--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/01 (Tue) MitorixTV第8回まとめ「傷つけられた心と自尊心を取り戻す方法」ほか

◆MitorixTV(ミトリックスティービー)Vol.8◆
(第8回のご感想は、よろしければこちらの記事コメント欄にどうぞ)

開始時間が5分遅れた。朝からテンション低くて落ち着きがなかったので、無理から寛ごうとカプチーノを入れてたら実際は時間なくて逆に余計パニックに。つくづく思った。放送30分前には落ち着いて座っておこう。

放送開始。
スタート時点で自分の調子を話すのが恒例になってきた。話すことで自分の状態を確認している。日常的な習慣でもある。自分を動かしてみて自分の調子を見る。毎度車検でもやってる気分。決してその日うまく喋れなかったことの言い訳にはすまいと戒めている。戒めすぎると意識変容や表象幻視で喋れなくなる事実を無視することになるので、度合いが難しい。

チャットに参加してくださってる方の中に見慣れてきたお名前も見つけて安心。これがどれだけ心強く感じることか、配信者にしか分かるまい。配信、こわい。だけど配信、たのしい。

「こんばんは」て交わせるだけで、嬉しい。人が温かい。初めてチャットに参加しますという方もいて嬉しかった。ブログを書くにも配信するにも、発信者側は声をかけてもらわない限り読者や視聴者と直接関わることができない宿命。片思いに似ている。

モヒート作った。かんぱいしたら誰かがかんぱいと応えてくれるのが嬉しい。あれ私孤独なのか。
予想はしてたが喋るのにいっぱいいっぱいで飲むなんてできやしねぇ。番組後半では氷が全部溶けてた。それでもうまかったモヒート。

ギターの話から、カラオケ、主にひとりカラオケの話題へ。私のひとカラ平均時間は3時間。ギターがやりたいのではなく、あくまで歌うのに伴奏つけたいからギター。音色も最近好きになった。
カラオケ行きたいけどひとカラへ踏み出せない人へ、自分が実際にやった羞恥心を振り切る自己流自己暗示の話をした。第三者に話すと痛々しさが増すエピソードである。でも歌わないでいたら死んじゃうじゃない。

Yahoo知恵袋のお話。
2つ取り上げた。共通して私がスポットを当てたかったのは相談内容よりも回答者それぞれの文脈。相談者の実際を何も知らない、知らないけれど相談内容を読むと浮かんでくる色んな考え感じ方。それは今日私と視聴者の皆さんが考え感じるいろいろと全く同じ。
限られた情報の中でも感情と思考を刺激されて出てくる言葉には、その人らしい過去の経験や知恵や性格が息づいている。そこが面白い。

1つ目の知恵袋のネタはDVなのかDVじゃないのか定かではないが初めて恋人に殴られた女性の相談。
「DV」や「暴力」について、色んな話ができたと思う。願わくば私の思考がもっとちゃんと既に纏まっていれば良いのだけど、まさに一緒に考えている。うまく話せているのか全く自信がない。これで良いのだろうか。
などと怖気づいている間にも何か喋らなくては進まない番組。自分へのうっすらとした失望にやや心折れそうになる。

暴力を振るう相手とは話し合いが出来ない(暴力以後、どれだけ冷静になったとしても)と私が思う理由、経験をちょっと話した。
暴力とは相手に銃を構えて撃つことと同じ。恐怖や痛みは一過性のものではない。相手に刻まれる。一度撃ってしまえば相手から恐怖が消えることはない。心を開いて話すことはできなくなる。暴力は関係性を脆くする。親しい間柄では余計に誰のためにもならない。

