--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/04/12 (Sat) 指無し姫は生きる 1

件のカウンセラーとの出会いを語るなら、直前の出来事から書いておかなければならない。
問題のカウンセリングに嵌りこんでいった経緯、支配から逃れられなかった理由、そこから抜け出したきっかけ、抜け出した私が今こうしてブログを書いている理由。全て一本の背骨が通った一繋がりの物語になっている。
この時期に私と関わってくれた誰が欠けても、今日の私はない。

2008年から10ヶ月間受けたカウンセリングから約4年、壊れたまま生きてきた日々を書く。
崩壊し続ける「私」の物語。
死ななかったから、書ける。生き延びる限り、書く。


::::::::::::::::::::


2008年10月、TBS報道特集NEXTで「自分を傷つける女たち(境界性人格障害)」というドキュメンタリーが放送された。
私は、境界性パーソナリティ障害(以後、略語のBPDと記す)の患者の一人として出演した。
私の私生活から通院、BPD特有の行動化の様子などが、テレビで流れた。
私はこんなブログを書いている以上、覚悟があった。病気への理解が広がるなら、私のプライバシーは要らない。どうせ明日生きているか分からないのなら、自分の全部を出してから死のうと決めていた。
だから、モザイクはなしにしてもらった。番組に使われることはなかったが、交際していた男性が撮影したSMプレイ写真まで提供した。
私は、私自身が病気への理解に必要と思うものを必要なだけ提供した。



取材の話が来た当初、テレビ関係の人間というだけで私は全く信用せず打ち合わせのテーブルに座ったが、相当な時間をかけて知ったディレクターN氏は、信頼に値する人物だと感じた。
その彼から、事前に説明を受けていた。
全国誰もが見るテレビに、精神障害者として顔出しで出ることのメリットは、はっきり言って一つもない、と。しかし、当事者の表情まで放送出来るなら、より伝わることは間違いない。

私は、誤解されやすいこの病の苦しみが、最善の形で伝わって欲しいと願っていた。

モザイクなしで良いです。そう言ったら、ディレクターは驚いた。
「もうちょっと考えた方が良いですよ。知り合いや家族が見るかもしれない。途中で気が変わったら言ってください。いつでも処理しますから」と言った。
気は変わりません、と私は答えた。

自分がブサイクだろうがキモかろうが、どうでも良い。それが私の生だ。生きることは苦しくて、下らなくて、なかなか死ねなくて、諦めが悪くて、みっともなくて、少しでもましに生きようと今日明日を足掻くしかない、それが私の偽りない事実だ。格好つけても仕方ない。ブログでやっていることと何も変わらない。どんな場でも私は繕わずにいられるのか。自分を試してみたい気もあった。

事実、最後まで後悔しなかった。涙にまみれて醜態をさらす自分の顔を画面いっぱいに眺めても、その気持ちは変わらなかった。


放送直後から、ブログの来訪者が激増した。
番組の感想が、コメント、鍵付きコメント、メールを通して数え切れないほど私の元に寄せられた。書き込み主は、主に同じようにBPDで苦しむ当事者の方々だ。

当時まだまだ認知度の低かったBPDのドキュメンタリー番組が放送されただけで、価値があった。そのことを評価する声を頂いた。
一方で、「BPDの苦しみはあんなものではない」「私たち当事者はあんなことが言いたいわけではない」といった批判的な声もあった。
一当事者に過ぎない私のブログのコメント欄に、制作サイドへの批判を書き込んでも当事者の声はどこにも届かない。憂さ晴らしのように感情任せに批判してくる鍵コメントやメールが増え続け、対応しようのない私は何度もダウンした。孤独だった。

力を振り絞り、記事を書いた。
意見があれば直接、実名でテレビ局へ感想を送ってください。当事者の声こそ最も価値がある。実名こそ価値がある。

その記事に応えて、何人もの方が実際に動いて下さった。実名で感想を送りましたと連絡くださった。倒れこんだベッドの中で報告を受けて、その勇気ある行動に心から救われ、泣いた。

この時の体験が、その後の講演活動に繋がった。
醜悪だと笑われようがが何だろうが、とにかく自分のありのままで人の前に立つこと、当事者が当事者の声と言葉で自らを語ることの大切さを実感した。私の捨て鉢の勇気に応えてくださる方々がいることを知った。


