--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/14 (Thu) きり 白文鳥 メス 八歳。

本日、22時5分、白文鳥のきりが亡くなりました。

3週間の闘病生活中、実家で家族に手厚く看病され、
一番可愛がっていた父の手の中で、眠るように息を引き取りました。

ちょうど誕生日を迎えたところで、享年八歳でした。

私は、明日実家へ戻る予定でしたが間に合いませんでした。
自分の体調を押してでも、戻るべきでした。
容態が急変した30分ほど前から、電話で様子を聞き続けました。
以前、インコをみとったことがありますが、
そのときに比べて随分と安らかな死だったように感じます。


私は死に目にあえませんでした。
でも、電話越しに私の声も、きりに届いていればと思います。

きりは、8年前、私が闘病で苦しんでいる最中、
桜文鳥のももの嫁として、我が家に来てくれました。
最初は、ももに毎日宙吊りにされて、いじめられていました。
しかし、いじめられても、いじめられても、ももについて行き、
一年後には、むくを生み育て、その後、
桜文鳥2羽も夫婦で生んで育ててくれました。

ここ数年は、立場が真逆になり、すっかり夫を尻に敷く妻になっていました。

ごはん粒をあげても、他の二羽と違い、
端から丁寧に残さずきれいに食べていく様子は、
ナイフとフォークを手にした貴婦人ようで、
「きりはマナーがいい」と実家でも評判でした。

人にも文鳥たちにも、いつも控えめな態度で、でも芯が通っていました。
ももが、理由なくむくをいじめたりすると、
むくを巣箱に避難させ、自分が入り口に立って、夫を追い返したりするなど、
正義感が強くて、公正な子でした。

寒がりで、よく私にも抱っこをせがみ、特に、
本を読んでいるときなど、本と手の間に必ず入りたがりました。

娘のむくと、よく二人で連れ立って、
暗がりへびくびくしながらも探検に出かけたり、
また夕飯の時間を完璧に覚えていて、実家の食卓には、
きりとむくの席が決められていて、人間より早く定時には、
むくと並んで着席し、ごはんを待っていた、賢い子です。


きりが本棚の裏に落ちていたときがありました。
そのとき、ももは知っていたのですが、
ちらりと見たまま去ってしまいました。
私たち人間が、きりを助けたのですが、その日以来、
きりは夫に先にごはんを食べさせようとしなくなりました。
夫に譲っていたわら巣にも、入らせようとしなくなりました。
半年ほど、夫にきちんと制裁を加えていました。
人間には、苦しいとき、辛いとき、寂しいとき、
必ずSOSを出すようになりました。
妻として、夫を立てるときもあり、厳しく一喝するときもあり、
きりの公正さには、夫も太刀打ちできなかったのか、
きりに怒られる度に、ももはすまなさそうに逃げ回っていました。


水に浸した米粒が大好きで、豆苗も大好きでした。
梨や柿、みかんも、好きでした。

小さくてキラキラしていて、チャラチャラと音を立てるものが好きで、
だから小銭が大好きでした。
なぜか、小銭を見ると怯えながらも遠巻きに、
ずっとずっと眺めている子でした。


きりは、賢く、凛々しく、控えめな中にも一本筋が通った文鳥でした。


今朝は、夫のももと会ったとき、ももが何か異変を感じていたらしく、
珍しく、妻きりの首もとや背中をクチバシで整えてやっていたそうです。
それが、8年間連れ添った夫婦の最後の姿になりました。


2日前には、むくが急に鬱っぽくなって落ち込み、
むくも何か感じていたのかもしれません。


先月私が実家を後にしたとき、きりは一番元気だったので、
まさかそれが最後になるとは思ってもいませんでした。
毎日数度容態を聞きながら、
実家に戻る時期と自分の体調を見ながら迷い続けていましたが、
間に合いませんでした。
ただ、きりにとっては、本当に手厚い看護のもと、
悪くない最後だったと思います。
実家の家族に、心から感謝します。


そして、長生きしてね、とずっと私が言ってたとおり、
きりは、本当に長生きしてくれました。
文鳥の平均寿命は6,7歳と言われていますが、
ちょうど8歳になるまで生きていてくれたきりに、心から感謝します。
きりは、私の子というより、夫ももの妻でした。
ずっと、そうだったと思います。
夫婦の写真を集めてアップしようと思っていました。


ももにきりの亡骸を見せても、
ももは意味が分からないかもしれません。
繊細なむくは、ショックを受けるかもしれない。
けれど、私と文鳥三羽で生きてきた家族ですので、
最後は、きりの亡骸を二羽にも見せて、ちゃんとお別れしたいと思います。

人間不信な私は、誰かと結婚したり、出産したり、
自分で家族を築くことは、生涯不可能かもしれないと思っています。
そんな私にとって、文鳥たちは、どの子も私の子供たちです。
何度も自殺を思いとどまらせてくれ、笑えない私を笑わせてくれ、
命の誕生に立ちあわせてくれ、寂しさを紛らせてくれました。
どんな私であっても、どんなときでも、
文鳥たちは変わらず私を慕ってくれます。


きりの回復を祈ってくださった方、本当にありがとうございました。
お陰さまで、あまり苦しまず旅立てました。



一羽の小さな命、文鳥といえど、最後まで立派な人生でした。
きり。
八年間、私の家族でいてくれて、ありがとう。





心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


関連記事

文鳥 | comment(16) |


<<名も無い花と | TOP | この下にある>>

comment











管理人のみ閲覧OK


天国に行くんだよ。 

鼻の奥が熱くなって、息が苦しい。
なんか長々と書いたけど、ダメだと思って消しちゃった、ごめん。
ずっとずっと重い命に対して、もし薄っぺらい言葉になったらどうしようと思うと、怖くて、申し訳なくて。
ほんとはちゃんと励ましたりしたかったんだけど、ほんとにごめん。

