--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/01/26 (Sat) てなずけたい

散歩した日のこと。

川原に行く前に、コンビニでたまっていた支払いを済ませて、
熱いお茶と、アメリカンドッグと、甘栗を買った。
川に向かって、ぶらぶら歩いていたら、猫に遭遇。
こんにちは、と声をかけたが逃げられた。
遠くから、じっと見るので自己紹介して、袋を見せたけど駄目だった。
帽子かぶって、サングラスかけてたのがまずかったのか。
猫好きなあまり、猫からしたら攫われそうな危機を感じるのか。
明らかに私を見る目が不審者を見る目。
猫が好きなのに、全く猫の友達ができない。
孤独だ・・・・・。


傷心を癒すべく、近所の友達犬に会いに行った。

2008012502


こんなとき、犬は何て心癒されるんだろう。
私が持っている袋を控えめに嗅ぐ。
明らかに、食べたそう。
でも、くれ、と言ってはいけないと躾けられているのか、
無理やり首を突っ込んだりはしない。
ちゃんと礼儀をわきまえている。紳士だ。もしくは、レディだ。
すごいなーと思って、色々話しかけていたら、
たらー・・・と、犬の口から、よだれが垂れた。
多分、私の話など耳に入らない位、すごくすごく我慢しているのだ。
犬の可愛さって、こんなところだ。
我慢を知らないうちの文鳥たちも、少し見習ってほしいものだ。


まだ温かいアメリカンドッグをちぎって、一口あげた。
ぺろっ、とひとのみだった。
普段、文鳥になれているので、犬の口に驚く。
もう一口あげたら、それも、ぺろっ、と一瞬で手のひらから消えた。
絶対からだに良くないから、それ以上は、あげなかった。
この犬は、たまに小学生とか幼稚園児に絡まれている。
そんなときは、少し迷惑そうな、でも、仕方ねーなーという顔で相手している。
名前も知らないけれど、長生きしてほしいなぁ。


それから、川原に行って、草むらに座って、
お昼ご飯にアメリカンドッグを食べつつ、熱いお茶を飲んだ。
ケチャップとマスタードが同時に出る、あれを考え付いた人はすごい。
そして、毎回楽しい。
ずっと部屋にいて外に出られなかったから、
風が吹いていることが奇跡みたいに感じて、すごいなぁ、と感動した。
じっと草原に座っていても、川はきらきら流れていって、
風は、ときどきに強く弱く吹いて、
鳥の群れが風に乗って、弧を描いて飛んでいた。
川の上を、鴨が群れを作って、ぷかぷか泳いでいる。
天気が良くて、川の漣が、銀色のうろこみたいに輝いていた。
川原を、はしゃいで走り回る犬に何匹も会った。
なんとかテリアっていうんだろうか、皆服を着ておしゃれをしてる。
しかも、躾けが行き届いている。
冬用コートを着た、むくむくの小型犬が可愛かった。


好きな公園に寄った。
私以外には、公園の掃除に来ているおっちゃんしかいなかった。
ハトがいたから、甘栗を分けてあげた。
どんどん集まってきて、公園は戦場のようになった。
ハトって、あんなに常に頭をシェイクしていて大丈夫なんだろうか。
頭を振るものだから、物がよく見えてない気もする。
たまにフェイクで何も持ってない手を出すと、ハトが一斉に私の指をかみまくる。
痛いけど、笑ってしまった。

2008012512



そのうち、気が弱いスズメ、気が強いスズメ、見たことのない鳥もやって来た。
全部で、3,40羽になった。
見知らぬ鳥は、右往左往するハトとは違って、私にアイコンタクトを送ってくる。
「こっちやで」というので、投げると、ササーッとすごい速さで走って、
細い長いクチバシで、キャッチする。
スズメも走るが、足が小さいためか、あとちょっと、というところで、
ハトの大群にタックルされて、何度も吹き飛ばされていた。
スズメも食べられるように、甘栗の遠投、遠投。

欲張ったハトが、大きな栗を丸ごと飲み込もうとして、のどをつまらせ、
クチバシからはみでた栗を奪おうとするハトたちと、壮絶なバトルになった。
ハトって、本当に目を白黒させるのだなぁ、と思った。
2008012511


一人で鳥と戯れて笑っているうちは気がつかなかったが、
場所をかえてブランコに乗っていると、生垣の向こうから、
掃除していたおっちゃんが、ものすごく不審げに私を見ていた。
あやしまれてる・・・・。
でも、最近本当に慣れた。
浮いたり沈んだりして、楽しめるときが限られているから、
外に出ようと思えたときは、思い切り自分がしたいことをする。


さっきまで向こうでたむろっていたハトたちが、私の移動に気づいて、
全員が私に向かって、歩いてきているところだった。
おっちゃんの視線より、
私めがけて歩いてくる3,40羽のハトの方が圧巻だった。


帰りに、また犬のところに寄ったら、今度は私の手から栗の匂いがするらしく、
フンフンフンフン嗅ぎまわっていた。
頭を撫でながら話していたら、知らないおばちゃんが通りかかって
「あらあら可愛いわねぇ」と、笑っていた。
褒められたよ、可愛いって、よかったね、と話していたら、空から雪が降ってきた。
冬の弱い太陽の光にも、すぐに溶けて消えてしまう雪だった。
行きには置いてなかった枕が、犬のそばにあった。
触ったら温かくて、湯たんぽのようだった。
家の人が、冷えるから持ってきてくれたらしい。
おまえ愛されてるね、あったかいの嬉しいね。
犬は、私の話をじっと聞いてくれた。
よかったね、あったかいね、風邪ひかないようにね、また来るね。
犬の肩を叩いて、頭を撫でて、家まで帰った。