「「暴力は最低だ」と普段言ってた彼から殴られたが、彼は謝らないときっぱり言っている」の矛盾について。
殴った男の矛盾や破綻は勿論だが、回答者の中に多くみられるのが「最低だと言ってた彼が殴ったのなら、殴らせたあなたに余程の非があったのでは」の言。これが、一般論。そこらじゅうで聞く無難な回答。
発言者が暴力と無縁だから殴られた方にも非があると発想するのか、場合によっては暴力もやむなしの価値観なのか、その価値観は「場合によっては暴力によって相手を黙らせコントロールすることにも正当性がある」に通じないのか、それはそれで良いのか、「人間なら誰でも~」の枕詞は一体何を擁護し何に免罪符を与えているのか。
山ほど色んな考えや感情が湧いてきて頭の中が大変なことに。

頂いたチャット発言で衝撃的だったのが、「相談者が選んだベストアンサーと御礼の言葉は、相談者が心底納得した答えではなく、回答者側全体の空気を読んでの気回しではないのか」てやつ。
そういえば純度100%アダルトチルドレンの頃の私は、誰かに相談してあさってなアドバイスが返ってきても全力でその人の言うとおりだ!という態度を示そうとしたし、実際そう思い込もうとしていた。自分の問題を解決するため人に相談したのに、いつの間にか相手の機嫌を取ることが目的になっていた。

2つ目、恋人の手作りの指輪を、ブランドの指輪を複数貰っている女友達から「タダでしょ?ププッ」と笑われた女性からの相談。
多数の回答者は、似たり寄ったりの意見。「価値観が違う」「ブランド物より手作りが素敵」「ブランドものも手作りも貰ったら嬉しい」「つまらない友達の言うことは放っておけばいい」等々。
回答を読んでいて私は、励ましにはなるが友達に傷つけられて揺らいだ価値観の衝撃から快復するには何かが足りないと思った。どれも既に相談者は分かりきっていることだ。分かっているのに傷ついている。
そもそも「つまらない相手だから放っておけばいい」と言われて本当に放っておける人はいるのだろうか。むしろつまらないからこそ意味が分からず無闇に傷つくことだってある。傷は放っておいてもおかなくても痛むものは痛む。通りすがりの人間に傷つけられたのなら放っておけばいい。だけど友達や家族や職場、容易に逃れられない場所で同じことが起きても「つまらない人間だと思って放っておく」のだろうか。私たちは、そんなに強いのか。
「つまらない」と切って捨てようとする本当の理由は真逆、全然つまらない問題ではないからじゃないのか。自分の感覚や考え方では到底理解できない人間の言動に対して、「つまらないから放っておけ」というアドバイスが「太刀打ちできないから諦めろ」に聞こえるときがあるのは私だけだろうか。

唯一切り口鮮やかな回答者がいた。
個人的に鳥肌が立つ1文だったのでご紹介。
意地の悪い人間、何をしてくるのか読めない相手には、上質な知恵と悪意が必要だと常々思って生きているけれど、この回答者の一文には光り輝く知性が宿っていて痺れた。痺れがお伝えできたみたいで嬉しかった。この回答者のような知性を持っていたいと思う。

体力や体格で勝てなくても、人間には知性がある。いじめられて自尊心を損なわれても、知性は死なない。知性は人間の希望だ。
目に見える形でやり返さなくても心の中で勝利を収めることができる。現実で躓き他人に心傷つけられて抵抗できなかったとしても、心の中で取り戻した正当性は、必ず現実の自分の姿にあらわれる。

これはタイミングがつかめず話せなかったのだけど、自分の正当性や自己開示に対して常にチェック機能を働かせておくことも大切だと思う。私が持つようにしているチェック機能は複数ある。そのうちの一つは、思ったことを行動にすること。自分が正しいと思ったならやってみる。行動すれば周囲から何らかのレスポンスがある。観念的になると人間は驕る。レスポンスから修正すべき点を見つけて反省したなら、反省した自分でまた行動する。行動と思考の繰り返し。観念に停滞しないように気をつける。
ほか複数のチェック機能については省略。

