--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/21 (Wed) 転げ落ちる息絶える - アダルトチルドレン・機能不全家族 -

20110921.jpg


<8月24日 過去を思い出し走り書き>

最近必要にかられて過去を振り返ることが多いのだけど、私にとって「回復を目指す」とは、常識や他人の目との戦いなのだと思った。
常識に縛られ従順に生きてきて自分がどんな人間なのか、なにが好きでなにが嫌いでなにが苦しいのかすら分からなくなっていた。極度のアダルトチルドレンとして生きてきた。私のこれまでの人生に限っていえば、私が常識に助けられたことは一度もなかったように思う。周囲に阿ることは安逸ではあったけれど、幸せではなかった。行き場のない悲しみや苦しみや怒りがどんどん降り積もり重なって、息をするのも苦しくなっていった。

絶望しても絶望しても、また常識的であることにしがみついて、普通のふりをして、「普通」でない自分に失望して。繰り返しているうちに、いっそ既存の価値観を全てかなぐり捨ててみたいと思った。当たり前と信じて疑わなかったもの全て一度疑いを持って検証していった。これから先を生きる別の自分のために。
私は極度なまでに常識や社会性を捨てることに決めた。決めたところでアダルトチルドレンだ。どう頑張ったって破天荒になんてなれない。非常識の真似事に過ぎなかった。それでも試みの幾つかは成功して、随分生きやすくなったと思う。年齢に頓着しなくなったのも確かその頃だ。


破綻するまで私は自分がまっとうに生きていくものだと信じて疑わなかった。まっとうに生きる、常識的に生きる、エリートになる、それが当然であってそれ以外の選択肢はないものだと育っているから、原因不明の病気に次々見舞われ周囲から落第していく自分を実感した時のショックは、計り知れないものがあった。どう見てみたところで、私は明らかに落ちこぼれてしまった。大学にトップで入学し、トップを維持し続けたが故に学費を払う必要すらなかったのに、卒業する頃には精神を病み無数の身体症状に襲われ、まっすぐ歩くことすらできず伝い歩きしかできなくなっていた。妬みが強かった友人から、あからさまに嘲笑されたこともあった。取り返しがつかないことを悟ったのは、随分後だったと思う。どこもかしこも徹底的に壊れて限界を超えていたのに、自分はもう駄目なんだと認めるまで随分かかった。

当時は劣等感に苛まれ、同年代の友人たちに置いて行かれる孤独を味わった。焦りもあったし、無駄な足掻きも随分やった。あからさまに馬鹿にしてくる人もいたし、頑張りが足りないと責める人もいた。自分が弱った時ほど、人は普段と違ういろんな顔を見せる。どの感じ方も意見も、常識的で正論だった。自分だけが、正しくなかった。自分の存在そのものが、落第していてみっともなくて惨めで弱くて卑しかった。そんな目で見られなくても、私に植え付けられた他人の目が私を断罪し続けた。


(思い出した瞬間に感情的に書き留めておいた下書きをそのままアップしました。もがき苦しむアダルトチルドレンが一人残らず自分らしく生き抜くことができますように願いを込めて。)

↓ ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。  
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ


◇私のtwitterは→こちら 注:心は素っぱだかつぶやき
◇私のtwitterまとめサイト→twilog(日ごとに纏めて読めます)

関連記事

機能不全家族 | trackback(0) | comment(4) |


<<Ust放送やってみる | TOP | たまにはべらべら喋ってみる>>

comment











管理人のみ閲覧OK


お久しぶりです 

最初に前回のコメント失礼しました。
twitterも拝見していて
そこにコメントへの返信を大切にされて
楽しみにされている様子を見ました。
一方的に返信不要と書いたことが気になっていました。
勝手な報告なので
そこへの返信が負担になってはいけないと思ったのですが
コメント出来るかたちにしている美鳥さんに対しては
失礼な態度だったかも…と考えていました。
すみませんでした。


>常識に縛られ従順に生きてきて~~息をするのも苦しくなっていった。

私もそんな状態でした。
何かを感じていても私には分からないから言葉に出来ず
どうしようもありませんでした。
言葉なんて知りませんでした。

そんな時に美鳥さんのブログを見て
『私の中のものはこういう言葉になるのか』と気付くことが出来て
こうやってコメントをすることも出来るようになりました。
前、頂いた『自分の相棒』になり始めたんだと思います。

言葉を持っていなければ
伝えることも何かに共感することも出来ず
心が動くことなく
とことん孤独だったと思います。


>破綻するまで私は自分がまっとうに生きていくもの~それ以外の選択肢はないものだと育っているから、

私もそうだったので引きこもりになったのは
辛かったし許せないことでした。

当たり前に高校も大学も出て就職していると思いました。
私は子供の時からなんとなく
この家を出なくちゃ生きていけない
という感覚は持っていたので
就職=自立ができないと人生終わりでした。


でも最近は本当にいろんな人がいることが分かってきて
お金にはならないし
「仕事」とも言えないようなことでも
子供の頃から得意で
私が本当にやりたいと思うこと(手芸や手先の器用さが必要なもの)を
やっていきたいという気持ちがでてきて
それだけでもだいぶ生きやすくなりました。

