--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/01/04 (Fri) 無味な飴玉

2007.01.04_diary.jpg



年が明けてからの自分に、嘘くささを感じている。
ブログの管理ページを開き、
ただ無為に下書きばかりを幾つも書き散らしては、パソコンを閉じる。
そればかり、繰り返している。


過去に書いて、公開を待つだけの記事がある。
なのに、アップできない。
今の私は、その記事を書いた時とは違う私だから。
誰かに読んでもらうのは、嘘をつくような罪悪感にかられる。


多分私は、何かに媚びようとしている。
何かを、救おうとしている。
格好をつけようとしている。
焦っている。
自分らしくないことを、
書かなければならないような気分に捕われている。
だから、書かないことにした。


私の正月三日は、
お節料理とあらゆる美味しいものを食べ、旨い日本酒とともに胃袋を満たし、
上質な映画と豊富な話題、笑い、
東京から帰ってきた弟MTとの
映画監督・音楽・創作談義で知的好奇心を満たした。
マンションでは、粗食を尽くしていたせいか、
栄養価の高い実家では、体調が回復した。
強迫性障害の弟MKは、家族と食卓を囲むどころか、
向き合って会話をすることも不可能なため、
相変わらずひとりPCに向かい、株価のチェックや2ちゃんねる、
中国・韓国情報を集めて、立ったまま一人で食事していた。
私たちは、久しぶりに両親と弟MTと4人ですきやきをつついて、
ビールを飲んで、話に花を咲かせた。
MKが命令口調で、部屋を出て行けだとか、喋るなとか、
勝手にやかんに触るな、などいつもの調子で、
強迫観念に基づいた彼のルールを持ち込む。
MTが冗談まじりに一言
「そうやって領土拡大していくのは、やめようぜ」
と言ったので、いつもはMKの言うことをきく両親も至極まともなMTに迎合した。
MTがいなければ、MKのルールが通ってしまい、
結果、私に対する暴力などに帰結するのだが、
その不安がないのでMTの存在に感謝する。


体調は回復したが、記憶があまりない。
MTや母が言うには、私が同じ話を何度もするらしい。
私は話した記憶がないから、初めてだと思って話す。
すると、同じことを数時間前に既に聞いたよ、と言われる。
全く思い出せない。
まだ見せていない新調のめがねをMTに見せたら、
今朝見たばっかり、と言われた。
からかわれてるのかとも思ったが、
まだ話していない筈の話まで逆に聞かされて、
確かにそれは私しか知らないから、私が話したということは事実のようだ。
元旦から、あまりにそれを繰り返すので、
「海馬が腐っている」
とMTに、冗談交じりに笑われた。
酔うほどの酒量でもないし、何が原因か分からない。
時間と日にちの感覚が、いつもより更に曖昧で、
記憶に残っているシーンが、1時間前のことなのか、
半日前のことなのか、一日前のことなのか、がよく分からなくなっている。


マンションでの一人暮らしで分かっていることは、
ただ起きているだけで無性に疲れるということ。
疲れたかもしれない、と思ったらすぐにベッドに入ることにしている。
人が集まった実家では、なかなかそんな休憩ができない。


さっき、布団に入って目を閉じたら、耳元で弟MKの威嚇する声が聞こえた。
フラッシュバックだか、幻聴だか、どっちだか分からない。
いつもの、やくざのような舌を巻いた苛々した口調で「おいこらァァ」と聞こえた。
怖くて目を閉じたら、突然、大きなカエルの丸焼きが見えた。
白い大皿の上に、真緑のパセリ、黄色いレモンの輪切り、真赤なプチトマト。
それらを台座に、頭に金色の画用紙で作った王冠をかぶっている、
大きなアマガエルの丸焼きが見えた。
こんがり焼けて目玉が白くなったカエルは、生も死も炎に焼き払われて、
存在感のひとつもなく、眺める私の感情の何ひとつ、喚起しなかった。
奇妙な幻視。


自分のペースで、自分らしく文章を書くというのは、
意外に骨が折れることなのだと、去年末からはじめて実感した。
強がったり、自分のためでなく他人のために存在したりしたがる私は、
気を緩めると、飾ろうとしたり、大きく見せようとしたり、
現実では纏まっていない感情を
文章の中で無理やり纏めようとしたりする。

駄目なときは駄目なんだ、と勇気を出して、
書かないということが、意外に難しい。
MTに「Mixi疲れ」という言葉を教えてもらった。
ミクシーをやっているわけではないが、
元々ブログ否定者でもあったわけだが、
実家での私の様子を見ていて、鋭いMTは既に分かっていたようだ。
色んな人と繋がりながら、その中で自分らしく立つ難しさは、
現実の世界でも、ネットの世界でも、同じことなのだな、と思った。