ここで英語でしか喋らない謎の人がチャットに登場。
英語で、何話してんの?英語で何か言ってくれ。わたし日本語分かりません。などと言われる。
私は密かに急激に体調が悪化。体温が下がって冷や汗噴き出そうゲロ吐きそうな状態に。ライブ放送でモザイクはかけられないし、黙ってしまったら終わりなので喋り続けるも密かにパニックに陥りかけた。
英語ができる友達が応対してくれているようなので任せた。英語人の発現はあまり見ないようにした。結局番組終了までいらっしゃった。後で友達に聞いたらあの人はポルトガル人だったよと言われた。すっかり失念していたけれどネット配信するということは世界中からアクセスできるということ。妙なポルトガル人が入ってきてもおかしくないのだ。
しんどかったけど面白い経験をした。助けてくれた友達に心から感謝。

次回放送の予告。
中でも「診断名とは何か?」について簡単に私の考えを話した上で、次の放送までに是非ご意見くださいと募集。
診断名は、その人が認め難い苦痛を代弁してくれる場合がある。診断名は、不安定になっているアイデンティティをどこかに固定して一時期の安心感をくれる場合がある。
例えばうつ病患者がうつ病患者のブログに出かけて行って「あなたはうつ病じゃない、もう治っているのにうつ病を装っているのは許せん、あなたはうつ病の看板をおろしなさい、そして我こそが真のうつ病なり」と名乗るような不毛で愚かしい攻撃的な人をブログの世界で割合頻繁に目にする。人によっては印籠のように振りかざすことができる診断名、時として本家・元祖争いのように競われる診断名。診断名って、何だろう?

「精神疾患者にとっての診断名とは何か?」を考え始めると、アイデンティティとは何か?他者からの承認とは何か?を考えるにも似て面白い。

放送終了間際に、私がブログに書いてきた個人的な家族の事情について突然触れた方がいた。一言で私は何ともいえない気持ちに襲われて不覚にも泣いてしまった。
最初に何ともいえない共感を覚え、それから安堵し、次に私の弟が長くさらされている現実の過酷さをありありを思い浮かべ、抱き続けている絶望の二文字を思い出し、辛くて悲しくて泣いた。
どんなふうにここに書いていいのか分からない。二度と思い出したくない血みどろの戦場を戦った戦友と、ふと再会したような気持ち。

放送終了。
「おやすみなさい」と皆で声をかけあう数十秒が大好きだ。
いつもと同じ言葉、何の変哲もない言葉、誰とでも交わせる言葉、だけど心が温まる。
ありがとう、おはよう、こんにちは、おやすみ、おかえり、ただいま。
どれも温かい。

------------------

コメント欄で番組へのご感想ご意見頂けましたら幸いです。
今夜もご視聴ありがとうございました。
また次の放送でお会いしましょう~!

番組アドレス→ MitorixTV  http://www.ustream.tv/channel/mitorixtv


↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇私のtwitterは→こちら 注:心は素っぱだかつぶやき
◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)

関連記事

MitorixTV(Ustream放送)のお知らせ | trackback(0) | comment(8) |


<<チカチカトゲトゲ - 解離性障害 - | TOP | うろ覚えMitorixTV第7回放送まとめ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは。昨夜も放送お疲れ様でした。
初めてのコメントで緊張しまくっております。
そしてうっかり窓を閉じてしまい、書き直している次第。

昨夜はyahoo知恵袋の話をメインに楽しみにしていました。
なので、その感想を中心に。長文になり、目が滑るかもしれません。

その前に、紹介した曲のコードが意外と多かった!ごめんなさい!
比較的コード少ないんじゃないか?と思う曲でも7-8個はあったりして、
私の貧弱な知識では力になれず申し訳ない。

1つめの相談者の選んだベストアンサーへの意見は私の発言でした。
それに対する美鳥さんのリアクションを聞いて、
「こういう想像をめぐらせる私もAC由来の妄想力が!」と衝撃を受けておりました。
そして、この相談内容について皆さんの意見を見ているうちに、
私はDVそのものも憎いのだけれど、それに対する一般論な認識をする
人間に対しても憎いんだなと気づきました。
憎いと思う所にまた自分の病理があるなと、微妙に凹んだり。
心は熱く頭はクールにいかねばと自分を律したい次第です。
(私には難しいな・・・出来るんかなー)