「番組は番組制作者の作品に過ぎない、当事者の声ほど説得力を持つものはない、美鳥さんが伝えたいことは自分自身で伝えるべきだ。」
そう言ったディレクターN氏の言葉も、その後の私の道を決定的にした。
当時の私は、暇さえあればSMプレイの話ばかりして、頻繁にボーダー患者ならではの二極論をぶつ、分別のないクソ生意気な小娘だった。それでも、1人の人間として対等に対話してくれた。N氏からは、日本のこと海外のこと、宗教のこと動物のこと昆虫のこと野球のこと、数え切れない程多くのことを教わった。
人のプライバシーを最大に尊重することの大切さを教えてくれた人でもある。「マスゴミ」と揶揄される報道の仕事に、こんな誠実な人も携わっているのだという事実は、私の世間への目を開かせてくれた。
彼は、後に、間接的に私の命を救った一人ともなった。


番組放送後、しばらく経っても訪問者の数は一向に減らなかった。
昔から読んでくださっている方なら、うちのブログではコメント欄が匿名の誰かに荒らされることが日常茶飯事になっていたことは、ご存知だと思う。
特に悪質なものが多かったのは、鍵つきコメントだ。罵詈雑言の長文を書き込み続ける複数の匿名に粘着に絡まれ続けた。
番組放送以後は、私にコンタクトを取ってくる人そのものの数が増え、比例して悪意あるコメントも増えた。
例えば、ある鍵コメが「発信は見苦しいですよ。さっさと自殺したらどうですか?」と書いて来たかと思えば、数日更新しないでいると、別の誰かが「読者の気を引きたくて更新してないのでしょう?痛々しい」と書き込んでくる。そんな調子で、そのうちストーカーも現れ、警察署に相談に赴くはめになった。

精神のバランスを欠く時間が増えた。
プライベートな日記で苦しみを吐露した。ブログ友達に手伝ってもらって、荒しコメントの論理分析を必死でやった。それでも耐え切れず意識は朦朧とし、ODし、ダウンを繰り返した。

生きるために書いているブログで、生きる気力を支えられ、生きる気力を奪われる。
でも、書くことをやめるわけにはいかない。
孤独だった。

<⇒2に続く>




↓ ランキング応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇twitter→こちら ※現在ツイートは殆どしません。リプライは見てお返事しています。
◇twitterまとめ→twilog(日ごとに纏めて読めます)
◇Ustream番組→ MitorixTV(折を見て再開予定。配信予告は当ブログとTwitterでお知らせしています)

関連記事

治療日記 | trackback(0) | comment(5) |


<<指無し姫は生きる 2 | TOP | ケンタッキーのストライプ - リストカット ->>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

記事を読みながら当時を思い出してました。
丁度ドキュメンタリー放映の少し前にこちらのブログを知り、ROM専になっていた頃だったなあと。
オンエアも見まして、
「頑張っているのになんで駄目なの?」と
嗚咽する美鳥さんの姿が、自分もかつて同じ事を言った事もあり、
生き辛さと言う点で強く共感し、印象深かったのを
思い出しました。
オンエアでの美鳥さんの姿に当時勇気を貰いました。
その数年後の私の行動にも少なからず影響しています。

2014/04/14 00:33 | ひなきち [ 編集 ]


Re:ひなきちさん 

ひなきちさん、こんばんは。
最近、コメントするのが難しいともっぱら噂の当ブログにコメントありがとう!

> 記事を読みながら当時を思い出してました。
> 丁度ドキュメンタリー放映の少し前にこちらのブログを知り、ROM専になっていた頃だったなあと。

その頃のひなきちさんは、どんな思いで生きて、どんな思いでこのブログを読んでくださっていたのでしょう。
そんな昔から今日までずっとこのブログにお付き合いくださっていることが、凄い。この記事を回顧的に読んでくださる方は、そうそういないはず。
いつも「見えないけれど画面の向こう側にいる誰か」がいることを励みに書いていたので、こうして今コメント頂いたり、手打ちうどん食わせてもらったり、一緒に天ぷらあげたり競馬行ったり、ピーたんの後見人?にまで任命して頂き、夢のようです。


> オンエアも見まして、
> 「頑張っているのになんで駄目なの?」と
> 嗚咽する美鳥さんの姿が、自分もかつて同じ事を言った事もあり、
> 生き辛さと言う点で強く共感し、印象深かったのを
> 思い出しました。

録画したはずのデータが行方知らずになり、殆ど私の記憶からも消えつつあります。
そんなことを私は言ってたのかと、ひなきちさんのコメント読んで知りました。(読んでも思い出せない私のぺらい記憶力・・・)
被虐児、人格障害、心に深いトラウマを負った人ほど、頑張っても必ず幸せになれるわけではないというのが、皮肉で残酷な現実だと思います。もがけばもがくほどはまりこんでいく泥沼を絶望と呼ぶ。
当時の私は、明日生きているか分からず、一週間先の予定は現実味のない仮想でした。
そんな私が数年後の今も生きていて、同じく生きているひなきちさんとここで言葉を交わしているって、考えるとすごいことです。お互い生きててよかった。