美味しいものを食べ、楽しい会話を交わし、満たされた正月三が日だが、
胸の奥は、なぜか沈黙していて、
それでも無理やり言葉を紡ぎださなければ、と躍起になっていた。
味のない飴玉を味わおうと、口の中で転がし続けているような毎日だった。


上滑りな、耳に空々しいくだらない言葉を山ほど書いた。
どれも下書きのまま、保存フォルダに放り込んで正解だった。
無味な飴玉は、味がないどころか、まずい。
やっと、これを吐き捨てることを思いついた。
見栄を張って、強がって、誰かを救わなければなんて、
無意味な虚勢を張るのはやめた。


みっともなくても醜くても愚かでも、私は、私でしかいられない。
そこが、病気から立ち直ろうとする出発点だったはずだ。

無味な飴玉を、未練たらしく舌の上で転がしていた、
ここ数日のみっともない私を、まず書こうと思った。
飴玉を吐き捨ててみれば、
下書きフォルダに丸めて捨てられた言葉も、
無意味ではないように感じられた。
私らしい新年の始め方だと苦笑した。



心の病気への理解を広げたく、ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
         
 a_04.gif にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

日々日記 | comment(19) |


<<つたなき貴石 | TOP | A Happy New Year !>>

comment











管理人のみ閲覧OK


>>拍手コメントさん 

コメントくださり、ありがとうございます。
同じですね!
私もビー玉舐めてました(笑)
ガラス玉は、無味ですが確かに綺麗です。
ここ数日もやもやとしていたのに、あなたがくださったコメントを読んで、不思議にスッキリした気分になりました。
あなたは、いつもおもろくて懸命で、いい感じに力が抜けていて、不思議な人だと思います。
ありがとう。

2008/01/04 18:05 | 美鳥 [ 編集 ]


ぼちぼちね 

こんばんわ。

無理しないでね。

無理に表現しようと、自分を追い込まないでね。

またね。

2008/01/04 21:14 | チュン太郎 [ 編集 ]


>>チュン太郎さん 

チュン太郎さん こんばんは。
コメント、いつもありがとうございます。
追い詰められていたようで、自分で追い込んでいたようです。
すぐに「~しなければ」という思考に陥ってしまう、強迫性人格障害だ、なんて医者は言っていましたが、たまにはそれを思い出してもいいのかも、と思いました。
無理しては、何もできませんよね。
肩の力を抜いて、背伸びしない自分で進んでいきます。
ありがとうございます。

2008/01/04 21:30 | 美鳥 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/01/05 10:09 | [ 編集 ]


構へん&構へん 

美鳥さん、こんにちは。
こちらに書き込むのは初めてですね。
いつも、コメントをお寄せ頂くばかりで恐縮しておりました。
MIXI疲れ・・そうなんですよね。僕もMIXIは経験ありませんが、分かるような気がします。人様と関わるって、良きにつけ悪しきにつけ、エネルギーを要しますから。自分を主張し、相手を尊重しながらの人付き合い。
ブログというのは情報発信が一方通行になりがちな世界です。それでも、書き手の思いを受け止めたり、共感したり、時に反論したり・・読者側の反応も様々ですよね。
でも、発信する側の自由がもっと大切にされても構わないと思います。労働裁判で人並みはずれた強さを見せたのも、翌日には弱さを思わず吐露したのも、片付けられない女を脱したのも、どれも美鳥さんでしょう?
その時、その時の心境で本音から綴られている思いは、どれも興味深く、次を次を期待したくなります。僕は一読者として、そんな感想を抱いています。
ブログへの思いと並々ならぬ決意をお察ししますが、いつも糸が張ったままでは余計に辛くなりませんか?たまには「構へん、構へん」って、ご自分を労わってあげて下さいね。

2008/01/05 11:01 | LiGuang [ 編集 ]


 

私は、あなたのご病状や精神状態を正確に知る事はできませんし、的外れも知れませんが、この記事を読んで思ったことを書いてみます。
ブログの記事を書き続けるにあたって、本来の自分とは違う何かを書こうとしてしまう、というのは、あなたにとって苦痛なのでしょうか、それとも不満に思う程度なのでしょうか。また、ご病状に対して、悪影響を及ぼす性質の物なのでしょか・・・。
記事を書くにあたって、表面を取り繕う程度の事は、みんな誰しもあることだと思います。
様々な体調や心理面での変化に対して、どのように対処するのがあなたにとって一番良いのか、私には判りませんが、ある瞬間思ったことを書いて、後で違和感を感じても、その瞬間思ったことはその人の精神の一部です。取り繕おうとしていると感じるなら、それが必ずしも悪い事だとも思えないのです。
それを受け入れるか否定するかは、一般の健常者である私の視点からは軽々しく意見を言う事は出来ませんが、出来る事なら、優しい自分も、強がりな自分も、醜い自分も、ぜんぶ上手に付き合っていけると良いのですが・・・・。
そしてその中から、他人に見せられる自分を選び出して、「いい人」として振舞うのは、「とても良い事のように思えるのですが・・・。
また寄らせていただきます。