全く実行にうつせていませんが
アイデアがいくつもあって
早くやりたい、やれるようになりたい!
とウズウズして何度もシミュレーションして
過ごしています。


私は広島なんですが
大阪は台風、大丈夫ですか?
雨風で冷えると思うので体調、気をつけてください。

2011/09/21 11:48 | 陽子 [ 編集 ]


美鳥>陽子さんへ 

陽子さん、こんばんは。お元気でしたか?コメントありがとうございます♪

> 最初に前回のコメント失礼しました。

いえ何の失礼もありませんでしたよ。大丈夫です。

> twitterも拝見していて
> そこにコメントへの返信を大切にされて
> 楽しみにされている様子を見ました。
> 一方的に返信不要と書いたことが気になっていました。

Twitter読んでくださってるんですね。あんなとっ散らかった乱調ツイートを読んでくださってて嬉しいです。
コメント返信は、確かにとても好きです。何せブログを書いているときはぼっちなのです。アップしてコメントいただいて、中身を読んではじめて読んだ方が何を感じてくださったか分かる。レスポンスがない限りは非常に孤独です。
言葉のキャッチボールが大好きなのですが、色々な理由から返信は要りませんと仰る方はいらっしゃいます。こういうブログの性質があるので、返信する私の負担を慮って言ってくださることが多いです。
陽子さんも、同じお気持ちで返信不要と書かれたんですよね。

「勝手な報告」と銘打たれたコメント、私は非常に興味深く拝見しました。とても大切なことが書かれていると感じました。私が私自身を生きていく上でも参考になるテーマを感じて、陽子さんに親しみを感じたコメントでした。

返信不要と書かれてらっしゃったので、お気持ちのまま書かずにおきました。不要とおっしゃるお気持ちが分かるのですが、要らないといわれた場合は書かないようにしています。
理由は、私が話す言葉と陽子さんが話す言葉の一貫性、正当性を保つためです。清潔な言葉が私は好きです。

> 勝手な報告なので
> そこへの返信が負担になってはいけないと思ったのですが

どこから勝手かと考え始めると、自分のやることは基本的に勝手だなぁと私などは思います。
相手の都合も何を考えているのかも、想像し始めるとあらゆるパターン出てきてしまって結局動きを読むことはできません。だったら、自分がやりたいことや、やって欲しいことをガツーンと相手にぶつけるのもいいかもしれないと思います。
少なくとも私がコメントを自由に書き込まれるのが苦痛だと思っていたらコメント欄を閉じますし、実際に返信ができない時は自分の都合で数ヶ月でも返信を書かないときがあります。非常に自分勝手に運営しているブログです。
なので、陽子さんもリラックスして、私の一貫性を信じて気軽に書いてくださったら嬉しいです。

> コメント出来るかたちにしている美鳥さんに対しては
> 失礼な態度だったかも…と考えていました。
> すみませんでした。

寂しいとは思いますが、失礼とは思いません。何が寂しいかというと、頂いたコメントがとても有意義であることを私も共感できたので、お話できたら嬉しいなという気持ちがあったからです。でも、これからいくらでもお話はできるし、その時のペースで陽子さんといろんな交流を続けていけたらそれでいいなと思っています。
あの時頂いたコメント(報告)は、本当に感動しました。言葉についてのくだりに特に。数日考えたほどでした。


> >常識に縛られ従順に生きてきて~~息をするのも苦しくなっていった。
>
> 私もそんな状態でした。
> 何かを感じていても私には分からないから言葉に出来ず
> どうしようもありませんでした。
> 言葉なんて知りませんでした。

そうなんですね。
一般的には「自分が何を感じているのか分からない」「言葉にできない」というのは、考えられない状態のようですね。ACの場合は、何から何まで自分の意志か分からない、自分は何が好きか分からない状態になるので、励まされても励ましの言葉にもぼんやりしてしまう。
何が苦しいのか分からないまま、漠然と苦しさを抱えて、真綿で首を絞められるように自分の意識が薄れていく。そういう状況を思い出しながら書きました。
同じような苦しみを抱えてらっしゃる方がたくさんいるのだと思うと、早く抜け出して自分らしさを掴み取って生きていけるように、私にもできることはないかと考えます。


> そんな時に美鳥さんのブログを見て
> 『私の中のものはこういう言葉になるのか』と気付くことが出来て
> こうやってコメントをすることも出来るようになりました。
> 前、頂いた『自分の相棒』になり始めたんだと思います。

言葉にするのは大切ですね。言葉にすることができてはじめて、感情はその人を作る血肉に組み込まれるように思います。ただ意識するだけじゃなく、他人に話せるくらい感情に名前とラベルをつけていくこと、大切ですね。
「自分の相棒」て、私書きましたねそういえば。そうなんですよね。自分だけは自分の人生の相棒になってあげなくちゃならない。主治医の言葉でした。
私も闘病中、陽子さんも闘病中。闘病仲間として嬉しい出会いです。


