--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/23 (Sun) ☆★ライブ放送MitorixTV Vol.7は明日22時スタートです★☆

20111023.jpg

新しい番組ロゴを作りました。
どじゃーん。
今後、オフ放送時の画面映像はこのロゴになります。
この間遊びに行った猫がいるカフェバーで撮った写真を使いました。


ちなみに、前回までの番組ロゴは、こちらでした。↓

20110929.jpg

こちらのホットケーキも、上のカフェバーと同じ町のカフェで撮影。
ここのホットケーキは、甘みを感じさせない塩味のふかふかホットケーキで、メープルシロップがじゅわぁとたっぷり沁みてうまうまでした。
飽き性なこともあって、今後もちょくちょくロゴを変えていくと思うのでお楽しみに☆


さて、私の自宅からカメラとマイクでライブ放送でお届けしてます番組MitorixTVの次回配信は、
10月24日月曜日よる22時~ を予定しております。

プライベートな雑談、メンタルのお話、本日のおやつ・お茶紹介、参加型システムを使って投票やチャットでみなさんとフリーダムに交流。
PCとネット回線お持ちの方はどなたでも無料で視聴可能です。ぜひ遊びに来てください。


☆★☆★☆★☆★ Mitorix TV Vol.7 番組内容予告 ★☆★☆★☆★☆
(いつものように当日のコンディションによりメニューはやすやすと変更されます)

▼ 配信時間1時間~1時間半
▼ ネイティブ関西弁でお届け
▼ 悪態の美学
▼ 「適応障害」の意味がわかりません
▼ しゃべりながらコラージュ作品制作
▼ 本日のおやつ⇒ レアな日本酒とわさびチーズちくわ

▼ 投票システム 一番レアな動物飼ってたら優勝とか
▼ ご意見募集 「あなたが精神疾患治療中に納得できないこと・愚痴・面白いエピソード・ためになった体験・教えてください」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

番組アドレス→ MitorixTV  http://www.ustream.tv/channel/mitorixtv


では!
明日月曜よる22・00~ MitorixTV Vol.7(24日22:00~開始予定) みとり家からライブ放送@大阪宅飲み会 
で、お会いしましょう。


↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

◇私のtwitterは→こちら 注:心は素っぱだかつぶやき
◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)

関連記事

MitorixTV(Ustream放送)のお知らせ | trackback(0) | comment(4) |


<<Ustream放送 第8回配信のお知らせ | TOP | MitorixTV(Ustream放送)第6回配信のお知らせ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

第7回放送も楽しく見させて頂きました。ありがとうございます。

前から聞きたいと思っててなかなか勇気が出ず、考えては止め、コメントやDMを書いては消ししてきたのですが…。

私みたいな病院やクリニックに足を運んだことがない病名が付けられていない「自称」メンヘルをどう思いますか?
また、自称メンヘルが興味だけで話を聞くのはどう思いますか?

美鳥さんの見解を聞きたいのです。
時間がある時、調子が良い時でいいので聞かせて下さい。

2011/10/26 13:31 | 桂子 [ 編集 ]


 

こんにちは。コメントでは初めましてと書かせていただきます。
ブログはたぶん2009年の後半頃から拝見していたと思うのですが、気がついた時にはずっとコメント欄が閉鎖されていたので、タイミングを逃していました。
今は自分が、コメントを書くのが怖い時期なのですが、でも上記桂子さんのコメントを拝見して、勇気を出してみました。

私も昨年まで、桂子さんと同じ状態でした。
でも今年、どうしてもこのまま一人で抱えていることに限界を感じ、心療内科クリニックとカウンセリングに通い始めました。
ですが、「診断名をくだすほど病んではいない」ということで診断名はおりず、薬を処方され飲んでいても、やはり私はまだ自称者でしかありません。
通っていなかった時も、通っている今も、どの状態になっても、苦しい。どこにも居場所がないな…と感じます。これが今の私の感想です。どの状態になったら苦しくなくなるのか、それが今、何も見えません。
ただ今は、美鳥さんと、Ust内での皆さんの会話を聞いて、なにかヒントがないかと、手探りの状態です。

通院しているけれど、診断名がつかないメンヘルのことは、どのように思われますか? 私はどのような思いでいたらいいと思いますか。

次回も、このへんの話題について、続けて話してくださるとの予告だったので、ぜひまた傾聴したく思っています。

2011/11/01 11:32 | つむぎ [ 編集 ]


美鳥>桂子さんへ 

桂子さん、こんばんは。コメントありがとうございます!

