくできた鉄道カフェに行きたいと思って切り抜いたものの、
いつ行けるか分からない。

さっきから、「?できない」ばかり書いている。
かなり後ろ向きな気持ちになっているんだろうか。

久しぶりに弾いたショパンの大好きな作品は、
やはり腕が、がた落ちに落ちて、指が譜面を完全に思い出せなかった。
何千回、何万回弾いても飽きない曲なはずなのに、
2,3度、間違えっぱなし間違えて弾いたら、もう嫌になった。


アドバイスを貰ったとおり、とにかく考えないようにする。
輪郭をなぞらないように、曖昧な「私」でいいんだと思うことにする。
なのに、夢に出て来る。
夢は、いつも私の思惑とは逆の世界ばかり映し出す。
そして、必死に現実に抗う私を嘲笑うかのように、
希望や期待やポジティブさではなく、
辛さ、苦しさ、寂しさ、悲しさ、怒り、諦め、
そんなものばかり映し出す。
「期待」が残っているとしたら、私の中ではなく「あや」の中だろう。

そんなふうに、苛立ちと共に考える。
考えてから、これもよくない考え方だと改める。
私が誰であろうと、どうでもいい。
パニック発作と、この無意味な対人恐怖と、オートマチックな悲観を止めて、
大阪へ戻る気力と体力と決意と覚悟が欲しい。


パキシルなんかの、きれてはまずい薬が、あと数日でなくなる。
眠剤はあるものの、これも時間の問題。
病院には行くことにした。
カウンセリングと英会話は、来月は行かないことにした。
本当に死にそうになったら、カウンセリングは行くかもしれない。
でも、とりあえず行かない。
話したいことが何もないから。
考えたいことも、向き合いたいことも、今は怖くて何もない。
この間まで迷っていたが、区役所で自立支援の手続きをするとき
前回訊かれたことを思い出した。
精神障害者手帳の認定を受けるかどうか。

自覚していたよりも私は悪いような気がして、
認定を受けようかと思い始めた。
もうすぐ治る、もうすぐ治るはず、と思って、もう何年経つのか。
治療を始めて、十年は経っている。
自分を少し安心させる上でも、病気の認識を持つ上でも、
精神障害者手帳が必要なのかもしれない。


多少おかしさが増してでも、大阪に戻った方がいいのだと考えよう。
カウンセラーは、そう言っていたから。
文鳥たちは、実家に預けたままにする。
カウンセラーが、そう言っていた。
自分を保護できない状態で、保護しなければならない何かを持つと、
私の不安や強迫観念が増して、解離がひどくなるだろうとか言っていた。
勧められている生活保護は、考える。
手続きに両親の同意が必要だから、これはばれると殺されかねない。


こうして書いていると、自分への指令書みたいだ。
指示しなければ危ない気がする。
自分が信用できない。
このままだと、実家での私の立場がいつ急変するか分からなくなってきた。





心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

解離性同一性障害 | comment(4) |


<<きよらかな紺碧 | TOP | 賛美の家>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/26 14:41 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/26 18:09 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/26 18:17 | [ 編集 ]


コメントありがとうございます 

** 鍵コメhimaちゃんへ **


鍵コメだけどhimaちゃんへ、でいいですか?(笑)

こちらこそ、ありがとう。
himaちゃんは、今戦ってるなぁと記事を拝見していて思います。今までにない雰囲気の記事です。
笑いも挫折も努力も、全て、実になることを祈って応援しています。

手続き嫌い病仲間ですね。
私も同じ。
電気止められたときは、夜中に泣きながら自転車で遠くまで支払いに行きました。
でも、その後も止められること数度。
ありがとう。
また遊びに行くね。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


** 鍵コメRちゃん **


こんにちは。
残業は・・・・嫌だなぁ。
何時に帰れたんでしょうか。
体調が良くないと聞いて、心配しています。
多少仕事はほっぽりだして、体を大事にしてくださいね。
コメントを見ていると、さぼりやすい職場のように見えるけど残業からは逃れられないのか(笑)


手帳と生活保護のこと、Rちゃんに言われて、はっとしました。
確かに私は全部いっぺんに考えて、冷静なようでいて混乱していました。やらなければならないこと、大きな決断が多すぎて・・・。

「まずは大阪に戻ることを考える」とは。
考えてもみませんでした。
それは、とても簡単なことで、荷造りして電車に乗れば済むことだから、と考えていました。
しかし、私はいまだ実家にいます。
多分、大阪に戻るのが苦痛だからなのだと思います。
まず、大阪に戻ることを考える。
一つずつ、やってみることにします。

大きなアドバイスになりました。
本当に、ありがとう。


私も、梨子ちゃんが心配です。
あ、梨子ちゃんて書いてしまった(笑)
私も祈っています。
いつも梨子ちゃんが笑顔で健康でいられますように。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


** 鍵コメひさちゃんへ **


本当に。ちょっと休みます。
過眠傾向に入り、睡眠時間は取れるようになってきました。ありがとう!

私は「さる」ではなく「しし」です。
そこのことろ、再度、よろしくお願いします。
某氏にも、くれぐれも正確にお伝えくださいますよう、お願い申し上げますよ、ひさちゃん。

2008/02/27 14:09 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。