一人の応援者より

2008/01/05 16:29 | 久しぶり君 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/01/06 01:12 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/01/06 03:05 | [ 編集 ]


>>鍵コメMさん 

お返事遅れまして、すみません。
来てくださって、ありがとう。
最近、記事を拝見していて、お忙しく、また浮いたり沈んだりされているご様子で、心配していました。コメントでエールを送りたいと思いながら、逆にあなたから励ましのコメントを頂き、驚き、感謝しました。

何度も何度も読み返しました。
お金は関係なくて、何かを作り出している という「お金は関係ない」という部分に、まず、はっとなりました。今私は職業を持たず、しかし書く能力を磨きたいと思っている毎日で、自然お金を意識していました。そんなことは関係なく、あなたは色んなものを作り出している、と言ってくださったこと、感性を磨く途上での重圧であること、あなたの言葉だからこそ、とても重みがある言葉だと思いました。何度も読みました。目が醒めたような思いがしました。

職業として物を作ってらっしゃるあなたから、クリエイターだなど、身に余る光栄な言葉です。気持ちばかりでなかなか前に進めない私への、寛大で温かいエールだと思いました。精進していくことの苦しみと楽しみを、あなたは知ってらっしゃるんだと思いました。

「作ったもので遊ぶ」あなたに言われなければ、すっかり忘れていました。そうなんですよね。精一杯頑張ったあとは、遊ぶこと、それも物を作り出す上で、絶対に必要なエネルギー充填法なのだと思いました。さっそく実行してみて、効果を実感しました。ありがとうございます。

間違いなんて、とんでもないです。
あなたから頂いたコメントを読んで、今の私で、卑屈になる必要も、大きく見せる必要もないのだと思いました。
途上にある自分、これから先も、きっとずっと何かの途上にある自分、壁にぶつかり続ける自分から、毎回始めていきたいと思います。
作るということは、そんな作業なのかもしれない、と思いました。
感謝の気持ちを、等身大の記事を書くことでお応えできたら、と感じました。温かく見守ってくださるあなたの目線は、心地よい不思議なプレッシャーを与えてくださいます。
ありがとうございます。

2008/01/06 11:35 | 美鳥 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/01/06 20:10 | [ 編集 ]


 

美鳥さん、こんばんは。
そして遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
コメントがお久しぶりになってしまい申し訳ありません。

私も、私のブログ上でいいカッコをしようとしてしまうことが多々あります。
そんなところでいいカッコをしても何にもならないのに。

美鳥さんの心の言葉、楽しみに待っていますね^^

2008/01/06 21:17 | だいず [ 編集 ]


>>LiGuangさん 

Liさん こんばんは。
コメントくださいまして、本当にありがとうございます。お名前を見つけて、とても嬉しかったです。
はじめて書いてくださったのに、お返事が大変遅れまして、申し訳ありません。
Liさんが、おっしゃるように、色々なものが重なり、張り詰めていた糸が切れたような感覚です。趣味は、そうして次々変えてきましたが、書くことは私にとって大切な大切なことなので、Liさんがおっしゃってくださったように、自分が持っている力と弱さをちゃんと確認しようと思いました。
次の記事を期待してくださって、ありがとうございます。二度重ねられた「構へん」を、胸の中で繰り返しています。
Liさんも、新しい門出のとき、お体ご自愛ください。
ありがとうございます。

2008/01/08 00:18 | 美鳥 [ 編集 ]


>>久しぶり君さん 

ご訪問、コメントありがとうございます。
本当に、お久しぶりですね。
お元気ですか?

私は「人に見せられる自分」と「見せられない自分」を、このブログという場所では区別したくないと思っています。心の病への理解を広げたいと思うと、心というのは生活から人生観、恋愛観にまで反映されるものなので、何一つ偽りたくないと思うんです。また、私自身、普段からですが、格好をつけたり取り繕ったりすることが苦手だという理由もあります。「いい人」というのが、私にはよく分かりません。一般に言われる「いい人」を、宗教経験の中で山ほど見てきましたので、「いい人」という概念が嫌いになり、私の意識からは、すっかり抜け落ちました。
良いか悪いかではなく、価値があるかないか、どれくらい人に届き、どれくらい人に届かないか、それだけのような気がするんです。届かないものを独り言のように書くのなら、やはり読んでくださる方たちへの誠意として、せめて届いてほしいと思えるものを書きたいと思いました。
ブログで、自身が下書きに書いてアップするまでに時間があります。その数分の間にも読み返してみて、白々しいと私が感じたものは、やはり丸めて捨てたくなります。
以前の記事になりますが、両目を開いて、生きていたい。
それだけです。
下書きばかり書いて丸めて捨てている今の私が、生意気なことを、と自身でも嗤いたくなりますが、やはり自分自身は誤魔化せないようです。
思うままに書いていただき、ありがとうございます。
また、遊びに来てください。
来てくださって、ありがとうございました。