> オンエアでの美鳥さんの姿に当時勇気を貰いました。
> その数年後の私の行動にも少なからず影響しています。

私も勇気を貰いました。
反照しあって生きられることが、光栄です。
ありがとう。



2014/04/17 01:10 | 美鳥(みとり) [ 編集 ]


美鳥さん 

いつも丁寧なお返事ありがとう。

長くなりますが、当時の私の状況を書かせて貰います。

2008年は2度目の上京生活が始まった年でした。
コントロールしがたい感情、
虚無感・希死念慮、社交不安、人間不信。
診断は受けていなかったですが(医者不信だったので、症状を素直に話した事もありませんでした)
BPDの傾向は確実にありましたし、自覚もありました。

自分はどうありたいのか、どう生きたいのかも分からず、
自分は人生の失敗者で、生きる産業廃棄物だと思っていました。
死にたい気持ちもありましたが、
生きていたくないと言う気持ちの方が強かったですし、
生きることも死ぬことも選べない自分に対する評価は地を這っていました。
翌年の2009年には自殺未遂もしています。


そんな折、美鳥さんのブログを見つけた時には、
食い入るようにブログを読みました。
話を盛らずに書いている、正直な心境と出来事、
育成環境を含めた人間関係など。
今だから正直に書けるのですが、
環境などは美鳥さんのがずっとハードなのですが、
私みたいな人がいると思い、親近感を覚えずにいられませんでした。
大阪で暮らす自分と似たような人が、
自分よりずっとずっとボロボロになりながらも、
必死でもがいている様子を見て、
自分が産業廃棄物だろうがゴミだろうが、
役立たずだろうが、死んではいけないと奮い立たせていました。
同時に自分の罪の重さを突きつけられている気持ちになり、
私には生きて罪を償うだけの力が無い。死ぬしかないのでは。
と二つの気持ちの間で揺れておりました。

今こうして書いてみると、それなりに危うかったのかなと思います。

その頃から考えると、一緒にお酒飲んだり、競馬をする日が来るなんて、人生とは小説よりも
突飛な事があるんだなとしみじみ思います。
どちらかが欠けていては絶対に無かった事だと思うと、
胸がジーンとせずには居られないです。

2014/04/18 18:32 | ひなきち [ 編集 ]


 

数年ぶりにお邪魔します。
当時、粘着してコメント欄を荒らしていた一人です。

何故したのか、や内容は全く覚えていませんが、
個人的にはテレビ出演や活動に関しては全くの関心外でした。

ただ別の人間関係で精神的に不安定であり、八つ当たりで事に及んでいました。


ふと、「真実」「現実」を直視していると豪語していた方がいたと言う事実と、
500円でその講演を行っていた方がいたと言う事実は片隅に残っていて、
興味があり再び訪問した次第です。

数年ぶりに拝見しましたが、
すぐには変われない、辛い過去から抜けるのはそう易々とはいかない様です。

2014/04/25 10:23 | 。 [ 編集 ]


初めまして 

初めまして、こんばんは。こんな時間にコメントするのは非常識かも知れませんが、お許しください。私は現在19才の大学生です。美鳥さんほどでは無いかもしれませんが、子供の頃から両親に辛い仕打ちを受けて育ってきました。一人暮らしになった今では、一人で部屋に居る時間が増えたため、昔のことを思い出すことが多くなりました。私の一番最初の記憶は車の中で父親に殴られたことです。弟が生まれる前でしたので、私はその時まだ3才にもなっていませんでした。
最近そのような事ばかり思い出して、イライラし、情緒不安定気味になって、小さな物音で起きたりして、眠れなくなってしまいました。診療内科に一度かかってみたいのですが、踏ん切りが付かない状況でした。眠れずパソコンをいじっているときにこちらのサイトに辿り付きました。
美島さんの苦労は想像するに余ります。おそらく私の何倍も辛い体験をされてきたのだろうと思います。それでも、傷つきながらも毎日を生きて、ブログを発信されていて、言葉で言い表せない感動と勇気を頂きました。共感すると同時に、思わず涙が出ててきます。
他にも苦しんでいらっしゃる方がいて、必死にがんばっている、そのことを支えにしてフラッシュバックと向き合おうと思います。深い孤独感が少しだけ薄れました。

突然このような私事をコメントしてしまい、申し訳ありません。本当に胸がいっぱいになってしまって、せずにはいられませんでした。勝手ではありますが、心からのお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

2014/05/09 03:05 | りさ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1265-eba63a1d

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。