> 第7回放送も楽しく見させて頂きました。ありがとうございます。

こちらこそです。お世辞でも何でもなく視聴者の方あっての放送です。誰もいなかったらどうしようって放送前いつも頭抱えてガクブルだけど放送できるのは来てくれる桂子さんほか皆さんのおかげ過ぎます。

> 前から聞きたいと思っててなかなか勇気が出ず、考えては止め、コメントやDMを書いては消ししてきたのですが…。

何でもどんとこい!!聞かれて困ること、聞かれてどうしようってことはないので遠慮なくどんとこい!

> 私みたいな病院やクリニックに足を運んだことがない病名が付けられていない「自称」メンヘルをどう思いますか?
> また、自称メンヘルが興味だけで話を聞くのはどう思いますか?

ををををををを・・・・!
非常に・・・非常に最近の私が常に考え続けているお題で、奇しくもご質問いただいて私のハートが激しく震えました。
一般的に「自称」を冠詞に持つと軽侮の意味がありますよね。理由としては、医者や治療機関という権威ある他者に正式に認めてもらっていないが故の、後ろめたさがあるのだと思います。
メンタルな診断名を巡る当事者の不安は、自己のアイデンティティをどう位置づければ良いのかという問題につながっていると思います。

私は、こう言い切ってしまうと語弊があるかもしれませんが、診断名は”ただの道具”だと思っています。
そのただの道具、たかが道具の診断名が、実際どれほど影響力を持つのか私も肌身で感じてきました。お話したい体験がたくさんあります。非常な関心事の一つなので講演の冒頭でもお話しする予定なのですが、そちらでは到底時間が足りないので、放送で何回かに分けて思う存分やってみたいです。
診断名の周辺事情は、非常に面白い話が満載です。


> 美鳥さんの見解を聞きたいのです。
> 時間がある時、調子が良い時でいいので聞かせて下さい。

ぜひ!
診断名については、引きこもり、DID、BPDなどの人格障害、うつ、アスペルガーらへんに興味があって調べています。
診断名とは何か?の先に見えてくるものも、ぜひぜひお話したいです。
精神科の待合室にいる人たちが、果たして本当に病人なのか? というお話もできそうです。

おらワクワクすっぞ!w
いろんな方の新しい目線や意見に刺激を頂いて、勉強できることが幸せです。
遠慮なくいつでもご質問ご意見お待ちしてます。
勇気を出して書いてくださって、ありがとうございます。
診断名について話題に出すことはそもそも勇気が要ることだと思っています。診断名とは、そういう性質のものですよね。
桂子さんが想像される以上に、私はあなたの勇気に感謝しています。
風邪が治ったら、何回かに分けて診断名について放送してみます。かなり楽しみ、かなり重要なやりとりを皆さんとできそうなので、ちゃんと準備してやりたいと思います。

貴重なご意見、コメントありがとうございました!