横で放送を眺めていた彼とも意見交換をしたのですが、彼も一般論寄りな意見でした。
私としては、そういう一般論とそうじゃないボーダーライン上に
DVは沢山潜んでいると考えており、そのあたりの認識の浅さが
DVやセカンドDVを生んでしまうのではないか。
被害者が減らないのではないか。
条件反射のように、相談者が受けたのはDVであると結論付けるのも危険だけれど、
同じように一般論を持ち出してくるのも危険だ。
と言う辺りで私と彼は着地しました。
しかし、私はこの着地点で納得しきってなかったんですが、
美鳥さんのこの記事が納得出来ない部分をまさしくついていて、
ようやっと自分の中で収まりどころがついた次第です。

2つ目の知恵袋の話について。
これは発言し損ねたのですが、価値観の違いではなく、相談者の友人の
人間性の問題なのではないかなーって考えてました。
そんな人は放っておけばいいと言う意見もありますが、
「つまんない価値観やラベリングしか出来ない人」と
相手を見下すどころか差別の対象に出来る人なら放っておけるのかなあ
なんて考えたりしてました。
差別って便利なんだろうな・・・と、画面の向こうで斜めに逸れていました。

私もよく自分の考えや価値観、アイデンティティがぐらつきます。
なので本当に突かれたくない部分、大切にしておきたい事は、
ここ数年で誰にも話さない・見せなくなりました。
ぐらつく度に不安になり、眠れなくなり、メソメソしたり、実にしょっぱい訳です。
無い知恵振り絞った結果、編み出した方法も実に後ろ向きなのが、
やはりしょっぱい・・・苦笑

外国人の方が来て居た時、内心大変だったとは露知らず。
改めてお疲れ様でした。

感想ってこんな感じでいいのかなと不安を抱きつつ。
次回の放送も楽しみにしています。

2011/11/01 12:32 | ひなきち [ 編集 ]


 

ヘンなポルトガル人には迷惑だったでしょうね~~。
途中、英文間違ってたから(笑)、こいつネイティヴ英語人?じゃないな、って
分かったけど。
(私の英文も間違っていたに違いないけど。笑)
「ここ彼女の場やから、英語欲しかったらあんたが去らんかい!!」
って感じで書いてやったんだけど、何故かず~っといたねぇ。
言葉もわからんのに暇な人もいるもんじゃ。

知恵袋の話題は面白かったです。
本人がベストを選ぶってことすら知らなかった^^;。
昔から新聞の「人生相談」読むのすきだけど、あれは「名のある立場」の人が
一人で回答してるから、納得いかん人もさぞ多いだろうけど
回答者によってかなり面白いものもあって笑える時もあるよ。
ただ、立ち読みした本で「池田理代子さんの人生相談」は、正直ひどかったねぇ。
勝ちっぱなし?の人から目線モロな印象だったかな。笑

又、都合あう限り覗かせてもらうね♪

2011/11/02 12:33 | ば~ばら [ 編集 ]


 

第8回放送お疲れ様でした。

Yahoo!知恵袋にそんな見方があるとは、と新たな面を見ることができました。ありがとうございます。
「キレのある回答」って言葉に

「…生協の白石さん…」

と、ひとり若干ツボに入りかけとりました。 ←不謹慎w

あいさつの温かさみたいなのは、私も初めて放送にチャットでお邪魔させてもらった際、美鳥さんの「こんばんは」がハートわしづかみだったり、
途中退場する時にみなさんに「おやすみ」とお声をかけて頂いたことで後々涙するくらい嬉しかったり…。