きりちゃんの生き様が美しく気高いと感じました。
ご冥福をお祈りします。

2008/02/14 23:48 | [ 編集 ]


 

美鳥さんが、心からきりちゃんを想っていたことがずっしり伝わってきました。
お力落としのことと思います。
きりちゃんのご冥福をお祈りいたします。

2008/02/15 00:04 | ふみごん [ 編集 ]


 

前記事で「近々帰る予定」ってあったから
どうかきりちゃん待っててねと願ってた。

ミトさんになんて言っていいかわからなかったです。わざと明るく鍵コメしてごめん。
ケアルガ効かなかったね・・・。

ミトさんがきりちゃんの生き方を見つめていたように、きりちゃんもミトさんを見ててくれたんだね。

家族を失うつらさは、嫌になるほど知ってる。
重いけど、悲しいけど
どうか納得のいくお別れができますように。

天寿をまっとうして誇り高く生きたきりちゃんに尊敬を。
大切なミトさんのそばに居てくれてありがとう。

2008/02/15 00:09 | 梨子 [ 編集 ]


 

なんだか頭が真っ白になって…言葉が見つからなくて本当にすいません。
小さい頃、セキセインコを飼っていました。
賢くて可愛くて甘えん坊で寂しがり屋で…末っ子の弟のような存在でした。
一緒に暮らすと仕種や鳴き声で気持ちがわかりますよね。
美鳥さんがキリちゃんのことをわかっていたように、キリちゃんも美鳥さんの仕種や声を敏感にキャッチして美鳥さんの気持ちをわかってくれていたと思います。
美鳥さんにとってのキリちゃんの存在…親友であり、姉妹であり、家族であり…深くて強い繋がりがあったんだろうなって思います。
美鳥さんの溢れる愛情を貰ってキリちゃんは今まで生きて命を全うしたんだなって…。

キリちゃんのご冥福を祈ります。

2008/02/15 00:39 | 花梨 [ 編集 ]


 

家族を失うこと つらいという一言では言い表せないですよね。
8年間 美鳥さんはきりちゃんに愛情を注ぎ きりちゃんはきりちゃんらしく生きてきたんだと思います。
別れはつらいことだけど 美鳥さんの体調がよければきりちゃんを見送ってあげてくださいね。

2008/02/15 01:53 | すみれ [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/15 04:07 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/15 09:40 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/15 10:08 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/15 10:14 | [ 編集 ]


 

文鳥カテゴリーの記事6件を改めて拝見しました。
文鳥の生涯も人間の生涯と変わらず、命も等価。
何よりも文鳥ズの健康を願っていた美鳥さんの心情をお察しすると、言葉もありません。
ただひらすら、ご冥福をお祈りします。

2008/02/15 10:16 | LiGuang [ 編集 ]


虹の橋で 

本当に長生きをされたのですね。
安らかな最後と聞いて少し安心しました。

美鳥さんのお気持ち、すごく分かります。
私も以前16才になるダックスちゃんの死に目に会えませんでした。
お昼過ぎまで元気にしていたのに、私がちょっとお友達と遊びに出かけて夜帰宅すると亡くなっていました…
死に目に会えず、一人寂しく亡くなったのかと思うと破裂しそうな悲しみが襲ってきました。
私さえ遊びに行かなければ…と後悔もしました。

でも大丈夫です。虹の橋で私のダックスちゃんが待ってるから、きっときりちゃんと仲良くなりますよ!
そして私のダックスちゃんと、きりちゃんとで虹の橋を元気に走り回って遊んでますよ。

きりちゃんのご冥福をお祈りいたします。


2008/02/15 11:41 | 空&ぷん [ 編集 ]


 

きりちゃん、、
文章から、彼女の芯の強い、優しい生き方が伝わってくる気がします。
きりちゃんのご冥福をお祈りします。

2008/02/15 14:39 | hima [ 編集 ]


 

いろいろと言葉をさがしていました。
記事を何度も読んでみたり、過去記事を読んだり、
美鳥さんのブログをいったりきたり、、、

けど、わかりませんでした、、、すみません。

ただ、きりさんのご冥福をお祈りするばかりです。。。

2008/02/15 17:43 | yorke [ 編集 ]


 

きりちゃん、とてもしっかりした母親でしたね。
私の飼っていた文鳥のピーコとピースケと一緒いるかな。きりちゃん、安らかな眠りについたことでしょう。

きりちゃんのご冥福をお祈りします。

2008/02/15 17:56 | あおぞら [ 編集 ]


気づくの遅くなってごめんね 

きりちゃん、長寿まっとうされたんですね。
家族に看取られて、幸せだっただろうな。

ペットを飼ってると必ず訪れます。
でも、それが生き物としての証。
天国で、真っ白な羽をはばたかせて、思いっきり飛び回っているんでしょう。

同じ白文鳥を飼っている者として、心からお悔やみもうしあげます。

2008/02/16 15:36 | チュン太郎 [ 編集 ]


 

美鳥さんのきりちゃんへの想い、切ないです。
すみませんまた私事ですが・・・
母の容態が悪くなって精神的にせっぱつまっていたとき、預かっていた母のハスキー犬が
亡くなりました。母と同じ病気でした。

素直に泣けない私が彼女が亡くなった時
初めて素直に悲しみ、涙を流しました。

きっと私に何かを伝えようとしていたのかもしれません。

元気を出して、と言っても今は辛いと思います。
きりちゃんは美鳥さんの心の中にいますよね。


2008/02/16 22:31 | 土鍋ごはん [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。