> 言葉を持っていなければ
> 伝えることも何かに共感することも出来ず
> 心が動くことなく
> とことん孤独だったと思います。

私もそう思います。
人間が嫌いで社会が怖くて生きていることがとことん嫌になった時、私が言葉を失ってしまったのは、恐らく全力で人から逃げた結果なんだろうと思うようになりました。何も感じず何も聞こえず誰もいない世界で静かにたたずんでいたかった。言葉をなくせば容易でした。けれど、やっぱり人とつながりたいと思った。その時最初に使ったのは言葉でした。
言葉は人と人を出会わせ繋げてくれますね。


> >破綻するまで私は自分がまっとうに生きていくもの~それ以外の選択肢はないものだと育っているから、
>
> 私もそうだったので引きこもりになったのは
> 辛かったし許せないことでした。
>
> 当たり前に高校も大学も出て就職していると思いました。
> 私は子供の時からなんとなく
> この家を出なくちゃ生きていけない
> という感覚は持っていたので
> 就職=自立ができないと人生終わりでした。

自立心が強かったんですね。
少し似ているかもしれません。私は両親に復讐したくて十代の頃からなる職業も住む場所も決めていました。今思えば、それは親の影響下から逃れようと必死だっただけであって、本当に自分がやりたかったこと、認めて欲しかったものとは全然違っていたと思います。
私も、目指していた職業に就けなかったことで人生は自分の思うどおりにはいかないのだと大きな絶望を味わいました。終わったと思いました。


> でも最近は本当にいろんな人がいることが分かってきて
> お金にはならないし
> 「仕事」とも言えないようなことでも
> 子供の頃から得意で
> 私が本当にやりたいと思うこと(手芸や手先の器用さが必要なもの)を
> やっていきたいという気持ちがでてきて
> それだけでもだいぶ生きやすくなりました。

ハンドメイドされるんですね!
ものを作る人、大好きです。
自分が何を好きなのか分からない状態って、とても苦しいと思うんです。普通は自分が何が好きか分かってて当然みたいですけど、私も長年自分が何を好きなのか、何をすれば楽しいのかちっとも分かりませんでした。
お金にならなくても仕事にならなくても、好きなものがあるかどうかは生涯通して自分のためになってくれると思います。自分を支えてくれる心の豊かさって、何が好きか知っているという事実だと思うんです。
陽子さんが作られたもの、ぜひぜひ見てみたいです!


> 全く実行にうつせていませんが
> アイデアがいくつもあって
> 早くやりたい、やれるようになりたい!
> とウズウズして何度もシミュレーションして
> 過ごしています。

おおお。そうなんですね。
シミュレーションいいですね。脳内妄想が具体的であればあるほど、行動した時の効率が段違いに違いそうです。やりたいことのアイディアが浮かんでくるのは、陽子さんの心が生き生きしてる証拠ですね。


> 私は広島なんですが
> 大阪は台風、大丈夫ですか?
> 雨風で冷えると思うので体調、気をつけてください。

広島なんですね。大事な友達が広島に住んでます。
あと、牡蠣が大好きで、宮島も大好き、もみじ饅頭も大好きです。
大阪は、台風の影響殆ど受けませんでした。広島は大丈夫でしたか?
最近急に秋めいてきました。半そで着てる場合じゃなさそうです。
陽子さんも体調くれぐれも気をつけて。お互い、やりたいことに心をわくわくさせていたいですね。
また是非お気軽にコメントくださいね~!

2011/09/25 03:06 | 美鳥 [ 編集 ]


ありがとうございます 

同じような経験をしました


病院すら行きたくなく、苦しく、どうしたらいいかわからないのに

自分さえ不確かなんて
笑うしかないけど


この言葉糧に懸命に生きていきます

ありがとうございました

2014/03/19 10:15 | ありがとう [ 編集 ]


Re: ありがとうさん 

ありがとうさん、はじめまして。
読むのは辛いかもしれないのに、読んでくださって、コメントまで書き込んでくださって、ありがとうございます。
お返事が遅れてしまいました。
今日は、少しでも楽に息を吐ける一日だったでしょうか。

長くブログを休止していました。
そんな折に、あなたからコメント頂き、見てくださる方もいるのだと心温まりました。
私はここで生きています。
お気が向かれた時、またどうぞコメント頂けたら嬉しいです。

2014/04/01 21:39 | 美鳥(みとり) [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://xxcotorixx.blog120.fc2.com/tb.php/1160-7669d955

| TOP |

プロフィール

美鳥(みとり)

Author:美鳥(みとり)
被虐待サバイバー。解離性同一性障害、うつ病、対人恐怖症ほか色々闘病中。境界性パーソナリティ障害寛解しました。毎日の光と影を綴ります。生育歴・来歴・病歴・活動はこちらをご覧下さい⇒<はじめに Profile>

講演活動・ユーストリーム放送しています。
講演のご依頼ご相談は、当ブログメールフォームからお願い致します。

診断名の有無に関わらず、生き辛さを抱える方々と温かい繋がりを目指しています。ご感想ご意見など、お気軽にどうぞ。お待ちしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム 

お気軽にメールください。返信までお時間頂く場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。