そもそも、関西弁のあいさつの音階にハートがギュッとなる私なのです。
ちなみに一番好きなのは「お早うお帰り」です。

あいさつ一つするにもタイミングだの声の大きさだのテンションだの気にかけながらする現状から、自然と出てくるあいさつが出来るようになりたいです。

2011/11/02 15:18 | 桂子 [ 編集 ]


 

こんばんわ^^
前回は参戦できなかったので、今回のまとめを読ませていただきざっくりと内容を噛み締めているとこです。

外国人さんはびっくりですね!
確かに全世界で放映されているかもしれませんが言葉くらい自分が聞き取れるかはわかりますよね?wその精神がすごいんですけどね~。

Yahoo知恵袋談議はリアルタイムで聞きたかったな~。
私だったら・・・なんて色々考えちゃいました。

ちなみにメールは届きましたでしょうか?
あの後に自分のブログタイトルが吉本のブログタイトルとかぶっているという
衝撃事実に気づき、名前を変えたんです。

蒼桜の想い

という名前に変えました。参考までにww

最近はめっきり寒くなり、メンタルもぐらぐらしてるし、体温調節ができない私には辛い時期なのですが
みとりさんもきっと辛いですよね。
お互い壊れてしまわないようにほどほどに休みましょうね。

みとりさんの「こんばんわ~」と「おやすみなさ~い」が心地よい温度で
ふんわりするミズエでした。かしこ。

2011/11/02 22:59 | ミズエ [ 編集 ]


美鳥>ひなきちさんへ 

ひなきちさん、こんばんは。
明けまして、おめでとうございます。
とんでもなく遅まきな返信で、ごめんなさい。コメントありがとうございます。

コメントを書いてる途中で窓が落ちる、ブログの下書き保存ボタン押したら全部消える、ブログの悲劇ですね・・・・。
長々と書いたものほど消えたの見ると私は大抵心が折れちゃって、心コメントを送ったり、心ブログを書いたことにします。書き直してくださって、ほんとにほんとに嬉しいです!

> 昨夜はyahoo知恵袋の話をメインに楽しみにしていました。
> なので、その感想を中心に。長文になり、目が滑るかもしれません。

長文来いっ!どんだけでもOK、常に万全の体制で待ち構えてます。

> その前に、紹介した曲のコードが意外と多かった!ごめんなさい!
> 比較的コード少ないんじゃないか?と思う曲でも7-8個はあったりして、
> 私の貧弱な知識では力になれず申し訳ない。

あの後あれこれ調べてみても一曲通せば7,8個は少ないほうだと思いました。7,8個で多いとか言ってたらむしろお前はギターやる気あるのか、と。単なるわがままだと思いました自分でw
しかしあの曲はぜひいつかやってみたいです。Fの壁にいまだ阻まれ、いっそ人差し指をサイボーグに改造したいくらいです。もしくは人差し指が2本あれば3弦ずつ担当させて弾けそう。
考えがファンタジックに走る程度にFに阻まれています☆


> 1つめの相談者の選んだベストアンサーへの意見は私の発言でした。
> それに対する美鳥さんのリアクションを聞いて、
> 「こういう想像をめぐらせる私もAC由来の妄想力が!」と衝撃を受けておりました。

ひなきちさんの発言は、はっとさせられるものが多くて楽しいです。
相談するだけでなく、回答者それぞれにリアクションを返し、最後にベストアンサーを決めてサイド御礼を書き込む。ここまでやって知恵袋なんですよね。ベストアンサーへの御礼の言葉をAC的だと見てみたら、なるほど全体に通ずる空気感が一致して私としてはしっくりきました。

> そして、この相談内容について皆さんの意見を見ているうちに、
> 私はDVそのものも憎いのだけれど、それに対する一般論な認識をする
> 人間に対しても憎いんだなと気づきました。