何気ない人や犬や動物と会う度に、私は自然に笑う。
帰ってきて、部屋に入ると、また涙が出てくる。
笑っているのも、泣いているのも、どっちも私。
それでいいのかな、と思った。

無理やり歩いたり走ったり、無理やり笑ったり泣いたり、
そんなのはやめようと思った。
そんなことを、最近の私はしていたんだと思う。
自分をつかみたくて、何とか解離を乗り越えようとして、
回復のためならば、どんな過去でもひっくり返す気でいた。
必死だったのかもしれない。
でも、外に出てみれば、そんなことより凄い感動が待っていた。
風が、吹いていた。
走らなくても、歩かなくても、ブランコに座っているだけで、
風は、どこにいても吹いていた。
風が吹いてる、風が吹いてる、何度も胸の中で繰り返した。
当たり前のことだけど、そんなことが奇跡に思えた。

私の散歩を楽しいものにしてくれたのは、風と動物たちと人。
私一人で戦っても、頑張っても、限界がある。
ありがとう。ありがとう。
伝えるために、今度は、ビーフジャーキーでも持って、
あの犬と、ハトたち、できれば猫にも挨拶に行こうと思う。



心の病気、
虐待・暴力の残酷さへの理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(6) |


<<濃く淡く | TOP | 風が吹くこと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

美鳥さん、こんばんは。

情景を想像しながら読ませていただきました。

私はいつもいつも駆け足で無理やりにでも先を急いで
しまいます。自分が立ち止まっていても、ふさぎこんで
いても、周囲の時間が止まってくれるわけではないから。

けれど、止まらない周囲の変化に自分のペースで溶け込んで
いられたら、素敵なことだと感じました。

穏やかな語り口や表現から、心のブレーキを少しばかり
いただきました。ありがとうございます。

2008/01/26 23:48 | うさ枕 [ 編集 ]


 

少し落ち着けたようでよかったです。『何が何だかわからない状態』から抜け出て、『これも自分』と感じれる事ができるのはとてもイイコトに思います。人のために考え混乱してしまう時も少なくないとは思いますが、美鳥さんは人の痛みを我がことの様に感じる感性を持っているからこそ、私のように『美鳥さんの言葉に心惹かれる人』がこれからも沢山増えていくと思います。…って知った風な事かいてゴメンなさい。とにかくホッとしました(≧ー≦)

2008/01/27 11:08 | monokuro [ 編集 ]


>>うさ枕さん 

うさ枕さん こんにちは。

読んでくだって、ありがとうございます。

私は、仕事から離れて長いので、最近では社会生活の中では、すっかりマイペースで動くようになりました。このブログでは、まだまだそれが難しいのですが。ブログでは、突っ走り気味です。今、少し休むつもりで、散歩したり、こんな記事を書いています。

うさ枕さんの現状からは、どうしても周囲の時間の流れやペースを傍らに常に意識した状態で自分を休める作業になりますね。
ブレーキかけっぱなしでも、人生損はないのだと私は思います。私の場合、自分を追い立てて生きていた頃の方が、今の何倍も仕事も生活も出来ました。でも、心を豊かにすることに疎かでした。
心の病気は目に見えませんが、本当は骨折なんかと同じです。折れているときには、走らず歩かずが一番。そんなことを、最近の自分にもう一度言い聞かせています。

うさ枕さんの記事を拝見していて、社長さんは、折れているうさ枕さんの心を、頑張り屋なうさ枕さんよりご存知なのかもしれないと思いました。
読んでいて、私も思わず涙ぐんでしまいました。
本当に懐の広い温かい上司をお持ちですね。
うさ枕さんの人徳ですね。
状態が回復したら、また遊びに行きます。
コメント、本当にありがとうございます。

2008/01/27 15:09 | 美鳥 [ 編集 ]


>>monokuroさん 

monokuroさん コメントありがとうございます。
ほんとに。
「何が何だか分からない状態」だったようです。
いつも、温かい言葉で励ましてくださって、ありがとう。何だか、あなたの真心には、いつもちょっと涙ぐんでしまいます。
もう少し状態が回復したら、遊びに行きます。
少し大変そうですがmonokuroさんも、ちゃんと眠れてますように。

2008/01/27 15:12 | 美鳥 [ 編集 ]


はじめまして^^ 

はじめてコメントさせていただきます。
上手く心にあった言葉が思いつかないのでいつも読ませていただくだけだったのですが、今回の記事を読んで、思わず涙が出てきてしまい、あぁ、何かを感じられたって思いました。
何か、を表現できませんが、なんだか伝えたくて。
変な文章でごめんなさい。

2008/01/28 14:10 | kememilk [ 編集 ]


>>kememilkさん 

kememilkさん こんばんは。
はじめまして。お越しくださって、嬉しいです。
上手い言葉なんて、何でもいいですよ。お声をかけてくださって、ありがとうございます。
kememilkさんのブログに、ときどき寄らせていただいてました。うさぎと同居経験があり、kememilkさんちの3羽の子たちの写真にも癒されています。銀魂のお話のときには、大ファンなものでコメントしようか迷い、でもいきなり銀魂ネタもなぁ、みたいな感じで、ご挨拶し損ねてたところでした(笑)
kememilkさんも色々なことに向き合おうとされているんですね。全ての記事を拝見してます。私自身の経験と重なるところもあり、陰ながら、応援しています。
心を自由に遊ばせることって、とても難しいなと思います。散歩していると、自然と心を紐解いているような気がして、生きていることを実感できました。最近低調だったので、心から楽しい時間でした。
そんな気持ちが、kememilkさんにも伝わったなら嬉しいです。
また、どうぞお気軽にコメントくださいね。
kememilkさんと色々なお話できるのを、楽しみにお待ちしています。
ありがとうございました。

2008/01/28 22:50 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。