--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/24 (Wed) セックスできない 1

カウンセリング 2007.10.24


カウンセリングルームの椅子に座ると、いつも自分が空っぽになる。
今日は、違った。
話そうと決めていた。
10月4日のカウンセリングで、嘘をつきました、と話した。
泣いたのは、苛々して悔しくて悲しかったからだと。
4日のカウンセリングで苛々していた理由は、
私が嘘で先生への関わりをスルーしたことで、
先生もスルーしたと感じたからだ。
カウンセラーとしての技法でそうしたのか、
私の現在のレベルに合わせたテキスト通りの反応をしたのか、
なぜ私を追及してくれないのか、
私に関心がないのか。
そんな思いで苛々していた。
私は、私と先生の行動を混同していた。
先生を最初にスルーしたのは私だ。
なのに、先生が私をスルーしたと感じていた。
先生は、自分が嘘を追及することで、
家族からリンチを受けた過去がある私を傷つけたくない、
追求はしても、詰問はしたくなかった、と言った。
踏み込みたいのか、踏み込まれたいのか、
私も先生も、同じように恐れることがあるのだ。
その事が分かって、初めて先生も人間なんだと感じた。


嘘で先生との関わりを逃れた理由を、考えながら話した。
私は、最近、境界例的な衝動、思考、
夢の中のような何度も目の前で飛び降りてやろうというような衝動、
先生にケンカを吹っかけて白黒つけようというような
暴力的感情に支配されていた。
先生に喧嘩を仕掛けても何にもならない。
Yと付き合っていた頃の、同じ轍を踏みたくなかった。
境界例的行動は、苦しみと快感をもたらしはしても、
何の解決にもならない。
そんな思いも、先生に伝えることなく、嘘をついて逃れた。
私の弱さだった。


正直に言って、カウンセリングが始まった当初から、
私は先生に対してどんな自分でいればいいのか分からず困っている。
ほぼ7年間、毎週先生に会い、ほとんど私の真実を語ってきたにも関わらず、
先生に対して転移のような特別な親しみもなく、また試し行動を取ることもない。
距離を測りかねている。
解離性障害者は、カウンセリング療法が難しいという説は真かもしれない。


「先生とセックスできないから困っている」
自分が手帳に書き付けた言葉を先生に話した。
セックスできないということを言い換えれば、互いに踏み込んで侵入し、侵入される、という関係を築けないということだ。
先生は、
「あなたの中に、女性は本音を言わない、傍観者でいる、
セックスできないことが困るという観念があるのではないか」
と言った。
それはそのまま、私の母親の人格だ。
確かに、私は女性が苦手だ。
その人の女性像は母親をベースに作れたものであり、
男性像は父親をベースとしているという論は、正しいと思う。
女性とはセックス出来ない。
侵入することもされることも、出来ない。
だから、私は女性を避ける。


カウンセラーのK先生は、女性で、
何よりSM的関係がどうしても築けない。
私が今まで慣れ親しんできた関係のルールでは、
踏み入れないし、踏み入って来ない。
とても困る。途方に暮れる。
セックスも出来ず、主従関係も築けない。
健全に対等であるということが、
私にとって、不都合以外のなにものでもないのだ。
私が慣れ親しんできた家庭の空気は、主従関係、
まるでSMであり、被虐待者という奴隷であったから、
対等な関係を築こうとする相手に、
対等に健全に向き合いたいと願いながらも、
私は息苦しさを感じるのだ。
                  
                   <2へ続きます>



ランキングに参加しています
クリックしてもらえたら とてもうれしいです
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

治療日記 | comment(0) |


<<セックスできない 2 | TOP | 1通のメール>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。