皆さん色んな見方や感想を書いてくださって、面白かったですね。今まで持っていなかった視点を与えられて、あらたに自分の感じ方を再確認することもありました。
私もひなきちさんと似てるかもしれません。一般論がとても苦手です。個人的な苦痛を集団の理に押し込めると、表面上は丸くおさまるのだけど誰かが必ず口を封じられている、ひとりで堪えている、何かを背負わされる、そんなところに目がいきます。一般論はある意味暴力のように感じるときがあります。

> 憎いと思う所にまた自分の病理があるなと、微妙に凹んだり。
> 心は熱く頭はクールにいかねばと自分を律したい次第です。
> (私には難しいな・・・出来るんかなー)

↑ 
心は熱く頭はクールってかっこいいなー。
私は心が熱くなると頭もヒートアップしてしまいます。連動してます。反比例させたい。

> 私としては、そういう一般論とそうじゃないボーダーライン上に
> DVは沢山潜んでいると考えており、そのあたりの認識の浅さが
> DVやセカンドDVを生んでしまうのではないか。
> 被害者が減らないのではないか。

DVに限らず、色んな問題は大抵一般論の影に隠れているものだと私も思います。
後ろめたいことは必ず見え難い方法、あからさまに批難されない方法で行使されるのだと思います。特に一般論を背にすると強いですよね。DV、虐待、いじめetc.何かに潜まない暴力ってあるのかなぁと逆に思います。被害者自身が自覚を持ちにくいのも、問題が分かり難く何かに潜んでいるからですよね。

> 条件反射のように、相談者が受けたのはDVであると結論付けるのも危険だけれど、
> 同じように一般論を持ち出してくるのも危険だ。
> と言う辺りで私と彼は着地しました。
> しかし、私はこの着地点で納得しきってなかったんですが、
> 美鳥さんのこの記事が納得出来ない部分をまさしくついていて、
> ようやっと自分の中で収まりどころがついた次第です。

そんなふうに言って頂けると、書いてよかったです!


> 2つ目の知恵袋の話について。
> これは発言し損ねたのですが、価値観の違いではなく、相談者の友人の
> 人間性の問題なのではないかなーって考えてました。

そうですねー私もそう思いました。
だけど何ていうか、ちょっとおかしな人ってある程度何故そんなことを言うのか、どんな悪意から発しているのか理解できるけれど、かなり性格が歪んでいる相手の場合、まともな人は何故そんなことを言われるのか、悪意はあるのかないのかすら判断できないくらい混乱するんじゃないかなと思います。

> そんな人は放っておけばいいと言う意見もありますが、
> 「つまんない価値観やラベリングしか出来ない人」と
> 相手を見下すどころか差別の対象に出来る人なら放っておけるのかなあ
> なんて考えたりしてました。
> 差別って便利なんだろうな・・・と、画面の向こうで斜めに逸れていました。

差別って便利、確かにそうかも。線引きして、あちらとこちらの世界に区分してしまえば、あまり考えずに済みますね。

> 私もよく自分の考えや価値観、アイデンティティがぐらつきます。
> なので本当に突かれたくない部分、大切にしておきたい事は、
> ここ数年で誰にも話さない・見せなくなりました。
> ぐらつく度に不安になり、眠れなくなり、メソメソしたり、実にしょっぱい訳です。
> 無い知恵振り絞った結果、編み出した方法も実に後ろ向きなのが、
> やはりしょっぱい・・・苦笑

なんだろうなんだろう。ひなきちさんがご自分のことを語られてるのですが、まるで私のことを言ってるかのような澱みなきアイデンティティの脆弱さ表現。
まさに私そうなんです。
八方塞りに苦しんで、苦しさにおいて立てられて何とか編み出した方法が、前向きに見せかけた後ろ向き。私の場合は、回避的の一言で表現できてしまいます。回避的になることで致命的なダメージを避け、ダメージ数を減らすことで余ったエネルギーを前向きに使おうとしてきました。私もそこそこしょっぱいですw