2008/01/08 00:36 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメさん 

コメント、ありがとうございます。
鍵つきの理由を書かれていらっしゃいましたが、まったく抜けてなんていません。ご丁寧に、ありがとうございます。
最近低調なため、お返事が大変遅れました。この空白の日数が、あなたにご負担をかけたのでは、と申し訳なく思います。
あなたがご心配いただいたようなことは、ありませんので、ご安心ください。
逆に、とても有難いと思いました。
コメントを何度も読み返して、あなたが、私が思いもしなかったことまで私の立場に立ち、ご想像くださってコメント寄せていただいたことが、文面から滲み出ていました。
お気遣い、ありがとう。あなたは、本当に優しい方ですね。
お互いの顔が見えないネットだからこそ、ストレートな物言いの方がお人柄がよく分かって、私は好きです。誹謗中傷などとは違い、ネットでのストレートな励ましの言葉は、パソコンのモニターを越えて真っ直ぐ私の心に届きます。
そのままのあなたの言葉が、私には心地よいです。私も、そのままでいいんだな、と思わせてくれるから。
この低調から抜け出ましたら、遊びに行きます。
また、お気軽に遊びに来てください。お待ちしています。

2008/01/08 00:46 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメさん 

数日、文字が書けない読めない状態でした。
ようやく復活して、あらためてあなたのコメント見て、ようやく頭に内容が入り、驚きました。
あとで、あちらに行きます。

2008/01/08 01:06 | 美鳥 [ 編集 ]


>>鍵コメさん 

鍵つきで書いてくださいましたが、私だけが拝見するのは勿体ない位の言葉です。
今こそ、焦らずに、
今こそ、休む時。
今こそ、自分が自分を創り出すとき。

はっとしました。
私がまだ体験したことのない壁や、その乗り越え方を、あなたは体得してらっしゃるんだと思いました。
とても貴重な言葉です。ありがとうございます。
お忙しい時に、コメントくださって、深く深く感謝いたします。
トコトコ。飾らない靴音みたいで、いい響きですね。
ありがとうございます。
あなたがくださる言葉に、何度感謝しているか分かりません。

2008/01/08 01:12 | 美鳥 [ 編集 ]


>>だいずさん 

だいずさん こんばんは。
こちらこそ、大変遅くなりました。
明けまして、おめでとうございます。

記事を拝見して、とても心配です。
生きてください。あなたに、生きていて欲しいです。
自傷したって何をやったって、生きている限り、病に負けたことにはなりません。
自傷したって消えずに存在しているだいずさんは、十分一生懸命生きています。
存在していていいんです。消えなくていいんです。
心の病気を抱えていない人には、自傷の意味が分かりません。生きるための武器を手にとって、あなたはどこへ向けていいか分からず、たまたま自分しか見つからず自分を傷つけただけです。たとえ家族でも、心配なんていいんです。乱暴かもしれないけれど、そう思います。自傷でもしなければ、だいずさんの心が死んでしまったんだから。
心の病魔は、卑怯です。姿を見せず、消えろ消えろと囁くだけで、本当に卑怯な敵です。

でも、大丈夫。大丈夫。
生きてください。
あなたが今戦っている敵が、私にも見えるようです。
死んでしまったら、あなたとお話ができなくなります。あなたの詩も読めなくなります。悲しいです。
だいずさんを殺そうとする敵を、私も憎んでいます。私も戦っています。
大丈夫ですよ。
生きてください。
生きていきましょう。

2008/01/08 01:28 | 美鳥 [ 編集 ]


 

美鳥さん、こんにちは。
mixi疲れ・ブログ疲れ、
私もよくなってます。
マイペースにやっていくというのも、
なかなか難しいですよね。
ゆっくり休んでくださいね。
ではでは、また♪

2008/01/08 11:18 | hima(ひまわり) [ 編集 ]


>>hima(ひまわり)さん 

himaちゃん こんにちは。
来てくださって、ありがとう。
書く作業を大切にして来たので、なんだか絶望的な気分になっていました。
皆さん、体験されることなんですね。
なかなか抜け切れないまま、himaちゃんの言葉を読んで、心からほっとしました。
いつも、ありがとう。
マイペースで、ちゃんと自分を綴っていきたいと思います。

高速道路での疾走、お疲れさまでした。
最近の不調でコメント残せず悔しい思いをしていましたが、後でマンガ話しに参ります(笑)

2008/01/08 14:17 | 美鳥 [ 編集 ]


| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。