2011/11/10 01:55 | 美鳥 [ 編集 ]


美鳥>つむぎさんへ 

つむぎさん、こんばんは。こちらこそコメントでは初めましてです。
そして初めてコメントくださったのに、返信が1ヶ月以上後という体たらくお許しください。

> ブログはたぶん2009年の後半頃から拝見していたと思うのですが、気がついた時にはずっとコメント欄が閉鎖されていたので、タイミングを逃していました。
> 今は自分が、コメントを書くのが怖い時期なのですが、でも上記桂子さんのコメントを拝見して、勇気を出してみました。

そういえばコメント欄を閉じたままで随分長い期間ブログを書いていたことがありました。とにかく全然コメント返信できないことが続いたのでこれはいかんと閉鎖したのでした。再開して色んな方とこうしてお話できるのは楽しくて光栄です。


> 私も昨年まで、桂子さんと同じ状態でした。
> でも今年、どうしてもこのまま一人で抱えていることに限界を感じ、心療内科クリニックとカウンセリングに通い始めました。
> ですが、「診断名をくだすほど病んではいない」ということで診断名はおりず、薬を処方され飲んでいても、やはり私はまだ自称者でしかありません。

そうなんですね。内科や外科から下される診断名と、精神科や心療内科で下される診断名は、患者にとってちょっと意味合いが違うように思います。自己に不安を抱えている状態で何か手がかりが欲しいと思っているとき、診断名は一つの落ち着きどころを与えてくれる場合があります。私も、自分が苦しいと言ってよいのか弱音を吐いて良いのかで苦しんでいたときに与えられた診断名は、ショックではありましたが「苦しいって言っていいのかも」と免罪符のように感じたものです。
そうして不思議とその後の治療進度で自分にとっての診断名の意味は変化していきました。
とにかく最初の段階で貰う診断名は気になるものですね。
しかし薬が処方されたということなので、カルテには何らかの病名が書かれてあると思います。
診断名というのは医者が薬を処方するために法的に必要なもの。逆にいえば処方されているということは診断名(精神系の病気ではないかもしれませんが)かそれに類する何かがカルテに書かれているはず、と思います。

> 通っていなかった時も、通っている今も、どの状態になっても、苦しい。どこにも居場所がないな…と感じます。これが今の私の感想です。どの状態になったら苦しくなくなるのか、それが今、何も見えません。

どこにも属せないという苦痛は、私も味わっています。
でも診断名がおりて何かの病名におさまったとしても、やっぱりその病名からあぶれる自分がいるんです。これは多分私だけじゃなく、診断名を下されている色んな方共通なのではないかと思っています。

むしろ、診断名がなければ自分の苦しみを認めてはいけない気がするという気持ちがあったりすれば、何かに保証されねば自分の苦しみを認めることができない問題が自分にあることに気付きます。
詳しくは長くなるので番組内でお話できればと思うのですが、私個人の考え方では、診断名とは基本的に医者が仕事を遂行するための道具、患者にとってもまた道具であるべきだと思っています。診断名を貰ったにしろ貰わないにしろ、何かに定義されて安心したい気持ちと、診断名から容易にあぶれ出る自分にしか分からない苦痛がある、そのどちらにも目を向けるきっかけとして、診断名があるといいかなと、私はそんなふうに捉えています。ご参考になれば。


> ただ今は、美鳥さんと、Ust内での皆さんの会話を聞いて、なにかヒントがないかと、手探りの状態です。

ヒントになるといいです!
私もいい刺激を頂いて、番組中にも関わらず普通に考え込んでしまうくらい、あの場は面白い場ですね。

> 通院しているけれど、診断名がつかないメンヘルのことは、どのように思われますか? 私はどのような思いでいたらいいと思いますか。
>
> 次回も、このへんの話題について、続けて話してくださるとの予告だったので、ぜひまた傾聴したく思っています。

診断名がつかないメンヘラは、診断名がついているメンヘラと私の中では何も変わりません。その理由は番組内でお話したいなと思っています。
一点、非常に重要だと思うのは、診断名という道具(私にとってはあくまでも道具なのでこう書きます)を何のためにどう使うかだと思っています。

今年中にあと1度放送したかったのですが、しばらく私がダウンしてまして放送が延期になっています。
あと数日しかないので今年できるか分かりませんが、診断名については次回と次々回の放送で必ずやりたいと思っています。

コメントありがとうございました♪

2011/12/27 05:46 | 美鳥 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1184-05f17a6e

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。