> 外国人の方が来て居た時、内心大変だったとは露知らず。
> 改めてお疲れ様でした。

強く見せかけて全く余裕がないので、簡単にポッキリ折れてしまうのです。グワングワンしなって絶対に折れない竹みたくなりたいものです。ありがとうございます。

> 感想ってこんな感じでいいのかなと不安を抱きつつ。
> 次回の放送も楽しみにしています。

ありがとうございます!
自分ひとりでは番組を振り返るのってなかなかできないけれど、こうしてコメントいただいて振り返って考える機会があるのっていいですね。すごく勉強になります。
感想だろうが雑談だろうが関係ない思いつきだろうがネタだろうが、何でも全然OKです。かなりゆるい意識でコメント欄を開いてますw
お気軽にどうぞ~コメントありがとうございました。長文に大感謝です。

2012/01/04 02:22 | 美鳥 [ 編集 ]


美鳥>ば~ばらさんへ 

ば~ばらさん、こんばんは。コメントありがとう!

ポルトガル人乱入の折は、むーみさんと助けてくれて、ありがとう。
助けがなかったら緊張やモロモロでリアルげろってた気がする。

> 「ここ彼女の場やから、英語欲しかったらあんたが去らんかい!!」
> って感じで書いてやったんだけど、何故かず~っといたねぇ。
> 言葉もわからんのに暇な人もいるもんじゃ。

ず~っといたねぇ。
話題だの空気だのまるで関係なく、ひたすらに英語で何かしゃべってくれよ、ヘイ!彼女何て言ったんだい?顔を見せろよ、ヘイ!彼女何について話してるんだい?だの、マイペース過ぎるポルトガル人。Webがワールドワイドだってことすっかり忘れてたよw

> 知恵袋の話題は面白かったです。
> 本人がベストを選ぶってことすら知らなかった^^;。

回答専門を趣味にしてる人もいるらしい。
いかに良い答えを出してベストアンサーを獲得するか楽しんでる人もいるのかも。
ベストを選ぶのはプレッシャーだわ。私はよう選ばんw

> 昔から新聞の「人生相談」読むのすきだけど、あれは「名のある立場」の人が
> 一人で回答してるから、納得いかん人もさぞ多いだろうけど
> 回答者によってかなり面白いものもあって笑える時もあるよ。

あるね~最近たまに読むのが上野千鶴子さんのかな。
中島らもさんの人生相談は面白くて好きだった。どんな深刻な相談にもちょっとユーモアを交えて回答したり、らもさんらしい独特の発想があったり、相談者もはなからふざけてたりが好きだった。

> ただ、立ち読みした本で「池田理代子さんの人生相談」は、正直ひどかったねぇ。
> 勝ちっぱなし?の人から目線モロな印象だったかな。笑

ベル薔薇の池田さんが人生相談やってたのか。あの方はいろんな分野で活躍されてらっしゃるらしいね。
上から目線の相談者って、一番避けたいところだと思うんだけど上からだったかw

Youさんの人生相談本は面白かったよ。
考え方が柔軟で、媚びがなくて、スマートでユーモアがあって好き。

> 又、都合あう限り覗かせてもらうね♪

いつでもいつでも♪
1人でも見てくれる人がいる限り続けます!続けたい!
自分の喋りきっかけでコメント欄でわいわいしてるも見るのもすごく楽しみ。
今後ともよろしくお願いします♪

2012/01/08 02:37 | 美鳥 [ 編集 ]


美鳥>桂子さんへ 

桂子さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

おかげさまで何だかんだで去年1年で9回も放送できました!

「生協の白石さん」を年末の本棚整理で処分しようとしたんだけど、パラ見たら処分できなくなり再読してしまいました。
真面目さとユーモアの分量が丁度いい白石さんのキレ味ぱねー。


> あいさつの温かさみたいなのは、私も初めて放送にチャットでお邪魔させてもらった際、美鳥さんの「こんばんは」がハートわしづかみだったり、
> 途中退場する時にみなさんに「おやすみ」とお声をかけて頂いたことで後々涙するくらい嬉しかったり…。

分かります。すごく多分よく分かります。
挨拶って大事なんだなぁって放送を始めてあらためて痛感しました。何気ない言葉なんだけども世界共通、誰とでも最初の一言、最後の一言が交わせるのはすごい!と思います。
私は一人暮らしで大抵一日誰とも話さないので、放送での挨拶がその日最初の言葉、おやすみがレアだったりします。
特別な何かがなくても温かい気持ちを共有できることって、あるんですよね。

> そもそも、関西弁のあいさつの音階にハートがギュッとなる私なのです。
> ちなみに一番好きなのは「お早うお帰り」です。

「おかえり」て、いい言葉だなぁ。帰る場所があるって毎回確かめられる言葉のようで。

> あいさつ一つするにもタイミングだの声の大きさだのテンションだの気にかけながらする現状から、自然と出てくるあいさつが出来るようになりたいです。

多分桂子さんが色んなことを敏感に感じる人だから、あいさつ一つにどんな心を配ろうかと考えるのだろうなと思います。私は昔、あいさつが苦痛で苦痛で、たかが一言なんだけどその一言を発したくないがために死にたいとか思ってましたw 
自然なあいさつができる関係って、何かが育った証なのかもしれないですね。

2012/01/08 02:51 | 美鳥 [ 編集 ]


美鳥>ミズエさんへ 

ミズエさん、こんばんは。いつも読んでくださって、ありがとうございます。

年末ものすごくお忙しそうで、体調ともども心配していました。年始休みに少しでも元気復活してますように。


> 外国人さんはびっくりですね!
> 確かに全世界で放映されているかもしれませんが言葉くらい自分が聞き取れるかはわかりますよね?wその精神がすごいんですけどね~。

あの空気をミズエさんにも体感して欲しかった・・・・!まじで空気一切読まない人で、他の視聴者さんがたに「彼女なに話してるんだい?」て、いちいち訊くんですよw 答えを聞くとまた訊くんですよw 
英語ができる友人が対応してくれたけど、彼女いわく「世界中変な人はどこにでもいるから」でした。
ちょっと面白いハプニングでした。過ぎれば・・・過ぎてしまえばだけど・・・実際は予期せぬハプニングにゲロりそうでした。

知恵袋話は、いろんな方のお話が聞けて、コメント欄でわいわいできるから楽しかったです。
なので是非またやりたいです。


> 最近はめっきり寒くなり、メンタルもぐらぐらしてるし、体温調節ができない私には辛い時期なのですが
> みとりさんもきっと辛いですよね。
> お互い壊れてしまわないようにほどほどに休みましょうね。

体温調整できないの辛いですね。
イベント事がある時や、季節の変わり目、年をまたぐとき、私は必ずメンタルがぐらぐらしてます。
壊れないようにほどほどが難しいんですよね。ミズエさんのブログを拝見してて考えるのが、日常の出来事って、自分の体調やタイミングを見計らうことなく容赦なく降ってくるのがたまらんなぁと。もうこれ以上耐えられないからやめてくれと何かにお願いしたい時でも、出来事はやってくる。その時に踏ん張る気持ち、もう気持ちだけで踏ん張ってることって、ありますよね。
ミズエさんが少しでも楽しいもの温かいもの、元気になれるもので満たされるよう願っています。
ついでに私も満たされるようにw
お互いに踏ん張り、踏ん張れないときは休みましょう。休めなさそうでも往来に大の字になるがごとき大胆さで強引に休んでしまいましょう。

> みとりさんの「こんばんわ~」と「おやすみなさ~い」が心地よい温度で
> ふんわりするミズエでした。かしこ。

私は視聴者のお名前にミズエさんを見ると安心します。心地よいです。

お互い、休んで踏ん張りましょうね。
またブログ遊びに行きます。

2012/01/08 03:04 | 美鳥 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1191-a9d36f0c

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。